Ramon Michael / Ramon Michael

01.Real R&B
02.Shake That Thang
03.Wishy Washy
04.Stay in Your Place
05.Nothing
06.My Best Friend
07.Leave Well Enough Alone
08.Gone
09.Lonely On The Road Interlude
10.Lonely On The Road
11.You Are My Lady
12.My All
13.Shake That Thang feat.Monica Blair

(総評)

ジャケ写のちょっと陳腐な感じを払拭するようなすばらしい歌声を持つシンガーRamon Michaelのデビューアルバム!なんといって7曲目での見事な歌に惚れ惚れとしてしまいます。まだインディーにはこういうソウルフルな直情系のバラッドを歌えるシンガーがいるんだなーとうれしくなります!前半はアップサウンドで若手らしさをアピールしつつも、5曲目あたりからぐいぐい見せてくれるシャウターとしての素質に惚れ惚れしてしまいます。フェイクも堂に入ったもので、しっかりとバラード聞かせられるシンガーです!後半ではゴスペルライクな清涼なサウンドでもしっかりと聞かせてくれたりと幅の広さも見せて、今後を期待させてくれる新人インディーシンガーの登場です!
なんといっても6曲目「My Best Friends」での見事な歌い上げっぷりでグッと心をつかまれて、7曲目「Leave Well Enough Alone」で見せるもう見事なソウル熱唱!!でもうたまらない気分にさせてくれます。もうこの力強いシンガーにはやられますねー!こういうソウルフルな歌声は、見事ですねー!この二曲を筆頭にさまざまな曲調でそのパワフルなシャウトで聞かせる安定した実力を見せてくれます!じっくりと歌えたり、シャウトで一気にもっていたりと歌い方も実に多彩で、アルバムのクオリティーも非常に高いですね。インディーソウルだけならず、R&Bアルバムとして聞き応えたっぷりな一枚です!
オススメ:(7),(3),(4),(5),(6),(8)

“Ramon Michael / Ramon Michael” の続きを読む

Makio / Makio

01.Intro
02.Let’s Go feat.Versatyle
03.Trippin’
04.She’s Bad
05.Can I Come Over
06.Somethin’
07.I Know
08.Physical
09.Grown Up
10.Can I Come Over – Remix
11.Past Forever

(総評)

2007年もっとも話題をさらったナイロビ生まれで密かに、ソウルシンガーが多いバルチモアのインディーソウルシンガーMakioのデビュー作!2007年の名盤の一つに数えられるであろう、素晴らしい歌が詰まった一枚です!Makioというなんともかわいい名前なのですが、その歌声はとてもセクシーで繊細で、美しいのです!見事に自分の歌を表現しています!セクシーな歌い方や、魅惑的で覚えやすいメロディーの曲を多くどの曲もMakioらしさが出ていて、本当に完成度が高いアルバムに仕上がっています!
自分の声質をよく理解していて、その繊細な歌声でいかに魅力的にみせるかっていうのを、知り尽くしている感じがします。ノリがよい曲も美しいバラードも、彼のフェイクや歌い方がとても生きていて、どの曲も魅力的に聞こえてくるシンガーとしての魅力があります!ここ最近Marques HoustonやOmarionを代表とするナヨ系の歌声のシンガーが多いですが、それとは似て非なるボーカルとしての魅力に溢れたアーティストで、メロディーもみごとなほどに自分の切ないボーカルを活かし魅了する術を身につけたアーティストの登場です!
バックグラウンドとして、TapやJazzなど様々な音楽を吸収しているからこそ出せる繊細さなのかなと思いますgあ、特に4曲目で見せる胸を締め付けるほどの切ないメロディー!さらに、2曲目3曲目で見せるアップテンポな見事な歌とサウンドには驚かされます!メロディーと歌声がどれも魅力的で、美メロと呼ぶにふさわしいアルバムに仕上がっています!
2007年のインディー名盤は決定でしょう。試聴したら一気にファンになれますよー。
オススメ:(3),(2),(4),(5)

“Makio / Makio” の続きを読む

HI-D / 24

01.Intro
02.雨・風鈴
03.LA LA LA
04.Diamond
05.Hate Me
06.Get It Right
07.To Da New Area
08.Light Da Fire
09.Got 2 Go
10.1・4・2
11.You Shine
12.歌をうたおう

01.Up in the sky feat.HI-D / 餓鬼RANGER
02.Uh / Sowelu, HI-D and Jun 4 SHOT from FIRE BALL
03.Welcaome 2 Da Party / DJ WATARAI feat.HI-D & AI
04.恋はオートマ feat.HI-D / DABO
05.HOMIE… feat.HI-D / AK-69
06.男一匹 feat.HI-D, AKTION / 童子-T
07.DEM A MONSTER feat.DELI, HI-D / BOY-KEN
08.哀愁’97 feat.HI-D / KAMINARI-KAZOKU
09.B-I-GHT! / HI-D & TWIGY
10.Shake ya head / DJ KOYA feat.HI-D
11.Night Drive feat.”E”qual, AK-69 & HI-D / GRAND BEATZ (DJ RYOW & TOMOKIYO)
12.Angler Fish feat.DELI & HI-D / DJ YAS meets Tommy Guerrero

(総評)

日本のR&Bシーンを引っ張るHI-D通算4枚目となるアルバムが2007年の1月24日にリリースとなりました。24という数字にごろをあわせたように、24曲入りの『24』というタイトルなのですが、なんといってもこの作品の目玉は、最近日本のR&B周辺をにぎわしているNao’ymtと組んで作った2曲目「雨・風鈴」!これがハイテナーなHI-Dの歌声をうまく活かしていて、以前よりも安定感を増した歌声を活かして、しっとりと妖艶に聞かせるHI-Dの新たな魅力を見せてくれる曲なのである(8曲目でも味わえますよ~!)、そのほかの曲も作詞作曲は自身でこなしながら、Singo.S, EQなどのR&BやHIPHOP関係で活躍しているプロデューサーや今井了介, USK, UTAというTiny Voiceファミリーと組んで高い水準の楽曲の上で、そのセクシーな歌を聞かせてくれます。どの曲でも安定感ある歌を見せてくれて、そして、成熟された大人な詞の世界観が、よりHI-Dの思いを身近に感じさせてくれます。
アルバムの中でUTA、USKの二名をプロデューサーに招いたノリが良いサウンドにのって、軽快で、力強い前向きな歌も聞かせくれたり、7曲目「To Da New Area」のようなOne Loveなコンセプトのみんなで、成長していこう!っていう感じの曲があったりと全体的に明るい雰囲気が漂っています!そんな中意外性が一番あったのが、Hiroyuki Matsudaさんというプロデューサーとの一曲!なかなか今までのHI-Dでは見られなかったレゲエ調の3曲目や、11曲目のような美しいバラードなど、今まで見られなかったHI-Dの歌の一面を見せてくれています。そんなサウンド的には、様々な曲が楽しめる一枚になっているのですが、歌詞の面では、以前よりももっと人間愛や、もっと大人な愛情について歌うその姿勢には、一つずつHI-Dの進んでいることを、印象づけます。特に5曲目での聞いているこちらまで心が温かくなるような「HATE ME」は、よかったです!サウンド面での素晴らしさと、EQさんのプロダクションも素敵ですが、何よりその歌詞の暖かさが素敵でした!その他のバラードも壮大な雰囲気とかの派手な演出は避けて、もっと身近な雰囲気のバラードが多くて、そっと傍で歌いつないでいてくれるようなそんな安心感をもって聞くことが出来ます!
このアルバムは、全体的に派手な曲や、悲しいかったり壮大だったりって曲はなかなかないけど、日常が凄い身近に感じられる、味わいがあってじわじわと染み入るような一曲一曲が深いアルバムに仕上がっています!とてもメッセージが込められた暖かい曲が多くて、R&Bを基本としながらも、メッセージ性が高い作品に仕上がっていますよ!
そして、DISK2ではHI-Dのファンなら誰もが求めていた客演集が、彼の何十とある客演の中から、厳選した12曲を聞かせてくれます!中でも、2曲目「Uh」と、「HOMIE…」の完成度は群を抜いています!その他にも、その他にも代表的客演が収められて、全曲24曲とボリュームたっぷりな一枚になっています!4枚目にして、HI-Dの新たな可能性と今までの集大成を見せてくれる充実作を届けてくれました。オススメ:(2),(11),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10)

“HI-D / 24” の続きを読む