Makio / Makio

01.Intro
02.Let’s Go feat.Versatyle
03.Trippin’
04.She’s Bad
05.Can I Come Over
06.Somethin’
07.I Know
08.Physical
09.Grown Up
10.Can I Come Over – Remix
11.Past Forever

(総評)

2007年もっとも話題をさらったナイロビ生まれで密かに、ソウルシンガーが多いバルチモアのインディーソウルシンガーMakioのデビュー作!2007年の名盤の一つに数えられるであろう、素晴らしい歌が詰まった一枚です!Makioというなんともかわいい名前なのですが、その歌声はとてもセクシーで繊細で、美しいのです!見事に自分の歌を表現しています!セクシーな歌い方や、魅惑的で覚えやすいメロディーの曲を多くどの曲もMakioらしさが出ていて、本当に完成度が高いアルバムに仕上がっています!
自分の声質をよく理解していて、その繊細な歌声でいかに魅力的にみせるかっていうのを、知り尽くしている感じがします。ノリがよい曲も美しいバラードも、彼のフェイクや歌い方がとても生きていて、どの曲も魅力的に聞こえてくるシンガーとしての魅力があります!ここ最近Marques HoustonやOmarionを代表とするナヨ系の歌声のシンガーが多いですが、それとは似て非なるボーカルとしての魅力に溢れたアーティストで、メロディーもみごとなほどに自分の切ないボーカルを活かし魅了する術を身につけたアーティストの登場です!
バックグラウンドとして、TapやJazzなど様々な音楽を吸収しているからこそ出せる繊細さなのかなと思いますgあ、特に4曲目で見せる胸を締め付けるほどの切ないメロディー!さらに、2曲目3曲目で見せるアップテンポな見事な歌とサウンドには驚かされます!メロディーと歌声がどれも魅力的で、美メロと呼ぶにふさわしいアルバムに仕上がっています!
2007年のインディー名盤は決定でしょう。試聴したら一気にファンになれますよー。
オススメ:(3),(2),(4),(5)

(曲解説)

02.Let’s Go feat.Versatyle

こういうパワフルなHIPHOPサウンドをシルキーで美しいボーカルで自在に乗りこなしていきます。絶妙なフェイクやそれに絡むRapper陣と、見事なタッグを組んで、聞く人をじわりじわりと盛り上げていきます!滑り出しのトラックとしてこれ以上いい曲はないですね!一緒に思わず、Let’s Goって叫んじゃいます。アップで若さも感じさせつつしっかり歌えるっていうところを見せ付けてくれていて、聞いているだけでアルバムへの期待が高まります!

03.Trippin’

この魅惑的な雰囲気をかもし出すセクシーなメロディーとそれをさらっと歌い上げるMakioの実力に驚かされます。この曲の完成度は本当にたかいですねー!メロディーの複雑さ、さらにさらっと歌い上げれるMakioの歌力!この曲でしっかりと心を持っていかれてしまいます。後半の伸びやかなシャウトがもうたまりません!これは完全にノックアウトされましたね~。これを2007年に聞いてない人は損してますよー。

04.She’s Bad

そのまましっとりとした優しくも切ないメロディーに胸がキュンとさせられます。サビでは低音の歌声が入っているので、なんか雰囲気にあわないんじゃ?って最初に思ったんですが、これが不思議と、アクセントになっていて、本当に美しいメロディーを引き立てているんです!切ない系では2007年一番のバラッドじゃないでしょうか?

05.Can I Come Over

儚い淡いシンセの音色にうっとりと聞き入って、さらにMakioの繊細なボーカルがさらにこの儚い曲調をより魅力的に見せてくれます。それにしてもここでみせるファルセットの美しいこと!たまらないですね。後半にコール&レスポンスのようにコーラスを従えて歌ったり、曲の構成的にもまったく飽きさせない工夫が随所に取り入れられています!フェイクとかも絶妙だねー!

06.Somethin’

駆け抜けるような軽快な感じも、このMakioは似合うんですよねー。ちょっとすると軽くなりすぎて、軽めなボーカルの彼だと、歌自体が軽く感じちゃいそうなのですが、そこをうまくみせてくれるのは、自分の歌っていうのをしっかり持っているからだと思います。

07.I Know

ゆっくりとしたテンポでシックなメロディーで、ゆったりと気持ちよく歌を聞かせてくれます。最初は淡い感じで、サビにいくほどにしっかりとボーカルが立っていく感じっていうのは、彼の味ですよね~。決して吼えてるわけでもすごいボーカルでもないんですが、しっかりと魅せることができるボーカルなのです。徐々に同じメロディーでもフェイクを絡めて、ぐいぐい引き込んでいきます!

08.Physical

絶対に現在のメインストリームなナヨ系シンガーよりも格段にいいですわ・・・魅惑的な雰囲気をさらっと出せるんですよね~この曲でも一発で覚えてしまうサビのメロディーと、絡みつくようなセクシーなボーカルが思わず濡らしてしまいそうになることでしょう。このサビの繰り返しが素敵すぎます!

09.Grown Up

しっかりとしたボトムのトラックにのって絡み合うように歌い、サビで一気に力強くフェイクしていきます!語りかけるような歌い方が見事にマッチしています。どの曲でも自分の色を必ず出していきます。

10.Can I Come Over – Remix

5曲目のREMIXが登場!微妙にイントロのメロディーから違うのであまりREMIXとは意識せずに入ってしまいます。よりシンプルな構成の楽曲で、よりMakioの歌を魅力的にみせています。こんなシンプルなビートと簡単なあわせるだけのピアノだけでも、パワフルではなくても、しっかりと歌いこめる実力の高さがあるからこその、歌の力を感じさせます!本当に改めていい曲だなと思わされます。

11.Past Forever

Pianoイントロの曲で、伸びやかなボーカルで雰囲気のある曲が展開されます!シンプルだけど、うっとりするようなメロディーに、歌心溢れるフェイクをのせていってくれるだけでたまりませんね。

(Producer)

SureFire Music Group:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11)
Makio:(5)

(LINK)

OFFICIAL
MYSPACE
LABEL
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です