HI-D / 24

01.Intro
02.雨・風鈴
03.LA LA LA
04.Diamond
05.Hate Me
06.Get It Right
07.To Da New Area
08.Light Da Fire
09.Got 2 Go
10.1・4・2
11.You Shine
12.歌をうたおう

01.Up in the sky feat.HI-D / 餓鬼RANGER
02.Uh / Sowelu, HI-D and Jun 4 SHOT from FIRE BALL
03.Welcaome 2 Da Party / DJ WATARAI feat.HI-D & AI
04.恋はオートマ feat.HI-D / DABO
05.HOMIE… feat.HI-D / AK-69
06.男一匹 feat.HI-D, AKTION / 童子-T
07.DEM A MONSTER feat.DELI, HI-D / BOY-KEN
08.哀愁’97 feat.HI-D / KAMINARI-KAZOKU
09.B-I-GHT! / HI-D & TWIGY
10.Shake ya head / DJ KOYA feat.HI-D
11.Night Drive feat.”E”qual, AK-69 & HI-D / GRAND BEATZ (DJ RYOW & TOMOKIYO)
12.Angler Fish feat.DELI & HI-D / DJ YAS meets Tommy Guerrero

(総評)

日本のR&Bシーンを引っ張るHI-D通算4枚目となるアルバムが2007年の1月24日にリリースとなりました。24という数字にごろをあわせたように、24曲入りの『24』というタイトルなのですが、なんといってもこの作品の目玉は、最近日本のR&B周辺をにぎわしているNao’ymtと組んで作った2曲目「雨・風鈴」!これがハイテナーなHI-Dの歌声をうまく活かしていて、以前よりも安定感を増した歌声を活かして、しっとりと妖艶に聞かせるHI-Dの新たな魅力を見せてくれる曲なのである(8曲目でも味わえますよ~!)、そのほかの曲も作詞作曲は自身でこなしながら、Singo.S, EQなどのR&BやHIPHOP関係で活躍しているプロデューサーや今井了介, USK, UTAというTiny Voiceファミリーと組んで高い水準の楽曲の上で、そのセクシーな歌を聞かせてくれます。どの曲でも安定感ある歌を見せてくれて、そして、成熟された大人な詞の世界観が、よりHI-Dの思いを身近に感じさせてくれます。
アルバムの中でUTA、USKの二名をプロデューサーに招いたノリが良いサウンドにのって、軽快で、力強い前向きな歌も聞かせくれたり、7曲目「To Da New Area」のようなOne Loveなコンセプトのみんなで、成長していこう!っていう感じの曲があったりと全体的に明るい雰囲気が漂っています!そんな中意外性が一番あったのが、Hiroyuki Matsudaさんというプロデューサーとの一曲!なかなか今までのHI-Dでは見られなかったレゲエ調の3曲目や、11曲目のような美しいバラードなど、今まで見られなかったHI-Dの歌の一面を見せてくれています。そんなサウンド的には、様々な曲が楽しめる一枚になっているのですが、歌詞の面では、以前よりももっと人間愛や、もっと大人な愛情について歌うその姿勢には、一つずつHI-Dの進んでいることを、印象づけます。特に5曲目での聞いているこちらまで心が温かくなるような「HATE ME」は、よかったです!サウンド面での素晴らしさと、EQさんのプロダクションも素敵ですが、何よりその歌詞の暖かさが素敵でした!その他のバラードも壮大な雰囲気とかの派手な演出は避けて、もっと身近な雰囲気のバラードが多くて、そっと傍で歌いつないでいてくれるようなそんな安心感をもって聞くことが出来ます!
このアルバムは、全体的に派手な曲や、悲しいかったり壮大だったりって曲はなかなかないけど、日常が凄い身近に感じられる、味わいがあってじわじわと染み入るような一曲一曲が深いアルバムに仕上がっています!とてもメッセージが込められた暖かい曲が多くて、R&Bを基本としながらも、メッセージ性が高い作品に仕上がっていますよ!
そして、DISK2ではHI-Dのファンなら誰もが求めていた客演集が、彼の何十とある客演の中から、厳選した12曲を聞かせてくれます!中でも、2曲目「Uh」と、「HOMIE…」の完成度は群を抜いています!その他にも、その他にも代表的客演が収められて、全曲24曲とボリュームたっぷりな一枚になっています!4枚目にして、HI-Dの新たな可能性と今までの集大成を見せてくれる充実作を届けてくれました。オススメ:(2),(11),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10)

(曲解説)

01.Intro

Nao’ymtさんらしい和なイントロで、幕をあけます。アルバム全体の雰囲気も少し前作までと違って、どこかしなやかさをもっています!

02.雨・風鈴

Nao’ymtとの初コラボ作品!今最も勢いがあるR&BプロデューサーのNao’ymtさんと、日本のR&B界を引っ張るHI-Dの強力タッグで、HI-Dの新たな魅力を存分に見せてくれています。和なトラックにのって、HI-Dの安定したハイテナーボイスでのサビが、妖艶な雰囲気が良く出ていて、一気に引き込まれます!不可思議な詞の雰囲気もこの曲の謎めいた雰囲気をさらに深いものとして、美しいメロディーへとどんどん引き込んでいきます。

03.LA LA LA

ホンワカした雰囲気が、面白い一曲。HI-Dさんの今までのどのタイプにも属さない、レゲエ調な一曲で驚かせてくれます。こういう曲もやるのかと驚きますが、その分HI-Dの詞の世界がよく感じられ、心温まる勇気がでる一曲に仕上がっています。

04.Diamond

昔から一緒にやっているShingo.Sさんと一緒に、やわらかいメロディーで美しく聞かせてくれる一曲!そっと傍にいてくれるようなそんな二人の愛を描き、優しいHI-Dの歌い方が心に染み入ります。転調しているときの、伸びやかなHI-Dの高音の歌い方が本当に美しくて見事です!

05.Hate Me

とってもかわいらしい歌詞が素敵な一曲。何がHATE MEなんだろう?って思って聞いていると、ちょっと恥ずかしくなりそうなほどに、純粋な愛を歌ってくれています。そして、そんな愛を美しくEQのトラックをバックに、あまり派手にすることなく、シンプルなトラックにのって、心地よい歌を聞かせてくれています。まっすぐな歌い方がとても好感を持てる良曲です!

06.Get It Right

前作でも素晴らしい仕事をしてくれたSHORT-Yこと、USK TRACKとの一曲は、今度はアップテンポな激しめないかにもHI-Dらしい作品!ダンスをしながら歌うHI-Dが目に浮かぶかのようで、一緒になって、HO!とかJust Like That!と歌いたくなるような勢いがある乗りやすい遊び心溢れる一曲です!詞の世界もHI-Dらしい力強い成り上がっていくようなパワフルさを持っていて、曲とも相まってアルバム位置のアップソングになっています!

07.To Da New Area

サビのゆったりとしつつもインパクトがあるメロディーと、HI-Dらしい自分の使命感を描く詞の世界観の力強さに勇気付けられます。ゆったりとした雰囲気でありながらも力強い一曲です!

08.Light Da Fire

2曲目「雨・風鈴」にも通じそうな妖艶なグルーブが巻き起こす、艶やかでどこか妖しげなたまらないとろける歌声が吐息を漏らすほどにたまらない甘美な世界を演出してくれます!こういうパワフルに歌うだけじゃなくて、余裕をもって高い歌声をを交えたりして、しなやかに歌っていくのは、HI-Dがこのアルバムから見せてくれる新しい魅力ですね!

09.Got 2 Go

Tiny VoiceからUTAくんを招いての一曲!このアルバムの中でも一番元気がいいトラックで、ライブ栄えしそうなカッコよさをもった一曲です!思わず一緒に歌いたくなるほどに、パワフルです!HI-DらしさをもっともUTAが引き出していますね!こういうアップトラックがあってこそHI-Dだなと思わせます。

10.1・4・2

久々となる今井了介さんとの一曲は、シンプルなトラックでしっとりと歌い上げる一曲!サビの美しいメロディーラインがさすが今井了介さんだなと感じさせます。本当にバラードにすごいいい曲が多いアルバムだと思います。

11.You Shine

このアルバムの中でももっとも美しくて、普遍的なバラードを聞かせてくれます!なかなか3曲目と同じプロデューサーとは思えないほどに、美しくてその中に芯の強ささえも感じさせてくれる素敵な曲です!まっすぐな歌というものへの思いがストレートに伝わってきます。最後の力強い歌い上げ方が圧倒されます!

12.歌をうたおう

最後は3曲目のLALALAのサビの部分を子供達と一緒に歌ったHI-Dの前作からの普遍の愛を歌う彼らしいよさがでた一曲です。とてもかわいらしいですよ。

(Producer)

DISK1
Nao’ymt:(1),(2)
Hiroyuki Matsuda:(3),(11)
Singo.S:(4),(7)
EQ:(5)
USK TRAK:(6)
HIEDA:(8)
UTA:(9)
Ryosuke Imai:(10)
DISK2
餓鬼RANGER:(1)
Ryosuke Imai:(2)
DJ WATARAI:(3),(7)
AQUARIUS:(4)
WADA MASAYA:(4:Music)
Daisuke “DAIS” Miyachi:(5)
村山晋一郎:(6)
Janna Music:(8)
REO:(9)
Techniqes(DJ KOYA & DAIS):(10)
GRAND BEATZ(DJ RYOW & TOMOKIYO):(11)
DJ YAS:(12)

(LINK)

OFFICIALiTunes

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です