eill – LOVE/LIKE/HATE

eillちゃんの新しいアルバムがでました!「躍らせないで」から「片っぽ」で、新しい彼女の魅力を感じらせる楽曲から始まる一枚です。

前作までは、どこかレトロなR&B的な歌い方がたまらなく良くて魅力的でしたが、歌い方もより進化して、ストレートに歌の良さを感じさせてくれる2曲からアルバムが始まります。そこから一気にシックでかっこいい「into your dream」へとクールに歌い上げていきます。そして、このアルバム一番キャッチ―で彼女のかわいらしさが感じられる「FAKE LOVE/」へと流れていきます。どこか大人びて歌っていたように感じていたのですがこの曲では彼女の等身大でかわいらしさを感じさせる歌い方が素敵です。後半のシャウトが気持ちがいい!

ここから80年代のような楽曲「Night D」でまた違った魅力を見せてくれます。レトロ感がカッコよく映ります。ここからはどこか和なサウンドも混ざりつつもスムーズなサウンドと歌声が心地よい「夢の続き」へ。シンプルなバラード「2025」では、しっとりと大人っぽく聞かせてくれます。

WONKのREMIXによる「SPOTLIGHT」は原曲とはかなり違い軽快で面白いサウンドが展開します、最後はGANMIとの楽曲「With U」で、アルバムを締めます。ダンスサンドに合わせた歌い方を聞くとやっぱりeillらしい歌声でしっくりきます。

R&Bマナーを感じさせる歌声が魅力なアーティストから、歌で聞かせるアーティストへと着実なステップアップを感じさせてくれるアルバムになっています。

Stokley – Vibrant Ft. Snoop Dogg (Official Video)

Mint ConditionのStokleyの新曲です!Snoopとの曲っていうのが、90年代を思い起こさせるようなニュージャックスウィング感がたまらないですね。割と正統派なボーカルで聞かせるのがStokleyのソロ曲では多いのですが、この一曲はレトロな魅力が満載です!

Nao’ymt / Ghosts in the Light

Nao’ymtさんは、今年多数の新曲を出してくれているのですが、特にこの曲が大好きです。もっともR&B色が強いと思われますが、どの楽曲も、Naoさんじゃないと歌えない儚い夢のような荘厳な世界観の楽曲が多い中、この曲はNaoさんの根源にあるR&Bの血と肉が濃縮されたような鼓動を感じさせるリズムを出していきます。

本当にかっこいい楽曲で、和の雰囲気が多いNaoさんの個人の楽曲ですが、これは完全にR&Bサウンドを感じさせて、ひさびさにキターという気分にさせてくれます。でも、楽曲の作り方の丁寧さはさすがで、言葉選びも、サウンドの盛り上がり方も、最高で、思わず体が動きました。

Desmond Dennis / Can You Stand the Rain with his Groomsmen

いはやは、素晴らしい!ひさびさに感動しました。驚嘆の声をあげちゃいますね。下にMusic Video風のもあるのですが、上のダンスがね、たまらんのですよ、当時を彷彿とさせるというか、クラシックなダンススタイルをこれでもかと華麗に見せてくれる彼らに惚れ込みます。こんなの結婚式でやられたら、素敵ですよねー。

さてこの曲90年代の有名なNew Editionの名曲「Can You Stand the Rain」なのですが、本物以上に素晴らしいカバーを披露してくれています。なんせダンスが雰囲気にあっていて完璧ですしね。
Desmond Dennisというシンガーなのですが、特に核にも歌がうまい!しかもソウルフルですよ。「Options」というアルバムも出していますし、近年YouTubeで面白いカバー動画をたくさんあげているようです、古くはSJ3というグループにいたそうですが、よく昔の音源を探していたら「The Shool Years」ってアルバムがあるじゃないですか・・・。もってるじゃん!あ、フロントマンのこの子って感じです。確かにセクシーな歌いっぷりで今後期待できるなーと当時思ってはいたのを思い出しました。

よく見たら、Groomsmenって書かれている動画のメンバーもSJ3のメンバーの子たちじゃないですか!R&BらしいR&Bが最近聞けなくなった昨今ですが、若い人たちがこういうのを素敵にカバーしている動画を見てしまうとうれしくなります。ちなみにSJ3が聞きたい人はSpotifyにもあります。「Fighting for Your Love」 は本当にシャープなかっこよさがあってしびれますよ。On Our WayとSmileとControl 最後にだしたThis Is Itって曲が好きです。

こういう私が若いころの名曲が歌い継がれていくのは、うれしくもあります。フェイクの完成度は原曲超えてるんじゃないかと思わせてくれます。

ちなみに原局はこちらです。やっぱり音のクリアさ若干違いますが、このセクシーな歌いっぷりは素敵ですね。

最後はほかの人のパーティーでのライブですが、こんなパーティーたまらんですね。最初Jagged Edgeから、素晴らしいR&Bのオンパレードです。これ以外にもカバーがたくさんあります。

竹内アンナ / +imagination

心地よいギターのサウンドが素敵なアーティストです。小気味良い歌声とギターサウンドが特徴で、ベースにある洋楽の要素を随所に感じさせてくれる才能豊かなアーティストです。ギター一本というと最近はいろんなアーティストがいますが、彼女の場合は英語や日本語の境目がないハイブリッドな言葉選びや自然と感じさせてくれる楽曲の心地よいリズム感が魅力になっています。

一度ライブを見たことがありますが、ギターのうまさを日本語と英語を自在に混ぜ合わせる疾走感がある歌い方が特徴的で、独特な世界観を感じさせてくれる個性的でかわいらしい女性シンガーです。

特にこの曲は今までの弾き語り風な明るい曲調とは違い、疾走感があるHouseやR&BやHIPHOPの要素を感じさせてくれるカッコよさがあります。今までよりもグッと大人っぽく感じる新たな一面を感じさせてくれます。