MAMAMOO – Dingga

韓国のガールズグループです。クオリティーが高いK-POPを常に打ち出しいますが、R&BやHIPHOP色が非常に強い一曲で聞きなじみが良いです。K-POPの人たちは本当に楽曲をいかすのが上手だなっと感じますね。こういうR&B色がつよいサウンドの楽曲は大好きです。

このほかにも最新のアルバムTRAVELからは

こちらも素敵な楽曲です。日本語でしかも日本人が聞いても違和感がないほどにスムーズに歌い上げてくれるので、素晴らしいですね。アルバムの中でも、この2曲が秀逸ですね。

YOASOBI – 怪物

YOASOBIの新曲はアニメの主題歌ですが、歌詞の世界観が面白いYOASOBIらしさと、カッコよさが同居した曲になっています。心が跳ねるような、なんども聞きたくなるリズミカルなサウンドと、言葉選びの素敵さが今までで一番心躍らす楽曲になっています。IKURAちゃんの歌声のかわいい声が、こんなにカッコよくなるんだなというのも面白いです。相変わらず歌っても息が切れそうなぐらいなの言葉の詰め込み方とメロディーと疾走感の絶妙なリンクが、さすがボカロのプロデューサーのAyaseさんだなと思います。

この前発売したアルバムには入っていないのですが、3月にCDとしてリリースされるようですので、それまでYouTubeとアニメで我慢しますか~。

eill – LOVE/LIKE/HATE

eillちゃんの新しいアルバムがでました!「躍らせないで」から「片っぽ」で、新しい彼女の魅力を感じらせる楽曲から始まる一枚です。

前作までは、どこかレトロなR&B的な歌い方がたまらなく良くて魅力的でしたが、歌い方もより進化して、ストレートに歌の良さを感じさせてくれる2曲からアルバムが始まります。そこから一気にシックでかっこいい「into your dream」へとクールに歌い上げていきます。そして、このアルバム一番キャッチ―で彼女のかわいらしさが感じられる「FAKE LOVE/」へと流れていきます。どこか大人びて歌っていたように感じていたのですがこの曲では彼女の等身大でかわいらしさを感じさせる歌い方が素敵です。後半のシャウトが気持ちがいい!

ここから80年代のような楽曲「Night D」でまた違った魅力を見せてくれます。レトロ感がカッコよく映ります。ここからはどこか和なサウンドも混ざりつつもスムーズなサウンドと歌声が心地よい「夢の続き」へ。シンプルなバラード「2025」では、しっとりと大人っぽく聞かせてくれます。

WONKのREMIXによる「SPOTLIGHT」は原曲とはかなり違い軽快で面白いサウンドが展開します、最後はGANMIとの楽曲「With U」で、アルバムを締めます。ダンスサンドに合わせた歌い方を聞くとやっぱりeillらしい歌声でしっくりきます。

R&Bマナーを感じさせる歌声が魅力なアーティストから、歌で聞かせるアーティストへと着実なステップアップを感じさせてくれるアルバムになっています。

Stokley – Vibrant Ft. Snoop Dogg (Official Video)

Mint ConditionのStokleyの新曲です!Snoopとの曲っていうのが、90年代を思い起こさせるようなニュージャックスウィング感がたまらないですね。割と正統派なボーカルで聞かせるのがStokleyのソロ曲では多いのですが、この一曲はレトロな魅力が満載です!

Nao’ymt / Ghosts in the Light

Nao’ymtさんは、今年多数の新曲を出してくれているのですが、特にこの曲が大好きです。もっともR&B色が強いと思われますが、どの楽曲も、Naoさんじゃないと歌えない儚い夢のような荘厳な世界観の楽曲が多い中、この曲はNaoさんの根源にあるR&Bの血と肉が濃縮されたような鼓動を感じさせるリズムを出していきます。

本当にかっこいい楽曲で、和の雰囲気が多いNaoさんの個人の楽曲ですが、これは完全にR&Bサウンドを感じさせて、ひさびさにキターという気分にさせてくれます。でも、楽曲の作り方の丁寧さはさすがで、言葉選びも、サウンドの盛り上がり方も、最高で、思わず体が動きました。