Desmond Dennis / Can You Stand the Rain with his Groomsmen

いはやは、素晴らしい!ひさびさに感動しました。驚嘆の声をあげちゃいますね。下にMusic Video風のもあるのですが、上のダンスがね、たまらんのですよ、当時を彷彿とさせるというか、クラシックなダンススタイルをこれでもかと華麗に見せてくれる彼らに惚れ込みます。こんなの結婚式でやられたら、素敵ですよねー。

さてこの曲90年代の有名なNew Editionの名曲「Can You Stand the Rain」なのですが、本物以上に素晴らしいカバーを披露してくれています。なんせダンスが雰囲気にあっていて完璧ですしね。
Desmond Dennisというシンガーなのですが、特に核にも歌がうまい!しかもソウルフルですよ。「Options」というアルバムも出していますし、近年YouTubeで面白いカバー動画をたくさんあげているようです、古くはSJ3というグループにいたそうですが、よく昔の音源を探していたら「The Shool Years」ってアルバムがあるじゃないですか・・・。もってるじゃん!あ、フロントマンのこの子って感じです。確かにセクシーな歌いっぷりで今後期待できるなーと当時思ってはいたのを思い出しました。

よく見たら、Groomsmenって書かれている動画のメンバーもSJ3のメンバーの子たちじゃないですか!R&BらしいR&Bが最近聞けなくなった昨今ですが、若い人たちがこういうのを素敵にカバーしている動画を見てしまうとうれしくなります。ちなみにSJ3が聞きたい人はSpotifyにもあります。「Fighting for Your Love」 は本当にシャープなかっこよさがあってしびれますよ。On Our WayとSmileとControl 最後にだしたThis Is Itって曲が好きです。

こういう私が若いころの名曲が歌い継がれていくのは、うれしくもあります。フェイクの完成度は原曲超えてるんじゃないかと思わせてくれます。

ちなみに原局はこちらです。やっぱり音のクリアさ若干違いますが、このセクシーな歌いっぷりは素敵ですね。

最後はほかの人のパーティーでのライブですが、こんなパーティーたまらんですね。最初Jagged Edgeから、素晴らしいR&Bのオンパレードです。これ以外にもカバーがたくさんあります。

LiSA / 炎

LiSA / 炎

問答無用な1曲ですが、映画の世界に一気にひきこまれる聳え立つ炎であるかのように、うちに秘めた乗り越える強さを感じることができます。映画との一体感がすごいのですが、彼女のまさにまっすぐに歌上げる姿勢がより鮮明に感じられます。個人的にも彼女の歌い方はしっかり気持ちが伝わる言葉の紡ぎ方が好きです。じっくりと聞き入ってしまいます。下のTHE FIRST TAKEのバージョンはより息継ぎや声色など聞き入ってしまうような感じです。映画抜きでも聞き入ってしまいます。

YOASOBI / 夜に駆ける – The Home Take –

このバージョンがとてもよかったので。シングル曲はもう少し早いテンポなのですが、このTAKEは本当によかったので。ぜひ、聞いてみてください。彼女の歌声の表現力は本当に素敵です。本来のバージョンはもっとポップなのですが、このTAKEの雰囲気と声質がとても素敵でした。何回も聞きたくなります。歌詞の意味合いがわかるともっと身近に感じるかもしれません。

SIRUP / Studio Live

SIRUPから、こんな時期に素敵なYou Tubeライブが届けられました。本当に彼のライブはバンドスタイルがたまらなくいいんですよね。その魅力がたっぷりとつまっています。ライブにいったような感覚にしてもらえます。LOOPのセクシーさと、DO WELLの盛り上がりも肌で感じられますし、しかも新曲のWe Can’tがめちゃくちゃかっこいいんですよ!なかなかライブがないこの時期だからこそ、気持ちを強くするためにも、一人でも多くの人に見てもらいたいですね。