Message Of Love – 泉亮 OneMan Live 2024/04/29

北海道を代表するシンガー泉亮のワンマンライブ。
大きめの箱でのワンマンライブということでドキドキしながら開場を待ちます。どこかアットホームな雰囲気もある会場のお客さんの雰囲気の中、ライブ前の選曲の楽曲を聞き、ステージの配置を考えながら、あそこがドラムだから、こっちがベースかなーとか思いながら、ライブの時間を待ちます。
暗めの照明の中バンドメンバーが入場し拍手で迎えられる中、泉亮が入場すると最初は圧倒的な声量と歌力で聞かせる「I’m So Sorry」で幕開けで、観客の心を鷲掴みにしていきます。このパワフルなシャウトをブレずに歌えるうまさは見事です。 迫力の歌唱からバックメンバーの生音でしっかりとボーカルを支え、中盤のしっとりとしたメロディーからサビへと一気に盛り上がていきます。
そのまま休むことなく優しい息遣いが心地よく響く「That thing you do」は、コーラスのSEIYA、ZIPPYともよい絡みを見せつけながら、バンドで行う生の力強さを感じさせてくれます。
「lonesome」は、ゆったりとした曲なのでよりバンドが歌を支えていることを強く感じさせてくれる一曲でした。音源だとしっとりとした楽曲ですが、よりバンドのドラムやベースなどが強く聞こえるとまた雰囲気が変わる一曲だなと感じました。
最初のイントロでのささやくような歌い方がセクシーな「i know」では、会場全体が揺れて聞き入っていました。最後のコーラスの心地よさも生バンドならではの感じでした。すべての楽曲がまた違った生演奏の魅力にあふれています。
力強いイントロからのセクシーに歌い上げる「Deep inside」では、会場全体も手上げて盛り上がりを見せます。ダークなR&Bサウンドにパワフルな歌声で会場の温度を上げていきます。
ここまでほとんどトークなく一気に圧倒的な歌力を見せてくれました。
バンドマスターShinさんの曲をということで、女性に振り回された曲だということで、曲を書くときは空想や妄想なのか、実際の経験をもとにかくのかという話になって、全員が空想や妄想といって、亮君だけが経験といっていて、裏切られた形になっていたのは、おもしろかったですが。経験っていうのが亮君らしい。
「4 ways to mislead me」
では、心地よいShinさんのサウンドにのって、1,2,3,4と合いの手をやってほしいというところで、会場全体で一体感を出していました。この楽曲は女性との間を歌った3部作になっていて、その3部作目は今作り中ということで、その2部作目の
「The Love I give to you」
を披露し、また亮君が自分の名義で出す曲とはまた違ったSweetでアットホームな楽曲で引き出しの多さを聞かせてくれます。

そして、ここで私は円山ノクターンでのライブでの姿しか見たことなかったのですが、今年惜しくも亡くなってしまった福由樹子さんと一緒に作った「Life is a song」を歌うにあたって、バンドメンバー含めて仲間としての感謝や想いを語ってくれて、出会いや別れをどうしても僕らの年齢だと重ねていかなければないけど、その気持ちを会場と共有していました。一つ一つを大切に過ごす大事さを噛みしめながら、バックでは思い出の写真も写し歌い上げていき、優しいピアノが素敵なサウンドと誠実な歌声に会場全体が温かさに包まれた瞬間でした。一つ一つの出会いを大事にして、体も心も大事にして過ごしてほしいという思いを言葉にして伝える亮君の誠実さに会場も温かい気持ちになりました。

会場が涙に包まれながら、亮君自身もここから目をぬぐいながら、どうやって切り替えるかっていいながら、次の曲ではゲストを招いてということで、いつも一緒に頑張っているEIMAYくんが登場。海賊?ってぐらいにバンダナの格好で会場の雰囲気を一気に笑いに変えたのはさすがEIMAYくんでした。天性なフェイクのセンスを持っているシンガーなEIMAYくんを招いての一曲はR&B好きにはうれしいBabyfaceがプロデュースするKevin Edmondsのグループafter7の有名曲I Want Youのカバー!
「I Want You . after 7 (cover) feat.EIMAY」この重厚感があるカバーもしっかりとZIPPYとSEIYAのコーラスの上と、バンドマスターのShinさんキーボード、ギターとベースとドラムの重厚感があるバンドメンバーのバウンドサウンドがしっかりと盛り上げながら、その中でEIMAYと亮君の二人で自在に盛り上がりながら歌い上げていく最高に心地よい時間でした。最後は一緒に会場全体を躍らせていました。
そしてもう一人のゲストをということで、同じく札幌で頑張る同士でもある佐藤広大くんを招いて、イントロを聞いた瞬間におぉーという声が漏れてしまうほどに懐かしい、まさか生でこれを聞く日がくるとは思っていなかった「I need a girl feat,佐藤広大」で一気に盛り上げていきます。印象的なサビのフレーズに手を振りながらみんなで盛り上がります!
お互いに20年以上一緒に北海道を中心に活動をしている同士でも二人ですが、10周年を機に今井大介さんプロデュースで作った楽曲を北海道の仲間と一緒に作りたいということで亮君EIMAY君をfeatした楽曲の話の時には会場に来ていた今井さんとの絡みもあり、10周年だからこそ一緒にやりたかったという話も素敵でした。呼ばれないかと思ったいうほど、曲のぎりぎりになってEIMAYくんを読んでから、黒でそろえるはずが、白の衣装のEIMAYと並んで、白の衣装に黒のジャケットを着ている亮君を挟んで、黒と白に挟まれててちょうど合わせたみたいでいいねとか、たわいないことを3人で楽しそうに話しているところが地元な雰囲気で楽しかったです。
「subshine feat.泉亮, EIMAY」では、3人が掛け合いながら楽しそうに歌っていくのが見ていて、ハートウォーミングなサウンドの上を3人がお互いに合わせながら歌っていくところが仲間な雰囲気がよく感じさせて見ている方も仲の良さを感じることができました。
二人のゲストがいなくなると、寂しくなったのかずっと隣にいてくれるだけでいいにという一言に会場がほっこりとしながら、次は終盤に向けてということで、次の楽曲はファルセットが素晴らしい「Dreamin’」。ライブでは、そのファルセットの凄さと美しさに思わず感嘆してしまうほどでした。ファルセットに感情を載せて歌える人ってそういないのですが、包み込むような優しさを感じさせます、本当に心に届く歌のうまさをこれでもかと見せてくれます。
最も3rdアルバムの中でも大好きな楽曲「Sturgeon moon」このスムーズな心地よい一曲には会場全体が体を揺らして聞き入っていました。サビでの「Uh ah Uh ah」というフレーズも会場全体で一緒に気持ちがよく歌っていました。ファルセットからミッドスムーズな歌声まで幅広く歌えるのもすごかったし、この楽曲もバンドサウンドならでも会場でしか聞けないアレンジが素敵でした。
次で最後というと、会場からは惜しむ声がたくさん聞こえてきます。ライブに来てくれた会場のみんなへの感謝を述べながら、最後は豊平川のイベントのために作ったという
「川見日和」
この歌とピアノ一本での楽曲では誤魔化しがきかないのですが、それをもろともしない、心にまっすぐに届く歌声を歌い上げていきます。MCでもいってた川辺で空を見ながら見ているところが想像できるような情景が浮かぶような歌詞とその歌になっています。何度聞いてもいいなと思わせる楽曲を披露し、バンドメンバーとともに会場を後にします。

アンコールの拍手に答えて、亮君が入ってきても、なぜか入ってこないメンバーに恥ずかしそうにしていました。そしてまるで最初からいたかのごとくコーラスに入ってきたEIMAY君には笑ってしまいました。
アンコールの前のトークでは、札幌の地でのやってきてワンマンライブを開かせてもらった経緯や感謝の言葉を紡いでいく姿が、長く地方で苦労しながらもやってきて、それをお客さんに返せる喜びを感じさせてくれました。
え、もう一回最初から?といって、”I’m So Sorry”のイントロをバッと歌い上げる瞬間があったのですが、終盤かよって思うほどにいい声が出ていたのが、本当に歌のうまさを実感させられました。地元を大切にしてきた亮君だからこそ、会場もその想いを汲んでアットホームで温かい空気が流れていました。
アンコール一曲目はコロナの頃に作った何もかもできない時期に、そのままでもいいんだよという思いをのせた優しい最後にかけての盛り上がりが心地よい一曲。
「soothing」
そして、アンコールの最後は「FEEL MY SOUL」では、一緒に盛り上げてということで、最後は会場全体でスタンディングになった、心地よい歌声とサウンドに体を揺らしながら、手を挙げてみんなで一体となってもりあがりました。
最後にこの曲の温かさが会場全体を包んでくれて、終わらないでほしいと思うような瞬間でした。また一曲目からなんて冗談も笑いながらも、帰れないって冗談を言いながらも、それも悪くないよねとも思わせてくれました。以前イベントにも出てもらったこともあるZIPPYさんとか、いつもサポートしているSEIYAさんやバンドマスターShinさん、力強いドラムが印象的なMiura Ryunosuke、バンドを支えながら心地よく爪弾くギターの森五さん、バンドメンバーも全員北海道の面々だけど、地元のすごさを感じさせる演奏やコーラスで、あっという間の2時間でした。これまでの活動をつながりをしっかりと感じられる素敵なワンマンライブをしてくれて、本当にありがとう。

Main Vocal 泉亮
Guest 佐藤広大, EIMAY
Chorus Zippy
Drum Ryunosuke Miura
Guitar 齋藤森五
Bass SEIYA
Keybord Shin

at Cube Garden

OST / Brown Sugar

01. Brown Sugar – Mos Def Ft. Faith Evans
02. Love of My Life – Erykah Badu Ft. Common
03. Bring Your Heart – Angie Stone
04. Brown Sugar (Raw) – Black Star
05. Easy Conversation – Jill Scott
06. Its Going Down – Blackalicious Ft. Lateef
07. Breakdown – Mos Def
08. You Make Life So Good – Rahsaan Patterson
09. Time After Time – Cassandra Wilson
10. Paid in Full – Eric B and Rakim
11. No One Knows Her Name – Hi-Tek Ft. Piakhan
12. Act Too (Love of My Life Remix) – The Roots
13. Never Been -Mary J. Blige
14. Brown Sugar (Fine) – Mos Def
15. You Changed -Jully Black
 

(概説)

ひさびさに、サントラのご紹介!なんと言っても、あのErykha BaduとCommonが一緒にやってるんだということを聞けば、聞かずに入れないだろう。それ以外にも、人選が素晴らしい!あの名Rapper、Mos DefにCommonに、Rakim!そして、HIPHOPアーティストとしても、サウンドクリエイターとしても有名なHi-Tek、Black Star!そして、フィリー勢からも、Jill Scottを代表に、なんとあの!Roots!そして、Cassandra Wilson!Angie Stoneと、ネオソウルを支えた素晴らしい女性シンガーに、Mary J Bligeという強力なシンガーと、NCSの素晴らしきシンガーであるRahsaan Patterson!そして、Erykah Baduまで参加!もう、聞いただけで、そのアルバムの雰囲気も自ずとわかるというもの!基本的にはMos Defによって全体がまとめられて、楽しませてくれます。自ずと映画の雰囲気もわかる、これこそサントラとして最も素晴らしいことの証明でしょう。もちろん新譜もあれば、旧曲もあるのですが、全体としては、素晴らしいまとまりがあります。
名サントラが世にでました。これは、すごいです!フィリーや、アコースティックソウルとも違う、そうあのNew Classic Soulの再来かという感じの、素晴らしい曲のオンパレード!もう渋すぎます!やられますよー。この一枚!絶対買っておきましょう、全曲オススメ!オールドスクールなD’AngeloなどのNew Classic Soulな雰囲気が好きな人なら絶対好きなアルバムです。

続きを読む

OST / Barber Shop

01.Speech Intro The – Cedric The Entertainer/Ice Cube
02. Trade It All Part 2 Main – Fabolous/P Diddy/Jagged Edge
03. Stingy – Ginuwine
04. What’s Come Over Me? – Glenn Lewis/Amel Larrieux
05. Love Session – Ghostface Killer/Ruff Endz
06. And We* – Big Azz Ko/ Black Rob/ Craig Mack/ Foxy Brown/ G. Dep/Kain Cioffie/ Mighty Ha/ P. Diddy
07. Could’ve Been You -3LW
08 Baby Girl Terri’s Theme – B2k
09. Sneaky – Jhene/Lil’ Fizz
10. I See You – Best Man
11. Better to Leave [*] – Jordan Brown
12. Baby, Baby, Baby – Collin
13. Ben – Lil Kano
14. Got To Give It Up (Part 1) – Marvin Gaye
15. I’ll Take You There – The Staple Singers
16. Big Booty Girls (Outro) – Eric Lane/ Ice Cube/ Jam/ Leon Collier/ Michael Ealy/ Ray Thompson

(総評)

もう、おいしいとこ取り!もう、こんなサントラありえません。凄過ぎます!2002年度のOSTとしては、人選、楽曲のよさ、ノリのよさどれを、とっても最高傑作の1枚!もう、人選が素晴らしすぎるし、楽曲が良過ぎ。唯一いえるのは、後半のSOULっぽい曲が前半のHIPHOP,R&Bと若干かみ合わないことぐらい。でも、どの曲も最高水準の楽曲です。なんといっても、2曲目の隠れたFabolousの名曲「Trade It All」をPart2として、新たに取り直して、よりJagged Edgeの歌声も、濃密に取り直しているのが、秀逸です(この曲はFaboloousの1stに収録されています・・・地味にいいアルバムですよ)!そして、Ginuwineの「Difference」を髣髴とさせる素晴らしいバラード「Stingy」が収録されていたり、極めつけは、Glenn Lewis&Amel Larrieuxという素晴らしい組あわせでのリズムの効いた素晴らしい楽曲である、「What’s Come Over Me?」名曲中の名曲です!これのために買ってもいい!しかも、そのほかにも、B2Kの名曲「Baby Girl」のREMIXや、Ruff EndzとGhostface Killerや、期待の新人ボーカルグループBest Manが参加していたり、Jhene!も素晴らしいし、無名に近いJordan Brown(女性)もいいし、意外に男性シンガーCollinの曲がカッコいい!そのほかにもP.Diddyのカッコいい曲や、3LWなどの有名どころもいい感じで、最後のMarvin Gayeや、The Staple Singersなんか懐かしいSOULを思い出させてくれる名曲です。あー、紹介しきれないぐらいいいんですよ!絶対買いです!

続きを読む