Nao’ymt / Nao’ymt wit’ 1st Season

01.Intro -Nao’ymt Web Theme 2006-
02.Okay / S-key-A
03.Oh Oh / 宏実
04.Next Morn’ / Kozo featuring Nao’ymt
05.We Can’t Back / YUKALI
06.Interlude -in the car-
07.Your Place / 真之介
08.Hot Voodoo / タイラヨオ featuring AKIYO
09.Think About U / 優美
10.Recover / 宏実
11.Interlude -in the room-
12.Sorry / STY
13.Boom Boom Boom / S-key-A
14.Sweet Apple Pie / 優美
15.Lil’ Goldfish / まりか
16.Outro -Nao’ymt Web Theme 2006- (Reprise)
17.no Respect / Jine
18.Anotha Man / Jine featuring Kozo
19.Bedroom / Jine

(総評)

「みんなの才能が金や権力に負けないように」・・・そんな熱い思いを掲げて、日本で行動を起こした人が居ます。その名は、Nao’ymt!彼がの妥協のない彼にしか作れない素晴らしい本物のR&Bサウンドと、それを表現できるR&Bを愛するシンガーたちが集い、本当の意味でR&Bが大好きな作り手たちが集った夢のような企画がこのwit’!
数多くのアーティストに曲を提供するNao’ymtですが、その原点は自身が所属するJineという素晴らしい日本でも随一のR&Bボーカルグループでの活動でした!さまざまな経験を経た彼らがネットだけで試聴させた、稀代のJineの名曲「Bedroom」!この歌から、この企画は始まります!そのすばらしさに、すべてのR&Bを愛する人たちは衝撃を受けます。その衝撃を受けてまもなく、誰もが密かに思っていた、日本の音楽シーンの矛盾点を突き刺すような一言「みんなの才能が金や権力に負けないように。。。」この言葉と共に自身のWebsiteで「wit’」の募集を掲載するのです!この言葉に衝撃をうけた志あるシンガーたちの多くが賛同し応募を開始します。その中でも才能豊かなアーティストたちが毎月選ばれwit’シリーズとして2006年前半からiTunesというツールを使い配信を開始します。わずか1年ほどの間に、このアルバムに収められている曲のほぼすべてを作り出しリリースするというハイペースで作り上げられた楽曲ながら、どれも素晴らしい水準の楽曲で、自然とR&Bを好きなリスナーの耳に留まるところとなりメジャーレーベルのアーティストを抑えすべての楽曲がiTunesのダウンロードチャートの上位を常に占めるという快挙を成し遂げます。
この大きなうねりは、とどまるところを知らず、今回Universal SIGMAというメジャーレーベルを通してリリースされることになりました!”Nao’ymt wit’ 1st Season”!1st Seasonと銘打っているように、これは実は新譜というよりも彼が行ってきたことの集大成でもあり、Jineのこれからの活動を示す指針でもあります。
もちろん、以前のiTunesのバージョンとはサウンドもよりダイナミックでドラスティックになっていて、曲順も練られていて、一つ一つのサウンドが深みを増していきます!このアルバムだけの関西の美しい歌声の女性シンガーS-key-Aの新たな魅力を見せてくれる新曲も収められていて、以前のバージョンを持っている人にも楽しめる一枚になっています!ブックレットもそれぞれのアーティストがわかるようになっていて、すべてにセンスを感じさせます!もちろん、これから触れる人には、その深遠で緻密なサウンドと多彩なメロディー、そしてNaoさん独特の奥深い詞の世界観に圧倒されることでしょう~!本当に、それぞれの楽曲が元曲よりも細かい息の抜けからサウンドの一音まで練られていて、和な雰囲気を大事にしつつも、より深みと力強さを兼ね備えています!アップからスローバラッドまで多彩で、リリックの奥深さまで、本当の意味で聞き手を最初から最後まで楽しませてくれています!
アルバムのアーティストは宏実、優美、S-key-A、まりか、真之介、STY、YUKALI、Kozo、タイラヨオ、AKIYOという個々が実力を見せつつ、Nao’ymtというフィルターを通して統一感を持っています。さらに、Jineの最新アルバムとしても、最後の3曲でJineというアーティストのすばらしさを表すに足る最大級の衝撃を与えてくれます!最終曲が「Bedroom」で閉じられているのも、この企画の意義を感じさせます!JineのNaoという存在から弛まぬ努力を重ね、理不尽なことに耐え強い思いをもった彼と、そんなNao’ymtの想いに答えようと、本当の意味で日本のR&Bシーンに何かを投げかけようとするメンバー心の力があったからこそ、これほどの衝撃をもって受け止められるのだと思います!
さぁ、今度はCDを手にする皆さんが、これほど強い作り手の思いに答える番です!手にとって見ましょう!「金や権力に負けないように」そんな熱い思いをもって歌っている仲間たちに力を与えてあげたい!本当の意味で、R&Bのシーンというものを考えてくれているアーティストやプロデューサーが一人ずつ今増えようとしています。そんな中で一つの形として出されたこのWit’でなのです!R&Bを愛する人、大好きな人だけに限らず多くの人に手にとって衝撃を受けてほしいと思います!
きっとR&Bという概念がまたこのリリースを機に日本において変化していくことでしょう!
2ndシーズンの応募は既に始まっています!ぜひ、新しい驚きを2nd Seasonで与えてくれることを待っています!オススメ:全曲!

“Nao’ymt / Nao’ymt wit’ 1st Season” の続きを読む

L.Young / The 12th Letter

01.Introducing (interlude)
02.Sweet Potato Pie
03.We Should Get Together
04.Smitten
05.Angel
06.She Is Not You
07.Feed My Babies
08.Why It’s Over
09.Let You Go
10.You’re Gone
11.Under The Circumstances
12.Go ‘Head
13.Thank You
14.The Recipe (We Need)
15.Hillbilly Lover
16.Don’t Make Me Over
17.Rainbow

(総評)

ケンタッキー出身、以前、2004年「They Just Don’t Know」をリリースしているインディーズシンガーL.Youngが着実に二枚目をリリース!独特の楽曲センスを持つ彼なのですが、時に軽快に面白いフレーズがあったりもしつつも、基本はしっかりと歌いこめる実力派!特にフェイクのセンスが素晴らしく、ファルセットも自在に操りながら、ぐいぐい歌い上げていく歌力には、惚れ惚れとしてしまいます。このアルバムでも、多彩な楽曲が並ぶ中、素晴らしいバラードや、アップサウンドがあったりと、聞き手を飽きさせない作りをしています。サウンド的にすごい!っていうものじゃなくて、彼の歌声にかかれば、フェイクの嵐で、すごい歌へと変えれる力があるシンガーですね。 そして、この一枚断然オススメが国内版です!!なんといっても、ボーナストラックがいいんですよね~。3曲もありそのどれもが素敵なんです。15曲目「Hillbilly Lover」でキャッチーなフレーズで聞き手の耳を楽しませ、16曲目「Don’t Make Me Over」で渋くかっこいい曲を聞かせて、最後は17曲目「 Rainbow」でのやさしく美しい正統派R&Bバラッドの仕上がりといったら、近年稀に見る出来です!そして、そのボートラ以外にも5曲目「Angel」での切ない泣き節での歌い上げっぷりにはジーンと来ます!中盤の6曲目~10曲目にかけてはのメロディーラインの多彩さも、L Youngの才能の多彩さを表現しています。そのほかの曲もしっかりと彼の歌で聞かせてくれる曲がそろっていて、アルバム通してさまざまな面を見せてくれています。一枚を通して飽きがこない作りにしているのが、彼がアーティストしてだけでなくて、Producerとしても優れた才能を持っていることを証明しています。これを気にどんどん楽曲がでてくるかもしれませんね。
インディーズっていう枠にいるのがもったいない感じもするのですが、いまやインディーズという枠自体が意味を成さないものとなっている中、こういう才能がどんどんこうやって音源を出していける現状は喜ぶべきでしょう!これからもどんどん楽曲を作りそして、他の人にも楽曲を提供して言ってほしいアーティストです!特にゴスペル畑でのアーティストと組むことで、よりコンテンポラリーゴスペルの世界が広がるような気がします!オススメ:(3),(5),(6),(8),(9),(15),(16),(17)

“L.Young / The 12th Letter” の続きを読む

SLIQUE / Rhythm & Ghetto Soul

01.One Day
02.Sensitve Side Of A Thug
03.Womans Got To Have It
04.Dat Comeback
05.Grown & Sexy
06.When I See You
07.Finally08.Not Your Fault
09.Your Body
10.Into You feat.Sara Stokes
11.Got It For Me
12.What It Do
13.So Sexy / Grown & Sexy remixv
14.Got It For Me / Terry hunter’s House mix

(総評)

インディーズシーンとメジャーという括り自体が今あまり意味を成さないものへと変化を遂げる中、またそのくくりを壊すような見事なアルバムをリリースしたシンガーがこのSlique!メジャー級のサウンドプロダクションでありながらも、あくまでもインディーズでのリリースである本作品ですが、サウンドプロダクションの見事さだけじゃなく、シンガーとして魅せるうまさ、さらに多彩なうたいっぷりを魅せるシンガーとしての水準の高さ。そして何よりもシャウターとしてのその迫力には圧倒されます。今後に期待を持たせるインディーズの新人の登場です。
アルバムとしては、器用貧乏という言葉があうのか、とても多彩な曲を聞かせてくれているのですが、もう少し絞ってくれるとまとまりがあってよかったかなと思いました。最後の方はちょっと、曲としての水準があまり高くない曲もあったので、前半のシャウト中心の曲、さらには、そこから歌の実力をいかんなく聞かせてくれるミッドテンポから、スローテンポなR&Bらしい楽曲という流れは本当に素晴らしいものがありました。
1曲目「One Day」からもうその歌の実力と、プロデューサーTomiの面白い楽曲に引き込まれますし、2曲目でのシャウトの応酬には圧倒され、3曲目でこのシンガーの評価が決まるBobby Womackのカバーと!もうこういうソウルフルさの一本勝負で十分に彼の魅力は伝わってきますね。5曲目「Grown & Sexy」、9曲目「Your Body」など自身のプロデュースによる素晴らしいバラードでは、彼の歌のうまさを存分に味わえるし、10曲目「Into You feat.Sara Stokes」違った面でのアップサウンドのかっこよさを魅せ、本当に幅広いシンガーだと知らしめてくれます。最後のほうにも、もっとメインストリームな楽曲があるのですが、そこはちょっとそこまでシーンに寄り添わなくてもよかったかなとは思いますが、総じて素晴らしい楽曲が多いのです!インディーズアルバムとしてもサウンドプロダクションや歌どれをとっても、最高水準のアルバムでしょう。
オススメ:(2),(10),(1),(3),(5),(9)

“SLIQUE / Rhythm & Ghetto Soul” の続きを読む