SLIQUE / Rhythm & Ghetto Soul

01.One Day
02.Sensitve Side Of A Thug
03.Womans Got To Have It
04.Dat Comeback
05.Grown & Sexy
06.When I See You
07.Finally08.Not Your Fault
09.Your Body
10.Into You feat.Sara Stokes
11.Got It For Me
12.What It Do
13.So Sexy / Grown & Sexy remixv
14.Got It For Me / Terry hunter’s House mix

(総評)

インディーズシーンとメジャーという括り自体が今あまり意味を成さないものへと変化を遂げる中、またそのくくりを壊すような見事なアルバムをリリースしたシンガーがこのSlique!メジャー級のサウンドプロダクションでありながらも、あくまでもインディーズでのリリースである本作品ですが、サウンドプロダクションの見事さだけじゃなく、シンガーとして魅せるうまさ、さらに多彩なうたいっぷりを魅せるシンガーとしての水準の高さ。そして何よりもシャウターとしてのその迫力には圧倒されます。今後に期待を持たせるインディーズの新人の登場です。
アルバムとしては、器用貧乏という言葉があうのか、とても多彩な曲を聞かせてくれているのですが、もう少し絞ってくれるとまとまりがあってよかったかなと思いました。最後の方はちょっと、曲としての水準があまり高くない曲もあったので、前半のシャウト中心の曲、さらには、そこから歌の実力をいかんなく聞かせてくれるミッドテンポから、スローテンポなR&Bらしい楽曲という流れは本当に素晴らしいものがありました。
1曲目「One Day」からもうその歌の実力と、プロデューサーTomiの面白い楽曲に引き込まれますし、2曲目でのシャウトの応酬には圧倒され、3曲目でこのシンガーの評価が決まるBobby Womackのカバーと!もうこういうソウルフルさの一本勝負で十分に彼の魅力は伝わってきますね。5曲目「Grown & Sexy」、9曲目「Your Body」など自身のプロデュースによる素晴らしいバラードでは、彼の歌のうまさを存分に味わえるし、10曲目「Into You feat.Sara Stokes」違った面でのアップサウンドのかっこよさを魅せ、本当に幅広いシンガーだと知らしめてくれます。最後のほうにも、もっとメインストリームな楽曲があるのですが、そこはちょっとそこまでシーンに寄り添わなくてもよかったかなとは思いますが、総じて素晴らしい楽曲が多いのです!インディーズアルバムとしてもサウンドプロダクションや歌どれをとっても、最高水準のアルバムでしょう。
オススメ:(2),(10),(1),(3),(5),(9)

(曲解説)

01.One Day

女性コーラスを効果的に使ったキャッチーで聴きやすいメロディーのサビが実に効果的に盛り上げてくれます。R&Bのメロディーっていうのをよくわかっている方が作っている一曲になっているのですが、そこはさすが、TOMI!プロデューサーは、ソロアルバムが日本でも話題になった北欧のシンガーTOMIがその多くの楽曲を作ることで、独特の北欧らしさと、USのR&Bの力強さが混ざったキャッチーな一曲になっています。伸びやかで力強いSliqueの歌声をうまく生かしたメロディーになっています。

02.Sensitve Side Of A Thug

シャウター魂を感じさえるイントロから、ぐっと抑えて渋くいぶし銀な魅力を見せつつ歌い上げていきます。Urban Mysticとかが好きなあたりにはたまらない一曲ではないでしょうか?もう後半に向かうほどに、これでもかとシャウトを畳み掛けてきます。こういう熱い曲はもう無条件で好きですよね!

03.Womans Got To Have It

ここで、Bobby Womackカバー!まさにこれが合うんですわー。これほど合うのは、Urban MysticやJahiemとかと比較して語られてもいい存在である証拠でしょう。ソウルフルな地声を持つシンガーとしても、地位を確立すべき逸材です。声という一点においても、他のアーティストよりも魅力を多く持った存在ですね。

04.Dat Comeback

勢いがあった3曲から、しっとりと歌うミッドテンポな一曲です。今風なオートチューンな風味を味わえる曲にもなっています。最初の3曲の勢いがあるので、ここでゆったりと曲を聴くことができます。

05.Grown & Sexy

いかにもなタイトルですが、惑うような揺れるメロディーラインが、心を揺さぶる一曲になっています。このどこか影をもったメロディーと、心から振り絞るような直情的な力強いシャウトがあいまって熱い一曲になっています!プロデュースも本人が務めていて、プロデューサーとしても作曲家としても力があることを見せてくれます。

06.When I See You

ねっとりとソウルフルに歌い上げる様が、Jahiemあたりを彷彿とさせます。地味な曲でもしっかりと力強さとソウルフルさを感じさせる曲調として聞かせてくれるのが見事です。女性コーラスを率いたオーソドックスなメロディーの曲でありながらも、魅力的に歌い上げてくれます。70年代ソウルを思い起こさせますね。

07.Finally

最近多い美メロ重視の一曲も、Sliqueはなんなく歌ってくれます。前の曲とは違う淡いバックサウンドにあわせて、優しく美しく歌い上げていきます。この辺の対応のうまさも、シンガーとしての水準が高いところをなんなく見せてくれています。シャウターとしてもメロディーメイカーとしても非常に優れたところを見せてくれています。6曲目ではソウルフルにうたったかと思えば、なんなくこんな曲もできちゃうところが凄いです。

08.Not Your Fault

こういう淡いメロディーラインを辿るような曲調が結構Sliqueは多いのですが、その中から徐々に、力強さを見せていく歌いっぷりは、淡いコーラスとかと相まって見事に感じます。Rapperもfeatすることで、いいアクセントになっています。

09.Your Body

なかなかゆったりとした曲調に、激しく絡みつくSliqueのシャウト、さらにリコンダクションというか、さまざまなふるいソウルの曲の要素を曲の中に満遍なくいれながら、面白い一曲へと仕上げていくそのプロダクションのうまさには舌を巻きます。本人のProduceだというのだから、先が恐ろしくもありますね。

10.Into You feat.Sara Stokes

ここで一気にエレクトロな雰囲気を取り入れる曲調の多彩さ!しかも女性ボーカルを招いて、本当にかっこいいんですから!そのセンスの良さは見事ですね。ひさびさに、クールでかっこいい一曲にあったな~という気分にさせてくれます。全体的にソウルフルにまとめつつも、それだけじゃない現行シーンの中でもしっかりと最先端でやっていけるところも魅せています。この女性ボーカルSara Stokesもかなりかっこいいシャウターで最後にかけての掛け合いは聞き応えがあります!

11.Got It For Me

前曲の流れを汲んだスムーズダンサーな一曲。シャウトもできるかと思ったらこういうノリがいい曲を鮮やかに軽く歌いこなすんですから、本当にシンガーとしての幅が広いな~と感心してしまいます。しかも、曲としての完成度もよくて、じっくり聞き入ってしまいます。

12.What It Do

若手シンガーのような旬なアップテンポなR&Bメジャーシーン受けしそうな楽曲です。あんまりシャウトの魅力がいかされていない、Sliqueの魅力とはまた違う面を持つ曲ですが、きっとシーンだとこういうほうが受けるんだろうな~。

13.So Sexy / Grown & Sexy remix

5曲目のRemixかと思ったらぜんぜん違いました。わりとゆったりとした曲調でまったりと聞かせてくれます。ちょっと面白みに欠けるかな。

14.Got It For Me / Terry hunter’s House mix

もろダンサブルなレゲトンかハウスかっていうぐらいなサウンドの一曲です。正直いらなかったですね。

(Producer)

TOMI:(1),(4),(7),(10)
Slique:(2),(5),(9),(12)
Eal Powell:(3),(6),(9)
Terry Hunter:(4),(8),(10),(14)
Miykal Snoddy:(11)
K.Nesbitt:(13)

(LINK)

OFFICIAL
MYSPACE
LABEL
☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です