Nao’ymt / Nao’ymt wit’ 1st Season

01.Intro -Nao’ymt Web Theme 2006-
02.Okay / S-key-A
03.Oh Oh / 宏実
04.Next Morn’ / Kozo featuring Nao’ymt
05.We Can’t Back / YUKALI
06.Interlude -in the car-
07.Your Place / 真之介
08.Hot Voodoo / タイラヨオ featuring AKIYO
09.Think About U / 優美
10.Recover / 宏実
11.Interlude -in the room-
12.Sorry / STY
13.Boom Boom Boom / S-key-A
14.Sweet Apple Pie / 優美
15.Lil’ Goldfish / まりか
16.Outro -Nao’ymt Web Theme 2006- (Reprise)
17.no Respect / Jine
18.Anotha Man / Jine featuring Kozo
19.Bedroom / Jine

(総評)

「みんなの才能が金や権力に負けないように」・・・そんな熱い思いを掲げて、日本で行動を起こした人が居ます。その名は、Nao’ymt!彼がの妥協のない彼にしか作れない素晴らしい本物のR&Bサウンドと、それを表現できるR&Bを愛するシンガーたちが集い、本当の意味でR&Bが大好きな作り手たちが集った夢のような企画がこのwit’!
数多くのアーティストに曲を提供するNao’ymtですが、その原点は自身が所属するJineという素晴らしい日本でも随一のR&Bボーカルグループでの活動でした!さまざまな経験を経た彼らがネットだけで試聴させた、稀代のJineの名曲「Bedroom」!この歌から、この企画は始まります!そのすばらしさに、すべてのR&Bを愛する人たちは衝撃を受けます。その衝撃を受けてまもなく、誰もが密かに思っていた、日本の音楽シーンの矛盾点を突き刺すような一言「みんなの才能が金や権力に負けないように。。。」この言葉と共に自身のWebsiteで「wit’」の募集を掲載するのです!この言葉に衝撃をうけた志あるシンガーたちの多くが賛同し応募を開始します。その中でも才能豊かなアーティストたちが毎月選ばれwit’シリーズとして2006年前半からiTunesというツールを使い配信を開始します。わずか1年ほどの間に、このアルバムに収められている曲のほぼすべてを作り出しリリースするというハイペースで作り上げられた楽曲ながら、どれも素晴らしい水準の楽曲で、自然とR&Bを好きなリスナーの耳に留まるところとなりメジャーレーベルのアーティストを抑えすべての楽曲がiTunesのダウンロードチャートの上位を常に占めるという快挙を成し遂げます。
この大きなうねりは、とどまるところを知らず、今回Universal SIGMAというメジャーレーベルを通してリリースされることになりました!”Nao’ymt wit’ 1st Season”!1st Seasonと銘打っているように、これは実は新譜というよりも彼が行ってきたことの集大成でもあり、Jineのこれからの活動を示す指針でもあります。
もちろん、以前のiTunesのバージョンとはサウンドもよりダイナミックでドラスティックになっていて、曲順も練られていて、一つ一つのサウンドが深みを増していきます!このアルバムだけの関西の美しい歌声の女性シンガーS-key-Aの新たな魅力を見せてくれる新曲も収められていて、以前のバージョンを持っている人にも楽しめる一枚になっています!ブックレットもそれぞれのアーティストがわかるようになっていて、すべてにセンスを感じさせます!もちろん、これから触れる人には、その深遠で緻密なサウンドと多彩なメロディー、そしてNaoさん独特の奥深い詞の世界観に圧倒されることでしょう~!本当に、それぞれの楽曲が元曲よりも細かい息の抜けからサウンドの一音まで練られていて、和な雰囲気を大事にしつつも、より深みと力強さを兼ね備えています!アップからスローバラッドまで多彩で、リリックの奥深さまで、本当の意味で聞き手を最初から最後まで楽しませてくれています!
アルバムのアーティストは宏実、優美、S-key-A、まりか、真之介、STY、YUKALI、Kozo、タイラヨオ、AKIYOという個々が実力を見せつつ、Nao’ymtというフィルターを通して統一感を持っています。さらに、Jineの最新アルバムとしても、最後の3曲でJineというアーティストのすばらしさを表すに足る最大級の衝撃を与えてくれます!最終曲が「Bedroom」で閉じられているのも、この企画の意義を感じさせます!JineのNaoという存在から弛まぬ努力を重ね、理不尽なことに耐え強い思いをもった彼と、そんなNao’ymtの想いに答えようと、本当の意味で日本のR&Bシーンに何かを投げかけようとするメンバー心の力があったからこそ、これほどの衝撃をもって受け止められるのだと思います!
さぁ、今度はCDを手にする皆さんが、これほど強い作り手の思いに答える番です!手にとって見ましょう!「金や権力に負けないように」そんな熱い思いをもって歌っている仲間たちに力を与えてあげたい!本当の意味で、R&Bのシーンというものを考えてくれているアーティストやプロデューサーが一人ずつ今増えようとしています。そんな中で一つの形として出されたこのWit’でなのです!R&Bを愛する人、大好きな人だけに限らず多くの人に手にとって衝撃を受けてほしいと思います!
きっとR&Bという概念がまたこのリリースを機に日本において変化していくことでしょう!
2ndシーズンの応募は既に始まっています!ぜひ、新しい驚きを2nd Seasonで与えてくれることを待っています!オススメ:全曲!

(曲解説)

01.Intro -Nao’ymt Web Theme 2006-

Naoymt.comでwit’のプロモーションがはじめて行われていたころに使われていた、Web Themeを元に、新たに、Interludeとして、迫力あるサウンドでよみがえっています。どこかやさしさと強さを兼ね備えたメロディーが、Nao’ymtの強い意志を表しながら、これから始まるwit’の曲たちへの期待を高めてくれます!まさにこのアルバムのふさわしいイントロになっています。

02.Okay / S-key-A

このアルバム唯一の新曲!大阪から若手シンガーS-key-Aを招いて、はねるようなわくわくする彼女の透き通る歌声をうまく使った、前向きな一曲です。彼女独特の透き通る歌声を存分に堪能させつつも、美しい高音ファルセットからパワフルなシャウトまで表情豊かな歌声を見せてくれていて、より女性らしい包み込むような歌い方を見せてくれます!ミッドテンポな心地よいリズムに体が揺れつつ、S-key-Aの女性としての強さを増した歌声が心を包み込んでくれて、やさしく男性を包み込む歌詞の世界観とも相まって、聞き手の心にやさしく響いてきます。確実にBoom Boom Boomのころよりも、歌に言葉をのせることに対しての意識が高くなってて、S-key-A自身の成長を感じさせる一曲でもあります。最後のアドリブっぽいフェイクもかっこいいです!

03.Oh Oh / 宏実

東京から話題の女性シンガー宏実を招いてのR&Bアップソング!サウンドが格段にメリハリが利いてスリリングに展開し、絶妙な歌声やフェイクを乗せていく宏実のGrooveやセンスのすばらしさが、存分に発揮された楽曲です!リズムへの乗り方、歌い方のかっこよさ!ちょっとしたフェイクのセンスどれをとっても、彼女のR&Bを歌う実力の高さを感じさせてくれます!セクシーで誘うようなかっこいい女性の詞の世界が、宏実の歌声の雰囲気とも見事に合っています、ここでは、KozoのRapがちらっと入っていたりと、お互いにwit’のメンバーがそれぞれの楽曲にチラッと入っているのも、この企画の面白いところでもあります。iTunesのバージョンよりもよりサウンドがリズムから緻密に練られていて、かっこいい!彼女は5月にデビューアルバムもリリース予定で本当に楽しみな存在です!

04.Next Morn’ / Kozo featuring Nao’ymt

ボーカルグループ「Black & Mind」を組んでいたSEXYなラップを披露するKozoを招き、Nao’ymt自身がそのWetでとろけるようでいて透明感のあるスウィートボイスで魅了します!その上にKozoの流れるSEXYなラップが曲にさざなみを与え、二人の歌声が水滴のように跳ねて様々な変化を見せてくれます。R&BでのRapperとしての役割っていうのをうまく表現してくれていて、KozoとNao’ymtの息のあった掛け合いが癖になっていきます。Kozoのラップは、一緒にラップしたくなるような、ゆったりしてるんだけど、ビタっとサウンドにはまっているんですよね。阿吽の呼吸というか、Rapと歌が実に自然に絡み合っている一曲です。後半のNao’ymtさんが自身の声を重ねていくハーモニーの美しさは特筆ものですよ!

05.We Can’t Back / YUKALI

しっとりとした大人な女性を感じさせてくれる実力派シンガーYUKALIの歌声が、心を引き裂くような切ない一曲。その歌声がよりリアルに感じさせて、歌詞の世界もこのIじゃなくてWeっていうのが、本当に取り戻せない二人の時間を思い起こさせます。二人の重ねた時間の重さと、二人のすれ違う思いを見事に歌い上げてくれています。歌が進むにつれ、見事に歌い上げていくYUKALIのフェイクやシャウトにどんどん魅了されていき、さらにバックトラックはよりシンプルにされていて、より彼女の歌声の魅力をじっくりと聞かせてくれます!特に後半に見せる歌い上げる瞬間の見事なフェイクはすばらしいです。シャウトを交えながら歌う艶やかなYUKALIの歌声が戻れない二人の悲しさと見事にマッチして、艶のある美しさと儚さを余計に増していく耽美なメロディーにぐいぐいと引き込まれていきます。iTunesバージョンよりもより歌のよさが強調され、さらに歌もフェイクとかがより斬新になっています。本当にNao’ymtさんのトラックと女性シンガーとの相性って言うのは、抜群なんです!女性の歌声の繊細さをうまく引き出すトラックを作り上げます。

06.Interlude -in the car-

これがちゃんとインタールードになったんですねー!Your Placeの中に入っていたのがちょうどInterludeになって、聞きやすくなりました。

07.Your Place / 真之介

その繊細で耽美な歌声をもつ数多くのR&Bシンガーとイベントを行っている真之介を招いて、男の後悔の思いと、離れていく心をとどめられない不甲斐ない思いを見事に描いた一曲。真之介の強弱と緩急とをうまく使い分け、繊細でいながらもしっとりと聞かせるセクシーなボーカルワークが心に響きます、彼の歌声がこの曲の雰囲気にとてもピッタリとはまっていて、最初の緩やかな歌のどことなく思い返すような切ない歌い方から、徐々に感情を込めて最後にかけ、声を重ね厚みを増していくボーカルワークに釘付けにされます。後半にかけては、iTunesバージョンではなかった、吐息のようなバックコーラスがかっこよく入っていて、より魅力が増しています!より感情を鮮やかに表すフェイクと相まって、どんどんと聞き手を圧倒していきます。名曲ですね!
実は、「We Can’t Back」と歌詞が対になっているので、ここはやっぱり続けて聞くと、本当に切ないほどの想いが響きます。

08.Hot Voodoo / タイラヨオ featuring AKIYO

Rapだけに限らずさまざまなスタイルで魅了するアーティスト、タイラヨオと、艶っぽい歌声がセクシーなLOVE MINUTESのAKIYOを迎えてのこのアルバム一番のUPソング!Rap中心の曲であり、タイラヨオの芯の強さを持つ声が和なトラックにアジアンなエッセンスと躍動感を与え、AKIYOの妖艶な歌声が、それにダンサブルで心地よい揺れと浮遊感を与え、曲全体が不思議な雰囲気を醸し出しています。あくまでこれはR&Bなんだと、Nao’ymtの作り出す煌びやかなループトラックが、それを再実感させ、二人のアーティストが作り出す絶妙な空間を演出しています!女性ならではの力強さと躍動感に溢れた一曲で、一気に空気を変えれる渋くてかっこいいヨオさんのRapと、幻想的なAKIYOさんの歌声が、絶妙に混ざり合い、曲にスピード感を与えてNaoさんのトラックをうまく料理しています。iTunesバージョンよりもあえて歌声を抜いたりして、絶妙な間を作ることで、サビのメロディーがより引き立っています!

09.Think About U / 優美

元トリニティのシンガー優美を招いてのセクシーでいてどこか悲しい一曲。別れた恋人を思いこす情景が見事に浮かぶ歌詞が心を揺さぶります。女性らしい歌声で、美しく突き抜けるように歌い上げます。切ないんだけどかわいらしいフレーズの繰り返しが、聞いているうちにどんどん癖になり、弾むようなかわいらしい歌声と一緒に思わず口ずさみたくなるような、ちょっと早口な体揺らせるメロディーにうっとりとさせられます。こういうループしながらも、徐々にフレーズが変わっていくのが最高ですね!複雑に絡み合う後半の歌い上げっぷりは、素晴らしい!声を重ねていくのがとても心地よく感じる声ですね。iTunesのバージョンよりもより鮮やかで、最後はしっとりと終わっていく感じで、優美の歌声のカラフルな音色が響き渡ります。

10.Recover / 宏実

宏実を再び招いての極上のバラード「Recover」!最初に面白い音が入っていたりして違いを感じさせつつも名曲のよさは変わりません!彼女がNao’ymtと最初にレコーディングをしたという麗しいバラードで、哀しい詞と美しく繊細なメロディーが胸を打ちます。彼女の自在に操る歌声で、パワフルに情熱的に歌い上げる美しいバラードでこそ、宏実の歌唱力の幅広さも存分に感じることが出来ます。本当に細かいフェイクが見事で、その一つ一つがかっこよくGrooveを生み出しています、まさに魅せる一曲になっていて、最後にかけてのシャウトの激しさがより歌詞の切ない世界を感じさせて、胸をえぐるように響いてきます!素晴らしいバラードです!iTunesのバージョンよりも、より気持ちを前面に出したように感じるのは、細かいところでのサウンドプロダクションのうまさだろうなーと感じます!

11.Interlude -in the room-

電話のInterludeで、迫力のある宏実さんの歌から、電話の着信音にうまくつかって、STYくんの歌へと移っていきます。この辺の流れも見事ですね。

12.Sorry / STY

Nao’ymt×STYという二人の有名プロデューサーが送る一曲!シンガーとしても定評があるSTYの歌を前面に出して、二人が絡んだからこそ出せる、明るめな今までと違いがあるサウンドで面白みも感じられる楽曲に仕上がっています!やわらかいSTYの歌声をうまく使ったかわいらしいアレンジでになっているのですが、I Sorryというフレーズからわかるように、男の後悔を歌い上げていきます。そして、途中でそのリリックに反応するかのように女性ボーカルが絶妙に飛び込んでくるのも、たまらない!優しい雰囲気と、高く突き抜けるような歌い上げ方が心地よく、特に、コーラスでの、繰り返しのフレーズがサビと絶妙に重なっていくところも面白い!バックトラックはループトラックになっていて、そこを絶妙にコーラスパートを重ねてこれほどに多彩なメロディーを紡ぎだしていることに驚かされます。この二人が作り出す曲はやはり躍動感があって現在の二人の活躍もうなずけます!日本でも有数のR&Bのトラックメイカーが共同で作った意味のある一曲になっています!

13.Boom Boom Boom / S-key-A

ここでも美しい歌声が特徴的なS-key-Aが登場!wit’企画の中でも楽曲のクオリティーとそのアーティストの個性がビタッとはまった名曲。彼女の女の子らしさ、かわいらしさが、この曲の詞の世界とも相まって、かわいらしくてウキウキするような、楽曲に仕上がっています!爽やかなバックトラックと浮遊感のあるメロディーが混ざり合い、サビでの”Boom Boom Boom”というかわいらしいフレーズが心に滴が落ちるように広がって残るのです。iTunesよりもサウンドも跳ねるような音色が強まっていて、S-key-Aのフェイクとハーモニーが曲に鮮やかな色合いを付けて行き、弾むような不思議な空気感を呼び起こします。
色鮮やかで印象深いメロディーで、最後の高音のシャウトは驚愕です!!女性ボーカリストの中でも驚くほどの高音のハミングボイスを美しく聞かせれる稀有な存在です。ただ甲高いのではなくて、高音でありながら、美しく伸びやかでしなやかな力強さも持っていてソウルフルなのです。サビの淡い感じと、最後の伸びやに絡み合う高音がドキッとさせられるほどに爽やかで、SEXYです。言葉選びの一つ一つが本当にかわいらしい女の子のイメージにぴったりなんですよね。なんかぽろっと笑顔がこぼれるような歌ですね。Nao’ymtの言葉選びの絶妙さも感じることができる一曲です!

14.Sweet Apple Pie / 優美

優美を再び招いた独特のアップサウンド!ベースのドラムのサウンドがしっかりと曲を支えていて、その中で、優美の透き通る歌声での軽快な歌声が響いてきます!この独特のWatch Me Now, Touch Me Nowというフレーズがなんとも癖になる一曲で、実は作詞はNao’ymtではなく宏実参加していて、ちょっと女性の大胆な心理をガッと歌い上げているのも面白い。優美がもつ爽やかなんだけど妖艶な雰囲気という不思議な感覚をDeepで艶やかなNao’ymtさんのトラックが、より妖しくも光らせています。気持ちがいいぐらいにループしていくフレーズと、絶妙に変化を加えたサウンドが混ざり化学反応を起こし、不思議な中毒性の高い一曲へと昇華しています。サウンド面ではiTunesバージョンとの違いを感じる曲で、効果音的にしたりと、トラックメイカーとしての緻密な計算が感じられます。

15.Lil’ Goldfish / まりか

水の音に落ち込むように女性らしい内面の深さを表していて、日本語の響きを大事に歌うまりかのウイスパーボイスが、水面に広がるように広く響き渡ります。大人な女性をも感じさせてくれるその独特のNao’ymtが作り出す詞の世界観と、まりかというアーティストの個性と響きあい、心の深くに響く歌を聞かせてくれています。神秘的な雰囲気さえ感じさせる、まりかの表現者としての魅力に圧倒され、発する言葉の一つ一つが、自然と頭の中に入り込んで心に残ります。独特な存在感と透明感があるボーカルにどんどん引き込まれていきます。そして、もっともこの中でも和的でやわらかい雰囲気をあわせたNao’ymtのトラックも彼女の不思議な魅力をより引き立てています。ブリッジで見せてくれるサウンドのエフェクトもこの曲の雰囲気をより不思議な雰囲気へとするのに一役かっています!彼女自身のバックコーラスが魅惑的でいて面白い言葉遊びのようにコーラスを重ねていくところなんか、この曲のハイライトですね!つぐむ言葉一つ一つが響き、この相性の良さに、ProducerとしてのNao’ymtの人の声を見抜く鋭さにも感心させられます。

16.Outro -Nao’ymt Web Theme 2006- (Reprise)

2006Web Themeがもう一度流れるのですが、これが、まりかさんの歌と絶妙にマッチしていて、いい雰囲気を作り出しています。

17.No Respect / Jine

そして、いよいよNao’ymtが所属するボーカルグループJineの曲へ!よりiTunesのバージョンよりも深みを増したそのJineの3人の歌声に、ぐっと引きよせられつつ、DVを題材に扱った詞の世界に、Jineの今までにないボーカルグループとしての斬新さも感じさせてくれます。インディーズのころの作品「Make U Move」は伝説の一枚になっていますが、そのころよりも格段にあがったボーカルの実力と楽曲の完成度!そして考えさせられる深いリリック!どれをとっても、Jineが日本でもトップのボーカルグループであることを聞くものに圧倒的な衝撃とともに感じさせてくれます。Nao’ymtが得意とする和のトラックと、感情を込めて聞き手に考えさせるかのごとく歌いこむ3人の歌声が、心を揺さぶります。3人が織り成す最高級のハーモニーに耳を奪われます・・・切なげに、それぞれが絡み合いながら歌い上げ、ミッドテンポなHOOKが心に染みていきます。後半に3人が複雑に絡み合うシャウトの嵐は、本当に見事です!iTunesバージョンよりも確実にアップした楽曲が聴けますよ!この題材を歌えるってこと自体が、本当の意味での成長を感じさせますね。

18.Anotha Man / Jine featuring Kozo

wit’のメンバーのKozoを招いての切なくも思いを激しく歌い上げる名曲「Anotha Man」!和の音を自在に操るNao’ymtの見事なトラックにのり、KozoがRapでクールに曲の雰囲気をより切なげに盛り上げ、Nao’ymtさんのやわらかくも突き刺さる歌声が響き始まります。そして、彼氏がいる女性を好きになった哀しき男のどうしようもない切なさを、何故その笑顔がその優しい笑顔が自分に向かいないのか・・・そう自問するHOOKが心に響きます。届かないものだからこそ、美しいそんな気持ちが痛いほどに伝わります。その痛い心が、直で3人の情景豊かでいて感情のこもったパワフルな歌声とリンクして、心をかきむしります。Nao’ymtの美しい歌声に聞き入り、JUNの力強い歌声や感情をかきむしるシャウトに圧倒され、EIJIのファルセットやフェイクに聞きほれます。KozoのRapも彼らの歌の力強さや感情表現のうまさをさらに引き立てているのです。お互いに感情をあらわにしてようなシャウトが、直接心に響いて思わず涙を流しそうになります。この曲は日本のR&Bを確実に1STEP UPさせてくれました!確実にこれからのR&Bを変えていく存在、それがJineでしょう!3人が絶妙な歌声も歌い方もバランスで違い、合わさると幾重にも素晴らしさを増していきます!
iTunesのバージョンよりもサウンドが見事にマッチしています。本当にかっこいいR&Bとはこういうのをいうんだと、強く心に印象付けてくれます!

19.Bedroom / Jine

この曲こそwit’の企画が始まる基点となった曲なのです、Jineは、R&Bを愛する方々には知られる存在だったのですが、「Make U Move」という名盤を残ししばらくその名を見ることがなくなって、ネット上でその名前をもう一度見たのが、Official Web Siteだったのです、そしてそこでひっそりと流れていた名曲がこのBedroom!この曲は多くの人にとって思い出でありこのアルバムや、各アーティストの出発点の一極なのです、そんな思いの詰まった一曲を、ちょっとアレンジを変えたiTunesバージョンからあえて、Websiteのバージョンに戻して収録しています。この曲が最後に来ているということ自体が、まさにwit’ 1st season!そしてJineの再出発を飾るにふさわしい!
楽曲もよりシンプルでいながらも、感動的な一曲になっています。シンプルになったサウンドがより鮮やかに3人の歌声をあらわにして、一つ一つの言葉が胸に刺さります。最後に向けての3人が熱く熱く絡み合い歌い上げる様はドラマチックです!Bedroomというタイトルですが、3人が三様に過ぎ行く時間とすれ違う気持ちを自身の言葉で歌いあげています!特にNaoが歌う最後のBridgeの詞の言葉が、離れつつある愛する人の気持ちをつなぎとめようと苦しむ男性の感傷的な気持ちをよく歌い上げています。徐々に盛り上がりを見せるシャウトなど、本当にこれぞJineというにふさわしい素敵な一曲です。

(Producer)

All Produced by Nao’ymt

(LINK)

OFFICIAL
☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です