L.Young / The 12th Letter

01.Introducing (interlude)
02.Sweet Potato Pie
03.We Should Get Together
04.Smitten
05.Angel
06.She Is Not You
07.Feed My Babies
08.Why It’s Over
09.Let You Go
10.You’re Gone
11.Under The Circumstances
12.Go ‘Head
13.Thank You
14.The Recipe (We Need)
15.Hillbilly Lover
16.Don’t Make Me Over
17.Rainbow

(総評)

ケンタッキー出身、以前、2004年「They Just Don’t Know」をリリースしているインディーズシンガーL.Youngが着実に二枚目をリリース!独特の楽曲センスを持つ彼なのですが、時に軽快に面白いフレーズがあったりもしつつも、基本はしっかりと歌いこめる実力派!特にフェイクのセンスが素晴らしく、ファルセットも自在に操りながら、ぐいぐい歌い上げていく歌力には、惚れ惚れとしてしまいます。このアルバムでも、多彩な楽曲が並ぶ中、素晴らしいバラードや、アップサウンドがあったりと、聞き手を飽きさせない作りをしています。サウンド的にすごい!っていうものじゃなくて、彼の歌声にかかれば、フェイクの嵐で、すごい歌へと変えれる力があるシンガーですね。 そして、この一枚断然オススメが国内版です!!なんといっても、ボーナストラックがいいんですよね~。3曲もありそのどれもが素敵なんです。15曲目「Hillbilly Lover」でキャッチーなフレーズで聞き手の耳を楽しませ、16曲目「Don’t Make Me Over」で渋くかっこいい曲を聞かせて、最後は17曲目「 Rainbow」でのやさしく美しい正統派R&Bバラッドの仕上がりといったら、近年稀に見る出来です!そして、そのボートラ以外にも5曲目「Angel」での切ない泣き節での歌い上げっぷりにはジーンと来ます!中盤の6曲目~10曲目にかけてはのメロディーラインの多彩さも、L Youngの才能の多彩さを表現しています。そのほかの曲もしっかりと彼の歌で聞かせてくれる曲がそろっていて、アルバム通してさまざまな面を見せてくれています。一枚を通して飽きがこない作りにしているのが、彼がアーティストしてだけでなくて、Producerとしても優れた才能を持っていることを証明しています。これを気にどんどん楽曲がでてくるかもしれませんね。
インディーズっていう枠にいるのがもったいない感じもするのですが、いまやインディーズという枠自体が意味を成さないものとなっている中、こういう才能がどんどんこうやって音源を出していける現状は喜ぶべきでしょう!これからもどんどん楽曲を作りそして、他の人にも楽曲を提供して言ってほしいアーティストです!特にゴスペル畑でのアーティストと組むことで、よりコンテンポラリーゴスペルの世界が広がるような気がします!オススメ:(3),(5),(6),(8),(9),(15),(16),(17)

(曲解説)

01.Introducing (interlude)

どこぞの南部のHIPHOPアルバムだろう?って具合の無条件に明るいイントロが印象的です。ちょっとケンタッキーという土地柄を感じさせます。

02.Sweet Potato Pie

1曲目の流れをうけてちょっと明るい感じのうわものを使いながら、しっかりと歌いこんでくれます。ここで一気にL Youngの歌のうまさをじっくりと感じることが出来ます。

03.We Should Get Together

ファルセットをうまく使いながらしっとりとした歌を歌い上げ、バックコーラスが歎美なメロディーで酔わしてくれます。適度に、遊び心あるI Like Itのメロディーライン入れ込んだりと、1曲でも楽しめるつくりになっているのが、さすがL Youngという感じがします。

04.Smitten

ゆったりとやさしく歌いこまれていく曲で、徐々に力強く歌いこんでいく様がかっこいいです!なかなかここまでどの曲も力強いシャウトっぷりが素敵な曲で構成されています!

05.Angel

泣き節全開の丹念な歌い方が、心に響きます。サウンド的にもひねることなくまっすぐで、そしてサビのまっすぐな歌いっぷりも心地よく、いい歌い手であることを再確認させられます。二回目のサビでのコーラスが重なって厚くなっていくことで、よりL Youngのシャウトの力強さをより感じることが出来ます。最後のうなりあげるようなファルセットシャウトが見事すぎます!

06.She Is Not You

L YoungのR&Bシンガーとしての実力をよく見せてくれる一曲です。徐々に深みにはまっていくようなメロディー展開で、トラック的には、わりとHIPHOP的なリズムトラックなのですが、L Young自身のメロディーのうまさで、聞き入ってしまいます。特にシャウトに移るときのためや、泣き節の込め方が、どことなくCaseを思わせる瞬間があるのもいいですね!

07.Feed My Babies

ねっとりとファンキーに歌い上げていきます。こういう中盤でもさまざまなL Youngの魅力を見せるかのように、さまざまな雰囲気の曲が配列されています。自身でProduceもこなすのですが、すごいです。

08.Why It’s Over

しっとりと歌ってくれあげ、サビで一気に盛り上がっていきます。サビの美しいメロディーが素晴らしい!この曲はアルバムでも1,2を争う美メロ曲です。緩急のつけ方が絶妙で盛り上がったと思ったらスムーズに聞かせたりと、聞き手を飽きさせないような曲構成で、L Youngは独特の癖のある部分もあるのですが、そこをうまくスムーズなコーラスを重ねることで、その癖が素晴らしい個性的なフェイクとして聞こえてきます。そして、この曲ではあまり見せないシャウターとしての一面も魅せてくれたりとなかなか楽しませてくれます。

09.Let You Go

オールドソウルな雰囲気をもったシンプルな曲に、スムーズなコーラスワークを重ねて、フェイクで多彩に聞かせていきます。ファルセットを織り交ぜながらゆったりとした曲に抑揚をつけていきます。声のよさがなければここまでもっていけませんね。

10.You’re Gone

荘厳なバックサウンドにのって、美しく控えめに歌い上げていきます。L Youngの歌の底力を見せてくれるような、ほぼアカペラ主体の一曲です。

11.Under The Circumstances

坦々と歌いこんでいく一曲。でも、その中に、L Youngらしい抑揚のつけ方などで、シンプルだけど聞かせる曲に仕上がっています。この辺の、完成度は本当に高いですね!

12.Go ‘Head

ここら辺は、ちょっと昔聞いたことあるなーっていうフレーズがちょこちょこ入っていたりして、きっとL Youngも自然とこういう歌い方になったりしているんだろうなーと感じさせます。でも、一気にフェイクタイムに入ると、もう独壇場でぐいぐい聞かせてくれるところが素晴らしいです!

13.Thank You

ここでいきなりゴスペルが入ってきてびっくりするんですが・・・あ、そういえば、ゴスペル畑でしたっけ?っていう感じです、それぐらいアルバムはR&Bなんですよね。次の楽曲に向けて、いいアクセントにはなっています。

14.The Recipe (We Need)

前曲での転換がいい方向に働いて、明るいミッドテンポなこの曲がアルバムの中でも生きています!ミッドテンポなサウンドにのって、個性的なメロディーラインで聞かせてくれます!

15.Hillbilly Lover

L Youngといえば、アップテンポでの楽曲がとにかく面白い!サウンド、コーラス含め、ちょっと遊び心が入っていながらも、しっかりとサビでは覚えやすくかっこよくシャウトなども交えて仕上げているのですが、それが堪能できる一曲になっています。ここから日本語のボートラなのですが、その完成度が非常に高く、こちらを買ったほうが絶対いいですね!最後に向けての吼えっぷりはアルバム随一です!最初のなんか調子いいな~って雰囲気がふっとんじゃいます。

16.Don’t Make Me Over

ファンキーな出だしから、じっくりと渋いサビの歌いっぷりにノックアウトされます。こういう歌声のパワーを要求される曲では、本当にこのL Youngは、実力を発揮しますね。メインを歌うコーラスの力強い歌いっぷりも見事ですが、もう変幻自在に複雑なフェイクを歌っていくそのセンスのよさも、すごいです!

17.Rainbow

L Youngにしては珍しい優しく美しい正統派バラッド!Boyz 2 Menとか、初期Profyleが歌いそうな爽やかな歌いつなぎ系の曲で、自身のコーラスワークとかぶせながら、丹精に美しく歌い上げていきます。なかなかここまで真っ当なバラッドは、最近では聞けないかもしれませんね。サビでのストレートな歌いっぷりには、惚れ惚れします。最後に2段あがりしていくところなんて、見事です!

(Producer)

All Produced by L.Young

(LINK)

OFFICIAL MYSPACE
OFFICIAL LABEL

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です