Lorenzo Owens / Better Days the encore

01.Smile
02.Better Days feat. Michael Spencer
03.Gamble
04.Inseparable
05.Stand Tall feat.Ms.Jazzi
06.Light N’ Darkness
07.Not So Perfect Love Story
08.Concentrate
09.Breathe Again
10.Come Around My Way
11.Loves Not Enough
12.Close Your Eyes
13.Some
14.Burnin’ feat.Tina Moore
15.Rainbows

(総評)

Lorenzo Owensのメジャーデビュー後2枚目となるアルバム!Michael Spencerを招いたタイトル曲「Better Days」が話題となり2007年のBESTアルバムにも選ばれた一枚です!Ren名義の説きも前作でも歌のうまさは、実証済みでしたが、これほどにソウルフルなサウンドを披露してくれるとは純粋に驚きでした!70年代クラシックな匂いさえ漂ってきそうなほどに、黒くスモーキーな味わいの曲がたくさん詰まっていて、特に1曲目「Simle」と2曲目「Better Days」のすばらしいこと!もうシャウター好きにはたまらないシャウトしまくりな熱いソウル楽曲なのです、しかも2曲目「Better Days」はMichael Spencerというこちらもすばらしいシンガー同士でのシャウター二組による熱い歌合戦と聞いたら、もうR&B好きにはたまらないものがあります。そんなシャウト曲がこのアルバムでは満載なのです!これほど吠えれる人個々最近では、聞いたことがないほどです! 適度な聞きやすさとメロディーのよさも持ちつつ、シャウトがこれほどたくさん聞けるアルバムは、そうそうありません。どうしてもシャウターのアルバムっていうのはそのシャウトに頼りすぎてて、メロディーやサウンドが疎かになってたりするのですが、そんなところは微塵も感じさせず、より魅力的なメロディーと楽曲が並んでいる名盤です!特に前半5曲の完成度の高さは、すさまじいです! 1曲目のなんとインディーソウルをかじっている人なら知らない人はいなってほどに有名な美メロプロデューサーMichael J. Powellを起用していて、これがソウルフルさと美メロ感覚をうまく取り入れていて、もろ当たっています!さらに2曲目では、あのMaurice Whiteがプロデューサーに名前をつらねているんですから、これは悪いわけがありませんよ!Michael J. Powellはさらに10曲目15曲目でも参加しその美メロのすばらしさを存分に感じさせてくれます!特に15曲目はもうこれ以上はないというほどの美メロです!本当にどの楽曲もすばらしい! そして、実は、Ren名義のころの作品を再度収録したものが多いのです。でも、新曲も多く、より統一感が出されたこのアルバムは名盤というにふさわしいのではないでhそうか?シャウター好きなら、これを買わないなんて選択肢はありませんよ!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(5),(10),(11),(14),(15)

“Lorenzo Owens / Better Days the encore” の続きを読む

Jaheim / The Makings Of A Man

01.Voice Of R&B
02.HUSH
03.Have You Ever
04.Lonely
05.Life Of A Thug
06.Just Don’t Have A Clue
07.She Ain’t You
08.Never
09.I’ve Changed feat.Keyshia Cole
10.What You Think Of That
11.Make A Wish
12.Back Together Again

(総評)

JaheimのGetto3部作が終わって初のアルバム!これが3部作という枠がなくなったからなのか、自由さとよりソウルクラシックなスタイルを増したサウンドで、現代のソウルアーティストJaheimというスタイルを既に確立しています!すべてのアルバムがソウルクラシックといえる名盤だからけの外れがないアーティストとしても有名ですが、何よりも彼にしか出せない温かみと深みとソウル古さを持ち合わせた歌声とそれを生かしきる自身の見せ方!それが本当にすばらしすぎます。自身もプロデュースをしながら、ちゃんと古くからタッグを組んでいるKay Geeはもちろんのこと、他のプロデューサーもいかしきりながら、どの楽曲も自分の歌へと昇華していきます。ソウルをリアルタイムに感じたことない人たちであっても、ソウルとは何かをより身近に感じさせる力があるアーティストで、70年代の香りをどこからか感じさせてくれます。
どの曲も水準以上のすばらしいソウルスタイルを見せてくれていて、温かみがあるJaheimの歌声がいきているすばらしい曲たちなのです。特に3曲目「Have You Ever」での伸びやかな歌声にはもう圧巻されてしまいます。これはもうソウルクラシックといっていいほどの出来ですね!さらに、6曲目「Just Don’t Have A Clue」も圧巻です・・・決してサウンド的には、ソウルらしさみたいなのは無いにもかかわらず、彼の歌声が加わることで、電子音とピアノ楽曲が、ソウルフルに感じてくるんですから・・・すごいパワーを持った歌声ですよ!もちろんプロデューサーであるbabyfaceのピアノ美メロ感覚があってこその作品なのですが。今回はKay Gee以外にも面白いプロデューサーが参加しているのも見所で、このBabyface筆頭に新しい絡みをみせてくれていることで楽曲としての新鮮さを保ちつつ、Jaheimの確かな歌の水準を見せてくれています。
せっかく参加しているKayshia Coleの良さがちょっとできっていなかったのがもったいない気もしますが、アルバム単位でずっと古くなることなく聞き続けられるすばらしい一枚です!
オススメ:(1),(3),(4),(6),(8),(9),(12)

“Jaheim / The Makings Of A Man” の続きを読む

Jose James / The Dreamer

01.Love
02.Spirits Up Abobe
03.Moanin’
04.Park Bench People
05.blackeyedsusan
06.Nola
07.Red
08.The Dreamer
09.Velvet
10.Winterwind
11.Desire
12.Body + Soul

(総評)

今年新星のごとく現れたJazz界のシンガー!そのソウルフルな歌声はジャンルレスで多くの人を魅了していきます。Jazzシンガーには、雰囲気があったり思いっきりJazzっぽいシンガーもいますが、この人はもっとソウルフルな歌で声で聞かせるシンガーなのです。なので、その歌声にぐいぐい引き付けられていきます。そして、JazzらしいフェイクやSwingもすばらしく、SOULに通じるものを感じずにはいられません。バックミュージシャンも素晴らしくライブ感たっぷりに演奏をしてくれていて、一発撮りの凄さをここでは披露してくれています。こういうJazzのアルバムって今は普通にやっているトラックをいじったりつぎはぎしたりとかは、逆に少なくて、セッションミュージシャンが集まってさぁ!やろうって感じでとっていくので、演奏も歌も生き生きした躍動感が違います!
カバーなんですが、そのカバーって言うことさえ忘れさせるJose Jamesの声の魅力に溢れた3曲目「Moanin’」で完全に一聴して、魅力にやられてしまいます。その後も思いっきりJazz風味な曲からSOULテイスト溢れた曲まで曲に合わせつつもそのソウルフルな歌声の魅力を存分に見せてくれます。12曲目の「Body+Soul」での声を楽器にして演奏していくところなんてさすが!って思ってしまうし、もちろんそれを支えるバックミュージシャンの魅力も詰まったアルバムになっていて、11曲目「Desire」のSwingっぷりなんて見事ですし、2曲目「Spirits Up Abobe」での大御所ジュニア・マンスっていう人の演奏も見事すぎます。
思いっきりJazzシンガーではありますが、これからジャンルレスに多くのアーティストに引っ張りだこになるのは確実なsingerの登場でしょう。今後の活躍がとっても楽しみな逸材です!たまにはR&Bばかりじゃなくこういう音楽も触れてみると、Black Musicの共通するものとか、歌い方のシャウトやフェイクがSwingからきていることとか、いろいろ解って面白いですよ。オススメ:(2),(3),(4),(6),(9),(11),(12)

“Jose James / The Dreamer” の続きを読む

ADAM EMIL / JOURNEY

01.Blowing My Mind
02.One and Only
03.Old School Love
04.Face In The Dirt
05.Lost Then Found
06.It’s Alright
07.The Other Side
08.Cheers
09.Breaking Thre
10.Rock Star

(総評)

2006年から稀代の美メロ曲「Lost Then Found」で、その歌声で、インディーソウルを聞く人の中で、話題となっていたアーティストAdamくんがついにアルバムデビュー!Adam Emilという名前でのデビューとなりました。Journeyというタイトルのように、いろんな浮き沈みを経験してのリリースとなりました。一時期はデビューは難しいのかな?っていう感じもしたのですが、こうして無事にアルバム単位で聞けことにまずは拍手を送りたいです!そして、その歌声は、ここ最近ではなかなか聞くことができない、まさにまっすぐな正統派のシンガーなのです!小手先のことは一切使わずに、しっかりとまっすぐに歌うだけで、センスを感じることができ、特に伸びやかに歌い上げるときには、もう聞くものは、昇天させられてしまいます!
事前にシングルリリースされていた「Lost Then Found」や「Old School Love」が、90年代R&Bの雰囲気を受け継ぐ素晴らしい楽曲だったので、そういう雰囲気でいくのかと思ったら、サウンド的には、案外今風というか、さまざまなサウンドに挑戦しています。でも、そんな多様なサウンドの中でも、Adamの歌声のまっすぐさは、消えることはなく、ただただひたすらにまっすぐに心に響いてきます。特に後半8曲目「Cheers」9曲目「Breaking Thre」の後半での伸びっぷりは見事なものがあります。3曲目「Old School Love」のどこか懐かしい感じの見事なバラードも素晴らしいです!そして、忘れてはならない、「Lost Then Found」の歌いっぷり!もうこれは稀代の名曲でしょうー。冬が来るたびに聞きたくなるような暖かさに溢れた一曲です。そして、4曲目「Face In The Dirt」では、
いい曲が本当に多いのですが、ただ曲数が短いっていうのと、既発曲が多かったので、新鮮さという意味ではちょっと薄れたのが残念・・・でも、Lost Then Found並みの素晴らしいバラードがもう一曲あれば、名盤になれただろうな~。
でも、Lost Then Foundを聞いたことがない人は、絶対に聞かなくてはいけない名曲です!
それを抜きにしても十分にインパクトがある盤になっていて、2008年トータルで考えても、かなりの上位に入る素晴らしい盤です!
オススメ:(1),(3),(4),(5),(7),(8),(9)

Lyfe Jennings / Lyfe Change

01.Change The Game (intro)
02.Keep On Dreaming
03.Warriors
04.Never Never Land
05.Brand New feat.T.I.
06.It’s Real
07.Cops Up
08.You Think You’ve Got It Bad feat.Wyclef Jean
09.Wild, Wild, Wild
10.Midnight Train
11.Hmmm
12.Old School feat.Snoop Dogg
13.US (Interlude)
14.Will I Ever
15.Baby I’m A Star feat.Lyfe Jennings

(総評)

素晴らしいシンガーLyfe Jenningsの3枚目!その土臭いソウルフルな歌声が話題となっていますが、実は曲のメロディーもよかったりする相当な実力派!リリースを重ねる毎にそのバランスのよさもいい感じになってきています!
ただ、以前は不要といえるほどに、やたらとInterludeをいれてくるので、英語がそれほど流暢にわからない人にはアルバム通して聞くことが億劫に感じるほどだったのですが、そのInterludeをやたら多用するのをやめたので、アルバム全体としては素晴らしく聞きやすくなっています。
変わらない、そのソウルフルな歌声で、ぐいぐい歌い上げていく曲が多く、全体と通して安定感を感じさせる仕上がりになっています。特に14曲目「Will I Ever」でのライブ形式の一曲では、最高潮の盛り上がりを見せてくれます!そのパワフルな歌声にノックアウトされてしまいますよ。そして、前半の2,4でかっこよくソウルフルで土臭い歌いっぷりを見せて、5曲目「Brand New」や7曲目「Cops Up」で、HIPHOP的なサンプリングのうまさも見せてくれたりと、今までのアルバムよりもより深さと広がりがある一枚に仕上がっていますよ!Wyclef Jeanとの相性がいまいちだったのがちょっと残念なんですが、総じて水準の高い曲が多いです♪でも、後半にはまたいい曲がちらほらあったりと、しっかりとアルバム通して聞かせてくれるストリートなR&Bシンガーとしての素晴らしさを再認識させてくれます。 ぜひ、手にとって聞いてみてください。
オススメ:(14),(4),(5),(7),(2)

“Lyfe Jennings / Lyfe Change” の続きを読む