ADAM EMIL / JOURNEY

01.Blowing My Mind
02.One and Only
03.Old School Love
04.Face In The Dirt
05.Lost Then Found
06.It’s Alright
07.The Other Side
08.Cheers
09.Breaking Thre
10.Rock Star

(総評)

2006年から稀代の美メロ曲「Lost Then Found」で、その歌声で、インディーソウルを聞く人の中で、話題となっていたアーティストAdamくんがついにアルバムデビュー!Adam Emilという名前でのデビューとなりました。Journeyというタイトルのように、いろんな浮き沈みを経験してのリリースとなりました。一時期はデビューは難しいのかな?っていう感じもしたのですが、こうして無事にアルバム単位で聞けことにまずは拍手を送りたいです!そして、その歌声は、ここ最近ではなかなか聞くことができない、まさにまっすぐな正統派のシンガーなのです!小手先のことは一切使わずに、しっかりとまっすぐに歌うだけで、センスを感じることができ、特に伸びやかに歌い上げるときには、もう聞くものは、昇天させられてしまいます!
事前にシングルリリースされていた「Lost Then Found」や「Old School Love」が、90年代R&Bの雰囲気を受け継ぐ素晴らしい楽曲だったので、そういう雰囲気でいくのかと思ったら、サウンド的には、案外今風というか、さまざまなサウンドに挑戦しています。でも、そんな多様なサウンドの中でも、Adamの歌声のまっすぐさは、消えることはなく、ただただひたすらにまっすぐに心に響いてきます。特に後半8曲目「Cheers」9曲目「Breaking Thre」の後半での伸びっぷりは見事なものがあります。3曲目「Old School Love」のどこか懐かしい感じの見事なバラードも素晴らしいです!そして、忘れてはならない、「Lost Then Found」の歌いっぷり!もうこれは稀代の名曲でしょうー。冬が来るたびに聞きたくなるような暖かさに溢れた一曲です。そして、4曲目「Face In The Dirt」では、
いい曲が本当に多いのですが、ただ曲数が短いっていうのと、既発曲が多かったので、新鮮さという意味ではちょっと薄れたのが残念・・・でも、Lost Then Found並みの素晴らしいバラードがもう一曲あれば、名盤になれただろうな~。
でも、Lost Then Foundを聞いたことがない人は、絶対に聞かなくてはいけない名曲です!
それを抜きにしても十分にインパクトがある盤になっていて、2008年トータルで考えても、かなりの上位に入る素晴らしい盤です!
オススメ:(1),(3),(4),(5),(7),(8),(9)

Lyfe Jennings / Lyfe Change

01.Change The Game (intro)
02.Keep On Dreaming
03.Warriors
04.Never Never Land
05.Brand New feat.T.I.
06.It’s Real
07.Cops Up
08.You Think You’ve Got It Bad feat.Wyclef Jean
09.Wild, Wild, Wild
10.Midnight Train
11.Hmmm
12.Old School feat.Snoop Dogg
13.US (Interlude)
14.Will I Ever
15.Baby I’m A Star feat.Lyfe Jennings

(総評)

素晴らしいシンガーLyfe Jenningsの3枚目!その土臭いソウルフルな歌声が話題となっていますが、実は曲のメロディーもよかったりする相当な実力派!リリースを重ねる毎にそのバランスのよさもいい感じになってきています!
ただ、以前は不要といえるほどに、やたらとInterludeをいれてくるので、英語がそれほど流暢にわからない人にはアルバム通して聞くことが億劫に感じるほどだったのですが、そのInterludeをやたら多用するのをやめたので、アルバム全体としては素晴らしく聞きやすくなっています。
変わらない、そのソウルフルな歌声で、ぐいぐい歌い上げていく曲が多く、全体と通して安定感を感じさせる仕上がりになっています。特に14曲目「Will I Ever」でのライブ形式の一曲では、最高潮の盛り上がりを見せてくれます!そのパワフルな歌声にノックアウトされてしまいますよ。そして、前半の2,4でかっこよくソウルフルで土臭い歌いっぷりを見せて、5曲目「Brand New」や7曲目「Cops Up」で、HIPHOP的なサンプリングのうまさも見せてくれたりと、今までのアルバムよりもより深さと広がりがある一枚に仕上がっていますよ!Wyclef Jeanとの相性がいまいちだったのがちょっと残念なんですが、総じて水準の高い曲が多いです♪でも、後半にはまたいい曲がちらほらあったりと、しっかりとアルバム通して聞かせてくれるストリートなR&Bシンガーとしての素晴らしさを再認識させてくれます。 ぜひ、手にとって聞いてみてください。
オススメ:(14),(4),(5),(7),(2)

“Lyfe Jennings / Lyfe Change” の続きを読む

Keith Sweat / Just Me

01.Somebody featuring Chris “F.L.O.” Conner
02.The Flor
03.Girl Of My Dream
04.Sexiest Girl
05.Butterscotch featuring Athena Cage
06.Me And My Girl
07.Suga Suga Suga featuringPaisley Bettis
08.Never Had A Lover
09.Love You Better featuring Keyshi Cole
10.Juest Wanna Sex You
11.What’s A Man To Do
12.Teach Me
13.Git At U featuring Slim (112), Jazze Pha & R.L. Huggar
14.SSSHHH (Here We Go Again)
15.Some More feat.Akon

(総評)

Keith Sweatのでるでると言われ続けていた新譜が去年のライブアルバム発売を経てついにリリースとなりましたー!!!先行シングル「Suga Suga Suga」から、期待をしていましたが、期待以上のKieth節と、現行シーンのいいところが混ざり合ったかっこいいアルバムに仕上がっています。女性とのデュエットも忘れずにいれながらも、アップテンポな曲でもかっこよく聞かせてくれています。特に2曲目「The Flor」、3曲目「Girl Of My Dream」あたりから、R&Bアルバムとしてのトータルとしての完成度の高さを見せてくれるアップソングの素晴らしさを感じさせつつ、個人的にはKeisha Coleとか、先行シングルなどの話題曲よりも脇役の曲たちの完成度の高さに圧倒されます。どれも味わいがあって何度も聞きたくなるような中毒性の高いこれぞKeith Sweatだよなーっていう楽曲全体が癖になる感覚をもっています。きちんと今風のメロディーをなぞりつつも、Keith Sweatらしいねちっこいフェイクがたくさん聞けるからでしょう。
特にやっぱり最高なのは、12曲目「Tease Me」と、6曲目「Me And My Girl」でしょう、この2曲の見事なメロディーラインとそれにのるKeith Sweatの歌声とバックのハーモニーの絶妙な絡み具合は最高です!聞くほどに引きつけられていきます!この曲ように、メロディーと歌のバランスで魅せてくれるんですよねー。さらに、Athena Cageとの「Butterscotch」も見事です!やっぱりAthena Cageとの愛称は抜群ですね。もちろんKeishia Coleとの9曲目もよかったのですが、それ以上のデュエットソングでした。
さらに、なんと日本版では、112のSlimと、R.LにJazze PhaというR&B好きなら泣いて喜ぶような組み合わせの一曲があるんですよ!しかも他の2曲もかっこいいし、特にAkonとの曲では今までのKeith Sweatとのかっこよさをより引き立てるようなかっこよさがあります!まさに充実した一枚といえるでしょう~!強烈な曲はないながらも、丁寧で、Keith Sweatらしさを前面に出した曲作りは、Keith Sweatが今でも現役であることを証明していて、彼の素晴らしい歌唱のマジックを堪能できる一品に仕上がっています!彼のフェイク一つで、どんどん魅力的な楽曲へと変貌を遂げていきます。
2008年抑えておくべき一枚であることは確かでしょう!
オススメ:(2),(3),(4),(5),(6),(7),(10),(11),(12),(13),(15)

“Keith Sweat / Just Me” の続きを読む

Brandon Beal / COMFORTABLE

01.Grown
02.Ohh Shorty
03.Girl
04.Don’t Wanna See You Again
05.Country Love
06.Take Me Back
07.I Can See It
08.You Deserve
09.Maybe
10.Ways To Go
11.October
12.Another Sad Love Song
13.24 Hours
14.Purple Skirt

(総評)

2008年最高の美メロシンガーが、このBrandon Beal!歌う曲すべてが素晴らしいメロディーセンスを感じさせながら、美メロとしての美しさも忘れない素晴らしい作曲能力をもった歌い手が現れました。なかなかシンプルで美しくて、メロディーも面白く忘れないという条件の曲を書ける方って少ないのですが、彼はそれができて、さらに自信が線は細くても、美しく端麗な歌声をもっているのです!これ以上美メロを歌うに適した人材はいないでしょう。
やっぱり、最高の美メロ曲は、1曲目「Grown」ですね!この暖かさと美しさを兼ね備えた一曲は、2008年を代表する一曲になっています!そしてまた毛色が違うサウンドのパワーを感じる14曲目「Purple Skirt」でも、また違う美しい曲が書けるところを見せてくれます。4曲目「Don’t Wanna See You Again」で誰もの胸に刺さる切ないメロディーできかせてくれます。また9曲目「Maybe」では感情の揺れ動く様を描くような歌いっぷりが見事な一曲を披露するなど、繊細な中にある歌い手としてのアーティスティックな面を見せてくれます。 まさにBrandon Bealをかかる上で欠かせないのが、美メロ!美メロ意識というか、美メロ感覚が非常に秀でているアーティストで、どの曲でもその端麗な歌声を活かしきる美しいメロディーがちりばめられています。そのセンスはもう見事としかいいようがありません。そのメロディーの作曲のみならず、プロデューサーとしても数多くの曲を手がけています。
ただ、どうしても、彼の端麗で美しい歌声と、流れるような気持ちがいいメロディーを前面に押し出しているので、一辺倒名イメージがどうしても付きがちです。そして、突然10曲目「Ways To Go」以降ギターのフィーダーの音を使ったり、サウンド的に実験しているので、そういうのをもう少し満遍なくアルバムに入れると似たり寄ったりな雰囲気にならずに、また違った意味でいい統一感があるアルバムになったんじゃないかなと思います。 でも、インディーズアルバムとしては、このサウンドプロダクションと美メロっぷりは見事です!2008年を代表する一枚であり、2008年の後半には来日さえ果たすというビックサプライズも果たした今後が楽しみなアーティストであり、プロデューサーです。
オススメ:(1),(14),(4),(9),(2),(5),(6),(7),(10)

“Brandon Beal / COMFORTABLE” の続きを読む

M.Pokora / MP3

01.Dangerous feat.Timbaland & Sebastian
02.Catch Me If You Can
03.Don’t Give My Love Away feat.Ryan Leslie
04.No Me Without U
05.Treason
06.Internationalude
07.Tokyo Girl
08.They Talk Sh#t About Me feat.Verbz
09.I Loved You feat.Kore
10.Through The Eyes
11.Climax
12.Why Do You Cry?
13.Like A Criminal

(総評)

ヨーロッパで実力を認められたM.PokoraがTimbalandとタッグを組んで、世界デビューです。Timbalandらしい不可思議なトラックの上を、軽快に歌っていきます。NE-YOあたりとは、また違う面が感じられて、今年のアップサウンドを象徴するようなシンガーの登場です!特に一曲目「Dangerous」でのTimbalandとの相性の良さは素晴らしい!2008年を代表するデジタルサウンドの代表格の一曲になっています。特に、バックのコーラスがまた面白くそれを生かしたプロダクションが、ひさびさに、Timbaland来たなーっていう気持ちにさせてくれました。本当にこのアーティストがもつクールな雰囲気と相まってかっこよさを印象付けてくれました。この不可思議な電子音の中でも、きちんとかっこよく歌えるM.Pokoraの実力!そして、その不思議さっていうのは、随所に現れていて、7曲目に「Tokyo Girl」なんて曲があったり、MP3なんてアルバムタイトルも、面白くて、またUS産とは違うR&Bとしての面白さも魅せつつ、Timbalandなどと組んで、しっかりとUSのメインストリートを活性化させるような素晴らしいアップアルバムを届けてくれています。そのほかの曲でも特に前半の2曲目「Catch Me If You Can」はちょっとマイケルを意識したようなサウンドプロダクションだし、3曲目ではなんとあの話題のプロデューサーRyan Leslieを迎えて、アップだけじゃなくて、メロディーでも聞かせられるところを見せています。5曲目「Treason」では、癖のあるサウンドじゃなくてストレートにUS R&Bのアップサウンドを見事に歌いこなし、ただのヨーロッパで終わらないアーティストであることを示しています。 ただシャウターとかではないので、後半に行くほどに、歌の幅がちょっと狭くなってしまって、メロディーが良くないと活きてこない面を露呈してしまっていますが、トータルとしてアルバム通して楽しめます!歌そのものが好きな方にはちょっと物足りないかもしれないですが、USにこだわらずにいい最新のR&Bサウンドを聞きたい方には、オススメの新人アーティストです!
オススメ:(1),(2),(3),(9)

“M.Pokora / MP3” の続きを読む