Lorenzo Owens / Better Days the encore

01.Smile
02.Better Days feat. Michael Spencer
03.Gamble
04.Inseparable
05.Stand Tall feat.Ms.Jazzi
06.Light N’ Darkness
07.Not So Perfect Love Story
08.Concentrate
09.Breathe Again
10.Come Around My Way
11.Loves Not Enough
12.Close Your Eyes
13.Some
14.Burnin’ feat.Tina Moore
15.Rainbows

(総評)

Lorenzo Owensのメジャーデビュー後2枚目となるアルバム!Michael Spencerを招いたタイトル曲「Better Days」が話題となり2007年のBESTアルバムにも選ばれた一枚です!Ren名義の説きも前作でも歌のうまさは、実証済みでしたが、これほどにソウルフルなサウンドを披露してくれるとは純粋に驚きでした!70年代クラシックな匂いさえ漂ってきそうなほどに、黒くスモーキーな味わいの曲がたくさん詰まっていて、特に1曲目「Simle」と2曲目「Better Days」のすばらしいこと!もうシャウター好きにはたまらないシャウトしまくりな熱いソウル楽曲なのです、しかも2曲目「Better Days」はMichael Spencerというこちらもすばらしいシンガー同士でのシャウター二組による熱い歌合戦と聞いたら、もうR&B好きにはたまらないものがあります。そんなシャウト曲がこのアルバムでは満載なのです!これほど吠えれる人個々最近では、聞いたことがないほどです! 適度な聞きやすさとメロディーのよさも持ちつつ、シャウトがこれほどたくさん聞けるアルバムは、そうそうありません。どうしてもシャウターのアルバムっていうのはそのシャウトに頼りすぎてて、メロディーやサウンドが疎かになってたりするのですが、そんなところは微塵も感じさせず、より魅力的なメロディーと楽曲が並んでいる名盤です!特に前半5曲の完成度の高さは、すさまじいです! 1曲目のなんとインディーソウルをかじっている人なら知らない人はいなってほどに有名な美メロプロデューサーMichael J. Powellを起用していて、これがソウルフルさと美メロ感覚をうまく取り入れていて、もろ当たっています!さらに2曲目では、あのMaurice Whiteがプロデューサーに名前をつらねているんですから、これは悪いわけがありませんよ!Michael J. Powellはさらに10曲目15曲目でも参加しその美メロのすばらしさを存分に感じさせてくれます!特に15曲目はもうこれ以上はないというほどの美メロです!本当にどの楽曲もすばらしい! そして、実は、Ren名義のころの作品を再度収録したものが多いのです。でも、新曲も多く、より統一感が出されたこのアルバムは名盤というにふさわしいのではないでhそうか?シャウター好きなら、これを買わないなんて選択肢はありませんよ!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(5),(10),(11),(14),(15)

(曲解説)

01.Smile

独特の完成された歌唱法に、思わずきた~!と叫びたくなる一曲です!これほど渋くかっこよくまとめてくれるとは!もちろん保証付きの歌力もすばらしいし!なによりこのガンガン歌い上げていくタイプのLorenzo Owensの歌いっぷりがたまりません!豪快という言葉が似合う一曲ですね。

02.Better Days feat. Michael Spencer

Michael Spencerというプロデューサー兼シンガーを招いての男性二人によるデュエット作品!これがかっこいいんですわー。お互いに力を引き出し合い最後にかけて、Lenzon Owensのシャウターとしての非凡な才能を存分に見せてくれてえいます。もちろんMichael Spencerも負けずに吠えまくります。そして、なんといってもこの曲のすごいのが、なんとプロデューサーにあのMaurice Whiteが参加しているのです!それはいいよねー。たまらんです!

03.Gamble

かっこいい女性バックコーラスがついてちょっとロッキッシュなギターをうまく取り込みつつ、どす黒くファンキーに迫る一曲です!ビートがとがってて、ギターとの愛称もよく決してそのギターのかき鳴らす音に負けないLorenzo Owensのすばらしいシャウトでの盛り上がりっぷりはすばらしいです!

04.Inseparable

ここでは渋くfankyなサウンドにねっとりと絡みつくように歌っていきます。そして、サビまでの道のりも燻し銀のようなフェイクやシャウトを聞かせ、サビで一気に心をつかんで離しません!最後の超絶シャウトっぷりなんて涙ものです!搾り取るようにシャウトしていくこのボーカルスタイルは唯一無二でしょう~!新しいシャウターの誕生を感じさせます!

05.Stand Tall feat.Ms.Jazzi

一気に雰囲気を変えて、Jazzyに迫ってきます!バックの女性ボーカルと絡みながらも徐々に熱を帯びていくボーカルがすばらしい!熱があるだけじゃなくて、ちゃんと切れもあるので、歌声一つ一つが響いてくるんです!そして、こういうJazzyで抑えた楽曲でもやっぱり最後にかけてはしっかり吼えちゃっているのがたまりませんねー!女性Rapperも招いてのクールでいながらも内面の熱さも表している一曲です!

06.Light N’ Darkness

ここからはしっとりとした曲調で少し落ち着いた歌を聞かせてくれます。そんな落ち着いた雰囲気の中でもどこか悲しげで苦しげな歌い方で、感情豊かに歌い上げる様はすばらしいです。

07.Not So Perfect Love Story

シンプルな構成な曲で、割りと1st雰囲気に近いストレートでさらっと歌ってくれます。こういうちょっとした歌い方の違いが堪能できるのもアルバムならではだと思います。

08.Concentrate

やわらかい落ち着いた一曲で、ゴスペルっぽい雰囲気さえ感じさせてくれます。アルバムに広がりを感じさえてくれる一曲になっています!

09.Breathe Again

ゆっくりと落ち着いた雰囲気で歌いつないでいく一曲です。適度な張りのある歌声で聞かせてくれます!こういうミッドテンポでもしっかりと声で聞かせれるLorenzo Owensのシンガーとしての実力を見せてくれます。

10.Come Around My Way

ギターのリフがかっこいいサウンドでファンキーにじっくりと歌いこんでいきます!さすが、Michael J.Powell!インディーズの名プロデューサーだけあります!美メロだけじゃなくてこういうエッジが効いたかっこいい曲でもいい仕事をしてくれています!もちろんそれに答えるLorenzo Owensのダークネスなかっこいい歌声が響き渡ります。Jazzyな雰囲気さえも漂わせています。

11.Loves Not Enough

このアルバムのほとんどをProduceするgerey Johnsonの真骨頂ともいえる美メロバラッド!イントロから美しいとため息がでるほどです、こういうバラードでこそLorenzoの歌声も栄えますね!シンプルだからこそ疑いようがないシンガーとしての魅力が詰まっています。

12.Close Your Eyes

渋みが詰まった一曲!ゆったりとしたバックボーカルがいい雰囲気を出しています!さらにそれを盛り上げるLorenzo Owensのパワフルな歌いっぷりにほれますねー。ちょっとJazzっぽいドラムのリズムもより深みを増してくれています!

13.Some

イントロのギターの切なげな音が哀愁を漂わせます。シンプルなメロディーなのですが、そこをうまくフェイクを交えながら面白く聞かせれるのがシャウターとしての質の高さを感じさせます。

14.Burnin’ feat.Tina Moore

人選が渋すぎます!あの実力は女性シンガーTina Mooreとファンキーな歌合戦をかまします!いやーこれがたまりませんね~!肝になるさびはTina Mooreがファンキーに歌い上げ、Lorenzoは渋く歌い上げていきます。この対比がかっこよくて、徐々にそれが絡み合っていくところなんか、たまりませんよ!ファンキーワールド炸裂です!

15.Rainbows

Michael J. Powellの本領発揮でしょう!これほどのかっこいい美メロは彼にしかかけません!シャウトも存分にしながらもしっかりと美しく聞かせる!このすばらしき曲にはもう言葉はいらないでしょう・・・ただただ聞きほれるだけです!

(Producer)

Michael J. Powell :(1),(10),(15)
Maurice White:(2)
Gerey Johnson:(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(13),(14)
Marc “M-Doc” Williams:(8),(13)
Jerry Dornbush:(9),(11)
Monkey Boyz:(12)

(LINK)

OFFICIAL
LABEL
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です