Jose James / The Dreamer

01.Love
02.Spirits Up Abobe
03.Moanin’
04.Park Bench People
05.blackeyedsusan
06.Nola
07.Red
08.The Dreamer
09.Velvet
10.Winterwind
11.Desire
12.Body + Soul

(総評)

今年新星のごとく現れたJazz界のシンガー!そのソウルフルな歌声はジャンルレスで多くの人を魅了していきます。Jazzシンガーには、雰囲気があったり思いっきりJazzっぽいシンガーもいますが、この人はもっとソウルフルな歌で声で聞かせるシンガーなのです。なので、その歌声にぐいぐい引き付けられていきます。そして、JazzらしいフェイクやSwingもすばらしく、SOULに通じるものを感じずにはいられません。バックミュージシャンも素晴らしくライブ感たっぷりに演奏をしてくれていて、一発撮りの凄さをここでは披露してくれています。こういうJazzのアルバムって今は普通にやっているトラックをいじったりつぎはぎしたりとかは、逆に少なくて、セッションミュージシャンが集まってさぁ!やろうって感じでとっていくので、演奏も歌も生き生きした躍動感が違います!
カバーなんですが、そのカバーって言うことさえ忘れさせるJose Jamesの声の魅力に溢れた3曲目「Moanin’」で完全に一聴して、魅力にやられてしまいます。その後も思いっきりJazz風味な曲からSOULテイスト溢れた曲まで曲に合わせつつもそのソウルフルな歌声の魅力を存分に見せてくれます。12曲目の「Body+Soul」での声を楽器にして演奏していくところなんてさすが!って思ってしまうし、もちろんそれを支えるバックミュージシャンの魅力も詰まったアルバムになっていて、11曲目「Desire」のSwingっぷりなんて見事ですし、2曲目「Spirits Up Abobe」での大御所ジュニア・マンスっていう人の演奏も見事すぎます。
思いっきりJazzシンガーではありますが、これからジャンルレスに多くのアーティストに引っ張りだこになるのは確実なsingerの登場でしょう。今後の活躍がとっても楽しみな逸材です!たまにはR&Bばかりじゃなくこういう音楽も触れてみると、Black Musicの共通するものとか、歌い方のシャウトやフェイクがSwingからきていることとか、いろいろ解って面白いですよ。オススメ:(2),(3),(4),(6),(9),(11),(12)

(曲解説)

01.Love

やっぱりこういうJazzサウンドは気持ちがいいですねー。生音でじっくりと歌っていくのですが、この深みがある歌声!Jazzのシンガーって2タイプいて、しっかりとソウルフルな深みのある歌声をもっている人と、雰囲気がいいってタイプがいるのですが、一発で、うわ!この人の深みは凄すぎる!って解ります。ええ声です・・・惚れますね。

02.Spirits Up Abobe

ピアノが素敵ですねー、重いピアノの音色が、しっかりと曲に足をつけさせて、そこにねっとりと絡みつくような歌声でJose Jamesも歌い上げていきます!こういうお洒落でじっくりと腰を落ち着かせて聞ける一曲は、本当にこの人にあってますね~。ピアノの見事な演奏には思わず拍手を送りたくなります。って思ったらこのピアノJazz Pianoの大御所ジュニア・マンスという人らしいです。そらー躍動感が違いますわ・・・このSwingの雰囲気がセッションの一発撮りって感じで素敵です!

03.Moanin’

誰もが一度は耳にしたことのあるアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの有名な一曲ですが、この人が歌ったときの、鮮やかさな深みったら、ありませんよ。凄すぎます・・・いやーかっこよい!これを聞いたらホントジャンル関係なく歌が好きな人は虜にさせられますよ!キーボードのソロも素晴らしく、それに聞き入ってから、またサビが始まり盛り上がる感じなんて素敵です

04.Park Bench People

盛り上がった後はシックに心地よいサウンドを聞かせてくれます。押さえ気味に歌うJose Jamesも大人な雰囲気がかっこいい~地味な雰囲気なんだけどしっかりメロディーはハマっててかっこいいんですよねー。基本的に長尺の曲が多いのですが、それでも開きさせない魅力溢れる歌声です。これは音はHIPHOPだったとは・・・この辺のアレンジ力はさすがです!

05.blackeyedsusan

本人も解説で語っているように、ソウルジャズっぽい流れるようなサウンドと歌が気持ちがいい一曲になっています。

06.Nola

ここからまた魅力的な歌が展開します。ぐいぐい歌い上げていく姿はさすがです!スパイク・リーの父親の曲らしいのですが、見事にソウルフルな歌で魅力的に聞かせてくれます。跳ねるピアノがホント素敵ですねー。こういうピアノのサウンドは大好きですわ~そしてそれを上回り、引き付けてくれるJose Jamesの魅力的な歌で魅了してくれます!

07.Red

ゆったりと心地よく同じフレーズを繰り返していきます。そんな中にも絶妙なフレーズの違いがあったりと、なかなかJazzyで素敵な雰囲気があります!いかにもJazzな感じですね~。流れるようなピアノが見事です。

08.The Dreamer

タイトル曲は、とても穏やかな雰囲気をもった一曲で、Cafeでしっとりと流れているようなJazzをお濃い起こさせます。抑えた歌い方やフレーズにうっとりします。ちょっとまったりしすぎかなって思いますがJazzが本当に好きなら良さがわかると思います。

09.Velvet

基本的に同じフレーズを繰り返して深く深く歌い混んで行く曲です。HIPHOPとかは同じフレーズを良く使いますが、Jazzの場合は同じフレーズを用いてより深いところへと様々な変化をつけていくのですが、その変化の仕方が見事だなと感じさせます。ただのフレーズの繰り返しじゃなくて微妙な変化さえも聞き手を楽しませてくれます。

10.Winterwind

可憐なピアノが寂しさを募らすような一曲で、Jose Jamesもしっとりと感情豊かに歌いこんでいきます。もろJazzなサウンドですが、それでもその声の魅力でぐいぐい引き付けて話しません。聞いてて気持ちがいいねー。

11.Desire

最後に掛けて徐々にしっとりとした趣を強くしていきます。いかにもJazz風味な曲が多いのですが、最初はSOULフルなインパクトが強かったのですが、こういうJazzらしい曲でもJose James独特なJazzボーカリストとしての魅力に圧倒されます。特にこの曲はバックの演奏が本当に見事で、最後に掛けて盛り上がるところなんかかっこいいですよー!さすが生演奏の魅力が溢れたアルバムです!Swingのやりたり放題っぷりが気持ちがいいねー。

12.Body + Soul

ボーナストラックでもある一曲。ちょっと後半の他の曲とは色を変えて明るめなノリが良い一曲になっています。きもちよーく心躍るような曲になっていますよ!こういう声で遊ぶようなのは、さすがですねー。まさに声が楽器と化しています!

(Producer)

Jose James:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12)

(LINK)

OFFICIAL
MYSPACE

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です