Darian Keith Horn / Everytime

01. My Prayer
02. He Told Me
03. Move into your season
04. Can’t Stop thanking you
05. Restoration(my Prayer)
06. Everytime
07. There when I need you
08. Awsome
09. Feel Me
10. New Life
11. What The World Needs Now
12. Surrender
13. Thank You
14. My Prayer (R&B) Remix

(総評)

2005年の傑作インディーズ作品が早くも登場です!この力強いなんとゴスペル界から、真打が登場!Big Jimよりも素晴らしい喉の持ち主といってもいいぐらいに、素晴らしい歌いっぷり!もう惚れましたよ!TERRELLに匹敵する素晴らしいインディーズ作品の登場です。
このジャケットを見てもらえば歌えるなっていうのは解ると思いますが、ここまで素晴らしい歌声と喉の持ち主だとは・・・。Big Jimにも匹敵する素晴らしいバリトンボイスを持つ彼は、その喉を卓越した歌唱力で、どんどん鳴らして聞き手を壮絶な歌の世界へと巻き込んでいきます。この歌を聴いて黙ってられる人はいるんでしょうか?それほどまでに、彼の歌は素晴らしいのです!そして、その歌声を支えるサウンドも一人のプロデューサーKyle Bynoeに頼むことで統一感が取れていいアルバムに仕上がっていて、彼の歌声に負けない感動的なピアノや力強いリズムトラック!全てが盛り上げてくれます、そして、Darian Keith Hornと最高の相性を見せてくれるコーラス!これも見逃せません!彼の歌声をかげながら支えつつ、めちゃくちゃうまく歌いまくるバックコーラスも聴いてみてください、感動しますよ!
話をサウンドに戻すと、彼は2002年にゴスペル主体の1stをも出しているのですが、それは思いっきりゴスペルアルバムだったのですが、それを凌駕するとんでもないR&Bファンにだって訴えかけれる素晴らしいR&Bアルバムに仕上がっています!プロデュースはKYLE BYNOEというWill Downingの仕事もしているプロデューサーに任せていますが、そのほとんどの曲でソングライティングを手がけているそのその才能も見逃せません!そんな彼ですが、兄弟たちのために勤勉に勉学し有名な大学も受かりなんとビル・クリントンやアル・ゴア等の大物政治家のもとで働いていたキャリアをも持つめちゃくちゃに頭が切れる男なのです。弟が、NFLにいたり、話題には事欠かない人物であったりします。そんなことはつゆにも感じさせない歌心溢れる歌いっぷりは彼の感情の豊かさやや優しさ幸せな家庭から来ているのでしょう。
往年のSOULシンガーや偉大なボーカリストたちを思い起こさせるその歌声にまずはノックアウトです!BIG JIMのバリトンも凄いと思ったけどこの人も負けてません!曲も面白いし!
なんといってもその最たるものが4曲目Ain’t No Stopping Us Nowを大胆にサンプリングした「Can’t Stop thanking you」には誰もがやられてしまうことでしょう。2曲目でのメロディーラインの面白さに代表される一度聞いたら忘れない強烈なインパクトあるメロディーライン、絶妙な相性を見せるコーラスとの掛け合いの業!そして時々入るセクシーな語りなど、R&Bの要素をふんだんに感じせてくれて、すでにゴスペル作品というところを凌駕した位置にこの人はいます。その他の曲たちでも彼の凄まじい喉は休まるところを知らず、ぐいぐいと聞き手を引っ張っていく力強い曲ばかりが並んでいて、そのパワフルさに感動せずにはいられません。これを聞いたら、もうインディーソウルの世界を貴方は認めざる得なくなるでしょう。
この一枚を聞かずに2005年を語ることはできない、そんな一枚が出てきてしまいました!まさに捨て曲なしの恐ろしい一枚です!絶対に手に入れましょう!
オススメ:(2),(4),(6),(10),(1),(3),(11),(12),(9)

“Darian Keith Horn / Everytime” の続きを読む

B-NINJAH & AK-69 / Natural Nine

01.What’s up!-幕開け第2章-
02.Natural Nine
03.Staaand up!!!
04.ロミオとジュリエット
05.Mega Mix!!!
06.Badman deh pon di corner
07.To be Bigg feat. Hyena, Destino
08.Single Mother-16のあの娘-09.YO! WACK!
10.団地の少年
11.Promise
12.Bite the microphone feat. Mr.OZ, Ganxta Cue, SABOO
13.skit
14.Fuck it!!!
15.Watcha gonna do? feat. Big Ron, La Bono
16.God Knows (album version) feat. Equal

(総評)

1stアルバムがものすごい完成度で、衝撃的だったB-NINJAH&AK-69が、それぞれのソロ活動を経て、充実したそのアーティスト活動をさらに不動のものとする2ndアルバム「Natural Nine」をリリース!今回は、Kalassy Nikoff名義がないのを見て解るように、あえて歌を歌っているからと分けずに、B-NINJAH&AK-69という二人組みのアルバムということで、AK-69は歌もRapも自在に今回は絶妙のバランスでアルバムを完成させています!カッコイイサウンドにのる、彼らお得意の畳み掛けるような掛け合い!リアルに響くリリック全てにおいて前作をより進化させたアルバムを届けてくれました!1stがよかったアーティストは、2ndアルバムが難しいといわれるのですが、彼らにはまったく関係なかったようです。
何よりもその進化を感じさせるのが、リリック!4曲目「ロミオとジュリエット」、8曲目「Single Mother -16のあの娘- 」で見せる現在社会の闇ともいえる部分を強烈に描ききったものすごいREALに心に刻み込まれるリリックが衝撃的なのです!4曲目では、「ロミオとジュリエット」という芸術的なタイトルでありながら、その描かれる二人の恋愛はあくまで泥臭く現実味に溢れ、その恋愛のつらさや苦労、そして喜びや楽しさをこれでもかと鮮やかに描き上げていきます。8曲目では、まさに現実社会の闇をここまでリアルに描ききっていいのか?というぐらいに、強烈に聞いた人の心に残るリリックなのです。Rapperは男が多いので、どうしても喧嘩やストリートのやりとりに目が奪われがちですが、それの犠牲になっている女の子のことにスポットを当て、それでいて、その女性に向けて声援を送るその素晴らしい姿勢には感動を覚えます。女性にこそ聞いてほしい一曲!そして、11曲目「Promise」での家族愛、親や子、そして妻への深い愛を描いていて、彼らのリアルな愛を描ききっていて、ここまでHIPHOPって愛を歌えるのか・・・とも思いました。・・まさに、感動的な一曲!現実的には、うまくいかない人間関係を乗り越えて、よりよい関係を泥を浴びてでも築いていくという、力強さと深い愛情と、そして人間として大事なことをを描いている驚きと、暖かい二人の言葉に涙を浮かべて聞き入っていました。これは、全ての人に聞いてほしいと思える一曲でしたね。そのほかにもメッセージ性の強い曲が今回は非常に多かったです!
そんな感動的なリリックの素晴らしさもさることながら、もちろんギャングスタらしい彼ら本来のStreet臭の強い曲でも彼らの味である前向きさや力強さを前面に出していて、カッコイイし元気をもらえます!特に2曲目、3曲目、9曲目での勢いのあるサウンドやそれをさらに盛り上げる二人の掛け合いも見事だし、7曲目で見せる勢いのあるAK-69の歌のかっこよさと、Rapのリリックの面白さもたまりません!そんなカッコイイのばっかりかと思わせて、14曲目で見せるやる気のなさなんかも彼らの人間味を味合わせてくれて、本当に幅が広い深いアルバムだなと感じました。
サウンド面でも、今作では、なんとLUV and SOULなどのProduceで有名なDaisuke ‘DAIS’ Miyachiが、個人名義でも、DJ KOYAと共にTechniqesなどでも3曲も絡んでいるのが、びっくりでした。彼のProduceは、いい意味でのR&Bが得意な彼のゆるさのあるプロデュースも見せたり、激しい7曲目のようなものまでアルバムのサウンドに幅を与えてくれています。さらに、B-NINJAH&AK-69らしいカッコイイ激しいサウンドを提供するEQや、リリックが印象的な曲に絶妙なやさしさを与えてくれるFuekissのプロデュースなど、さまざまなプロデューサーや様々な特色あるRapperも絡んでいて、本当にプロデュース面やゲストの面でも今回の作品は優れた作品だなと感じさせます!
このアルバムは3月に発売になったのですが、この6月近くなっても十分にヘビーローテーションなんです、それほどにこのアルバムはリリック、サウンド、メロディー、全ての面において完成度が高いアルバムです、ぜひ聞いてみてください!彼らの紡ぎだす言葉に絶対に影響をうけるでしょう!それほどに衝撃的な作品です。
オススメ:(11),(8),(4),(3),(9),(2),(10),(14),(7)

“B-NINJAH & AK-69 / Natural Nine” の続きを読む

Dirty Soul / Street Love

01 My Way
02 Stickly Pimpin’
03 Sippin
04 Weak
05 Middle of The Day
06 Inside
07 Wet
08 Game
09 Dirtythang
10 Love Grow
11 No Matter
12 Show You

(総評)

突如、P-VINEが2005年に解き放ったバリトンシンガー!Dirty Soul!アトランタの地で密かに活動をしていたアーティスト!そんな彼の魅力はなんといっても、その歌声!Drity Soulの何恥じない強烈な歌声をした人物です、ダミ声とも取れてしまいそうな、その力強い歌声は、K-Ciなどと比較されそうですが、もっと艶やかでいて、若さという力強さと諸さの両方を持っているのです。そう洗練されてない荒削りな魅力にあふれているのです。その歌声を自在に駆使しつつ、ダンサブルな一曲から、濃厚なバラードまで彼のスタイルは、実に多彩で、聞き応えがあります。そうして、どの曲でも耐え切れないかの如く、吼えまくる様に、彼の歌への忠実で誠実な姿勢と、若い情熱を感じ取ることができます。ホント猛々しいのです!
 まさに、シャウトするときの、力強さが魅力でもありますが、しっかりと歌いこむときの歌の上手さというか、そのどこか田舎臭くも情熱のこもったSOULFULな歌いっぷりがもまた素晴らしい!広広とした肥沃なアメリカの土地で、自由に育ちながら、その大地の力強さを歌声を表現してくれています。 たまらんね~。このお方!さりげなく力を抜いてバックで歌ったりするときもSOULFULに感じるんですから。
サウンド的にも、打ち込み系のサウンドに上手くギターが絡んでいたり、哀愁漂うギターとピアノが魅惑の絡みを見せたりと、良質なR&Bサウンドがテンコ盛り!ミッドテンポでもUPでも、スローでも、打ち込みを中心として、定番だな~と思わせるようなフレーズが合ったりするのも、インディーソウルらしい作品ですが、そこでもしっかりと彼の歌声が重なることで違いが明らかになっていくのが、すごいですね。特に4曲目でのしっとりとしたサウンドと艶やかなバックコーラス・・・そして後半にいけばいくほどに荒げるほどに猛々しく吼えまくるDirty Soul!この3つが絶妙に絡み合う名曲に仕上げています!ホントこの歌声は聞いた方がいいですよ!あまり話題には上がっていないのですが、2005年の隠れた名盤となること間違いなしです!
オススメ:(1),(2),(4),(5),(6),(9),(10),(12)

“Dirty Soul / Street Love” の続きを読む

Eric Benet / Hurricane

01.Be Myself Again
02.Pretty Baby
03.Hurricane
04.Where Does the Love Go
05.My Prayer
06.Man Enough to Cry
07.I Know
08.India
09.The Last Time
10.In the End
11.Making Love
12.Cracks of my Broken Heart
13.I Wanna Be Loved
14.Still With You

(総評)

6年ぶりのアルバム発売、さらに来日して素晴らしいライブを披露し、ついに復活を果たしたEric Benetの通産3枚目となるアルバム!2年ほど前に一度出るといったきり、音沙汰がなく、寂しい思いをしていましたが、ついに復活しました!うれしい!内容的には実生活の波乱を写すように、今までよりも、より内向的な面が強くなり、Eric Benetのこの2年ほどの苦悩が表れたような切なくも、美しい曲が多く、聞くものの感情に訴えかけてきます。
現在のシーンは、フィリーソウルや、ネオソウルなど、はたまたクラシカルソウルへの回帰など、また新しい感じでSOULサウンドを取り入れる形態が流行ってきて、以前のNew Classic Soulの世代に活躍したアーティスト達がそれをまたどのように受け入れて、昇華するのかな?と思って聞いていたのですが、よりシンプルな形態へといったんですね~。1stで見せた曲のメロディーの美しさにさらに磨きをかけその表現力をさらに増してきました。
ただ、その代わり2作目や去年でたシングルで見せた、解りやすいミッドテンポな打ち込みのサウンドの広がりは影を潜めてしまっていて、サウンド的な面白みとかはあまりありません。でもその分、彼の歌声やその歌声を生かすメロディーなどはもう申し分ないです。でも、アコースティックなサウンドでシンプルに見せるのもいいんですが、もう少し打ち込み系を混ぜ合わせてくれてもよかったかな。誰もが彼に対しては、過大な期待を抱いているだけに、賛否両論あるでしょうね。でも、彼が復活してくれたことがうれしいです。歌的には、Eric Benetの素晴らしい表現力が豊かで歌唱力のある歌にただただ納得させられるばかりでした。彼は、歌がうまいとか、声がいいとかいうアーティストではなく、その絶妙な感情表現を可能にするその表現力こそ彼の歌声に魅力だと感じているので、それはシンプルな今作では、これでもかと感じることができます!暗くも切ないそんな曲調も彼の売りなのですが、13曲目で見せたような、とてもSweetなLOVE BALLADが今作ではほとんど見られませんでした、これには精神状態もかなり影響しているのかもしれないですが、やっぱり、「Spend My Life With You – Benet, Eric & Tamia」で見せてくれたSweetな感じがもう少しアコースティックな中にも欲しかったです!曲調がちょっと単調になっちゃってますね・・・残念。でも、アコースティックなサウンドが中心なアルバムの中ではここ数年でもかなりいい作品ですね。
思い入れが深いアーティストだけに、なかなか評価の分かれるところでしょうね、あ~Love Don’t Love Meは結局サントラ曲になっちまったな・・・あとは、D’Angeloの復活を望みます。
オススメ:(3),(5),(6),(10),(11),(13)

“Eric Benet / Hurricane” の続きを読む