three NATION / ナナコロビ

(概説)

インディーズのデビュー盤を下に紹介しましたが、こちらは、メジャーデビュー盤です!インディーズ盤のREMIXの最後に収められていた曲なのですが、これがUPテンポで、心地よいメロディーに身を任せたくなる好楽曲!夏らしい爽やかなサウンドに2MCのテンポのよいRapと、JUNの心地よい歌声が響き渡る。このJUNの声は何ともいえない心地よさをもっている。このグループ最大の魅力は、ちょっと大人っぽさと聞きやすさを持つSOULFULなJUNの歌声だなと改めて感じる。でも、そのJUNの声だけだと、ちょっとくどくなりそうな所を、2MCがいい感じにゆるーくかつテンポよく聞く人を乗せてくれる。ホントいいコンビですわ、この3人。最後の1~8までの掛け声がなかなか面白いです。PVも必見ですよ。
 カップリングでは、今まで聞かせなかった、ちょっと暗めなBalladっぽいサウンドにも挑戦し、さらに、JUNの歌が極めて少ないのですが、さりげないJUNの吐息のような歌声がなかなか味があります。

曲紹介

1曲目『ナナコロビ』

タイトル曲は、テンポのいい、心地よい一曲!タイトルが示すとおり、七転び八起きにかけたリリックが印象的です。この夏最大の応援歌です!そして、JUNの歌が心地よく耳に入ってきます。最後のONE~EIGHTまでの掛け声では、ちゃんと1~8までかけたリリックになっているのが、面白いんですよ!

2曲目『back in da dayz (summertime)』

ゆるーいグルーブの中、脱力気味にRapする2MC!これも、勢いがあるのと違い面白みがあります。JUNは、さりげない~歌というか吐息というか、そういう風に歌うのが、色っぽくもあります。あの体のどこからこういう様々な魅力ある声がでてくるんでしょうねー。

Raphael Saadiq / ALL HITS AT THE HOUSE OF BLUES

Disc 1
01.Body Parts
02.Charlie Ray
03.Excuse Me
04.Faithful
05.Ask of You
06.Just Me and You
07.Just A Manfeat.Devin The Dude
08.Copy Cat – Performed by Joi
09.Missing You – Performed by Joi
10.Still A Man – Performed by Tony Toni Tone
11.Lay Your Head On My Pillow – Performed by Tony Toni Tone
12.Whatever You Want – Performed by Tony Toni Tone
13.It Never Rains – Performed by Tony Toni Tone
14.Anniversary – Performed by Tony Toni Tone
15.Let’s Get Down – Performed by Tony Toni Tone
16.Loving You – Performed by Tony Toni Tone
Disc 2
01.Still Ray
02.Blind Man
03.Different Times feat. Ledisi and Goapele
04.Uptown feat.Leslie Wilson
05.You
06.Get Involved
07.Be Here feat. D’Angelo

(概説)

Raphael Saadiqの最新ライブアルバム!彼の所属していたグループTony Toni Toneは、ライブにも定評があるグループでもあり、彼の作る音は、生音感覚が強くフィリー系やRoots、最高のライブ盤を出しているD’Angeloとも交流があることから、昨年出たソロデビューアルバムよりも、実はこちらのライブ盤の方を期待していました。しかも、Tony Toni Tone、Joi、Ledisi、D’angeloなどが参加と聞けば、自ずと期待も高まります!
そして、実際アルバムを聞いてみてやっぱりこの人はライブでこそ栄えるなと思いました。アコースティックライブで、かなりSOULFUL!特に2枚目最後のD’Angeloとの一曲と3曲目Leslie Wilsonとの曲は圧巻・・・の一言。もう、こんなにSOULFULに楽しくノリとフェイクだけでこんなに何分間も続けられるなー・・・もう凄過ぎって感じでした。もちろん、Tony Toni Toneの曲や、Joiがボーカルの曲も素晴らしく、大きな音でかけると本当にライブにいってるようなステキな気分になれるアルバムです。しかも演奏陣がいい感じなんですねー。ラフでいながら、しっかりと抑えるところは抑えている演奏が気持ちいいです。何といっても、Raphael Saadiqが、歌うのですが、ゲストを生かしている絶妙な引きの美学。全面に押し出して歌うタイプじゃなくて、こう全体との調和を取りながら歌っていく様が気持ちがいいですね。そして、バンドと醸し出すSOULな味わい・・・Neo Soulの新しい流れですねー。Acoustic Soulやフィリー系とも違うNew Classic Soulの新しい流れのような感じがします。もう全体が作り出すどす黒い~感覚がたまりません!Tonyies好きよりはSOUL好きに聞いて欲しい一枚ですね。ただ、DISK1よりも圧倒的にDISK2のカッコよさが勝っています!その辺がちょっと変だなーと思ってしまいますが・・・まあ、お勧めするのは、やっぱり、一番の聞き所はDISK2ですね!Ledisiとの一曲「Different Times」, Leslie Wilsonが吼えまくる「Uptown」, D’Angeloの雄たけびが聞ける「Be Here」・・・もうこれに限りますねー。
もちろんDISK1にも、いいところはたくさんあって、Tonyiesでの「Let’s Get Down」なんて、たまりません!Tonyies好きは感涙ですね。
オススメ:DISK1:(2),(4),(5),(8),(7),(9),(10),(11),(12),(13),(14),(15),(16),DISK2:(1),(3),(4),(6)

“Raphael Saadiq / ALL HITS AT THE HOUSE OF BLUES” の続きを読む

Musiq / Soulstar

01.Soulstar Feat. Dj Aktive & Carol Riddick
02.Youloveme
03.Womanopoly
04.Forthenight Feat. Aaries
05.Infatueighties
06.Whoknows
07.Babymother
08.Missyou0
9.Momentinlife Feat. Kindred The Family Soul & Cee-Lo
10.Thereason
11.Dontstop Feat. Bilal / Her
12.Whereareyougoing
13.Romancipation
14.Interlude
15.Givemorelove / Leavemessage

(総評)

Musiq通算3枚目となるアルバムは、前作のSOULっぽさを引継ぎしつつも、さらに明るさをました力作に仕上がっています。Musiqといえば彼独特の味のある歌唱法を思い浮かべる方も多いでしょうが、その歌い方をさらに深く突き詰めたような雰囲気が今作にはありますね。タイトルも「SOULSTAR」とかなり思い切ったタイトルをつけているのですが、それに嘘偽りなしのSOUL臭い~フィリーサウンドをさらに深化させたアルバムに仕上がっていると思います。前作よりも色鮮やかな楽曲がそろい前作の無骨なSOUL感もすきなのですが、このアルバムで魅せる色鮮やかなSOULの味わいも中々です。StevieのようなさわやかでいてFUNKYな楽曲の多く、気持ちが良くカッコいい曲がてんこ盛りです!もちろん味がある妖しげなFUNK SOUNDも満載で、ホント聞き飽きない内容じゃないかなと思います。

して、今作では、GUESTがすごいです!あの怪人Cee-Loを初めとして、フィリー系から、Bilal!Kindred The Family Soulさらに、Aaries、Carol Riddickなどを招いています。特に、Aariesを招いた一曲「Forthenight」のSEXYな雰囲気とSOULな匂いの融合は見事ですね~。前作の名曲「Hlafcrazy」がいい感じに昇華された雰囲気の一曲です。さらに、Bilalとの共演なんて、誰が考えたでしょう。これがまた見事で、聞き応えがある一枚に仕上がっています。そして、Cee-loとKindredはやっぱり強烈でした!一番強烈な曲が出来上がっています。フィリーサウンドをさらに進化させたSOULな匂いがプンプンするアルバムに仕上がっていますよ!彼お得意の英語の表記の独特な省略形は今作品でも用いられていて、結構英語が面白かったりするのです。余裕があったら、約してみるのも面白いですよ。さらにジャケ写もあぐらかいてたり、面白いジャケが多いのも遊び心があって面白い!Joeのような本流のSEXYなR&Bではないですが、これぐらいSOUL臭いR&Bもたまに聞いてみると面白いですよ、SOULでブルージーなR&Bの入門辺としては最適なんじゃないかなー。
オススメ:(2),(4),(7),(8),(9),(11),(12),(13)

“Musiq / Soulstar” の続きを読む

R.Kelly / Chocolate Factory

CD1-Chocolate Factory
01.Chocolate Factory
02.Step In The Name Of Love
03.Heart Of A Woman
04.I’ll Never Leave
05.Been Around The World feat. Ja Rule
06.You Made Me Love You
07.Forever
08.Dream Girl
09.Ignition
10.Ignition – (remix)
11.Forever More
12.You Knock Me Out
13.Step In The Name Of Love – Remix
14.Imagine That
15.Showdown feat. Ronald Isley
16.Snake feat. Big Tigger
17.Who’s That feat. Fat Joe
CD2-Loveland
01.Loveland
02.All I Want To Do
03.Heaven I Need A Hug
04.World’s Greatest, The
05.Far More
06.Raindrops
07.Apologies Of A Thug 

(概説)

R.KELLYの通算5枚目(ソロとして)となる本作!いやー、R&B界の問題児としていろいろやってはくれているんですが、仕事っぷりは見事です。これが彼の作品の中でも名作として残るであろうという出来なのですから世の中因果なものです。このアルバムはLimited Editionってことで、去年ネットに流失して流通することはなかったアルバムLovelandもボーナスCDとしてついているものです(正直こっちが出なくてよかったなと思うほどChocolate Factoryはいいんです)。ですが、改めて聞くと、別にボーナストラックの方は聞かないなーと思ってしまいます。彼らしい作品が多いのは、Lovelandの方なんですが、R.KELLYって一曲一曲はそれなりのインパクトはあるのですが、アルバムになると統一性がなくて、いまいちっていうのが、今までのパターンだったんですが、このLovelandはまさにそうで、「The World’s Greatest」なんていい曲が入ってる割に、アルバムとおして聞くといまいちなんですよね。それに比べて、Chocolate Factoryは、アルバム通して聞けば聞くほど全ての曲の印象が良くなっていく感じです。彼のバラッドのよさである、温かみが存分に感じられます。歌声的に決して力強いわけじゃなく、甘いSweetな歌声で曲調にあわせて流れるような歌い方をするので、曲がよくなければあまりよく感じられないアーティストなのですが、曲がうまく繋がって、全体として甘く香る雰囲気をプンプンさせています。特にJa Rule参加の「Been Around The World」や、シングル曲「Ignition(Remix)」などでのビートの跳ね具合と、「Chocolate Factory」や、前半の曲たちでの甘いゆるい感じが、うまく混ざり合っています。そして、Ronald Isleyが芝居までしてる「Showdown」でガッツリやられてしまうことでしょう。昼でも夜でも聞ける素晴らしい一品です!R.KELLYはもう少しなんだよなーって人ほど聞いたらハマりそうな気がします。彼ができる精一杯のバラードの魅せ方をしてくれていますよ。
R.KELLYのサウンドって、ウワモノというか、ひたすら繰り返すコーラスに、Mainが気まぐれにシャウトしながら絡んでいくイメージが強いんですが、そういう曲のオンパレード!もろR.KELLYらしいサウンドが詰まっている中、サウンドが全体の雰囲気をきちっと決めてくれているし、サウンドの遊びの要素も強く、飽きずに聞くことができます。ただ、R.KELLYのシャウトって、薄っぺらい(歌声も同様に)ので、物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、サウンドがいいので、聞いてみるべきでしょう。今作は、昼でも聞けるけど、エロエロっぽさがいい味だしてる雰囲気のあるアルバムですよ。このアルバムはかなり聞いています。
オススメCD-1:(1),(2),(3),(5),(6),(10),(11),(12),(14),(15),(16) CD-2:(1),(3),(4)

“R.Kelly / Chocolate Factory” の続きを読む

LSG / LSG2

01.JUST FRIENDS featuring LOON
02.WIDE OPEN
03.SHAKE DOWN
04.FA-FREE
05.YASTERDAY
06.PLAY WITH FIRE
07.WHAT ABOUT ME
08.ALL I KNOW
09.LESSONS LEARNED
10.CAN’T GET OVER YOU
11.CRY & MAKE LOVE
12.JUST FRIEDNDS feat.LOON (YELLOWMAN REMIX)

(概説)

Gerald Levert、Keith Sweat、Johnny Gillの大御所3人で構成されるUNITがこのLSG!6年ぶりにこの3人が集結したのである!Kieth SweatのLIVEアルバムで、LSGの名作『My Body』を3人で披露してくれてから、LSGの新譜が出るのでは?というウワサと情報がありましたが、実際に目にすると感激です。前作も素晴らしかったですが、完全に前作を凌駕する素晴らしさで、復活です!まず、この3人キャリアがとんでもないということは、ココに来る方ならお分かりでしょうが・・・Geraldは、着実にアルバムをリリースしていますし、Kiethもこの前今年のNO1ともいえるLIVEアルバムを出し勢いにのっているし(僕も大好きなのですが)、あとのJohnny Gillの歌声は本当に久々に聞くことになりましたが、(これは本当にファンにとっては嬉しいのではないのでしょうか・・・あの名作『Let’s Get The Mood Right』での歌いっぷりが忘れられませんよね・・・)復活してくれたということがうれしい・・・そんな勢いと復活!この二つの要素が合わさったアルバムなんだから、気合入りまくりだし、そんな3人が絡むんです、前作以上なのはお分かりでしょう。
LSGとは、3人の頭文字をとったもので、名前は単純ですが、曲の方はもうそんな単純じゃない、良く練られた素晴らしいボーカルアルバムに仕上がっています。今年これほど濃い!Blackなアルバムがあったでしょうか?その素晴らしさは、1曲目「JUST FRIENDS」を聞けばすぐに体でガツン!とわかてしまうでしょう。このまま聞き続けて聞き手の方がもつのか?・・・それほど強烈な曲がオンパレードで、最高の歌を聴くことが出来ます!今作ではGerald Levertが中心となり曲作りをしているのですが、3人がうまく絡み合えるように練られた曲が多く、3人のボーカルのせめぎあいが楽しめる作品です。特に最後の「CRY&MAKE LOVE」は圧倒されてしまいます・・・すごい!どの曲も濃さが際立っていて、外しの曲は一つもない素晴らしいアルバムです!歌詞もR&BらしいSEXYさをもち(もちろん結婚式じゃほぼ使えません(笑))じっくりと歌の世界に引き込んでくれます。
今年のR&Bを語る上で絶対に外せない一枚!それが、この一枚です。是非一度聞いてみてください。この濃さが好きになったら、もうR&Bの世界から抜け出せませんよー。
オススメ:全曲オススメ!

“LSG / LSG2” の続きを読む