Chico Debarge / Addiction

01.Addiction Meeting (Interlude)
02.Nefertiti/Center of My Universe
03.Oh No!
04.Tell Ur Man feat.Joe
05.Math feat. Talib Kweli
06.Do My Bad Alone
07.Slick (Addiction)
08.I’m OK
09.Medication (Interlude)
10.She Loves Me
11.I Want You
12.I Forgot Ur Name
13.Hey You
14.Chico’s Prayer (Interlude)
15.Change

(総評)

ネオソウルを更なる次元へと高めている唯一のアーティストChico Debargeの新譜!独特の味のある歌声はそのままに、アーバンでいながらソウルフルなサウンドはまさに現状のR&Bシーンの中でも稀有な存在といえます。
なんといっても2曲目「Nefertiti/Center of My Univers」で見せる渋い味のある歌いっぷりにはノックアウトされます。そして、イントロから引き込まれる「Oh No!」こういうアーバンでいて癖のある曲っていうのを、さりげなく歌えるシンガーはもう他にはなかなかいなくなってしまいましたね。この一曲のためだけでも買ってもいいほどに、クールでかっこいい歌いっぷりです!サビのフレーズがなんとも耳から離れません! 4曲目「Tell Ur Man」では、盟友Joeを招いてのアーバンな一曲です。Joeらしいねちっこくも美しい美声を存分に感じさせ、特に後半のフェイクとシャウトを繰り返す盛り上がりっぷりは、ここ最近のJoeの歌としてもとても熱い一曲になっています。Joe好きにも聞いてほしい一曲になっています!これは、ひさびさに聞く名曲ですね!さらに、Talib Kweliというなかなかなかったコラボ作品を披露します!ダークネスな雰囲気がChico Debargeの影の部分とうまく合わさって更なる魅力を見せ付けます。さらには、Jazzを相当意識した7曲目「Slick(Addiction)」では、まさにChicoDebargeにしかできないJazz R&Bともいえるサウンドを堪能させてくれます。マービン・ゲイの見事なオリジナリティーあふれるカバー11曲目「I Want You」では、オリジナリティーを確固たるものとした部分をみせてくれています。生楽器主体で、JazzとR&Bとアーバンのまさに中庸をいくような、本当に見事なアーティスティックな作品に仕上がっています。
一味違うR&Bを聞きたい人にはまさにうってつけな作品に仕上がっています。 オススメ:(2),(3),(4),(5),(7),(11)

“Chico Debarge / Addiction” の続きを読む

Keith Sweat / Ridin’ Solo

01.Famous
02.Full Time Lover
03.Test Drive feat. Joe
04.Ridin’ Solo
05.Genius Girl
06.Do Wrong Tonight
07.Hood Sex
08.It’s All About You
09.I’m The One You Want
10.Live In Person
11.It’s a Shame
12.Tropical. And these two

(総評)

Kieth Sweat通算11枚目となるアルバム!1980年代から、ずっとコンスタントに、アルバムを出し続けているという稀有なアーティストであり、まさにR&Bに愛されているシンガーです。そんな彼が去年に引き続きリリースアルバムは、聞き手の期待に十二分に答える充実作となっています。正直20年以上も第一線で、シーンの中心的な話題に上がるKeith Sweatというアーティストのポテンシャルと色あせない良さに驚愕さえ覚えます。シーンの特徴は多少は織り込みつつも、Keith Sweatというオリジナリティーは一切失われることはなく、己の物として昇華しながら、しっかりとR&Bリスナーが求めるKeith Sweat像へと練りこんでいくところはProducerとしても自身をよくわかっている証拠でしょう。現役のシンガーの中でのR&B KINGでしょう!
もちろんシーンにアピールするアップサウンドも、しっかりと織り込んでいくるのが、Keith Sweatなので、アルバムの最初の曲「Famous」は、Keithらしさをふんだんに取り入れつつも、現行のシーンでもしっかりとかっこよいと思わせるアップテンポになっています!ここから、しっかりとネッチョリバラッドを聞かせてくれる2曲目「Full Time Lover」で、しっとりと聞かせてくれますが、なんといってもこのアルバムの一番の話題性と楽曲のすばらしさを見せてくれるのが、 3曲目「Test Drive feat. Joe」!この二人とも長くシーンを支え続けている存在でありながら、二人のコラボレーションというのは初めて見た気がします。そして、これほどに合うとは誰が思ったでしょうか!やっぱりたまりませんねー、何度聞いても!お互いのよさがうまく絡み合っています!そして、そのままねっとりとスウィートな雰囲気を維持しながらタイトル曲「Ridin’ Solo」へと続く流れはなかなかのものがあります!ファルセットとフェイクとシャウトを本当にうまく使い分けていますよ!そして、変わらない水準でどんどんいい歌が続いていきます!「Genius Girl」でねっちょりと聞かせたあとは、「Do Wrong Tonight」で、見事な歌声を披露します!情熱的に歌い上げる様がたまらないものがあります!そして後半もすばらしく特に、10曲目「Live In Person」11曲目「It’s a Shame」で見せる楽曲の水準と、古いシンセ音をうまく使ったKeith Sweatらしい楽曲と歌が織り成す世界観は、ファンには涙もののすばらしい作品に仕上がっています!この2曲の水準は、このアルバムの中でも抜きん出ていますね!特に11曲目の後半に見せるシャウトっぷりたら、その力強さに、もう目頭が熱くなるのを覚えます!
ちょっと余計かなって思えるような12曲目のようなものもありますが、古いファンも、新しいR&Bの聞き手にも十二分にアピールできる内容の、まさに充実作を届けてくれています!アーティストとして20年以上シーンを引っ張り活躍続けるKeith Sweatに、ただただ拍手を送りたくなるような傑作アルバムです!オススメ:(3),(10),(11),(4),(5),(6),(8)

“Keith Sweat / Ridin’ Solo” の続きを読む