Chico Debarge / Addiction

01.Addiction Meeting (Interlude)
02.Nefertiti/Center of My Universe
03.Oh No!
04.Tell Ur Man feat.Joe
05.Math feat. Talib Kweli
06.Do My Bad Alone
07.Slick (Addiction)
08.I’m OK
09.Medication (Interlude)
10.She Loves Me
11.I Want You
12.I Forgot Ur Name
13.Hey You
14.Chico’s Prayer (Interlude)
15.Change

(総評)

ネオソウルを更なる次元へと高めている唯一のアーティストChico Debargeの新譜!独特の味のある歌声はそのままに、アーバンでいながらソウルフルなサウンドはまさに現状のR&Bシーンの中でも稀有な存在といえます。
なんといっても2曲目「Nefertiti/Center of My Univers」で見せる渋い味のある歌いっぷりにはノックアウトされます。そして、イントロから引き込まれる「Oh No!」こういうアーバンでいて癖のある曲っていうのを、さりげなく歌えるシンガーはもう他にはなかなかいなくなってしまいましたね。この一曲のためだけでも買ってもいいほどに、クールでかっこいい歌いっぷりです!サビのフレーズがなんとも耳から離れません! 4曲目「Tell Ur Man」では、盟友Joeを招いてのアーバンな一曲です。Joeらしいねちっこくも美しい美声を存分に感じさせ、特に後半のフェイクとシャウトを繰り返す盛り上がりっぷりは、ここ最近のJoeの歌としてもとても熱い一曲になっています。Joe好きにも聞いてほしい一曲になっています!これは、ひさびさに聞く名曲ですね!さらに、Talib Kweliというなかなかなかったコラボ作品を披露します!ダークネスな雰囲気がChico Debargeの影の部分とうまく合わさって更なる魅力を見せ付けます。さらには、Jazzを相当意識した7曲目「Slick(Addiction)」では、まさにChicoDebargeにしかできないJazz R&Bともいえるサウンドを堪能させてくれます。マービン・ゲイの見事なオリジナリティーあふれるカバー11曲目「I Want You」では、オリジナリティーを確固たるものとした部分をみせてくれています。生楽器主体で、JazzとR&Bとアーバンのまさに中庸をいくような、本当に見事なアーティスティックな作品に仕上がっています。
一味違うR&Bを聞きたい人にはまさにうってつけな作品に仕上がっています。 オススメ:(2),(3),(4),(5),(7),(11)

(曲解説)

02.Nefertiti/Center of My Universe

いや~こういうアングラな雰囲気を持ちながら、絶妙なJazzyっぷりを見せてくれる楽曲も珍しいですねー。かっこいいんですよねー。こういう中庸をいくような楽曲って聴くほどに癖になっていきます!

03.Oh No!

渋い味のある歌いっぷりにはノックアウトされます。そして、イントロから引き込まれる「Oh No!」こういうアーバンでいて癖のある曲っていうのを、さりげなく歌えるシンガーはもう他にはなかなかいなくなってしまいましたね。この一曲のためだけでも買ってもいいほどに、クールでかっこいい歌いっぷりです!サビのフレーズがなんとも耳から離れません!

04.Tell Ur Man feat.Joe

盟友Joeを招いてのアーバンな一曲です。Joeらしいねちっこくも美しい美声を存分に感じさせ、特に後半のフェイクとシャウトを繰り返す盛り上がりっぷりは、ここ最近のJoeの歌としてもとても熱い一曲になっています。Joe好きにも聞いてほしい一曲になっています!これは、ひさびさに聞く名曲ですね!

05.Math feat. Talib Kweli

Talib Kweliというなかなかなかったコラボ作品を披露します!ダークネスな雰囲気がChico Debargeの影の部分とうまく合わさって更なる魅力を見せ付けます。このTalib Kweliがとても似合うRapも見事で、この曲の影を色濃くしてくれています。うーん、ダークでかっこいいですねー。

06.Do My Bad Alone

浮遊感漂う感じが、また今までの曲と違う雰囲気を出しています。こういうNeo Soulっぽい楽曲も実に自分色に染め上げて歌い上げてくれます。こういう昇華するっていう点に関しては、他のアーティストの追随を許していませんね。

07.Slick (Addiction)

この曲のJazzっぷりが半端じゃないのです!Jazzy R&Bという新しいジャンルを開拓しそうな勢いを感じさせるほどに、見事な歌いっぷりを見せてくれて、サウンドも、見事にSwingしながら、心地よく響いていきます!前作あたりから徐々にJazzをサウンドに取り入れていっているのですが、今までのNeoSOUL系のアーティストが見せていた取り入れ方とは違い、まさにJazzを地でいってしまっているところが、おしゃれでかっこいいんです!

08.I’m OK

こちらは妖しげな雰囲気をかもし出すダークな一曲!この絶妙なリズムがずぶずぶとはまっていくんですねー。この人の持つダークな面を色濃く出したような一曲で、ファルセットも切なげに響きます。ついつい耳を奪われるような強さがあります。インパクトがあるメロディーとかじゃないんですが、耳を離れない雰囲気があります。

10.She Loves Me

ギターをバックに流れるようなファルセットで歌い上げるサビのフレーズが印象的です。美しいメロディーに引き込まれるように、流れていきます。本当にNew Classic Soulのころに引き戻されるような感覚に陥ります。

11.I Want You

なんと意外にも、マービン・ゲイの「I Want You」のカバーを披露します。しかもこれが、Chico Debarge色に染め上げられていて、すごい過ぎます。一瞬、I Want Youってわからない雰囲気さえ感じさせつつ、おしゃれに、かっこよくカバーしているのですから、さすがです!

12.I Forgot Ur Name

今までよりもメロディーを重視した展開を見せてくれて、印象に残ります。独特のためみたいなのが、歌い方に入っていて、本当に独自色だなーと感じさせてくれるアーティストです。

13.Hey You

生楽器主体のサウンドの中において、ちょっと打ち込みっぽいサウンドを聞かせてくれる一曲です。とはいっても、最低限のサウンドなんですが、そのおかげかちょっと明るい雰囲気の一曲となっています。

(Producer)

Kedar Massenburg:(1) Chico Debarge:(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13) Cortez Farris:(5) Joe Thomas:(3),(10)

(LINK)

OFFICIAL LABEL
OFFICIAL MYSPACE

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です