LINK / Creepin

01.I Know
02.GIT U N MY ROOM
03.GIT U N MY ROOM INTERLUDE
04.How Would You LIke It
05.Sex Thang
06.Caught Up Interlude
07.Hooked
08.Shake For Dat Money
09.Am I
10.Personality
11.Creepin
12.The Break Up Interlude
13.It’s Over Now
14.Baby Back

(総評)

90年代に活躍したシンガーのLINKが帰ってきました!バラッディアの一人として、名をはせたアーティストですが、より濃い作品を届けてくれています。もう、その色合いは、90年代後半のボーカルグループが作り出した、黒いグルーブを今の世界に見事に復活させてくれています。こういう作品は本当に後世に語り継がれるべき、R&Bの本来の黒さ、濃さを見事に体現してくれています。これぞ、本当のR&Bといえるできになっていますよ!
なんといっても、すばらしいのが「Personal」!この楽曲の黒いグルーブは、もう90年代後半の充実のボーカルグループ!SOLO, III From Tha Soulなどをお濃い起こさせるほどに、見事なコーラスとの絡み合いを、見せてくれる楽曲です。これぞR&Bというすさまじさを魅せてくれます。そのほかにもちょっと余計なアップもありつつも見事なスローバラッド、濃い楽曲が並んでいます。そんなすばらしいものの一つが「Sex Thang」!やっぱり90年代アーティストらしいエロスがいっぱい詰まっていて、バラッディアらしいLINKのよさが詰まっています。さらにいいのが、「How Would You Like It」見事なスローに仕上がっていて、思わず引き込まれます。もう、濃い濃いスローを聞かせてくれます。エロスがこもっているんですよねーこの人のフェイクやシャウトには。この曲はその良さが思う存分に堪能できます。たまらんですわ。さらに、聞きやすさと、R&Bとしてのかっこよさ両方持っている「Am I」そして、「Creepin」では、Make Loveのなんとも艶かしいセクシーな楽曲に卒倒させられます。どの楽曲も見事で。ちょっといらないなって曲はありつつも、アルバム通して今の作品とは思えないクラシックスなよさをもっていて、さらに今のシーンでは考えられない、濃い黒いグルーブを感じさせる見事な一枚です。名盤決定でしょう。
オススメ:(4),(5),(9),(10),(11),(13)

“LINK / Creepin” の続きを読む

Wayne Brady / A Long Time Coming

01.Ordinary
02.F.W.B.
03.Can’t Buy Me Love
04.Back in the Day
05.Sweetest Berry
06.A Change Is Gonna Come
07.I Ain’t Movin’
08.Make Heaven Wait
09.All Naturally
10.All I Do
11.Beautiful Ugly
12.You and Me

(総評)

アメリカではコメディアンとしても有名なWayne Bradyが放つ本格派ソウルアルバム!コメディアンなんて予備知識はいらないっていうほどに、本当に個々最近では聞けないほどに見事なソウルっぷりと、ポップさの融合を魅せてくれています。ただただ、ソウル回帰になるだけでなく、ソウルなエッセンスを織り交ぜつつも聞き手が飽きない一緒に歌いたくなるような見事な楽曲を数多く収録しています。ファンキーな楽曲から、アーバンなサウンドと、その器用な歌いっぷりで聞かせてくれるのですが、どれもが本格派というよりも、本物のシンガーとしての実力をいかんなく発揮してくれています。
なんといってもこのアルバムで、買いだ!っておもった一曲!「I Ain’t Movin’」のファンキーさったらありませんよ!思わず一緒に歌わずにはいられないし、何よりも最高に楽しくファンキーなんですから。この曲のために買っても損はしません!ソウルでファンキーだったら、もうこれ以上のものはないですよね!同じく4曲目「Back in the Day」でも、そのファンキーな個性をこれでもかと見せ付けてくれます。こういうファンキーな楽曲が一番の得意な楽曲なんでしょうねー。ただ盛り上がるだけじゃなく、もっとオーソドックにも聞かせられる歌自体の実力の見事さを聞かせてくれるのが、1曲目「Ordinary」!曲自体もすばらしい楽曲でオーソドックスなソウルフルなよさを持ちつつも、いいなーと思わせるメロディーのすばらしさをもっていて、それをしっかりと聞かせられるWayne Bradyの実力には感服します。11曲目「Beautiful Ugly」での見事なシャウトっぷりも、シンガーとしての格の違いを見せ付けてくれています。さらには、非常に正統派なバラッド12曲目「You and Me」でも、歌の見事な実力を見せてくれいて、さらに、Sam CookとStevie Wonderしかも渋い「All I Do」のカバーなんか入れてくれることで、実に芯の通った歌を中心としたソウルを意識したすべての人にアピールできる作品になっています!本当に見事なアルバムとしかいいようがない、緩急の名曲がそろった名盤です。
これは絶対に聴くべき名盤です。
オススメ:(7),(1),(4),(2),(8),(11),(12)

“Wayne Brady / A Long Time Coming” の続きを読む

Eric Cire / ericcire.com II

01.After Hours Intro (XM SATELLITE)
02.Always Be Together
03.Can We Do
04.Closer
05.Club Love
06.Conscentual
07.Don’t Give It Away08.Haters
09.I Hate Myself
10.I Love You
11.Like Paradise
12.Lovely Night
13.Mr.Operator
14.When We Make Love

(総評)

2005年衝撃のデビューをかざったインディーソウルシンガーEric Cireの2ndアルバムがでました!その独特の美的センスによって繰り広げられるメローな泣き節ともいえる独特の歌唱法を見せる歌の世界は、一度聞けばどんどん虜になっていきます!あくまで歌声はバリトンなのですが、ファルセットフェイクを本当に効果的に使い、魅惑的に見せるシンガーは他には見当たりません。
歌声も面白いのですが、その楽曲がまたすばらしい!なんといっても前作での「A.I.E.U.O」の衝撃がすごかったのですが、こんなフレーズでこんなにすばらしい楽曲にしてしまうなんて、と驚愕してしまったものでした。前作を周到したメローで淡い切なげなメロディーの曲が多く、その中に、ダンサブルな曲がさらっと配置されていたりと、アルバムを通して、非常に完成度の高いR&B作品になっています!彼はよくAh-Ahというフレーズをさまざまな抑揚をつけたフェイクを多用するのですが、それにファルセットを織り交ぜることで、本当に多種多様なフェイクを可能にしています。それにフェイクのセンスが絶品で、ファルセットってどっちかというと単調になりがちなのですが、彼の使うファルセットのフェイクの多彩さには本当に舌を巻くほどです!そして、バリトンボイスでもあるので、耳につくファルセットじゃなくて、もっと聞き心地がいい感じがするのです。こういうファルセットフェイクを見せてくれるアーティストは彼以外にはいないように思えます。そうして、トラックメイカーとしてもすばらしいものがあり、今作品すべての作品において、R&Bとしても高い水準であることはもちろんのこと、誰が歌っても面白いだろうなというトラックにEric Cireという色をしっかりつける歌唱を乗っけているところがすばらしいのです! 特に12曲目「Lovely Day」の後半のフェイクのすばらしさ、10曲目「I Love You」の心地よく乗れるダンサブルさ、さらに最後の14曲目「When We Make Love」の普遍的なメロディーのよさ3曲目「Can We Do」でのメロディーメイクは、特筆すべきものがありました。そのほかのすべての楽曲が水準以上というかEric Cireということを意識させながらも、水準以上のR&B曲として成り立っているのです!この才能をほってはおかない様で、もうDef Jamから2008年デビューした期待のボーカルグループ”Brutha”のシングル曲「I Can’t Hear The Music featg.Fabolous」のボーカルプロダクションをおこなったりと、DefJamのプロデューサーの一員として活動を開始しているようです。1stも名盤でしたが、2ndもそれに匹敵するより聞く人を選ばない名盤になっていると思います。2008年最高のインディーソウル作品といえるでしょう。 ぜひ手に取りましょう!
P.S:2009年ついに日本にライブにくるそうです!これは見逃せない!オススメ:(3),(10),(12),(14),(6),(1),(2),(4),(7)

“Eric Cire / ericcire.com II” の続きを読む