LINK / Creepin

01.I Know
02.GIT U N MY ROOM
03.GIT U N MY ROOM INTERLUDE
04.How Would You LIke It
05.Sex Thang
06.Caught Up Interlude
07.Hooked
08.Shake For Dat Money
09.Am I
10.Personality
11.Creepin
12.The Break Up Interlude
13.It’s Over Now
14.Baby Back

(総評)

90年代に活躍したシンガーのLINKが帰ってきました!バラッディアの一人として、名をはせたアーティストですが、より濃い作品を届けてくれています。もう、その色合いは、90年代後半のボーカルグループが作り出した、黒いグルーブを今の世界に見事に復活させてくれています。こういう作品は本当に後世に語り継がれるべき、R&Bの本来の黒さ、濃さを見事に体現してくれています。これぞ、本当のR&Bといえるできになっていますよ!
なんといっても、すばらしいのが「Personal」!この楽曲の黒いグルーブは、もう90年代後半の充実のボーカルグループ!SOLO, III From Tha Soulなどをお濃い起こさせるほどに、見事なコーラスとの絡み合いを、見せてくれる楽曲です。これぞR&Bというすさまじさを魅せてくれます。そのほかにもちょっと余計なアップもありつつも見事なスローバラッド、濃い楽曲が並んでいます。そんなすばらしいものの一つが「Sex Thang」!やっぱり90年代アーティストらしいエロスがいっぱい詰まっていて、バラッディアらしいLINKのよさが詰まっています。さらにいいのが、「How Would You Like It」見事なスローに仕上がっていて、思わず引き込まれます。もう、濃い濃いスローを聞かせてくれます。エロスがこもっているんですよねーこの人のフェイクやシャウトには。この曲はその良さが思う存分に堪能できます。たまらんですわ。さらに、聞きやすさと、R&Bとしてのかっこよさ両方持っている「Am I」そして、「Creepin」では、Make Loveのなんとも艶かしいセクシーな楽曲に卒倒させられます。どの楽曲も見事で。ちょっといらないなって曲はありつつも、アルバム通して今の作品とは思えないクラシックスなよさをもっていて、さらに今のシーンでは考えられない、濃い黒いグルーブを感じさせる見事な一枚です。名盤決定でしょう。
オススメ:(4),(5),(9),(10),(11),(13)

(曲解説)

02.GIT U N MY ROOM

今のシーンの柔らかいサウンドを用いたシーンにもアピールできるようなミッドテンポな一曲。このアルバムで唯一ともいえる爽やかな美しいメロディーの一曲です。これでいろんな曲を歌えることを証明しています。

04.How Would You LIke It

たまらんですね。これほどに、濃ゆいバラッドはひさびさでございます。しっかりとコーラスが支える中、もうこれでもかとメインをLINKがフェイクし、シャウトしながら、聞かせてくれます!これだけ熱いねっとりとした楽曲はそうそうお目にかかれません!

05.Sex Thang

これぞ、LINKといいたくなるようなねちっこい歌い方でスローバラッドを歌い上げます。コーラスとの掛け合いが、まさに90年代!90年代が大好きな人にはたまらないすばらしい一曲に仕上がっています。フェイクの仕方が好きな人にはたまらん感じですよ。コーラスとメインの掛け合いが90年代後半の充実の黒いボーカルグループを思い起こさせます。最後のHuh, Huhという掛け声もこういうベタともいえる展開大好きです!!!ひさびさの名曲ですねー!

07.Hooked

雷のバックが、いかにもな感じですが、こういうベタな感じがR&Bシンガーらしさが良く出ていていいですねー。こういう曲での安定感は抜群ですね。

09.Am I

このアルバムの中でも最高峰の一曲がこのAm I!魅惑なAm Iというフレーズを繰り返し、徐々に深く歌こんでいく様は必見です。このひたすら繰り返しながらも、実に魅力的なメロディーなので、何度も聞きたくなります。

10.Personality

こういうのはたまらんねー、SoloとかIII From Tha Soulとかそういう濃いボーカリストを自ずと思い出してしまいそうなあの頃のすばらしき黒いグルーブを持つ楽曲を披露してくれます。この楽曲が一番すきですね!こういう楽曲はひさびさに聞きましたわー。

11.Creepin

タイトル曲でもある一曲でMake Loveを感じさせるその見事な歌には思わず濡れてしまうことでしょう。セクシーな楽曲で聞いているだけでうっとりとしてきますね。こういうアーティストは本当に貴重ですね!

13.It’s Over Now

流れるようなメロディーが実に詰め込んだメロディーラインが実に老練な感じがしますね。この辺のうまさは、見事です!クールな楽曲で、じわじわと良さが伝わってきます~。

14.Baby Back

ちょっとJazzyな雰囲気も取り入れた面白い楽曲です。でも、きちんとR&Bのドス黒さは失わないのが、この人のすばらしいところですね。

(Producer)

Darrell Allemby:(1),(2),(3),(4),(8),(10),(11),(12) Dorian “Souldog” Howard:(5) Demetrious “Dejai” Johnson:(6),(13) Lincoln Browder:(7),(9) Steve “Icon” Morales:(14)

(Musician)

(LINK)

MYSPACE

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です