Ola Onablue / The Devoured Man

01.Never Known
02.Where The Past Goes
03.The Devourd Man
04.This Fool Again
05.Groove To The Lie
06.Miracle Obstacle
07.Truce Baby
08.True Friends
09.My Other Prayer
10.The Detail
11.Who Are You
12.Back Home

(総評)

UKのベテランソウルシンガーOla Onablueの3枚目!前回の作品から独自な色を濃くしていっていましたが、今回はとてもSOULFULで深みがある渋みのある濃い曲が満載です!本当に一言で表現するなら「渋い!」物凄い強烈な曲はないんですが、どの曲もじわじわ、じわじわと、濃厚に心に響いてきます!ゆったりと夜に1人で聞いていると、なんか癒されそうなそんなセンシティブさも併せ持っている一枚で、その歌声の表現力の豊かさ、しっかりと歌いきれる歌力に改めて感服します。
前作は、わりと青色のジャケが表していた通り、ちょっとブルージーな雰囲気が強くて、聞き込むとちょっとサウンド的に飽きちゃう感じもあったのですが、ここでは、黒いジャケが示すようにJazzyな雰囲気を取り込みつつ、ファンキーに且つセンシティブに責めてくるので、聞けば聞くほどに、彼の歌の情感が良く伝わってきます!
11曲目「Who Are You」での見事な歌と素晴らしいメロディー、そして、3曲目「The Devoted Man」の大人なバラードっぷりもいいのですが、どの曲がいいっていうよりも総合的に黒さがじわじわと伝わってくる一重にも、二重にも味がある、まさに、大人にこそ聞いて欲しいアルバムでしょう。歌って言うものに特化していて、聞くほどに、味がでてくる一枚です!ヘッドホンで大音量で聞くよりは静かな部屋で、しっとりと聞くことで、彼の歌の良さが伝わるでしょう!万人受けはしないかもしれないけど、ぜひこうソウルやJazzが好きな人にはどっぷりと浸かって聞いて欲しいですね。
オススメ:(11),(3),(1),(2),(4),(5),(6),(8)

“Ola Onablue / The Devoured Man” の続きを読む

TONEX / OAK PARK 921’06

01.Now
02.Alrigh
03.You
04.holy-NESS
05.Can’t U See?
06.Priceless
07.Fail U
08.Out The Game feat.Gibraan
09.Feelings feat.Karen Carpenter
10.Yes feat.Montell Jordan
11.Like
12.Anthony
13.My Friend
14.Tippy feat.Rhonda Patton
15.God’z Got It
16.HUP! feat.Omega

(総評)

ゴスペル回の異端児Tonexの新譜!なんとも、不可思議なタイトルなのですが、そんな不思議さが余計にTonexらしいなと感じるほどに、このゴスペルシンガーは、ゴスペルという枠には収まりきらない、多彩な超越的な才能をもった人物なのです!これまでも2枚のアルバムとDVDなどをリリースしているのですが、どれも、既成のゴスペルのアルバムという概念自体に収まりきらず、異端児扱いされるほどの人物なのですが・・・その才能は間違いなく、R&BやHIPHOPの現行のアルバムよりもカッコよく、奇抜なアイデアが随所に収められている好盤となっています!
全体的には、スムーズで女性コーラスも絡み、1曲目「Now」のようなTonexの線は細いけど、どこまでも伸び行く声をよくいかした気持ちがいいぐらいの展開の曲が多くを締めているのですが、そんな普通な曲ばかりではなく、リズム先行型の2曲目「Alright」で現行シーンの一歩先をいくところを見せ付け、5曲目「holy-NESS」で、Tonexの奇抜な一面をこれでもかと見せ付けてくれます!こんなビートで歌えるシンガーは、現在のR&Bシーンを探してもそう簡単には見つけれないでしょう。こういうROCK色が強い曲でもR&Bっぽく仕上げてしまうのも、彼らしいですね!
それにも増して、奇抜なのは、7曲目「Fail U」!この奇想天外な曲の展開といい、さすが天才Tonexといいたくなります!素晴らしいわー!もう全てが奇想天外で、面白いのです。
そうかと思えば、6曲目「Priceless」では、しっとりと歌ったりと、もう前半だけで、その緩急自在な派手な展開に、前半だけでお腹いっぱいになってしまいます。そうすると、後半はじんわりとゆっくり聞かせるような展開の曲が多かったりと、アルバムを無駄なくスムーズに聞けてしまうように仕上がっています。この作品では、その奇抜さも目立ちながらも、全体の完成度も高い一枚になっていて、Tonexの存在をこれでもかと感じさせてくれます!
もともとは2枚組みでUSでは売ってたというので、この長さでちょうど良いな~と思ったりもします。ゴスペルが好きな人よりもR&BのUPサウンドが好きな人には是非聞いて欲しい存在のアーティストです!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(6),(7),(8),(10),(16)

“TONEX / OAK PARK 921’06” の続きを読む

Jagged Edge / Baby Makin Project

01.Intro
02.Put A Little Umph In It feat.Ashanti
03.Whole Town Lavghing
04.Me That’s Who
05.Get This
06.I’ll Be Damned
07.Can’t Get Right
08.Way To Say I Love You
09.Sunrise
10.Round And Round
11.Turn U On

(総評)

Jagged Edge通算6枚目となるアルバムは盟友Jermaine Dupriと共にUniversalに移籍してのリリース!前作の名曲「Good Luck Cherm」の衝撃もまだまだ薄れないのに、もう新譜とは、この4人の創作意欲に恐れ入ります。そして、短い期間でありながら、前作よりもより濃い作品が生まれました!Good Luck Charmのように、インパクトのある一曲がないので、売上的には前作には敵わないでしょうが、それでも、どの曲も高水準の粒ぞろいの曲たちが揃っていて、無駄なInterludeなどがないスマートなつくりになっているので、一気に聞けてしまいます。ちょっと曲間があまりに短くDJがつないでいるような感じになっているので、ちょっと余韻に浸れないのが、もったいないなーとは思うのですが・・・
そんな減点対象もありつつも、しっかりとしたつくりのアルバムになっていて、長く聞けるアルバムになっていると思います。あーJagged Edgeらしいコーラスワークだな-とか思える部分が非常に多く、Jagged Edgeのアルバム聞こうかなと思ったときになんとなく取り出してじっくり聞けちゃう古びない良さがあります。ここまでのリリースを続けてここまで変わらずコンスタントに続けている素晴らしさ!それが一番でしょう!
ただ、やっぱりこれだっていう曲がないのが、ちょっと物足りない気分にはさせられてしまいます。でも、これでゆるぎないR&Bのボーカルグループのスタイルを打ち出して、Jagged Edgeは今後もこの路線でいくことを約束してくれたようなアルバムなので、次回作がとても楽しみになりました!

“Jagged Edge / Baby Makin Project” の続きを読む

Coop DeVille / Truth Lies and Relations

01.Get This Money feat.Top Key
02.Can’t Ge Enough
03.I Don’t Wanna
04.Treaser I
05.Apologize
06.I wish
07.Ex Girlfriend
08.Crush On You
09.One Two [Coming 4you]
10.The Room
11.Teaser 2
12.Here Comes The Rain
13.Wanna Be You Man feat.Daddy Vee
14.Truth, Lies, & Relations
15.Radio

(総評)

D.COOPと、TRELL BLAZEの二人組みによるボーカルデュオ!もうK-Ci&JoJo,Ruff Endzなどの90年代R&Bデュオが大好きな人にはたまらない曲が満載です!サウンドからしてもうあのころを思い起こさせるちょっとした懐かしさをもったサウンドが多く、そこにこういうグループいたよねーと思わせるハーモニーのかけあい、シャウトの応酬、ボコーダーを効果的につかった雰囲気など、なかなかツボを心得たサウンドと歌唱法をしてくれます。
どの曲もいいですが、やっぱり、6曲目「I Wish」での壮大なメロディーとツボを心得たシャウトやフェイクがたまりません!こういう曲もあれば、もろR&Bっていう感じのサウンドも聞かせて、HIPHOPサウンドや、さらには、15曲目のようなJODECIのようなコーラスワークもみせてくれたりと、あーこの人たち本当にR&Bが大好きなんだなーと聞いているほうまでうれしくなってしまいます。
これほどしっかりとこの年代の再現をできる人たちはなかなかいないですよ。90年代の雰囲気から離れようとしてたのが、2000年以降のアーティストでしたが、これからはあえて90年代のR&Bサウンドを目指したアーティストが数多く現れそうな予感がします。
JODECIやDru Hill、さらにはボーカルデュオが大好きな人にはぜひ聞いて欲しい一枚です!これぞR&Bのカッコよさっていうのを良くわかっているアーティストです!
オススメ:(6),(14),(2),(5),(9)

“Coop DeVille / Truth Lies and Relations” の続きを読む

713 Seville / TEST DRIVE

01.Take A Test Drive
02.I Don’t Think You’re Ready
03.Get Money – Ft.Endo
04.I’m A Freak – Ft.Korey B
05.Freakin You
06.Cause I Love You
07.Take It Slow
08.I Like It
09.Work – Ft.Endo
10.What’s Your Name
11.Let’s Get Personal – Ft.Endo
12.First Time Feelin
13.Man For You
14.As Long As I Have You
15.Love Is Gone – Ft.Hit
16.Use To Be

(総評)

2007年インディーズファンの間で話題騒然となったボーカルグループ713 Seville!その流通の悪さから手に入れられる人も少ないのですが、そのボーカルグループとしての完成度の高い作品に、驚きを隠せません。素晴らしいバラードから、カッコいいUP、HIPHOPトラックまで様々な曲調を、90年代のボーカルグループってこうだったよねーっていう思いにふけさせてくれるほどに、忠実にそしてオリジナリティーをもって表現してくれるのです。
特に中盤に見せるセクシーな雰囲気の楽曲の完成度がすこぶる高いのです!5曲目から8曲目まで、どの曲も、完成度が高くて、思わず目を閉じて、聞き入ってしまいます! インディーズということもあって、同じようなサウンドが多いのは事実なのですが、それでも聞き飽きない魅力に溢れた歌をみせてくれています!メインボーカルの歌い上げっぷり!シャウトっぷりだけじゃなくて、バックコーラスの厚みと美しさやここぞというときの盛り上がり方!その辺のいやーボーカルグループ好きのツボを心得ているな-って言うところや、さらには、メロディーワークの素晴らしさ!美メロとはちょっと違うのですが、いいメロディーやフレーズが多く、聞き入ってしまうことがとても多いのです!全体的に派手さはないのですが、ボーカルワークっていいいなーと改めて感じさせてくれる実力派グループの登場です
なんせ流通が悪い・・・日本では、Bout Records以外は入荷が厳しい状況で、USでも流通にのっていないというレビューするには心苦しいのですが、でも見つけたら買ってみてください!このアルバムが2ndアルバムになります!
オススメ:(1),(2),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(14)

“713 Seville / TEST DRIVE” の続きを読む