Ola Onablue / The Devoured Man

01.Never Known
02.Where The Past Goes
03.The Devourd Man
04.This Fool Again
05.Groove To The Lie
06.Miracle Obstacle
07.Truce Baby
08.True Friends
09.My Other Prayer
10.The Detail
11.Who Are You
12.Back Home

(総評)

UKのベテランソウルシンガーOla Onablueの3枚目!前回の作品から独自な色を濃くしていっていましたが、今回はとてもSOULFULで深みがある渋みのある濃い曲が満載です!本当に一言で表現するなら「渋い!」物凄い強烈な曲はないんですが、どの曲もじわじわ、じわじわと、濃厚に心に響いてきます!ゆったりと夜に1人で聞いていると、なんか癒されそうなそんなセンシティブさも併せ持っている一枚で、その歌声の表現力の豊かさ、しっかりと歌いきれる歌力に改めて感服します。
前作は、わりと青色のジャケが表していた通り、ちょっとブルージーな雰囲気が強くて、聞き込むとちょっとサウンド的に飽きちゃう感じもあったのですが、ここでは、黒いジャケが示すようにJazzyな雰囲気を取り込みつつ、ファンキーに且つセンシティブに責めてくるので、聞けば聞くほどに、彼の歌の情感が良く伝わってきます!
11曲目「Who Are You」での見事な歌と素晴らしいメロディー、そして、3曲目「The Devoted Man」の大人なバラードっぷりもいいのですが、どの曲がいいっていうよりも総合的に黒さがじわじわと伝わってくる一重にも、二重にも味がある、まさに、大人にこそ聞いて欲しいアルバムでしょう。歌って言うものに特化していて、聞くほどに、味がでてくる一枚です!ヘッドホンで大音量で聞くよりは静かな部屋で、しっとりと聞くことで、彼の歌の良さが伝わるでしょう!万人受けはしないかもしれないけど、ぜひこうソウルやJazzが好きな人にはどっぷりと浸かって聞いて欲しいですね。
オススメ:(11),(3),(1),(2),(4),(5),(6),(8)

(曲解説)

01.Never Known

アルバムを代表するような渋みがつまった歌で、生音なサウンドに、ネットリと絡みつくような素晴らしい歌が堪能できます!時に情熱的に燃え上がるように搾り出す歌声に思わず唸ってしまいます。ファルセットを交えながら、紳士にでも濃厚に歌いこんでいくのが、Ola Onablueらしくて、いいですねー!素晴らしい一曲目です!

02.Where The Past Goes

ちょっと明るい雰囲気で柔らかく歌いこんでいく一曲です。Stevie Wonderのようなどこか明るさが詰まっている一曲ですね。美しいピアノの調べも心地よいですね~。後半のパワフルなOlaの歌い上げっぷりには、悶絶させられます。本当に大人な歌を聞かせますねー!

03.The Devourd Man

こういうセンシティブで、ダークな色合いもありつつ、しっとりと聞かせれるのは、Olaみたいな年齢を重ねたソウルシンガーだからこそ出せる味でしょう!このアルバム一番の聞かせどころとなる渋いメロディーにぐっと胸を鷲づかみにされますよー!徐々に強くなっていくOlaの歌声に、ハッとさせられます。哀愁と漂わせながら、しっとりと聞かせてくれます。Jazzピアノっぽいフレーズも絡み合い見事な生音感覚と、歌の芯の強さを表現しています。なかなかここまでの味が出せるシンガーはいないでしょうね~。

04.This Fool Again

勢いを見せてくれた3曲目から今度はゆったりとひたすらしっとりと聞かせてくれる一曲へ!どんな歌を聞く人にもいいねーこの曲って言わしめるバラードとしても完成度の高さがあります。しっかりと歌いこみながら表情を変えていくボーカルがさすがベテランっていう感じです!

05.Groove To The Lie

少しアップテンポでグルーヴィーなサウンドに乗って、ファンキーな歌を聞かせます!ファンキーだけど大人っぽさは忘れないなんともツボを得た曲になっていますよー!素敵ですねー。ここまでずっと飽きさせずに、渋く聞かせてくれます!このグルーヴィーな感覚たまらないですね!最後のファルセットまで最高です!

06.Miracle Obstacle

ゆったりとしたビートで、前作のちょっとブルージーな雰囲気に近い一曲かな。でも、このなんかフェイクも、なんかJazzyっぽいのがまたいいんですねー。こういう黒さを追求しているのが、このアルバムの素晴らしいところです!まさにJazzyな一曲ですね!こういうJazzyなフェイクが聞きたかったので、すごいうれしいです!

07.Truce Baby

やっと、こう普通の曲というか、なんかうんうんとうなずきながらゆったりと聞けます。ここまで結構興奮しつつあまりの渋さにやられてしまいますが、ここはちょっと小休憩という感じで、オーソドックスなスローテンポな曲を聞かせてくれています。とはいいつつも、サウンドやコーラスの使い方がやっぱり実に渋いですよねー。

08.True Friends

またまた、スローなビートにのって渋い渋すぎる曲が展開していきます!もうこれはたまらんでしょう!ここまでスローで責められるとたまらんですねー。そして、それを支える確かなバックサウンド!これもこのアルバムの肝になっています。ライブを聞いているような生音の感覚を大事にしながら、しっかりとギターなんかのバックと共に盛り上がっていくのがカッコいいんですねー!最後の伸びやかな歌声にやられます・・・

09.My Other Prayer

なんともしっとりとした歌を歌えるんでしょう。本当に心地よいファルセットまで自在に使いこなしながら聞かせてくれます!もうベテランなので当たり前ですが、本当に表現力があって、自由自在に歌いこんでいくんですよねー。見事としかいいようがありません。この独特な世界観にはやられますね~

10.The Detail

大人な一曲!ファンキーな雰囲気も大事にしつつ、まったりねっとりと歌ってくれます。ファルセットから徐々に、色気を増していくような雰囲気も素敵ですよー。

11.Who Are You

アルバムの中では一番覚えやすいフレーズを持ちながらも、切ない雰囲気をもった一曲ですね。徐々にフレーズを繰り返しながらも、サビで一気に艶やかに歌い上げる様が素敵です!徐々に盛り上がっていくサビと、バックの淡いコーラス、そんな対比を交えながらJazz Pianoが流れるように響き渡ります。この独特な感覚・・・もうOla Onablueの世界っていうのをしっかりと確立しているんですねー。聞くたびに深みにはまっていく感じがします!

12.Back Home

最後もきっちり渋く決めてくれます!こちらはシンプルなサウンドで、じっくり歌声を味合わせてくれます。サビでの歌いこみ具合も素敵ですねー。最後までしっかりと歌で聞かせてくれます!

(Producer)

All Produced by Ola Onablue

(LINK)

OFFICIAL
MYSPACE
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です