Coop DeVille / Truth Lies and Relations

01.Get This Money feat.Top Key
02.Can’t Ge Enough
03.I Don’t Wanna
04.Treaser I
05.Apologize
06.I wish
07.Ex Girlfriend
08.Crush On You
09.One Two [Coming 4you]
10.The Room
11.Teaser 2
12.Here Comes The Rain
13.Wanna Be You Man feat.Daddy Vee
14.Truth, Lies, & Relations
15.Radio

(総評)

D.COOPと、TRELL BLAZEの二人組みによるボーカルデュオ!もうK-Ci&JoJo,Ruff Endzなどの90年代R&Bデュオが大好きな人にはたまらない曲が満載です!サウンドからしてもうあのころを思い起こさせるちょっとした懐かしさをもったサウンドが多く、そこにこういうグループいたよねーと思わせるハーモニーのかけあい、シャウトの応酬、ボコーダーを効果的につかった雰囲気など、なかなかツボを心得たサウンドと歌唱法をしてくれます。
どの曲もいいですが、やっぱり、6曲目「I Wish」での壮大なメロディーとツボを心得たシャウトやフェイクがたまりません!こういう曲もあれば、もろR&Bっていう感じのサウンドも聞かせて、HIPHOPサウンドや、さらには、15曲目のようなJODECIのようなコーラスワークもみせてくれたりと、あーこの人たち本当にR&Bが大好きなんだなーと聞いているほうまでうれしくなってしまいます。
これほどしっかりとこの年代の再現をできる人たちはなかなかいないですよ。90年代の雰囲気から離れようとしてたのが、2000年以降のアーティストでしたが、これからはあえて90年代のR&Bサウンドを目指したアーティストが数多く現れそうな予感がします。
JODECIやDru Hill、さらにはボーカルデュオが大好きな人にはぜひ聞いて欲しい一枚です!これぞR&Bのカッコよさっていうのを良くわかっているアーティストです!
オススメ:(6),(14),(2),(5),(9)

(曲解説)

01.Get This Money feat.Top Key

こういうRapperを招いて、お互いが交互にネットリと歌い上げていくってタイプの曲って多かったですよねー。この最初からして、なかなか90年代R&Bの理解者だなって気分にさせてくれます。

02.Can’t Ge Enough

これは来ましたね!ボコーダーをうまく絡ませて、シャウトしまくる!もうこれはK-Ci&JoJoがもっとも得意としたタイプの歌をモロに再現してくれています。ただ真似したのではなくてオリジナリティーも持っていて、本当にこの二人が実力をもった二人であることを証明してくれています!本当にかっこいいですわ!

03.I Don’t Wanna

軽めなピアノメロディーにあわせて情熱的に盛り上がっていきます!しっかりと歌で聞かせてくれます!明るめな曲調で軽快に歌っていきます!こういうかけあいが見事な歌って最近なかなかないですねー。デュオの醍醐味ですね!

04.Treaser I

ここまでミッドテンポ~アップテンポが多かったのですが、ここでバラードをきかせてくれるのかな?と思ったらすぐ終わっちゃうのが残念・・・

05.Apologize

丁寧に歌いこんでいくソフトな歌い口方が心地よい!三味線の音を使っていたりして、なかなかサウンド面でも面白さも持っているグループです!この辺Dru Hillあたりの影響も感じさせますねー。畳み掛けるようなシャウトの仕方がたまりません!ミッドテンポな聞きやすいいい曲ですよー!

06.I wish

丁寧で穏やかなメロディーが心安らぐような心地よさをもって聞こえてきます。本当に一番素晴らしい曲ですね~!こういう壮大なバラードがこの力強い歌声で聞きたかったんですよ!しかも徐々にシャウトしていく壮大さを増していきます!二段階三段階と転調して、キーが高くなっていくところなんか、ベタなんですが、やっぱりいいなーと思わせてくれます!このバラードはいいですわ!最後がカッコよすぎます!

07.Ex Girlfriend

しっとりと濃い歌を聞かせてくれます、物悲しい雰囲気が漂うボーカルスタイルで、本当にいろんな曲調でもしっかり歌いこめる実力派の二人だな-と改めて思わせてくれます!

08.Crush On You

ゆったりしたテンポな曲ですが、しっかり後半シャウトしまくって盛り上げてしまうのが、若手二人組みらしい熱さがありますねー!素晴らしいです!後半にお互いに歌いあいながら盛り上がっていく感じはこの二人のお互いをよくわかっているなーと感じさせる強さがあります。

09.One Two [Coming 4you]

あーもうこういう感じって90年代に多かったですよねー。ホントあーこういう曲あったよねーって思わせるのが本当に多いんですよね~。でも、まったく彼ららしさみたいのも捨ててはいないので、絶妙な新鮮味もあったりして、じっくり聞けます。それに、美しいサビのメロディー、さらに一度転調してからもう一度フェイクを交えながらじっくり歌いこんでいくところなんて素晴らしいですわ!

10.The Room

ミッドテンポな曲で、あまり目立つ曲ではないのですが、こういうしっかりしたテンポと地味目な曲調でも、しっかりと歌いこめる技術があるっていうのが、このグループの強みでしょう。その技術でどんどん盛り上げていけるんですから。コーラスへのフェイクのかけあいの仕方が実にうまいです。

11.Teaser 2

セクシーな曲調で、また違った面を見せてくれます!短めな曲ですが、しっかりとメロディーで気持ちよくさせて組ます。

12.Here Comes The Rain

ボコーダーでゆったりと聞かせてくれる一曲です。ピアノの切なげなメロディーもあいまって、哀愁漂う一曲になっております。Rapperなどもでてきますが、そういうHIPHOPな感覚っていうのがすんなり入ってくるのが、メジャーでもやっていけるなって思わせてくれます。

13.Wanna Be You Man feat.Daddy Vee

ネチッこいシンプルなメロディーに、ひたすらメインボーカルがくらいついていきます。こういうソウルフルなスローは、聞けば聞くほどなんか癖になっていきますねー。この思いっきり聞かせるぞーっていう気合の入った歌がたまりませんね。聞かせる一曲です!

14.Truth, Lies, & Relations

タイトル曲は、Silkとかが得意としたようなシンセサウンドをみせてくれます。ボコーダーと、このシンセがきたらたまりませんわね・・・それにハーモニーも力強くて、うっとり聞き入ってしまいます。後半のシンセと芯の入ったボーカルでパワフルに聞かせてくれるところなんかたまりませんね。

15.Radio

Radioのトークはまったくいらないのですが・・・そのあとにボーナストラックが2曲も入っていたりします!しっとりと聞かせてくれる感じで、また違った面を見せてくれます。とくに後半の曲が切なげに絡み合いつつ歌い上げるボーナストラックにしておくにはもったいない一曲なのです。ちょっとお得な感じがしますね!

(Producer)

Trell Blaze:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(12),(13),(14)
D Coop:(10),(15)

(LINK)

MYSPACE

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です