Tashawn King / Tashawn King

01.3’s Company
02.Strung Out
03.He Don’t Love You
04.Make It Official. featuring KDO
05.Anything You Want
06.On Parole
07.Party
08.Crazy
09.Promise
10.Missing You featuring Lola
11.Come
12.Slow Down featuring Edo G

(総評)

2004年前半のインディーズの名作がこのTashawn Kingというソロアーティストのデビューアルバム!その力強いバリトンボイスで聞くものを引きつけます!このアルバムなんといっても、メロディーが本当にいい曲が前半にガッツリあるので、一気に聞き入ってしまいます。ミッド~スローテンポの曲たちで、一気に心を奪うようなHOOKのメロディーがテンコ盛り!そして、そのメロディーに絡み合うTashawn Kingのバリトンシャウトがたまりません。彼のシャウトは、どこかスモーキーであって、力強さの中にも哀愁を漂わせているので、どこか切なげな雰囲気を出しているので、シャウトが力入ってくると聞いていてグッと来ることが多いです!ただ、常にシャウトは余裕をもっているような感じがして、この声でもっと切なげに感極まるようにやられたら泣くのになーと思うところもありました。そうして曲のメロディー的には、特に4曲目のような流れるような軽快な美しいメロディーを見せてくれたり、5曲目のようながっちりと聞かせて一気に癖にしてしまうメロディーなど、一度聞くと忘れないメロディーで、彼のメロディーセンスは卓越しています!トラックメイカーとしてもこの人優秀なんだろうなーと感じさせるところが随所に見られるんですよね。こういうメロディーがいいアルバムっていうのは、R&Bの初心者にもオススメであり、よく聞く人にも楽しめるという良質なアルバムです!
ただ、バリトンボイス独特の唸りや吼えとかシャウトやフェイクなどを駆使して、あまりメロディーがない曲を思いっきり声一つで引っ張っていくような曲はあまり得意じゃないみたいで、あまりないのが、ちょっと残念かなー。あと後半ちょっと楽曲の勢いが落ちちゃうのも残念でした。でも、Big Jimにはちょっと及びませんが、メロディーセンスのよさと、スモーキーなバリトンボイスを楽しめるっていう点で、メジャー流通のアルバムを軽く凌駕しているインディーズの2004年の力作です。
普通のお店にはないかもしれませんが、CD BABYや、ユニオンなどで手にしてみてください~!
オススメ:(4),(5),(8),(2),(1),(3),(11)

“Tashawn King / Tashawn King” の続きを読む

Lemar / Time to Grow

01.Soul Man
02.Better Than This
03.I Don’t Mind That
04.What If?
05.Call Me Daddy
06.If There’s Any Justice
07.Don’t Give It Up
08.Time To Grow
09.Complicated Cupid
10.Maybe Just Maybe
11.Feels Right
12.All I Ever Do / My Boo (Pt II)
13.I Believe In A Thing Called Love (Bonus Track)

(総評)

2004年初頭にアルバムを出したLemarが2004年の終わりになんとも早いタイミングで2ndアルバムをリリースです!これが前作のノリのよさを踏まえつつも少し大人っぽさを感じさせる素晴らしいプロダクション!スローでいい曲が多いし、UPもノリがいいんだけど、少し落ち着いた感じで、じっくりと聞ける一枚に仕上げられています。彼の少しオヤジ声ともいえる、その特徴的なSOULFULボイスは、ますます磨きがかかり、味がある歌い方を見せてくれます。特にシャウトやファルセットが本当に上手くなっていて、しかもそのファルセットやシャウトに入るときの絶妙なタメ!これがもう言うことなしの絶妙なタイミングなのです。聞いていて気持ちがいい!ホント1年も見たいないのに、急に大人びたかんじがするその歌声の雰囲気に完全にノックアウトされてしまいます。見た目とかなりギャップがある、どこかオヤジっぽい渇きがありながらも、力強さも兼ね備えている、味のあるSOULボイスにやられますよー!
 サウンド的には、ストリングスや、ギターやピアノなどがメインで音数も多くなくシンプルな楽曲が多いのですが、その分元来の彼のメロディーセンスの良さが存分に引き出されていて、オッと思うようなメロディーの展開も多く楽しませてくれます。アコースティックな雰囲気さえする、シンプルな楽曲自体も、物足りないなんてことはなく、逆にごちゃごちゃしてなくて、爽やかな感じがして、SOULFULな彼の歌声との対比が実に面白い!そして、中にはまさに70年代SOULっていう感じのサウンドがあるのも彼のオヤジ声をしっかりと生かしきるのに、貢献しています。70年代SOULっぽい曲から、ノリがいいリズムトラック重視な曲まで幅広く聞かせてくれていながら、アルバムの1曲目にあるように、まさにSOULMANらしい全体がSOULFULな仕上がりになっています。ホント歌いっぷりもさることながら、メロディーセンスには驚かされますよ、どの曲もまずはメロディーでグッとひきつけながらも、その歌声のよさにうっとりしてしまいます。そしてそれを邪魔しないシンプルかつSOULFULなサウンド!UKのR&B界をこれからしょって行く人物としてふさわしいアルバムでしょう!
 こういう1stが売れたアーティストの2ndアルバムってあまりよくない場合が多いのですが、彼の場合は、1stの勢いでいきましたっていうのとは、また違う今度はR&B的なアプローチを見せてくれていて、ある意味2ndアルバムの方が数段面白いと感じさせてくれる、実に奥が深いアーティストです。今作では、Brian McKnightとの共演なんてのもあったりして、今後のUSでの活躍も視野にいれた感じで、期待してしまいます!
 そして何故かこの一枚なかなかTOWERやHMVに置いてないんですね・・・とってもいいUKのアルバムなのに!もったいない!絶対に買うべきだし、買って損はない一枚です!ぜひ1stを買った人なら、買わないと損です!1st以上のSOUL魂を感じさせてくれますよ!やっと3月のTowerで取り扱いになるかも・・・ちょっとUK盤がもう手に入らないみたいなので、3月のUS盤は皆さんぜひ!つーか、絶対いいから買ってください!
オススメ:(1),(2),(3),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13)

“Lemar / Time to Grow” の続きを読む

Profyle / Liar! Cheaters!

01.INTRO
02.YOU
03.GOOD MORNIN’
04.DIGGIN’ U
05.TRIFLYN
06.MOVIE STAR
07.CUPS UP
08.BOB YO HEAD
09.DA’ CITY
10.WHY
11.FEELIN’ THIS
12.I’M SORRY
13.SPECIAL GIRL
14.DIRTY SOUTH
15.GOTTA GET 2 KNOW U
16.WENT AWAY
17.OUTRO

(総評)

やばすぎます・・・!言葉で表すのがバカらしくなるぐらいに素晴らしすぎる一枚です!ついに来てしまいました。ついに、この人たちの3枚目が!1stアルバムが個人的にボーカルグループの大傑作であると言い切れるすばらしい一枚を残したグループProfyle!彼らがまたまた1stアルバムを凌駕する傑作を打ち出しました!2000年以降最高のボーカルグループの作品だといえます!それほどにすさまじいSEXYで吼えまくる歌バカの世界が展開されていきます。管理人も試聴機で聴いた瞬間思わずその圧倒的な迫力と素晴らしさと熱さに鳥肌がたって思わずうるっと来てしまいました。なんといっても、彼ら歌の迫力がかなり増しています!計算ではないもう感情から滲み出る素晴らしい吼えっぷりに、悶絶・・・そして全体を彩る素晴らしい楽曲!バラードでは、1stのような温かみある曲もあればエロス全開のSEXYな曲もあり、どちらでも吼えまくり!で圧倒的な歌の世界を展開していきます。もちろんUPでも、カッコいいあくまで彼らの厚みのあるコーラスワークを感じさせる素晴らしいUPサウンドが展開されます!音的もインディーズとは思えないほど、この熱いボーカルを盛り上げる重厚な感じで、思わず聞き手も握りこぶしを作ってしまうほど、熱い情熱的な曲たちのオンパレード!この熱さは、やっぱり彼らの”ため”の作り方の上手さにあると思います!グッと来るようなための作り方をされるのでついつい一緒に叫びたくなるような感じなのです。もちろん彼らの一番の強みであるコーラスもバラード、UP通して、感嘆の声しか出ないほどの素晴らしさ!全体が醸し出すSEXYさも凄まじいものがあります・・・にじみ出る汗、息遣い、滾る熱気、喘ぎ声全てがエロスを湛え、最高に官能的な世界を演出してきます。あえて引き合いに出せば、全体的にSilkの3rdに匹敵するほどのSEXYを出していて、ましてそのエロスだけじゃ~終わらないCaseの「Open Letter」のような素晴らしいバラードも披露し、そして、Soloのような熱い激昂なボーカルを展開していきます・・・Jagged Edgeのような滾る熱気・・・いやはや、もう一枚通して悶絶ものですよ。これは・・・
実はメンバーが一人入れ替わっているらしいですが、それがうまく作用したって感じですね!新メンバーのNavajoがサウンド面でかなりの力を発揮しています。Face, L’Jai, Hersheyの3人も素晴らしい歌声です。Co-Produceや、作曲などにも参加して、彼の好きな音楽をそのまま体現したんだなっていうのが、伝わってきます!もう、これだけ自分達の好きな音楽を追求しているのを見ると、ほんとにインディーズだからこそできたこの作品なんだと思います!素晴らしいです。1stのメロディーとシャウトの良さを実感させ、2ndでのエロスをもっと進めた一枚になっています。いいところ取りって感じですね~。だれがなんと言おうと、名盤でしょ。
今年はRashaan Pattersonが一番かなと思ってましたが、こんな素晴らしい作品がでるとは・・・凄すぎます。本当に、カマDの中での永遠の名作Soloの1stアルバムにも匹敵するんじゃないかって出来ですよ。こんなのが出来るからUSのR&B聞くのやめられないんですよね~。とにかく騙されたと思ってでも買って聞いてください!今年の一押しですから!これぞR&Bの真髄です!末永く聞ける名盤です!
オススメ:(6),(2),(12),(11),(7),(10),(3),(4),(1),(9),(13),(14),(16)

“Profyle / Liar! Cheaters!” の続きを読む