Tashawn King / Tashawn King

01.3’s Company
02.Strung Out
03.He Don’t Love You
04.Make It Official. featuring KDO
05.Anything You Want
06.On Parole
07.Party
08.Crazy
09.Promise
10.Missing You featuring Lola
11.Come
12.Slow Down featuring Edo G

(総評)

2004年前半のインディーズの名作がこのTashawn Kingというソロアーティストのデビューアルバム!その力強いバリトンボイスで聞くものを引きつけます!このアルバムなんといっても、メロディーが本当にいい曲が前半にガッツリあるので、一気に聞き入ってしまいます。ミッド~スローテンポの曲たちで、一気に心を奪うようなHOOKのメロディーがテンコ盛り!そして、そのメロディーに絡み合うTashawn Kingのバリトンシャウトがたまりません。彼のシャウトは、どこかスモーキーであって、力強さの中にも哀愁を漂わせているので、どこか切なげな雰囲気を出しているので、シャウトが力入ってくると聞いていてグッと来ることが多いです!ただ、常にシャウトは余裕をもっているような感じがして、この声でもっと切なげに感極まるようにやられたら泣くのになーと思うところもありました。そうして曲のメロディー的には、特に4曲目のような流れるような軽快な美しいメロディーを見せてくれたり、5曲目のようながっちりと聞かせて一気に癖にしてしまうメロディーなど、一度聞くと忘れないメロディーで、彼のメロディーセンスは卓越しています!トラックメイカーとしてもこの人優秀なんだろうなーと感じさせるところが随所に見られるんですよね。こういうメロディーがいいアルバムっていうのは、R&Bの初心者にもオススメであり、よく聞く人にも楽しめるという良質なアルバムです!
ただ、バリトンボイス独特の唸りや吼えとかシャウトやフェイクなどを駆使して、あまりメロディーがない曲を思いっきり声一つで引っ張っていくような曲はあまり得意じゃないみたいで、あまりないのが、ちょっと残念かなー。あと後半ちょっと楽曲の勢いが落ちちゃうのも残念でした。でも、Big Jimにはちょっと及びませんが、メロディーセンスのよさと、スモーキーなバリトンボイスを楽しめるっていう点で、メジャー流通のアルバムを軽く凌駕しているインディーズの2004年の力作です。
普通のお店にはないかもしれませんが、CD BABYや、ユニオンなどで手にしてみてください~!
オススメ:(4),(5),(8),(2),(1),(3),(11)

“Tashawn King / Tashawn King” の続きを読む

Lemar / Time to Grow

01.Soul Man
02.Better Than This
03.I Don’t Mind That
04.What If?
05.Call Me Daddy
06.If There’s Any Justice
07.Don’t Give It Up
08.Time To Grow
09.Complicated Cupid
10.Maybe Just Maybe
11.Feels Right
12.All I Ever Do / My Boo (Pt II)
13.I Believe In A Thing Called Love (Bonus Track)

(総評)

2004年初頭にアルバムを出したLemarが2004年の終わりになんとも早いタイミングで2ndアルバムをリリースです!これが前作のノリのよさを踏まえつつも少し大人っぽさを感じさせる素晴らしいプロダクション!スローでいい曲が多いし、UPもノリがいいんだけど、少し落ち着いた感じで、じっくりと聞ける一枚に仕上げられています。彼の少しオヤジ声ともいえる、その特徴的なSOULFULボイスは、ますます磨きがかかり、味がある歌い方を見せてくれます。特にシャウトやファルセットが本当に上手くなっていて、しかもそのファルセットやシャウトに入るときの絶妙なタメ!これがもう言うことなしの絶妙なタイミングなのです。聞いていて気持ちがいい!ホント1年も見たいないのに、急に大人びたかんじがするその歌声の雰囲気に完全にノックアウトされてしまいます。見た目とかなりギャップがある、どこかオヤジっぽい渇きがありながらも、力強さも兼ね備えている、味のあるSOULボイスにやられますよー!
 サウンド的には、ストリングスや、ギターやピアノなどがメインで音数も多くなくシンプルな楽曲が多いのですが、その分元来の彼のメロディーセンスの良さが存分に引き出されていて、オッと思うようなメロディーの展開も多く楽しませてくれます。アコースティックな雰囲気さえする、シンプルな楽曲自体も、物足りないなんてことはなく、逆にごちゃごちゃしてなくて、爽やかな感じがして、SOULFULな彼の歌声との対比が実に面白い!そして、中にはまさに70年代SOULっていう感じのサウンドがあるのも彼のオヤジ声をしっかりと生かしきるのに、貢献しています。70年代SOULっぽい曲から、ノリがいいリズムトラック重視な曲まで幅広く聞かせてくれていながら、アルバムの1曲目にあるように、まさにSOULMANらしい全体がSOULFULな仕上がりになっています。ホント歌いっぷりもさることながら、メロディーセンスには驚かされますよ、どの曲もまずはメロディーでグッとひきつけながらも、その歌声のよさにうっとりしてしまいます。そしてそれを邪魔しないシンプルかつSOULFULなサウンド!UKのR&B界をこれからしょって行く人物としてふさわしいアルバムでしょう!
 こういう1stが売れたアーティストの2ndアルバムってあまりよくない場合が多いのですが、彼の場合は、1stの勢いでいきましたっていうのとは、また違う今度はR&B的なアプローチを見せてくれていて、ある意味2ndアルバムの方が数段面白いと感じさせてくれる、実に奥が深いアーティストです。今作では、Brian McKnightとの共演なんてのもあったりして、今後のUSでの活躍も視野にいれた感じで、期待してしまいます!
 そして何故かこの一枚なかなかTOWERやHMVに置いてないんですね・・・とってもいいUKのアルバムなのに!もったいない!絶対に買うべきだし、買って損はない一枚です!ぜひ1stを買った人なら、買わないと損です!1st以上のSOUL魂を感じさせてくれますよ!やっと3月のTowerで取り扱いになるかも・・・ちょっとUK盤がもう手に入らないみたいなので、3月のUS盤は皆さんぜひ!つーか、絶対いいから買ってください!
オススメ:(1),(2),(3),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13)

“Lemar / Time to Grow” の続きを読む

Kalassy Nikoff [NEVER GONNA STOP/THAT GIRL]

(概説)

ついに、あのAK-69こと、Kalassy Nikoffがソロデビュー!去年名古屋のHIPHOPシーンで衝撃的なアルバムを出した、B-NINJAH&AK-69のメンバーのHIPHOPラッパーAK-69こと、シンガー名Kalassy Nikoffがシンガーとしてソロデビューしました。そのB-NINJAH&AK-69のアルバム「Da Real Thing From the street」の一曲「Moving On Remix」は、名曲中の名曲で、Kalassy Nikoffの歌声が存分に楽しめる曲になっています。そんな彼の歌声はRapperでもあるので、力強くもありますが、透き通る透明感と力強さの絶妙さがなんともいえないかっこいい声なのです!R&B好きには、きっと訴えかけるものがあると思います。今作では、ただの歌モノというよりは、彼のHIPHOPをきちんとバックグラウンドにおいて、Rapと歌を絶妙に絡めていきます。なんか、西海岸の雰囲気がぷんぷんしてきて、Nate Doggほどモッタリした声じゃないのですが、それぐらいHIPHOPと歌モノとのバランスが取れていてすばらしい作品です!歌詞も名古屋弁が入ってても面白いし、ちょっとHIPHOPサウンドでがっちりと歌えるシンガーを探してる人にはオススメ~。

曲紹介

1曲目『Never Gonna Stop』

ProducerはあのDJ PMX(for DS455)が行なっており、もうウェッサイって雰囲気がかなり出ているかっこいいHIPHOPサウンドで、サビから力強く歌っていきます。そして、Rapっぽい感じで歌っていくのが、かっこいいのです!でも、歌詞はデビューシングルとしてふさわしい自問自答な問答と力強い歌で食っていく誓いを高らかと歌い上げています。名古屋弁で思いっきり歌っていますが、そんなのぜんぜん気にならないぐらい耳になじみます。

2曲目『THAT GIRL』

こちらの方が、Kalassy Nikoffの独特なファルセットが堪能できるし、掛け合い的な歌声があって、面白いですね!しかも、男の視点からみた女性との愛に落ちる雰囲気の歌詞もいい感じです。ファルセットで聞かせて、低音の地声でかっこよく聞き手をうならせていきます。うーん、この方の歌声はいいですなー。非常にこのAK-69の等身大の表情が伺えるリリックも見逃せません。ねえちゃんって歌っているのが、なんかほほえましい。僕はこっちのほうが好きですねー。かっこいいですわ。

www.msrecord.co.jp/bnak/main.html

KREVA [ひとりじゃないのよ feat.SONOMI]

(概説)

希望の炎、音色に続く第三弾は、青森のフルボリュームクルーからSONOMIをfeaturingしての一曲「ひとりじゃないのよ」!KREVAのサウンド的には、一番KICKの初期っぽい感じがするシンプルな感じがステキなトラックに、SONOMIさんのソウルフルな歌声がのる素晴らしい一曲です!なんかすごい優しい雰囲気があって、心地よく聞ける一曲になっています。KREVAが一人で出来るといいつつも、SONOMIがひとりじゃないっていってるのが、なんかとても暖かいです。実は一人でやってるようで、いろんな力を借りているそれを築かせてくれます。なんか、KREVAのつぐむコトバはなんか素朴なかんじというか、飾ってない感じがとてもストレートに伝わってくるのもいいなーと思います。REMIXもいい感じで、2曲目はアルバムにも収録されていないけど、すごいいい歌で、非常に楽しめる一枚になっていますよ!

曲紹介

1曲目『ひとりじゃないのよ feat.SONOMI』

SONOMIの歌声が印象的な一曲です!KREVAのリリックの力強さというか独り善がりっぽいところもあるリリックを上手い具合にSONOMIの歌声が、やわらかく包み込んでいきます。SONOMIさんのメロディーセンスも生かされていて、心地よく一緒に歌ってしまいます。二人のなんか掛け合い的な面白さがいっぱい詰まっていて、聞いていてテンポよく歌が進んでいきます。これはKREVAファンじゃなくても、気になる曲なんじゃないかなーって思います。

2曲目『コトバにできない』

KREVAの歌心溢れる一曲です!こういうメロディーラインがしっかりした曲を作る能力にすごい長けてるなーと感心してしまいます。曲提供しても面白いとは思うのですが、シンガーに。SONOMIのバックボーカルがいい味を出しています。そして、コトバにできない苛立ちを感じつつも次へのコトバをつぐんでいくKREVAの気持ちを上手く表現しています。リリックがとてもいい曲だなーと思いました。

3曲目『ひとりじゃないのよ REMIX』

ちょっとレゲエノリな感じがとても面白い一曲!きもちよ~く乗れます!音数がさらに好くなって、手拍子でほとんどが構成されていて、最後のKREVAの英語のフレーズがなんともかっこいいですよ!一緒にレゲエのノリで手拍子しながら叫びたくなります。

www.kickthecancrew.com

PHONES / 8mmフィルムに映る終わることないドラマ/Black Coffee

(概説)

500円とかなり良心的なお値段の一枚!PHONESのシングルは、この安い値段で提供するためにわざわざインディーズレーベルから出してくれるという、とてもファン想いな人たちです。そうして、このシングル両極端とも言える雰囲気が全然違う曲が二曲入ってて楽しめます!一曲目の方が、今までのPHONESらしさに生音も混ざっている感覚が、心地よい一曲です。2曲目では、今まで以上にJazzyな雰囲気をかもし出している曲で、新たな挑戦というイメージが強いですねー。PHONESは、こうやって新しい面をどんどん見せていってくれるので、既存の曲とはまた違うぞっていうところを見せて付けてくれて、飽きがこないので、常にリスナーに新鮮なものを届けてくれる努力には感服します。本当に今作でも2曲ながら存分に楽しませてもらいました。あ、Black Coffeeはちょっと~遊び人が入ってますねー(笑)

曲紹介

1曲目『8mmフィルムに映る終わることないドラマ』

PHONESらしい、竹本さんの歌声が生きている一曲で、かなりシックな雰囲気の一曲で、しっとりと包み込んでくれます。彼らの特徴でもありドラムとベースのリズムがしっかりと入ってきているので、体が自然と揺るてしまうんですねー。こういうゆる~い感じの曲でもしっかり体を揺らしてくれます。そして、ギターのサウンドが最後にさらにこの曲の別れに哀愁を漂わせてくれます。

2曲目『Black Coffee』

かなりJazzyなイントロで、新たなPHONESの一面を見せてくれている一曲!Swing Jazzのかなり80年代風のCafe Jazzと呼ばれている頃のアレンジなのですが、お店でさりげなく流れている感じを上手く引き出していて、ボーカルの竹本氏もさりげな~くおしゃれに歌い上げていきます。リリックがなんとも淫らなのですが、誰の経験談かしりませんが(笑)僕はなんかこういう詞は好きでーす。なんかこういうのも歌えるっていうのが、彼らの懐の深さを見せ付けてくれていますね。

OFFICIAL SITE