David Verity / Inexorable

01.Supervillain
02.Damn
03.This Time (The Shy Song)
04.Scrollin’
05.Get In My Car
06.Just A Man
07.Unspoken
08.Where Are You
09.My Rock
10.Forever Girl
11.Wings
12.December

(総評)

インディーソウルを代表するアーティストDevanteがDavid Verityと、改名して3枚目となるアルバムをリリース!最新サウンドを取り入れた現行シーンをリードする楽曲を多数届けてくれています!彼というと、美メロなイメージが強いですが、その期待をいい意味で裏切って、バウンスやエレクトロなどのサウンドをうまくと入れつつ、きちんと美メロでかっこよい楽曲を聞かせてくれています!
前作から、さらに力強さをました素晴らしい歌声を活かすアップテンポな最新サウンドを取り入れた楽曲がまた凄過ぎます。そこらへんのメジャーサウンドじゃ太刀打ちできないインディーズアーティストだからできる自由度の高さと、メジャーを超えてしまうかもしれないトラックの音の良さには驚かされます!ここまでやられたら、メジャー、インディーズなんて括りは意味をなさなくなってしまうのではないでしょうか?
1曲目「Supervillain」の豪快なアップサウンドからおのずと、アルバムへの期待値も急上昇します!これほどに高水準のアップサウンドを聞かせてくれるとは思いませんでした!「Damn」での前作までと違う斬新にエレクトロを取り入れた曲作りのかっこよさと、そのエレクトロサウンドの中でも薄れないDavid Verityの歌声のすばらしさを感じさせます。さらには、「This Time」でも、しっかりとアップサウンド聞き手をひきつけて、もう前半で今までと違いを見せ付けつつも、しっかりと彼のフィールドに聞き手を引き込みます。中盤には、前作のようなメロディーのすばらしい楽曲を聞かせたりとしながらも、サウンドのパワーアップをところどころで聞かせてくれます。7曲目「Unspoken」では、1枚目、2枚目で見せた美メロメイカーとしてのすばらしい才能を感じさせてくれます。さらには、8曲目「Where You Are」では、デジタルサウンドの取り入れ方の巧みさを感じさせながらも、しっかりとソウルフルに歌えるところを見せて、そのまま最後までスローもアップも織り交ぜながら、しっかりと聞き手を飽きさせずに、どんどんアルバムを進めていって、本当にあっというまに、一枚を聞かせてしまいます。
美メロメイカーだけはない、彼の力強さを感じさえる作品で、今後とも、さらにいいプロデューサーシンガーとして育っていくであろうことを確信させてくれます!そして、早々と、2010年を代表する一枚が早々とリリースされたことは驚きに値します!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(7),(8),(9),(10)

“David Verity / Inexorable” の続きを読む

Marc Staggers / Then & Now

01.Give You All My Lovin
02.Can’t Get Enough Of This Groove
03.He Could Never Love Love You
04.Just You & Me
05.When I Think About Your Love
06.If I Was Your Lover
07.Lies
08.Let Me Take You To A Place
09.L.O.V.E.
10.Momma

(総評)

Luther系と宣伝されていたインディーソウルシンガー!これが3枚目で、すっかり見た目はおじさんですが、その素敵なアーバンっぷりは、まさにLutherやWill Downingを髣髴とさせるすばらしい作品なのです!ここまでの作品を出せるアーティストが今まで無名で過ごしていたというのも珍しいといえますね。 1曲目「Give You All My Lovin」からのWill Downingのようなしっとりとしたすばらしい歌いっぷりと、見事なアーバンなメロディーラインのすばらしさに度肝を抜かされます。本当にいい曲でこれからもずっと聞けそうな一曲からアルバムが始まり期待も高まります!そして2曲目もアーバンな「Can’t Get Enough Of This Groove」でセクシーにしっとりと聞かせてくれます!適度なファルセットの使いっぷりなど見事ですね。そして、Sweetで壮大なバラッド3曲目「He Could Never Love Love You」も美しい。そしてなんといっても、4曲目「Just You &Me」は、本当にアーバンでSmoothで、しっとりと聞き入ってしまいます。ピアノのバックも曲をグッと締めてくれて、お洒落で心地よいWill Downingのような世界観を感じさせます!徐々に絡みつくように情熱的になっていくボーカルもたまりません!
5曲目「When I Think About Your Love」でも実に情熱的でセクシーな歌いっぷりを見せてくれたり、最後の「Mamma」での熱唱の激しさは、彼の歌のうまさを思う存分味わうことが出来ます!このアルバム特に前半のSweet アーバンな世界観は、ここ数年のアーバンソウルものの中でも傑作といっても良い出来になっています。後半が少し特徴がつかみづらい曲が多かったりもしますが、それはアーバンソウルという範疇の真ん中を行く上ではなんとなく避けて通れないものでもあるので、アルバム全体としての統一感という点では、インディーソウルとは思えないすばらしいプロデュース力です! インディーズでありながらも、極上のアーバンソウルな世界観を構成しているアルバムで、本当にいい曲を聴きたいなと思っている人にはオススメな一枚です。オススメ:(1),(10),(2),(3),(4),(5)

(Producer)

All Producer by Marc & Reggie Staggers

(LINK)

OFFICIAL☆☆☆☆☆

Dru Hill / Indrupendence Day

01.Shut It Down
02.Do It Again
03.She Wants Me
04.Whatcha Do
05.Below Zero
06.Can’t Stop
07.Remain Silent
08.Makin Luv
09.State Of Emergency
10.Back To The Future
11.Love MD
12.Away
13.Rule The World (Tears For Fears)

(総評)

90年代を代表する超絶グループがついにシーンにカムバック!sisqoのソロ活動なども収縮して、最近は過去のグループとして語らえていた彼らがついにシーンにカムバック!しかもあの頃の情熱のまますばらしい歌を、披露してくれています。Dru Hillというと、Jodeciと並びしょうされるほどの、R&Bシーンのボーカルグループのストリート寄りなぐループとしては、一番の実力をもっているグループで、90年代のボーカルグループといえば、Boyz II Men, Jodeci, Dru Hillという3大グループをあげる人は多いでしょう。そんな彼らですが、濃い歌声を持ちつつもsisqoというヤンチャなボーカリストを抱えていたからか、90年代のソウルフルな面も持ちつつも、常に新しいサウンドも斬新に取り入れてきたのですが、それはこの2010年という時期でも変わらず、今の最新のサウンドを軽くいなしながらも、決して薄くなることはなく、ますますかっこよく濃く熱く盛り上がっていく様が、本当に見事ですね。
なんといっても、先行シングル11曲目「LOVE MD」の激唱っぷりにやられること間違いないです。さらにその一曲前「Back To The Future」の5 Stepsを思い起こさせるような爽やかで力強いDru Hill節とも言えるバラッドにうわ!帰ってきた!と思わずうれしくなります。そして、現行シーンにも本当にかっこいいR&Bのアップとはこれだ!と問い正さんばかりの1曲目「Shut It Down」~3曲目「She Wants Me」のアップサウンドでのシャウトっぷりには目頭が熱くなります!8曲目「Makin’ Luv」での熱く情熱的でセクシーな歌いっぷり、9曲目「State Of Emergency」での熱く疾走間を感じさせるかっこいいミッドテンポの曲など、どの曲もDru Hillらしきありカッコいい楽曲が詰まっています!どの曲もR&Bとしての水準が高いのです!ここまでなりふり構わない熱いシャウトを見せてくれるアルバムはここ最近では、Terrell Carterの「Finally」ぐらいでしたので、本当にうれしい限りです!
このアルバム実は13曲目までなんです!14曲目以降の曲はTAOが組んでいるROCKグループの曲をサンプル的にいれていますので、惜しからず。それを差し引いても、本当にすばらしいアルバムに仕上がっています。Sisqoのシャウターとしての見事さとDru Hillのボーカルグループとしての半端じゃない実力をこれでもかと感じさせてくれるアルバムです。オススメ:(11),(10),(9),(1),(2),(3),(7),(12)

“Dru Hill / Indrupendence Day” の続きを読む

V.A. / Urban Next J-R&B selected by Shintaro -Nishizaki

01.RAYS / music life
02.Dym-T a.k.a 仲程秀貴 / Keep It Smooth
03.LEO / Dream of Love (Part1)
04.Junear / crazy love
05.TATSUYA / 今夜
06.DAICHI MIURA / YOU & ME
07.Jine / If I Said
08.Full Of Harmony / はなびら
09.Sweep / Once in a life time
10.JAY’ED / Movin’ On
11.HI-D / 騒がしい太陽
12.L&J / Deep Inside – Extended ver –
13.HIROKI / HUMAN
14.Samuelle / 願い
15.MIHIRO~マイロ~ / Happy Birthday To You
16.one da 4side / 4-seasons
17.LEO / Dream of Love Part2

(総評)

HMVバイヤーだった、西崎氏によるコンピレーションアルバム!しかも、1stはインディーソウルの爽やかな楽曲を集めたのにたいして、こちらは日本のまだ無名なアーティストを多く集めたコンパイル集!こういうものを現場の人が作り出すというのは、非常に意味のあることですね。なんといっても、リスナーに近い側での意見が多く取り入れられたコンピだと思います。きちんとコンセプトにたっていて、辺に売りに走ってしまって、誰でもしってるじゃんみたいな曲が多く入っているようなコンピレーションとは一味も、二味も違う味わいを感じさせる一枚です!
その参加のメンツも、メジャーやベテランから、インディーズやまだ音源リリース前のアーティストなど、多彩な顔ぶれがそろっていて、日本の男性R&Bシーンが深さを増してきていることを感じさせてくれます!やっぱり、まだまだ知られていないアーティストをこれほどピックアップしてくれているのは、本当に現場の売り手さんだからできる仕事だよなと感心するのと、ここまでのコンピレーションを発売したHMVに拍手を送りたいです。インディーソウルバージョンが前作だったのですが、日本のR&B男性シンガーは今まさにこれからという時期にうまく合致したすばらしい企画だと思います。もちろんJunearさんやJineなど、隠れた実力派も収録され、三浦大知くん, Full Of Harmony, HI-D, Jay’edなど第一線で活躍するメジャーアーティストまで収録し、これから出てくるRAYS, HIROKI, TATSUYAなどの若手の実力派をそろえていて面白い一枚に仕上がっています。LEO, L&J, MIHIROなどのSugar ShackファミリーやSweep, Samuelle, One Da 4sideなどのポップ要素の高い曲も入って幅広い年代にも訴えるアピール力ももった作品になっています。
なんといってもその中でもJunear, Jineの収録はうれしいところですし、RAYS, TATSUYAの若手実力派の曲がCDという形で広く聞かれるというところはうれしい限りです。さらにDown 2 EarthのHIROKIの収録も見逃せないころです。どの曲もいろんな要素をもっていて、アルバム一枚を通していろんな楽曲を楽しめるコンピレーションとしてうれしいつくりになっています。
改めて、西崎さんにすばらしいコンピを作ってくれてありがとうといいたくなります。オススメ:(1),(7),(3),(4),(5),(6),(9),(13)

“V.A. / Urban Next J-R&B selected by Shintaro -Nishizaki” の続きを読む

Naturally 7 / Vocal Play

01.Jericho (Break These Walls)
02.SOS (Anybody out there?)
03.768
04.You’re Beautiful
05.Catchy
06.Is There Nowhere For Me To Run?(Come get me)
07.Wall Of Sound
08.If You Love Me09.All I Ever Wanted
10.Relax Max (Featuring Michael Buble)
11.Ready Or Not
12.Don’t Shoot The Messenger
13.Run To You
14.And That’s When You Love Me
15.Be Still, My Soul
 

(総評)

Naturally 7オリジナルアルバムとしては、通算4枚目となるアルバムが実はひっそりと2010年にリリースされていました。今回ももちろん全部アカペラで織りなす、各楽器の音が、本物とまったく聞き分けれないほどにすごい一枚に仕上がっています。もちろんそんな奇抜さだけではなくて、R&Bコーラスグループとしても、現在最高峰といってもいいほどに、正統派なボーカルグループとして唯一無二の圧倒的な存在感を感じさせてくれます。それぞれの音の安定度はもちろんですが、音のバラエティーもより増えているように感じます。
楽曲的には一番おもしろかったのが、ダンクラ風味を感じさせるフロアダンスチューン11曲目「Ready Or Not」!これは本当に思わず踊りたくなるような軽快で一度聞くと忘れない面白い一曲でした。そのほかにもアルバムのほぼすべての曲がシングルカットされてもおかしくないようなアップサウンドでかっこいい曲がたくさんあって、1曲目「Jericho」や、3曲目「768」、5曲目「Catchy」など、適度な遊び心を加えながら、さまざまなビートやサウンドを聞かせてくれます。手のうちの多さというか、懐の深さを感じずにはいられません。これが口とはと改めて驚愕せざるおえません。もちろんミッドテンポな楽曲でも2曲目「SOS」などに代表されるようなボーカルグループ然とした楽曲もあったりとして、個人的には9曲目「All I Ever Wanted」のような淡い感じの切なげな曲でも名曲を残してくれているのが、うれしい限りです。 さらに、10曲目「Relax Max」のようなJazzシンガーを招いた今までの雰囲気とガラッと変わった曲もやるなど、アーティストとしての可能性の高さも感じさせてくれています。
15曲ですが、本当にお腹いっぱいな気分になるのですが、それほどにどの楽曲もパワーがあるんですよね。いい曲の宝庫だと感じます。
Naturally7は今までもアルバムのはずれはありませんでしたが、この4作目も充実の名作です!
基本的にライブがメインのアーティストでもあるので、実力にもムラがなくて、今後にも十二分に活躍が期待されるボーカルグループです。2010年是非手に入れておくべき一枚です。オススメ:(11),(9),(8),(13),(1),(2),(3),(5),(10)

“Naturally 7 / Vocal Play” の続きを読む