Chico Debarge / Addiction

01.Addiction Meeting (Interlude)
02.Nefertiti/Center of My Universe
03.Oh No!
04.Tell Ur Man feat.Joe
05.Math feat. Talib Kweli
06.Do My Bad Alone
07.Slick (Addiction)
08.I’m OK
09.Medication (Interlude)
10.She Loves Me
11.I Want You
12.I Forgot Ur Name
13.Hey You
14.Chico’s Prayer (Interlude)
15.Change

(総評)

ネオソウルを更なる次元へと高めている唯一のアーティストChico Debargeの新譜!独特の味のある歌声はそのままに、アーバンでいながらソウルフルなサウンドはまさに現状のR&Bシーンの中でも稀有な存在といえます。
なんといっても2曲目「Nefertiti/Center of My Univers」で見せる渋い味のある歌いっぷりにはノックアウトされます。そして、イントロから引き込まれる「Oh No!」こういうアーバンでいて癖のある曲っていうのを、さりげなく歌えるシンガーはもう他にはなかなかいなくなってしまいましたね。この一曲のためだけでも買ってもいいほどに、クールでかっこいい歌いっぷりです!サビのフレーズがなんとも耳から離れません! 4曲目「Tell Ur Man」では、盟友Joeを招いてのアーバンな一曲です。Joeらしいねちっこくも美しい美声を存分に感じさせ、特に後半のフェイクとシャウトを繰り返す盛り上がりっぷりは、ここ最近のJoeの歌としてもとても熱い一曲になっています。Joe好きにも聞いてほしい一曲になっています!これは、ひさびさに聞く名曲ですね!さらに、Talib Kweliというなかなかなかったコラボ作品を披露します!ダークネスな雰囲気がChico Debargeの影の部分とうまく合わさって更なる魅力を見せ付けます。さらには、Jazzを相当意識した7曲目「Slick(Addiction)」では、まさにChicoDebargeにしかできないJazz R&Bともいえるサウンドを堪能させてくれます。マービン・ゲイの見事なオリジナリティーあふれるカバー11曲目「I Want You」では、オリジナリティーを確固たるものとした部分をみせてくれています。生楽器主体で、JazzとR&Bとアーバンのまさに中庸をいくような、本当に見事なアーティスティックな作品に仕上がっています。
一味違うR&Bを聞きたい人にはまさにうってつけな作品に仕上がっています。 オススメ:(2),(3),(4),(5),(7),(11)

“Chico Debarge / Addiction” の続きを読む

Keith Sweat / Ridin’ Solo

01.Famous
02.Full Time Lover
03.Test Drive feat. Joe
04.Ridin’ Solo
05.Genius Girl
06.Do Wrong Tonight
07.Hood Sex
08.It’s All About You
09.I’m The One You Want
10.Live In Person
11.It’s a Shame
12.Tropical. And these two

(総評)

Kieth Sweat通算11枚目となるアルバム!1980年代から、ずっとコンスタントに、アルバムを出し続けているという稀有なアーティストであり、まさにR&Bに愛されているシンガーです。そんな彼が去年に引き続きリリースアルバムは、聞き手の期待に十二分に答える充実作となっています。正直20年以上も第一線で、シーンの中心的な話題に上がるKeith Sweatというアーティストのポテンシャルと色あせない良さに驚愕さえ覚えます。シーンの特徴は多少は織り込みつつも、Keith Sweatというオリジナリティーは一切失われることはなく、己の物として昇華しながら、しっかりとR&Bリスナーが求めるKeith Sweat像へと練りこんでいくところはProducerとしても自身をよくわかっている証拠でしょう。現役のシンガーの中でのR&B KINGでしょう!
もちろんシーンにアピールするアップサウンドも、しっかりと織り込んでいくるのが、Keith Sweatなので、アルバムの最初の曲「Famous」は、Keithらしさをふんだんに取り入れつつも、現行のシーンでもしっかりとかっこよいと思わせるアップテンポになっています!ここから、しっかりとネッチョリバラッドを聞かせてくれる2曲目「Full Time Lover」で、しっとりと聞かせてくれますが、なんといってもこのアルバムの一番の話題性と楽曲のすばらしさを見せてくれるのが、 3曲目「Test Drive feat. Joe」!この二人とも長くシーンを支え続けている存在でありながら、二人のコラボレーションというのは初めて見た気がします。そして、これほどに合うとは誰が思ったでしょうか!やっぱりたまりませんねー、何度聞いても!お互いのよさがうまく絡み合っています!そして、そのままねっとりとスウィートな雰囲気を維持しながらタイトル曲「Ridin’ Solo」へと続く流れはなかなかのものがあります!ファルセットとフェイクとシャウトを本当にうまく使い分けていますよ!そして、変わらない水準でどんどんいい歌が続いていきます!「Genius Girl」でねっちょりと聞かせたあとは、「Do Wrong Tonight」で、見事な歌声を披露します!情熱的に歌い上げる様がたまらないものがあります!そして後半もすばらしく特に、10曲目「Live In Person」11曲目「It’s a Shame」で見せる楽曲の水準と、古いシンセ音をうまく使ったKeith Sweatらしい楽曲と歌が織り成す世界観は、ファンには涙もののすばらしい作品に仕上がっています!この2曲の水準は、このアルバムの中でも抜きん出ていますね!特に11曲目の後半に見せるシャウトっぷりたら、その力強さに、もう目頭が熱くなるのを覚えます!
ちょっと余計かなって思えるような12曲目のようなものもありますが、古いファンも、新しいR&Bの聞き手にも十二分にアピールできる内容の、まさに充実作を届けてくれています!アーティストとして20年以上シーンを引っ張り活躍続けるKeith Sweatに、ただただ拍手を送りたくなるような傑作アルバムです!オススメ:(3),(10),(11),(4),(5),(6),(8)

“Keith Sweat / Ridin’ Solo” の続きを読む

Angie Stone / Unexpected

01.Unexpected
02.I Ain’t Hearin’U
03.Free
04.Maybe
05.Hey Mr. DJ
06 Kiss All Over Your Body
07.I Don’t Care
08.Why Is It
09.Tell Me
10.Think Sometimes
11.I Found A Keeper
12.Unexpected (Reprise)

(総評)

ソウル姉御Angie Stoneの最新作がリリースとなりました!ここ最近メインストリームでは女性アーティストもなかなかソウルフルな作品を届けてくれることがすくなくなり、N’dambiなどネオソウルとの二極化が進んでいますが、そんな中庸をいきながらも斬新でかつソウルフルな作品を常に届けてくれるアーティストがこのAngie Stone!Mary J Bligeなどがブレが常にあるのに対して彼女は常に新しいものを提示しながらも、自分の芯にあるソウルフルさを常にかっこよく見せることに成功している稀有なアーティストの一人であります。
特にToshiとの競演後の安定度は見事であり、彼女のスタイルを確立したといっても過言ではない、ソウルフルさと暖かさを両立しています。彼女の歌声は、とても男らしい一面を持っていながら、包み込むような女性的な包容力も持っていて、彼女の歌声自身もとてもオンリーワンなアーティストです。
アルバムの中ではなんと言っても4曲目「Maybe」の美しいメロディーには完全にノックアウトされます。何度聞いても飽きない普遍的な名曲です。さらに、他の楽曲でもシングル曲「I Ain’t Hearin’ U」でも、彼女の見せ所を存分に感じさせます。そのほかの楽曲もFUNKYだったり、美メロだったりと彼女の魅力を十二分に感じさせる一枚で、2009年を代表する一枚であることは間違いないでしょう。
Alicia Keyesなどちょっとソウルな雰囲気からは徐々に離れつつあるメインストリームの女性アーティストにもったいなさを感じている人には是非にも聞いてほしい一枚ですよ!!お勧めです!オススメ:(4),(2),(3),(6),(8)

“Angie Stone / Unexpected” の続きを読む

David Verity / Inexorable

01.Supervillain
02.Damn
03.This Time (The Shy Song)
04.Scrollin’
05.Get In My Car
06.Just A Man
07.Unspoken
08.Where Are You
09.My Rock
10.Forever Girl
11.Wings
12.December

(総評)

インディーソウルを代表するアーティストDevanteがDavid Verityと、改名して3枚目となるアルバムをリリース!最新サウンドを取り入れた現行シーンをリードする楽曲を多数届けてくれています!彼というと、美メロなイメージが強いですが、その期待をいい意味で裏切って、バウンスやエレクトロなどのサウンドをうまくと入れつつ、きちんと美メロでかっこよい楽曲を聞かせてくれています!
前作から、さらに力強さをました素晴らしい歌声を活かすアップテンポな最新サウンドを取り入れた楽曲がまた凄過ぎます。そこらへんのメジャーサウンドじゃ太刀打ちできないインディーズアーティストだからできる自由度の高さと、メジャーを超えてしまうかもしれないトラックの音の良さには驚かされます!ここまでやられたら、メジャー、インディーズなんて括りは意味をなさなくなってしまうのではないでしょうか?
1曲目「Supervillain」の豪快なアップサウンドからおのずと、アルバムへの期待値も急上昇します!これほどに高水準のアップサウンドを聞かせてくれるとは思いませんでした!「Damn」での前作までと違う斬新にエレクトロを取り入れた曲作りのかっこよさと、そのエレクトロサウンドの中でも薄れないDavid Verityの歌声のすばらしさを感じさせます。さらには、「This Time」でも、しっかりとアップサウンド聞き手をひきつけて、もう前半で今までと違いを見せ付けつつも、しっかりと彼のフィールドに聞き手を引き込みます。中盤には、前作のようなメロディーのすばらしい楽曲を聞かせたりとしながらも、サウンドのパワーアップをところどころで聞かせてくれます。7曲目「Unspoken」では、1枚目、2枚目で見せた美メロメイカーとしてのすばらしい才能を感じさせてくれます。さらには、8曲目「Where You Are」では、デジタルサウンドの取り入れ方の巧みさを感じさせながらも、しっかりとソウルフルに歌えるところを見せて、そのまま最後までスローもアップも織り交ぜながら、しっかりと聞き手を飽きさせずに、どんどんアルバムを進めていって、本当にあっというまに、一枚を聞かせてしまいます。
美メロメイカーだけはない、彼の力強さを感じさえる作品で、今後とも、さらにいいプロデューサーシンガーとして育っていくであろうことを確信させてくれます!そして、早々と、2010年を代表する一枚が早々とリリースされたことは驚きに値します!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(7),(8),(9),(10)

“David Verity / Inexorable” の続きを読む

Marc Staggers / Then & Now

01.Give You All My Lovin
02.Can’t Get Enough Of This Groove
03.He Could Never Love Love You
04.Just You & Me
05.When I Think About Your Love
06.If I Was Your Lover
07.Lies
08.Let Me Take You To A Place
09.L.O.V.E.
10.Momma

(総評)

Luther系と宣伝されていたインディーソウルシンガー!これが3枚目で、すっかり見た目はおじさんですが、その素敵なアーバンっぷりは、まさにLutherやWill Downingを髣髴とさせるすばらしい作品なのです!ここまでの作品を出せるアーティストが今まで無名で過ごしていたというのも珍しいといえますね。 1曲目「Give You All My Lovin」からのWill Downingのようなしっとりとしたすばらしい歌いっぷりと、見事なアーバンなメロディーラインのすばらしさに度肝を抜かされます。本当にいい曲でこれからもずっと聞けそうな一曲からアルバムが始まり期待も高まります!そして2曲目もアーバンな「Can’t Get Enough Of This Groove」でセクシーにしっとりと聞かせてくれます!適度なファルセットの使いっぷりなど見事ですね。そして、Sweetで壮大なバラッド3曲目「He Could Never Love Love You」も美しい。そしてなんといっても、4曲目「Just You &Me」は、本当にアーバンでSmoothで、しっとりと聞き入ってしまいます。ピアノのバックも曲をグッと締めてくれて、お洒落で心地よいWill Downingのような世界観を感じさせます!徐々に絡みつくように情熱的になっていくボーカルもたまりません!
5曲目「When I Think About Your Love」でも実に情熱的でセクシーな歌いっぷりを見せてくれたり、最後の「Mamma」での熱唱の激しさは、彼の歌のうまさを思う存分味わうことが出来ます!このアルバム特に前半のSweet アーバンな世界観は、ここ数年のアーバンソウルものの中でも傑作といっても良い出来になっています。後半が少し特徴がつかみづらい曲が多かったりもしますが、それはアーバンソウルという範疇の真ん中を行く上ではなんとなく避けて通れないものでもあるので、アルバム全体としての統一感という点では、インディーソウルとは思えないすばらしいプロデュース力です! インディーズでありながらも、極上のアーバンソウルな世界観を構成しているアルバムで、本当にいい曲を聴きたいなと思っている人にはオススメな一枚です。オススメ:(1),(10),(2),(3),(4),(5)

(Producer)

All Producer by Marc & Reggie Staggers

(LINK)

OFFICIAL☆☆☆☆☆