Joe / Signature

01.Magic
02.Sex Girl
03.Very Special Friend
04.Friends Don’t Let Fiends
05.Worst Case Scenario
06.Wanna Be Your Lover
07.Miss My Baby
08.Come Get To This
09.Metaphor
10.Love’s Greatest Episode
11.Sensitive Lover

(総評)

Joeの最新アルバム!着実にリリースを重ねる彼ですが、前作はちょっとシーンに迎合しすぎたのか、本来のセクシャラスでメローな面が抑えられていて、何か足りないなーっていう感じのアルバムだったのですが、ここではその不振を払拭するすばらしいアルバムに仕上がっています。しかも本作は、Joe本人によるセルフプロデュースと、Joe自身の歌を一番よくわかっているJoshua Paul Thompsonによるプロデュースという間違いない布陣になっていて、最高のR&Bバラッドアルバムに仕上がっています。
1曲目「Magic」のインパクトがある名曲バラッドっぷりもさることながら、よくJoeを理解しているJoshua Paul Thompsonが3曲目「Very Special Friend」でやさしく美しい曲を披露してくれたりと、9曲目「Metaphor」では、得意のギターですばらしいサウンドを展開したりと、適度にピックアップする曲がありつつ、他の曲もアルバムに統一感を持たせるつくりになっていて、アルバム全体を通して、R&Bバラッドアルバムとしての完成度の高さを感じさせてくれる一枚になっています。ここ最近のJoeの作品としてもかなり上位に食い入る作品になっています。無駄がない彼らしさを追求したコンパクトなバラッドアルバムです。ただ、もう1曲「Magic」を超えるすばらしい楽曲があれば、名盤になれたと思います。でも、これぐらいのコンスタントさがあるアルバムがやっぱりJoeには似合っていますね。
オススメ:(1),(3),(4),(7),(8),(9)

“Joe / Signature” の続きを読む

CD Baby 情報6月20日

The Tim Terry Experience / Born II Live
最高峰のシンガーが現れました。シングルなのがもったいない!!!
新人かと思ったら、以前Tim Terry名義で、アルバムをリリースしているシンガーさんでした。いいなー。この曲。
Dominique Howard / Chapters
オーガニックな本当にうまいシンガーですね。上手です。相当!
D’Ray Sonshine / The Reflection
こちらもいい感じにアップをこなせるシンガーさんの登場です。
Kevin P. Myles / In His Presence
ゴスペルシンガーです。もう少しかなー。
Eddie Hall / May I
古いアルバムですが、往年のシンガーという感じでいい味だしています。
Damon J / NOW
結構歌えるアーティストです。もう少し洗練されてくるとかっこいいよねー。
OFFICIAL
II Tre / She Got Flava – Single
ジャケとは裏腹にかっこいい一曲です!今風な軽い感じです。
Tabari Davis / The Project: Part 1
相当荒削りですが、歌えますわー。ジャケが微妙ですが聞く価値はあります。

新譜情報 6/17

TRB / Don’t Be Sorry
ボーカルグループの登場です。なかなか~!いいですわ。割と正統派です
Sherman Modeste / Modest Conversation
かなりソウルフルなシンガーです!
Miranda J. / Miranda J.
かなりいいシンガーですわ~。女性シンガーとしてはかなり好きなタイプの歌声です。
歌力があります!
Lebrado / Fire
いいシンガーですよ。K-Ciも参加!
V / It is Finished! The Paradox Vol.1
あのVかな~?いい感じのネオソウルを披露してくれます!

Keyshia Cole / A Different Me

01.A Different Me “Intro”
02.Make Me Over
03.Please Don’t Stop
04.Erotic
05.You Complete Me
06.No Other feat.Amina Harrris feat.Amina Harris
07.Oh-OH, Yeah-Yeah feat.Nas
08.Playa Cardz Right feat.2Pac
09.Brand New
10.Trust feat.Monica
11.Thought You Should Know
12.This Is Us
13.Where This Love Could End Up
14.Beautiful Music
15.A Different Me “Outro”

(総評)

コンスタントにアルバムを出し続けている次世代HIPHOP SOUL QUEEN Keyshia Coleの3作目となる作品です。前作同様に非常に、完成度の高いアルバムです。彼女のパワフルな歌声で、HIPHOP SOULを引き継ぐにふさわしい歌唱力とサウンドプロダクションの高さが見事に融合しています。なんといっても、その一度歌ってしまえば、自ずとソウルフルになってしまう、その歌唱法と歌声!これは、どんな楽曲が組み合わさっても、よくなっちゃうんですよねー。楽曲も彼女の意向が反映されているのか、駄作という感じの楽曲はあまりなく必ずアルバムに、2,3曲はすばらしい楽曲が入っていて、今の女性シンガーの中でもアルバムがでたら買うべきだと思えるシンガーの一人です。本当にブレが少ないのです。
なんといっても、5曲目「You Complete Me」は前作の「Heaven Sent」や「Fallin Out」につぐすばらしい名曲です。力強さとメロディーのよさ、感情に訴えかける見事な歌いっぷりには、誰もが圧倒されることでしょう。その力強い歌声で、ファンキーに軽快に歌ってくれる2曲目「Make Me Over」や、さらにアップテンポで疾走感も見せ付けてくれる3曲目「Please Don’t Stop」など、歌がうまいからって、バラードだけに走るわけじゃなくて、さまざまな面も魅せてくれていて、その力強い歌声のさまざまな面を聞き手に見せてくれています。さらには、6曲目「No Other」や12曲目「This Is Us」など、まさに彼女の歌一本で聞かせるような楽曲もあって、ソウルを次世代へと繋げるにふさわしいアーティストの作品になっています。
どの楽曲も彼女の魅力を、多角的に魅せてくれいて、このアルバムでKeyshia Coleというアーティストの魅力にはまることができる一枚になっています。ぜひ、前作とあわせて聞いてみてください。オススメ:(5),(2),(3),(6),(10),(12)

“Keyshia Cole / A Different Me” の続きを読む