Stevie Hoang / This is Me

01.One Last Try
02.No Games
03.One Night Only feat.Blac Boi
04.Addicted
05.Shawty
06.Luv U
07.Listen To Your Man
08.Seix In The Morning feat.Blac Boi
09.Before You Go feat.Mr Smith
10.Not Like This
11.Wifey
12.If I Was The One
13.Why You Wanna Leave
14.Cry No More
15.Be With Me
16.Too Late

(総評)

Kay Bの名曲Call Cupidをプロデュースしたことで、有名となったプロデューサーStevie Hoang!ここ数年、Heather Parkなどアジア系の女性シンガーの進出が目覚しかったですが、ついに男性シンガーもアジア系がついに台頭してきました!しかもアジア系シンガー独特の美メロ感覚っていうのがあって、それをうまくUSのR&Bサウンドと織り交ぜて魅力的に魅せています!これは、日本のR&Bプロデューサー・シンガー共に見習うべきところが多いアルバムだと思います!内容も、美メロプロデューサーらしい、作品で、どの曲も非常に耽美で流れるようなメロディーが心を打ちます。まさか、アジア系の男性アーティストで、ここまで美メロを理解して、見せてくれるアーティストに出会うとは思いませんでした。全ての曲をセルフプロデュースで見事に妖艶に魅惑的に演出しています!
Kay Bで、楽曲のよさは証明済みだったので、その歌声を楽しみにしていたのですが、その歌声も耽美というか、透明感あふれるまさに美メロを歌うためのような歌声で、その美しいメロディーが嫌味なく自然と耳の中に入ってきます!特にその美メロが爆発するのが、14曲目「Cry No More」!この美メロっぷりには、もう完全にノックアウトです!そして、それに続くのが、4曲目「Addicted」!この曲のピアノのメロディーも美しくさらに、12曲目「If I Was The One」ではUSメジャーのアーティストが歌ったら絶対に売れるだろうなーという普遍的で美しく甘酸っぱい素敵なバラードがこれでもかと詰まっていて、この3曲でもうやられてしまいます!さらに、和なサウンドを独自の視点で取り入れているのは、アジア系の彼ならではだと思います。アップサウンドやミッドテンポなサウンドでも、そのサウンドの面白さとボーカルワークで一気に聞かせます。特に2曲目の「No Games」の独特な妖艶な雰囲気はUSのシンガーには出せない感覚をもっていますね!7曲目「Listen To Your Man」のサビでの疾走感も気持ちが良くて一緒に歌ってしまいます!そのほかの曲たちもどれもメロディーが素敵で、スローな曲が中心でいながらも、うっとりしながらずっと聞いていられるようなアルバムに仕上がっています!
本当のメロディーのよい曲を聞きたいと思うなら、ぜひこのアルバムを手に取ってください!

オススメ:(4),(14),(7),(12),(1),(2),(3),(9),(11),(13),(15)

“Stevie Hoang / This is Me” の続きを読む

HI-D / Special List

01.Specialist
02.ペアリング ~chapter 1&2~
03.Girlfriends feat.ZEEBRA
04.夢のキオク
05.スキナキモチ
06.Missing You feat.Asiah
07.Without You
08.Be With You
09.Don’t Stop
10.Come Closer
11.Can’t Go Back
12.MY LIFE
13.雨・風鈴
14.Vanilla
15.HATE ME
16.How many times
17.Life must go on (radio edit)
18.君がいるから (Unplugged Ver.)

(総評)

着実にステップアップしていく今や日本を代表するR&BシンガーHI-DのBestアルバムがついに、Drop!新曲「Specialist」「ペアリング~chapter 1 & 2~」を加えた、HI-Dの魅力が詰まったアルバムに仕上がっています!抑えるとこを抑えた選曲で、特にMissing You~Without You~Be With Youの並びなど、HI-Dがアルバム数枚を通して、コンセプトにしていたYouシリーズを並べていたりと、ただの歌の歌い手としてだけではなく、R&Bの語り手としての物語やコンセプトを大事にしている側面を強く感じさせてくれます。
本当にさまざまな曲調があるなっていうのがわかるし、後半のPOPな曲調も、アルバム全体でみると、ちょうど良くバランスが取れていて、アルバム一枚通して楽しめます! 1曲目「Specialist」ここ最近一緒に仕事をしている九州を代表するR&BアーティストであるCool M.BからZETTONをProducerに招いて、よりソウルフルな歌を披露したりと更なる進化さえも感じさせ、2曲目「ペアリング」では、山口リサを招いていて、一緒に発売されたSpecial Callingとの関連性を持たせることで、アルバムを超えたつながりを見せてくれています。この曲はPart 3がもう一つのHI-Dの最新アルバムである「Special Calling」に収録されています。この発のHI-Dの日本で有数の女性シンガーを招いてコンセプトから全てをトータルプロデュースしたアルバムである、「Special Calling」とこの「Special List」二つを聴いてこそ、HI-Dの今までと、これからすべき方向性が見えてきます!
特にアルバムの流れ的に素晴らしいのは、6曲目~8曲目のMissing You~Withou You~Be With Youの美しいバラードも素晴らしいのですが、その後にある、Come Closer~Can’t Go Bakc~MY LIFEというHI-Dの隠れた名曲とも言われる3曲をつなげているところが素晴らしいのです。「Vanilla」や、「How many times」などアップのイメージが強いHI-Dですが、R&Bバラードでこそその真価を発揮することをまざまざと見せ付けています。それにアルバムでは、インディーズシングルだった、「Life must go on」を収録したり、「君がいるから」のUnplugged Ver.を収録したりと、ベストらしい編集も光ります。ただ、UPサウンドもしっかりと収録しており楽しませてくれます。HI-D自身も最近の試作品的なPOPな曲調の曲はあえてはずしていたりして、R&BシンガーHI-Dを知るにふさわしいBestアルバムになっていると思います。 そんな中でもやっぱり、「Girlfriends」の衝撃と、「Missing You」、「MY LIFE」の名曲っぷりったら素晴らしいものがリマすね。ベストな編集だからこそ曲の良さが本当に光ります。

(Producer)

ZETTON:(1)
BL:(2)
FIRSTKLAS:(3)
HI-D:(4)
Masaya Wada:(4)
REO:(5)
813(DJ YUTAKA / Shingo.S):(6),(7)
Shingo.S:(8),(9)
Daisuke “DAIS” Miyachi:(10)
Masaya Wada:(11)
REO:(12)
Nao’ymt(13)
USK TRAK a.k.a. SHORT-Y:(14)
EQ:(15)
Hironobu “BAYA& Hayakawa:(16)
Shouhei Matsushita:(17)
Ryousuke Imai:(18)

(LINK)

HI-D OFFICIAL Website
☆☆☆☆☆