神谷えり / Duos

01.never too late
02.この場所へいつか戻る日
03.so many stars
04.universal
05.overjoyed
06.大きな樹
07.trouble sleeping
08.tea for two
09.tick tock
10.aloha no kalakaua
11.aqua
12.that’s all

(総評)

ソウルフルな歌声を自在に操り、豊潤な声の響きをもつJazzシンガー神谷えりさんの初の彼女自身の名義でのアルバムがリリースされました。これまで、KAMIYA、EK REMIXなど、バンドを率いたサウンドで、とても魅力的な楽曲を聞かせ、ハワイアンのアルバムも出すなど、ただのJazzシンガーとは一線を画すその活動で、着実に多くのミュージシャンとのコラボレーションを見せてきた彼女が、自身名義で、しかもその多くのミュージシャンの友人と「デュオ」という形で、アコースティックでシンプルに、その歌声の魅力を存分にみせてくれるアルバムを届けてくれました。大石学、竹中俊二、金子雄太、小沼ようすけ、後藤浩ニ 、秋田慎治、萩原 亮など、今話題の実力派のJazzミュージシャン達と共に、彼らの素晴らしいパフォーマンスと、神谷さんの素晴らしい歌が、お互いに高めあうかのように、Jazzという枠にとらわれない素晴らしい歌の世界を聞かせてくれます。もちろん、Jazzのスタンダードでは、年間何十本というライブをこなす彼女のJazzライブハウスでのライブを彷彿とさせるような雰囲気に合わせ自在に歌声を操って歌を聞かせ、さらに、その躍動感溢れる歌声でNate Jamesの「Universal」の見事なファンキーなカバーを聞かせ、さらにCorinne Bailey Raeの「trouble sleeping」など近年話題となったR&Bミュージシャンのカバーをも披露し彼女のバックグラウンドの広さを見せてくれています。さらに、この作品では、オリジナル楽曲も4曲収録し、どの楽曲もとても胸に響く歌詞で、それでいて、歌は本当に感情豊かで魅力的に魅せてくれるのです!特に2曲目「この場所へいつか戻る日」での、シンプルだけどエッジが効いたサウンドにのって心に刺さるような切ない歌詞とそれを心の奥底へと届けていく神谷さんの静かだけど、芯の強いまっすぐな歌声が、この曲の泣けてくるんだけど、生き生きとした素敵な情景を目の前に浮かび上がらせてくれます。まるで包んでくれるかのように歌声に広がりがあるんですよね、とてもシンプルな楽曲にも関わらず、深みが感じられる名曲です!さらに種浦マサオ氏との「tick tock」では、全てを包み込んでくれるような優しい歌声が心を癒してくれます。そんな日本語の楽曲でも魅了し、さらにハワイアンやKAMIYA名義でのアルバムに収録されていた「aqua」という曲も入っていたりと、アルバム通して神谷えりという素晴らしいアーティストを満喫することが出来ます。本当に歌が生き生きとした魅力に溢れた良質なアルバムに仕上がっています。
そして、何よりも、神谷さんの歌声とそのテクニックに本当には舌を巻きます。表情豊かな声で、どんな風にも歌の顔を変え自在に操るボーカルパフォーマンスとそれを可能とするテクニック!ときに躍動感にあふれる力強い歌声を、深遠な森の中にいるような囁きのような歌声を聴かせたと思ったら、聞く者を笑顔にさせてくれるような心の底から歌を楽しむような歌声を聞かせます。そんな歌声とそれを支えるシンプルでいてカッコいいサウンドが、Jazzとか関係なく歌本来の魅力を感じさせてくれるアルバムです。日本でも稀有な魅力を持つ女性シンガーの魅力に触れてみませんか?いつまでも聞いていたいそう思わせてくれる一枚ですよ。
オススメ:(2),(1),(4),(5),(6),(7),(9)

“神谷えり / Duos” の続きを読む

SATOMI’ / Orange canvas ~秋の空のしたで~ / Fairy’s Stick

SATOMI’ / Orange canvas ~秋の空のしたで~ / Fairy’s Stick

(概説)

イギリスと両方でデビューして話題となったSATOMI’の最新シングル。10代とは思えない、素晴らしい歌声と、その楽曲の水準も高さで非常に評価が高い彼女ですが、本当にその歌声の伸びやかさそして、リズムへの乗り方の素晴らしさは目を見張るものがあります。どの楽曲も水準が高く、いい歌が多いのです。
そんな彼女の最新シングルは、今までの洋楽を意識した感じよりも、もっと彼女の歌声がストレートに感じられる美しい曲!特に2曲目の「Fairy’s Stick」での伸びやかな歌声には、やられてしまいます。途中で一度ストップしてからの歌声にはもうただただ目をつぶって聞き入るだけです。また、1曲目「Orange Canvas」は若い彼女らしいかわいさも持っていて、等身大的な雰囲気がとても身近に感じさせます。3曲目「You’ve Got Me」は今までの彼女のかっこいい雰囲気が感じられる曲で、とても十代とは思えないクールな雰囲気が印象的なのです。しかもリリックも独自性があってなかなか面白いのですが、これも本人が書いているのですから、とても才能に溢れた人だなと感じさせます。4曲目「Boyfriend」のリリックなんて、あぁ~あったね~誰でもって思ってしまうようなリリックなのです。1曲目も非常に表現が上手で、びっくりしてしまいます。この人の情景や感情の表現の仕方はとても大好きです。
来年2月のアルバムの発売が待たれる彼女ですが、実力ももちろんあるし、いい楽曲にも恵まれているので、期待したいですね。

曲紹介

01.Orange canvas~秋の空のしたで~

とても優しく晴れやかな雰囲気の楽曲に、透き通るSATOMI’の歌声が栄えます。キラキラした気持ちがいい楽曲!そして、サビとサビの後になるフレーズがなんとも癖になるのです。歌詞も面白くて、感情がとても豊かなんだなと感心してしまいます。素敵な曲ですよ

02.Fairy’s stick

じっくりと歌い上げていくSweet Ballad!突き抜けるように歌い上げていくサビが心をあらわれるような美しい歌です。途中で止まってまたもう一度盛り上がっていく感じも、壮大なバラードの持っていき方で思わず目を閉じて聞き入ってしまいますよ。

03.You’ve got me

前作までのエッジが聞いたR&Bトラックを周到した一曲で乗りよく聞かせてくれます!ダンサブルなその曲調に、絶妙のリズム感で乗りこなしていきます。とてもクールな一曲です。

04.Boyfriend

なんか誰もが共感できる友達としか思ってない人からの突然の言葉に対する迷いを歌い上げます。スローな曲調で切々と歌い上げてくれます。さりげなく入ってくるフェイクも、よくR&B聞き込んでるんだろうな~と思わせるほどにいい感じなのです。

OFFICIAL

Brandon Beal / I Don’t Wanna See You Again

(概説)

テキサスのR&Bシンガーの2006年に話題となったシングル!テンポよいサウンドにさらに心地よいBrandon Bealの歌声が絡み合い、素敵な空気を生み出しています。透き通る彼の歌声をいかんなく発揮したサビでの流れるようなメロディーラインの素晴らしさもあって何度聞いても飽きないちょっと儚げな曲になっています!名曲でしょう~!ギターのフェンダー音からのもう盛り上がりとそして益々色濃くなる切なさ・・・たまらないですよ!
ホントこういうのがひっそりとあるのがiTunesの凄いところですねー。しかも日本でも購入できるのはうれしいですね!

OFFICIAL MYSPACE
OFFICIAL

Brandon Beal / Grown

(概説)

Brandon Bealの2007年のシングルがこのGrown!柔らかく心地よいサビのメロディーが印象に残ります。一度聞いただけで覚えてしまえるほどに、印象的なメロディーラインとそれを見事に肩の力を抜いて歌える彼の実力が、まざまざと見せ付けられます!そして、メインのメロディーに絡んでいくシャウトの数々!もうこれほどに引きどころを抑えた感じでやってもらえると、聞いてるほうもたまりませんねー。あまり押し付けがましくなく、心地よいメロディーを邪魔せずに、フェイクを絡めていくのです。本当にアルバムが楽しみです!

OFFICIAL MYSPACE
OFFICIAL

JOE / Ain’t Nothin’ Like Me

01.Get To Know Me feat.Nas
02.If I Was Your Man
03.If I Want Her
04.Where You At feat.Papoose
05.My Love
06.Go Hard
07.Ain’t Nothin’ Like Me feat.Tony YaYo &Young Buck of G-Unit
08.It’s Me
09.Let’s Just Do It feat.Fabolous
10.Feel For You
11.Just Relax feat.Dre
12.Love Is Just A Game
13.You Should Know Me
14.Life Of The Party
15.That’s What I Like

(総評)

コンスタントにアルバムをリリースしてくれているベテランシンガーJoeの6作目となるアルバムがついにリリース!もうデビューが93年ですから、ベテランと呼ぶに相応しい実力も人気も兼ね備えたR&Bシンガーです。まずはR&Bを聞く人ならば、Joeをといえば入門編ともいえるほどベーシックな歌そのものの良さとそのセクシーな歌声で、全てのR&B好きを魅了し続けています。先の2つのアルバムが実はリリース的には不振だったり、R&B好きの中からも賛否両論がでたりというのも、裏腹にJoeへの期待の大きさの現われだったりします。2nd,3rdアルバムと90年代のR&Bの歴史を語る上で外せないその大きな存在感からくるものなのです。
そんなJoeの6作目は、ここ数年のR&Bアルバムの中でも最高傑作に近いほどの、素晴らしい作品です。特にメジャーででたアルバムとしては、ここ数年は、レゲエやスパニッシュ、HIPHOPに押されいろいろなサウンドが先行していて、本来のR&Bのビートへのこだわりや美メロやコーラスの美しさ的なベーシックな魅力という点で水準の高い作品というのがなかなか2000年以降は見れらなかったのですが(インディーズではちらほらありましたが)、ここにきて、本当の意味でのR&Bとして質の高い作品を多く見ることができるようになって、その筆頭としてこのアルバムを上げることができます!
もはや、前作と前々作で、いろいろとサウンド的に挑戦を見せていたのですが、それをうまく消化して、かっこいい曲はHIPHOP的な要素やストリート的な要素を取り入れてかっこよく仕上げて、バラードは一度ベーシックなものへ戻ってしっかりとしたビート作りとサウンドのクオリティー、そしてメロディーメイキングもしっかりと行なって、本来のJoeらしい作品と新しいJoeのかっこよさ!の魅力二面が味わえる傑作に仕上げています。本人もいっている通り少しストリートよりな一面も持ちつつも、しっかりとJoeの歌がどの曲でも立っています!
Joeといえば、バラッディアーというほど、甘くとろける素晴らしいスローバラードが多く、実際2nd,3rdアルバムはR&Bの歴史に名を刻むほどのバラードの名盤となっていますが、ここ2作は様々なジャンルに挑戦していて、それが実を結んでこのアルバムではきちんとR&Bサウンドでありながら、スリリングでかっこいい曲がかなりの数で、入っています!
「Ain’t Nothin’ Like Me」というタイトルもその自身の表れでしょう~!特に、NasとかRapperが入っている曲はHIPHOPに迎合するのではなくて、もっとスムーズに彼らのRapをいかすような、曲調で聞かせてくれています。さらに、クールでかっこいいといえば、なんといっても日本盤でしか聞けない一曲「That’s What I Like」でしょう!この曲は、サウンド的にも和の雰囲気をいれて、荘厳でいながら艶をもったかっこよさを見せてくれる、JoeだからこそできるUPサウンドじゃないかなと思います。 そんな曲がありながらも、やっぱりJoeといえば、バラードということで、single曲でもある「If I Was Your Man」など、スムーズで素敵なバラードもたくさん聞かせてくれています。特に、後半のバラードの構成はとても魅力的で、14曲目「Life Of The Party」では、盟友Joshua Thompsonとタッグを組んで美メロ中の美メロをみせてくれ、その艶やかで魅力的な歌声にうっとりとしてしまいます。それぞれのいいなーと思わせる曲たちが、適度なペースであらわれてくれて、最後まで全く飽きさせずに、最後まできっちりと聞かせてくれます。
今もっとも脂の乗ったJoeというシンガーの勢いを感じさせてくれる2007年を代表する傑作アルバムでしょう。メジャーからはやっぱりこれぐらい水準の高い作品が出てくれないと、さびしくなりますよね!これからの、JOEの、快進撃を期待されてくれます。
オススメ:(14),(15),(2),(4),(5),(8),(9),(12),(13)

“JOE / Ain’t Nothin’ Like Me” の続きを読む