JOE / Ain’t Nothin’ Like Me

01.Get To Know Me feat.Nas
02.If I Was Your Man
03.If I Want Her
04.Where You At feat.Papoose
05.My Love
06.Go Hard
07.Ain’t Nothin’ Like Me feat.Tony YaYo &Young Buck of G-Unit
08.It’s Me
09.Let’s Just Do It feat.Fabolous
10.Feel For You
11.Just Relax feat.Dre
12.Love Is Just A Game
13.You Should Know Me
14.Life Of The Party
15.That’s What I Like

(総評)

コンスタントにアルバムをリリースしてくれているベテランシンガーJoeの6作目となるアルバムがついにリリース!もうデビューが93年ですから、ベテランと呼ぶに相応しい実力も人気も兼ね備えたR&Bシンガーです。まずはR&Bを聞く人ならば、Joeをといえば入門編ともいえるほどベーシックな歌そのものの良さとそのセクシーな歌声で、全てのR&B好きを魅了し続けています。先の2つのアルバムが実はリリース的には不振だったり、R&B好きの中からも賛否両論がでたりというのも、裏腹にJoeへの期待の大きさの現われだったりします。2nd,3rdアルバムと90年代のR&Bの歴史を語る上で外せないその大きな存在感からくるものなのです。
そんなJoeの6作目は、ここ数年のR&Bアルバムの中でも最高傑作に近いほどの、素晴らしい作品です。特にメジャーででたアルバムとしては、ここ数年は、レゲエやスパニッシュ、HIPHOPに押されいろいろなサウンドが先行していて、本来のR&Bのビートへのこだわりや美メロやコーラスの美しさ的なベーシックな魅力という点で水準の高い作品というのがなかなか2000年以降は見れらなかったのですが(インディーズではちらほらありましたが)、ここにきて、本当の意味でのR&Bとして質の高い作品を多く見ることができるようになって、その筆頭としてこのアルバムを上げることができます!
もはや、前作と前々作で、いろいろとサウンド的に挑戦を見せていたのですが、それをうまく消化して、かっこいい曲はHIPHOP的な要素やストリート的な要素を取り入れてかっこよく仕上げて、バラードは一度ベーシックなものへ戻ってしっかりとしたビート作りとサウンドのクオリティー、そしてメロディーメイキングもしっかりと行なって、本来のJoeらしい作品と新しいJoeのかっこよさ!の魅力二面が味わえる傑作に仕上げています。本人もいっている通り少しストリートよりな一面も持ちつつも、しっかりとJoeの歌がどの曲でも立っています!
Joeといえば、バラッディアーというほど、甘くとろける素晴らしいスローバラードが多く、実際2nd,3rdアルバムはR&Bの歴史に名を刻むほどのバラードの名盤となっていますが、ここ2作は様々なジャンルに挑戦していて、それが実を結んでこのアルバムではきちんとR&Bサウンドでありながら、スリリングでかっこいい曲がかなりの数で、入っています!
「Ain’t Nothin’ Like Me」というタイトルもその自身の表れでしょう~!特に、NasとかRapperが入っている曲はHIPHOPに迎合するのではなくて、もっとスムーズに彼らのRapをいかすような、曲調で聞かせてくれています。さらに、クールでかっこいいといえば、なんといっても日本盤でしか聞けない一曲「That’s What I Like」でしょう!この曲は、サウンド的にも和の雰囲気をいれて、荘厳でいながら艶をもったかっこよさを見せてくれる、JoeだからこそできるUPサウンドじゃないかなと思います。 そんな曲がありながらも、やっぱりJoeといえば、バラードということで、single曲でもある「If I Was Your Man」など、スムーズで素敵なバラードもたくさん聞かせてくれています。特に、後半のバラードの構成はとても魅力的で、14曲目「Life Of The Party」では、盟友Joshua Thompsonとタッグを組んで美メロ中の美メロをみせてくれ、その艶やかで魅力的な歌声にうっとりとしてしまいます。それぞれのいいなーと思わせる曲たちが、適度なペースであらわれてくれて、最後まで全く飽きさせずに、最後まできっちりと聞かせてくれます。
今もっとも脂の乗ったJoeというシンガーの勢いを感じさせてくれる2007年を代表する傑作アルバムでしょう。メジャーからはやっぱりこれぐらい水準の高い作品が出てくれないと、さびしくなりますよね!これからの、JOEの、快進撃を期待されてくれます。
オススメ:(14),(15),(2),(4),(5),(8),(9),(12),(13)

(曲解説)

01.Get To Know Me feat.Nas

Nasの”You’re Da Man”を用いてストリングが魅惑的に鳴り響き、ストリートよりなJoeも一面を最初から覗かせてくれます。軽快なメロディーにのって、Joeのつややかな歌声と、NasのRapが絶妙のスリリングさを醸し出してくれます。Tim&Bobの美しいサウンドにのってJoeらしいセクシーな曲をうたってくれます。

02.If I Was Your Man

シングル曲でもあるとてもセクシーでスウィートな一曲!これぞJoeといいたくなるようなStargate作の、見事な一曲!思わず目を閉じて聞き入りたくなるような柔らかさと、Joeのセクシーさをうまく引き出したプロダクションになっています。最後に向けて情熱的に、力強くフェイクしたりと、今ままでのJoeにはない面も入っています。トラックもStargateらしいのですが、それを思いっきりJoeのものとして、NE-YOが歌うものとは全然違うものとしているのが、Joeのシンガーとしての実力の違いをまざまざと見せつけてくれています。

03.If I Want Her

DarkChildのメンバーのRik Rudeのプロデュース!軽い感じのトラックにねっとりと絡みつくように、激しいシャウトを見せ、情熱的な一曲へと仕立て上げています。詩は相当エロいですが、さすがJoeって感じですわ~。

04.Where You At feat.Papoose

とても個性的なイントロから、新人ラッパーPapooseを迎えて、流れるようなメロディーが素敵なセクシーな曲を披露しています。アカペラっぽくなったりとサウンド的にも趣向が凝らされていて、新人PapooseのRapも曲調に合わせてゆったりとして、曲のいいアクセントになっています。Joeの歌い方も、引くところは引いて妖艶さをたゆたせながら歌いあげ、押すところでは、さらにシャウトやフェイクを聞かせ、こういう押し引きがしっかりと出来ています。この辺も今までにないストリート感をいれた新たなJoeを感じさせます。

05.My Love

Bryan-Michael Coxが作り出す甘美な雰囲気がたまらないサウンドに、情熱的でエロスを感じさせるJoeの歌声がセクシーに響き渡るバラードです!徐々に燃え上っていくその力強さに、思わずため息がでて濡らしていまうことでしょう。力強さをましたボーカルにはうっとりするほかありません。Bryan-Michael CoxとJoeの組み合わせはいいですよねー!

06.Go Hard

ここでもBryan-Michael Coxと組んで、一曲を聞かせます。5曲目のセクシーな雰囲気からもっと力強いミッドテンポな歌を聞かせてくれます。その力強さにぐいぐい引き込まれていくようです!

07.Ain’t Nothin’ Like Me feat.Tony YaYo &Young Buck of G-Unit

ここでは、Tony YayoとYoung Buckという今一番若手期待のRapperを迎えて、ハードなストリートな雰囲気をもった曲を聞かせてくれます。前作でもG-Unitを迎えていましたが、よりそういうHIPHOPとの融合性が高くなっているように感じます!とてもこのストリート感が自然でいてかっこいいんです!UnderdogsとTankが織りなすサウンドも見事にRapと歌との相性を良くしています。Underdogsのメロディー構成のしっかりした作り方と、Tankの絶妙の遊び心を感じさせるプロデュースがうまく融合しています。

08.It’s Me

しっとりとした雰囲気がStargateらしいプロデュースなのですが、Stargate・・・Joeとの方が相性いいんじゃ?ってぐらいにこのやわらかい音使いとサウンドが、Joeが作り出すセクシー歌声とその歌い方の切ない雰囲気を引き立てるのです!切ないほどに心に刺さるような歌声がたまりません。いい曲ですわ。

09.Let’s Just Do It feat.Fabolous

HIPHOPトラックがカッコいいイントロから、今までのJoeでは見られないような見事なアップを聞かせてくれます。硬質なサウンドにぎっちりと乗っかって、複雑なメロディーを歌いあげ、FabolousもそのかっこいいRapで応酬していきます!最後にかけてのスリリングな展開も素敵です~!

10.Feel For You

美しいピアノのメロディーが、さすがBryan-Michael Coxとうなずかすにいられません、その美しいピアノに合わせて、Joeも軟かくセクシーなバラッディアらしい面で答えていきます!押し付けがましくない気持ちがいいメロディーラインが美しい!

11.Just Relax feat.Dre

A Tribe Called Questの懐かしいElectric Relaxationを用いたサンプリング曲!これが今までのJOEにはないJazzyな雰囲気になっていて、意外性がありつつも、徐々に肌に馴染んでいきます。クールな歌い方が余計に雰囲気を盛り上げてくれます。DreのRapが聞けるなんて貴重ですね~!この軽快な感じがいいですねー。

12.Love Is Just A Game

切なげなイントロから、傷つけあう愛をうたうJoeの苦しげなフェイクが響き渡ります。Sweetなだけじゃない、ストイックなスロー曲も歌えるJoeらしい作品です。とても胸をしめつけるような一曲です。バックの女性のコーラスや美しいJoe自身によるバックコーラスも、曲の切なさをその美しさで盛り上げます。

13.You Should Know Me

正統派を感じさせるBryan-Michael Coxらしいストレートな歌のよさを感じさせる一曲です。まっすぐに歌いあげ、まさに美メロというにふさわしいサビのメロディーにやられます・・・切々と歌い上げるJoeとサビでの濃密なコーラスワークが見事に絡み付き、ここ最近ではなかなか聞けないオーソドックスだけど素晴らしいバラードを聞かせてくれます。シャウトっぷりにも惚れますよー!

14.Life Of The Party

Sweetな雰囲気と心地よい透き通るような清涼な歌声が、やさしく包み込んでくれます。これぞ、Joe!といえるSweet Balladです!歌詞の内容は、もちろんバックトラックで使っている「ジレンマ」と同じフレーズをサンプルしていることからわかるようにとても切なげなのですが、その切なささえ、その歌のSweetさ歌の透明感を高めるようです。

15.That’s What I Like

和な笛の音と、クラップ音が面白い化学変化を起こして、かっこよくクールな雰囲気を醸し出し、そこにテンポよくJoeの歌声が絡み合います!ねちっこくサビを歌いあげ、どこか粘着性の高い歌い方と、切り込むようなサビの前の歌い方の対比が余計に、この曲のかっこよさを高めています。セクシーな雰囲気がよく出た歌で、ぐいぐい聞き手を最後まで引っ張っていきます。最後がこういうかっこいい曲で終わるなんて素敵だな~。

(Producer)

Tim & Bom:(1),(15)
StarGate:(2),(8)
Rik Rudefor Darkchild.com:(3)
Sean Garrett:(4)
Oak:(4)
Bryan-Michael Cox:(5),(6),(10),(13)
The Underdogs:(7)
Tank:(7)
Cool & Dre:(9),(11)
SMITH BROS aka the BEATSMITH:(12)
Joe Thomas:(13),(14)
Joshua Thompson:(14)

(LINK)

OFFICIAL

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です