Christopher / The Journey

01.Club Heaven
02.The Weekend
03.YES
04.I’m in Love, Again
05.Moment of Truth
06.Tired
07.Bac 2 U
08.1 Mo Time
09.Could It Be?
10.God First
11.Clap
12.She Did Me Wrong
13.Your Presence
14.Won’t Stop!
15.Moment Of Truth (Remix)

(総評)

2006年にひっそりと出ていたゴスペルグループ物の一枚!でも、ゴスペルグループという枠に収まらない、ボーカルグループとしてもとても水準が高いグループなのです!ゴスペルグループで、R&Bっぽいのをやるとそれ一辺倒になりがちですが、この3人組は、とてもバランスが良くて、思いっきりゴスペルの王道といえる曲もできれば、そこらへんのボーカルグループが真似できないほどに、歌で聞かせるR&Bソングをうたいこんだり、なかなかの実力を見せてくれます。まさに隠れた名グループといえる、なかなかの一品です。
全体的にとても良曲が多いので、このアルバムの特徴で、すごい爆発的な曲はないながらも、地味にいいなーと思うような曲が目白押し!そういう曲ばかりで、一枚聞いたときの充実度が半端じゃないです!昨今のボーカルグループには見られないほどに正統派なボーカル勝負の一面を見せるグループで、特に6曲目「Tired」と、12曲目「She Did Me Wrong」でのコーラスも交えたリードの歌い倒しっぷりは、見事です!他の曲でも、2曲目「The Weekend」や、4曲目「I’m in Love, Again」と、リードがぐいぐい吼えてくれるところもバリトンシャウター好きとしてはたまらないものがあります。ゴスペル風の曲でもその力強いシャウトは健在で、3曲目「YES」や、14曲目、13曲目のゴスペルの王道曲でもそのパワフルなグルーブには、圧倒されてしまいます!
本当にバランス感覚に長けたグループで、現行のシーンのサウンドも取り入れつつも、オーソドックスなゴスペルサウンドもちゃんと掛け合わせていて、全体的に、オーソドックスな雰囲気の曲が多いですが、なかなか聞けるアルバムに仕上がっています。
オススメ:(6),(12),(4),(9),(2),(3),(7),(10),(11)

“Christopher / The Journey” の続きを読む

MARQUIET PETTIS / Through My Eyes

01.Through My Eyes (Intro)
02.Her Bodyz Like
03.Hold U Down
04.On The Loose
05.Diggin’ You
06.Angel
07.The Truth
08.Rated S
09.Creep With Me
10.Oh Damn
11.What I Had
12.Ten After Two
13.You And I
14.M.A.R.Q.U.I.E.T.

(総評)

MARQUIET PETTISというノースキャロライナ出身のシンガーソングライターの登場です!その独特で粘着質な歌声で、聞くものを虜にしていきます。全ての曲を自分で作りあげる、シンガーソングライターとしての実力もかなりのものなのです!楽曲的にも前半はとてもHIPHOPビートが強烈な現行ストリートに沿った形の曲たちが並び、中盤はバラードを織り交ぜつつ、さまざまな彼の魅力を多様な曲調で見せてくれ、最後は美メロ曲がこれでもかと押し寄せてきます!アルバムの構成的にも、とても優れていて聞いていて飽きがこないようになっています!本当に様々なタイプの曲を作れるところに驚きを隠せません、さらに!それにあわせて歌いこむこともできたりして、歌い手としての実力も見事です!
なんといっても11曲目「What I Had」!ミッドテンポにストリングスなどのサンプリングがソウルフルに絡んでいって雰囲気的にはNE-YOとかの楽曲をもっとR&B的でストリート寄りにシャープにさせた感じで、聞いてて気持ちが良くなってきます。そのほかにも絶妙なストリート感覚を混ぜ込んだ楽曲が多くHIPHOPフィールドでの活躍も期待でき、Rapperを招いてそれを生かせるボーカルをもっています。ですが、13曲目「You and I」で見せる見事なバラードでの歌唱など、ただの若手の歌い手と違う熱唱系のボーカルも自在に操れる器用さも持ち合わせている、本当の意味でのシンガーソングライターと言えるでしょう。 そして、最後を飾る「M.A.R.Q.U.I.E.T.」では直情系のボーカルでフェイクやシャウトしながら歌いこんでいき、シンガーとしてもより完成された魅力を見せてくれます。歌い手としての幅の広さも、肩肘張ることなく軽く見せ付けてくれます。
最近シンガーソングライターの作品はメジャーインディーズ問わず多いですが、また今後が楽しみな逸材がまた1人現れました。
オススメ:(14),(11),(13),(1),(3),(6),(7),(10)

“MARQUIET PETTIS / Through My Eyes” の続きを読む

SMUV / GROWN MAN

01.Just A Day Away (Intro)
02.Just A Day Away
03.Love Thang
04.I’m In Love
05.Just et Me Love You
06.Rain
07.Lookin 4 Love
08.Greater Love (Interlude)
09.Greater Love
10.I’ll Be There 4 U
11.You R The One
12.Wedding Day
13.Grown Man
14.Come Over
15.I’ll Be
16.U Don’t Deserve Me
17.Final Story

(総評)

Craig, Ron, Fredの3人からなる(以前は4人組だったようです)SMUVの3枚目となるアルバム!以前の2枚も同時に2006年に再リリースとなり、グループとして改めての再スタートを切った3人ですが、これまで無名だったのが、不思議なほどに、濃密な歌世界を見せてくれます!個々最近これほど歌い倒せる人たちがそろったグループにはお目にかかったことあがりません!可能性を感じる若手のグループというのはいましたが、こういうインディーズで活動していたとはいえ、それなりのキャリアを備え、歌えるグループはひさびさです!もう2006年のグループモノの中でも異彩を放つほどに、成熟された甘さを滴らせ、完成されたコーラスワークで魅了してくれるのです。特に、スローで見せる危険なほどのトロトロ具合は、Silkを思い起こさせます。リードを支えるコーラスのソウルフルさはもう言わずもがな、素晴らしいのですが、それを凌駕するリードボーカルの変態チックにも聞こえる歌バカっぷりには、もう完敗です!本当に待ち望んだ、歌えるグループというよりも、歌バカグループです、ファルセットで悶えているときなんか、たまりませんね!シャウトでぐいぐい歌い倒し、コーラスも濃密に絡み合い、そして、フェイクでこれでもかと失神しそうなほどに歌い上げます・・・これほど、自由に歌い倒すボーカルグループはメジャーインディーはじめここ最近お目にかかれないのではないでしょうか?現行のメジャーシーンにまったく媚びることなく、己の道を貫き、グループ作品の真髄を見せてくれています! なんといっても、1曲目のイントロから続く2曲目「Just A Day Away」での濃密な歌いっぷり!その他にも最後の曲でありながら素晴らしい17曲目「Final Story」など、ほとんどの曲でその濃密な歌をこれでもかと聞かせてくれます。ただそういうコーラスやフェイク、シャウト以外でも16曲目「U Don’t Deserve Me」や7曲目「Lookin 4 Love」で見せるRapperとの相性の良さと、サビで聞かせれる現行シーンでは欠かせない要素も持っていてグループとしての幅の広さも見せてくれます。さらに、12曲目「Wedding Day」などのように正統派なグループとしても歌える底力も持っています!揺ぎ無い実力の上で、思いっきりアドリブをかましつつ歌い上げている余裕を見せてくれていて、まさに貫禄さえ感じさせるグループです!
完全に2006年の作品の中でも異彩を放つグループ作品としての完成度を誇っている一枚です!214は可能性を感じさせる実力ある若手グループでしたが、このグループは脂の乗ったうまみを兼ね備えた素晴らしい3人組です!ぜひ、聞いてみてはどうでしょうか?
オススメ:(2),(16),(7),(17),(12),(5),(3),(4),(9),(10),(1),(14)

“SMUV / GROWN MAN” の続きを読む

J-Shin / All I Got Is Love

01.All I Got Is Love
02.Send Me An Email feat.T-Pain
03.Perfection
04.If I Fall In Love
05.Better Man feat.Shonie
06.Like I Used To feat.Tamapa Tony
07.Caught Up
08.Sayin’ “OH”
09.Let Go
10.You’re Safe
11.Grown And Sexy
12.Streets Are For Me feat.Smitty

(総評)

インディーソウルやマイナー盤に詳しい方なら、知っているJ-Shinの3枚目となるアルバムがリリースされました。このレベルのアーティストでこれほどコンスタントに作品をだせるというのは、とてもうれしくなります。全体的にアップの曲のレベルが非常に高いです!もともと力のあるアーティストで、ベースの歌のうまさっていうのは保証済みで、それでいて、軽快なアップサウンドも乗りこなすいい意味での声の軽さみたいのがあって、下手な新人のアーティストよりも、UPサウンドの乗りこなし方は、上手です!
なんといってもそれが感じられるのが、2曲目「Send Me An Email」!もちろん、こういう不可思議なサウンドで歌わせたら、右に出るものがいない、T-Painの力もあるのですが、こういうアップサウンドでこそ、彼の軽くて聞きやすい歌声で、しっかりとメロディーを聞かせられるって言う点は大きいと思います。こういう中堅所のアーティストが、こういうしっかりしたアルバムを残してくれると、シーンも明るいなと思わせてくれます。バラッドでは、あまり惹かれる曲って言うのがないのが、残念なところですが、しっかりとその分アルバムトータルとしてアップサウンドを中心として、突出はしていないながらも、スローでもしっかりとした歌を聞かせてくれていて、水準の高いアルバムを届けてくれました。
なかなかアップ中心のアルバムが聞きたいなーという人にはオススメできますね!
オススメ:(1),(2),(6),(9),(11)

“J-Shin / All I Got Is Love” の続きを読む