Lee Wilson / My Time To Shine

01.My Time To Shine
02.So I Say Peace f/Blanco
03.She Stopped My Breathig
04.Be With You f/Don Dada
05.Amazing
06.Do To Me (live)
07.Pressin’ On f/Ghetto
08.Believer
09.One Day f/Golden Child
10.Gonna Be Alright -Live from the Basement

(総評)

現代によみがえったSOULシンガーLee Wilsonの1stアルバム!このシンガー凄いです!味のある声と渋みのある雰囲気、そして熱く吼え魂揺さぶるシャウト!もう、オーティスレディングとかカーティスメイフィールドとかその辺の不器用なほどに熱いアーティストを思い出してしまいます!Rahsaan Pattersonとかにも通じるその伸びやかでSOULの中にどことなくFUNKYな色合いを含んだ歌声にもうノックアウト!惚れました!
曲的には、HIPHOPとかにもちゃんと通じる部分もあり、Rapperとの掛け合いも見事なのですが、だからといって、HIPHOPよりな音楽じゃなくて、SOULやFUNKに絶妙にHIPHOPの色合いを混ぜ合わせている、天才的なプロダクションです。HIPHOPに偏っているsceneだからこそ、R&Bはいまこそ、こういう音楽が求められているのじゃないかな。基本的には、SOULなサウンドに絶妙なHIPHOP的なリズムを混ぜ合わせていて、カッコイイリズムだからまったく古さは感じないけど、どこかよき古きSOULな味わいがする素晴らしいセンスをしてて、躍らせてくれます。そして、自分の歌声を邪魔しない程度にしっかりと音数を抑えているので、彼の歌声がしっかりと生きています!その直情的なシャウトも見事にはまっていて、聞く毎に彼の歌声の魅力に引き込まれます。
その歌声の魅力が一番にでているのが、LIVE VERSIONの6曲目と10曲目の2曲で、特に10曲目「Gonna Be Alright」のカバーは、もう神がかりとしかいいようがない、ものすごいSOULFULで熱い音楽を聞かせてくれます。彼のシャウトにノックアウトですよ。鳥肌が立ちます。
Frank McCombや、Calvin Richerdsonとかが進めていた流れを一気に推し進めた、クラシカルなSOULでありながらも、しっかりと聞かせてくれる素晴らしい作品です。ぜひ聞いてみてください。

“Lee Wilson / My Time To Shine” の続きを読む

REALL / THE “REALL” STORY

01. De’vante Interlude
02. Fly Featuring 18
03. All Night
04. Having My Baby
05. In Your Eyes
06. The Game
07. Reall Talk
08. About Us
09. The Best Part of Me
10. The Ghetto
11. De’vante Outro
12. Fly, the Remix, Featuring Reesecup

(総評)

名前の通りのREAL SOULシンガー、REALLのデビューアルバム!その超絶バリトンボイスを、自在に操りながら、その歌声を生かせる歌の技術と、シャウトの感情の込め方!うーん、どれをとっても超一流!であり、素晴らしい!もちろん、下でレビューしたCharlie Wilsonとかが上手いのは、あたりまえなのですが、このバリトンボイスのREALLは、そのちょっと泣き節が入ったバリトンで激しく感情を込めて、これでもかと感情豊かに歌い上げていくのが、素晴らしいのです!彼の心の揺れがそのまま歌声となって、聞き手にビシビシ伝わってくるのです。そして、サウンドまでも彼が手がけているものも多く、そのセンスのよさには舌を巻きます。本当にかっこいい曲が目白押しなのです。うーん、これは凄い。久々に、言葉を関係なく心に響く歌なのです。そうして、父親が、ゴスペルグループEcho Of Harmonyの一員でもあります。そういうゴスペルの下地も歌につながっているのです。
それ以外にもなんといっても、注目したいのが、彼の歌声もさることながら、De’VanteとなずけられたIntroとOutro・・・?なんだこれ?って思ってしまいますよね、特にJODECIファンの方々は。でも、これは全然関係はなく・・・自分の息子 his son であるDe’Vante君に向けた愛のメッセージなのです、その大きく広がる愛を高々とSOULFULに、誰もが悶絶し唸ってしまうような素晴らしいバリトンボイスで歌い上げる様は、感動的でもあります。ただ、愛の良い面を歌うだけではなく、彼が間違いを犯し今までたどってきたリアルなストリートの惨状、愛することの難しさ、現実の残酷さ、全てを踏まえて、それでも全てを愛で包み込もうとしている、素晴らしいメッセージ性をもったアルバムです。どんなことがあっても、自分は包んでいくという芯の強さを持った人で、子供や家族への本当の深い愛情をこれでもかと歌い上げるREALLに誰も惚れてしまうことでしょう。
だからでしょうか、ちょっと全体的に優しい歌声の中にどこか悲しみも持っていて、それが彼の独特な歌唱やバリトンボイスの特徴となっています。ジャケ写にもその雰囲気はでていますね。ただ愛を歌うR&Bが多い中、久々に出てきた社会の惨状もそしてそれを乗り越える愛をも歌える、社会派のシンガーの登場といえるでしょう。2005年を代表するGREATシンガーの登場です!
このアルバムでは、どの曲も素晴らしく、どれもがベストソングに上げたいのですが、特に10曲目は壮絶でさえあります。このストーリーが壮絶すぎます・・・凄惨なGettoの世界で、親に愛されない子供が、最終的に性的虐待を経て、自分の父親を殺してしまう曲なのですが、それでも、愛を失わない、愛を取り戻そうと、心を込めて歌えるこの人は、ホントかっこいいし惚れますね。
こんな全てを通して感じる、REALLパパの息子De’vanteに向けた大きな愛情がステキなのです!マジでこのおとうさんはステキです!今年の傑作インディーソウルの一枚であることはもう、間違いありません!でも、現在33歳なんですね、この方、深いです・・・。
絶対に今年聞いて欲しい一枚です!この深い本当の魂のこもった一枚!
今なら、TOWERの通販で買えますよ!今年中に買っておくべき一枚ですよー。
オススメ:(10),(3),(9),(7),(2),(4),(5),(6)

“REALL / THE “REALL” STORY” の続きを読む