TERRELL / Carlela’s Reign

01. Intro
02. Life
03. Thick Girls
04. My Life
05. Carlela Spoken
06. Finally
07. I Had It Hard
08. Better Than
09. Sunshine
10. Hero
11. Ill Treat You Better
12. It’s You
13. Smooth Groove
14. Getting Over You
15. For the Love of the People
16. Better Than (live)

(総評)

去年のNo.1アーティストTERRELLが今年早くも自身3枚目となるアルバムをリリース!もうすでに円熟味を増してきているボーカルスタイルに、完成度の増した楽曲の数々・・・もう、完璧!としかいいようのない素晴らしいR&Bアルバムを届けてくれました。
その強靭な喉と、抜群の歌唱力で、聞くものを虜にするTERRELL!その魅力をこれでもかと見せ付けてくれます、なんと今回はボイストレーニングでの教え子のIndia Arieとのデュエットまで収録!このTERRELLがIndia Arieのボイストレーナーだっていうんだから、すごいですよね。確かにこんな風に歌を歌えたら最高ですよね!India Arieが師事を仰ぐのも分かる気がします。
そして、このアルバムのタイトルCarlela・・・実はTERRELLの母親の名前なのです、Lela Carterという名前のニックネームだと思うのですが、この死んでしまった母親へのメッセージとも取れる温かみに溢れた楽曲が数多く並んでいます。その思いの強さをその強靭な喉に乗せて歌い上げていくのです・・・!
今作では、どちらかというと、完成度に重きを置いて、前作のような縦横無尽にシャウトしまくるスタイルよりも一歩紳士へと駆け上がったダンディズムとCOOLさを兼ね備えた曲を歌い上げていきます。若干後半アコースティックなサウンドが多めですが、今作でのキーとなっているのが、タイトルにもなっているCarlelaこと亡き母親へのメッセージ性が非常に強い楽曲が多く感情の沸き立つような内面の強さが強烈に光っています。内面を歌い上げる術がかなりうまくなってるなーということをまざまざと感じさせます。また、そういう表現力や歌唱力だけでなく、サウンドプロデュースも自分でこなしている曲が数曲あり、それの水準も恐ろしいほど高く、今後の将来性を期待せずにはいられないのです。
自信でプロデュースをこなしている曲は、いかにもR&B調なサウンドが多く、それ以外にもレゲエを意識して取り入れたり、アルバム全体としてプロデューサーを多く招き入れ、非常に幅のあるつくりになっています!前作のR&Bサウンド一辺倒なつくりもよかったですが、ここでは将来につながる素晴らしいプロダクションを見せています。そして、なんといっても最後の2曲でのライブの収録!これには感動ものでした!いかにこの人のライブがすごいかっていうのがよくわかる、吼えまくりな内容!これは聞くべきでしょう!ぜひとも今作も多くの方に聞いて欲しい一枚です。末永く聞けますよ。
それにしてもジャケ写のSEXYなこと!さすがです!
オススメ:(2),(3),(4),(6),(7),(8),(9),(11),(15),(16)

“TERRELL / Carlela’s Reign” の続きを読む

HEAT / Fahrenheit

01. Intro
02. We Came To Party
03. Tonight
04. Hey Yo
05. Let Me Have This Dance
06. At The Club
07. Down To Ride
08. Down With You
09. Let Me Be The One
10. Virtual Heat
11. Say Lady
12. Freak With Me
13. Innermostess Moistness
14. Your All I need
15. Erotic Bliss
16. Deja Vu
17. Storms Message
18. Scandalous

(総評)

今年はグループものが威勢がいい!特にインディーソウルではその力強い息吹を、肌で耳で感じずにはいられません。その勢いをもう今年決定付けたのが、先に紹介したCRAVEと、このHEAT!両グループとも水準的にはもうゲストもしっかりしててメジャー級!そして、彼らは、インディーソウル好きは知ってる話ですが、3年前ほどに同じくインディーソウルでアルバムをだしているのですが、それを遥かに凌駕する名盤をドロップしてくれました。まさに、HEATというアーティストネームが、ぴったりといえる、ものすごい熱い・・・うっとしいほどに熱い熱気むんむんな素晴らしい歌声を聞かせてくれています。最近ここまで若さむき出しで歌いまくるグループでしかもこんなに歌がうまいやつらは少なかったので、聴いた瞬間思わずガッツポーズが出てしまいそうでした。
 若い男性4人からなるグループですが、一人プエルトリカンがいたり、かなり個性的なグループであり、これほど熱ければバラバラになりそうなものですが、そこをうまくプロデューサーの力で素晴らしい作品を作り上げていっています。彼らを完全に掌握するSean Saga Jordanというプロデューサーの力が物凄いのです。なんといっても、メインボーカルの熱くほとばしる直情的なシャウトが、もうたまりません!感情を押さえられないように、思わず吼えてしまっているって言うぐらいに勢いがある歌の力!本物の歌力を見せ付けてくれます。コーラスもそのメインをじっくりとというよりは、熱く対抗するかの如く拮抗してくるのが最高です。でも、ミッドスロウで見せるコーラスワークの素晴らしさは特筆ものです!美しくも熱くも自在に操るそのコーラスハーモニーは素晴らしいものがあります。
18曲も入っているわりには、あっという間に聞き終わってしまう内容のよさが、見事です。前半はあくまでもUPでガンガンに攻め上げる姿勢が物凄すぎるし、中盤はミッドテンポにそこ力を見せてくれます。さらに、後半では音数が少ない曲が多く、彼らの歌の本質的なうまさを存分に感じさせる内容になっていて思う存分に彼らの魅力が詰まった一枚になっています。まあなんといっても前半5曲の勢い!これに限りますよ!この一枚は!一緒に吼えまくりたいですもん!絶対に2005年に手に入れるべき一枚。ボーカルグループ好きは絶対にお薦めです~!
TOWERHMVでも2005年7月から取り扱っているようなので、ぜひ手にとって聞いてみてください!
オススメ:(2),(3),(4),(5),(9),(11),(12),(14),(15)

“HEAT / Fahrenheit” の続きを読む

Wade O.Brown / All Night, All Love

01.About Her
02.Put This On
03.All Night, All Love
04.Maybe
05.Just Good Griends
06.Besides
07.Where Do We Go For Love
08.So Glad
09.Shake
10.Wholeheart
11.How Does It Feel
12.Best Of My Love
13.My All Is You
14.Now Is Mine

(総評)

カナダのシンガーWade O.Brownの2年ぶりとなる2ndアルバムは、前作の濃密なバラード責めに加えて、ダンサブルな楽曲も加えた最強のSOULアルバム!カナダでは有名なアーティストなのですが、USでのリリースも今作が始めてとなり、いかに前作がSOULファンの耳に残ったかというのを証明しています。前作では彼のバリトンボイスが得意とするSweet Slowだけに偏ってしまっていて、物足りなかった人もいたでしょうけど、今作では彼が大好きなLutherをより意識したような歌い方でもちろん、ダンサブルで鮮やかに歌上げる曲もあって、歌い方の幅が広がっていることに加えて、サウンド的にも自分で手がけている曲が多い中、その成長っぷりも目を見張るものがあります。まさに最強のSOULバリトンシンガーとなって帰ってきました!
前作でも彼自身が曲を作ってはいたのですが、今作ではそのほとんどを自らの手で仕上げているのが、素晴らしい。歌えるだけではなくその歌声を生かせる曲も作れるシンガーへと急激な成長を見せています。濃密な歌を支えるに足る深い味わいのサウンドでじっくりと聞かせてくれていて、きちんとしたリズムトラックの上で、UPテンポな感じにも挑戦しつつそれだけになりすぎずに、しっかりと聞かせる曲たちが目白押しです。特に3曲目での新機軸となるルーサー節も交えたUPサウンドには度肝を抜かされつつ、4曲目などのような美しいバラードも随所に織り交ぜつつ、5、7曲目のような濃厚なまったりもったりなサウンドも聞かせてくれます。非常にサウンドの幅広さを感じさせ、彼らのバリトンボイスの魅力を様々な角度から見せることに成功しています。2枚目にしてすでにベテランの風格を感じさせるような安心して聞ける一枚になっています。
オススメ:(3),(4),(10),(8),(2),(1),(6),(12),(13),(14)

“Wade O.Brown / All Night, All Love” の続きを読む

Charlie Wilson / Charlie, last name Wilson

01.Magic
02.Charlie, Last Name Wilson
03.So Hot (feat Twista)
04.Let’s Chill
05.No Words
06.Floatin’ (feat. Will.I.Am & Justin Timberlake)
07.Asking Questions
08.What If I’m The One
09.You Got Nerve (feat. Snoop Dogg)
10.Thru It All
11.My Guarantee
12.Cry No More

(総評)

本物の歌を聞かせてくれるアーティストCharlie Wilsonのソロ2作目となる作品。いわずとしれた80年代からGAP BANDの中心人物として活躍を続け、様々なアーティストに影響を与えるベテラン中のベテランシンガーですが、十分にシーンの中心をいく素晴らしい作品を届けてくれました!今年のBESTともいえる素晴らしい作品です。彼の歌が中心にまさに歌バカアルバムというにふさわしい、ものすごい濃さを誇る一枚です。しかもただ濃いだけではなく、最新のプロデューサーが、このCharlie Wilsonを鮮やかに輝かせるために、素晴らしいトラックを提供し、それを完全に自分の物として、歌い上げてしまうCharlie Wilsonの歌の凄さにただただ圧倒されてしまいます。もう、シャウトしまくりな一枚です!
最初の2曲ですでに、もう歌い倒しまくり!これだけで虜になってしまいます。R.KELLYの素晴らしいProduce能力を遺憾なく発揮している、今年のR.KELLYプロデュースの曲でも抜群の完成度を誇っていて、さらに、そのR.KERRYらしさを打ち消してしまうかのごとく吼えまくるCharlieの抜群の存在感のせめぎ合いが、最高の2曲へと高めています。その後も、最新のHIPHOPビートにのって、現役バリバリに歌いきる3曲目や6曲目,9曲目でUPビートで盛り上げたり、あのAaron HallがいるGuyの原曲を完全に食っちゃってる超絶カバーの4曲目「Let’s Chill」と面白い曲が目白押し、この3、4曲目で、PLATINUM BROTHERSという新鋭のプロデューサーが面白い仕事をしてくれています。そうして、5曲目や最後の12曲目ではゴスペル要素も見せてくれたり、彼の歌声が目立つ作品ですが、地味に音楽的な要素でも幅があって、ポイント高い一枚です!でもやっぱり彼の真骨頂はそのバラードでの激情そのままに声を震わせ高ぶるその気持ちを猛々しくも歌い上げる壮絶なシャウト!特に「シャバダバドゥイドゥウ」シャウトは必見です。彼独特のこのシャウトは、聞いていると、安心できちゃいますよね~あ~Uncle Charlieだよ~!って。特に8曲目、10曲目での吼えっぷりには悶絶して、卒倒してしまいそうです。UnderdogsとAndre Harris and Vidal Davisはさすがいい仕事してます!11曲目のKay Geeも最近は復活してきましたよね~!いい歌です。このバラードでのシャウトと、そのシャウトに至るまでのSEXYでMOODYな歌いっぷりにも惚れ惚れします。もうぐっしょり濡れてしまいますね。
1stアルバムに入っている「Without You」も稀代の名曲でしたが、このアルバムは全編を通して、いい曲が山のように入っていて、とても水準が高い一枚です!ホントどの曲も甲乙つけがたい素晴らしい曲たちなのです、あえて選ぶなら「What If I’m The One」と「Charlie, Last Name Wilson」がベストトラックでしょうね。しかも、SEXYでMOODYに歌い上げていて、Bed Time Musicとしても最高です!
最近はメジャーシーンの特に男性R&Bは、インディーズシーンに食われ気味でしたが、ここでしっかりとCharlie Wilsonが素晴らしい一枚を残してくれました。今年のBESTは決定でしょう~!
オススメ:全部!(8),(10),(2),(1),(4)は絶対聞いておきましょう!

“Charlie Wilson / Charlie, last name Wilson” の続きを読む

HI-D / ME II YOU

01.Don’t Stop
02.Light Up
03.Slow It Down (interlude)
04.スキナキモチ
05.Be With You
06.MY LIFE
07.Baby Girl
08.Better Man feat.LEO
09.Live On Direct (interlude)
10.Can I Getta feat.MIHO BROWN
11.Drop Drops (interlude)
12.Vanilla
13.Loveholic
14.PROCEED

(総評)

日本のR&Bのメインストリームを作り上げたHI-Dが2005年最後にドロップする傑作R&Bアルバム!HI-Dの通産3枚目となるアルバム「ME II YOU」。そのタイトルどおり、恋愛を中心の軸においた、よりR&Bの根幹たるMake Loveや恋愛について語った前作よりもよりリリックに入り込める一枚です!
1st,2ndAlbumのHI-Dといえば、HIPHOPとのコラボレーション!というある意味HI-Dの型を作り上げた作品だったのに対して、この3rdアルバムではHI-Dの歌と声により焦点が向けられており、そのメロディーラインの素晴らしさと美しさにやられてしまいます。この3rdこそHI-Dの本質的な歌の部分を存分に感じ取れる出来になっていて、このアルバムの前にHIPHOPのストリートの雰囲気を詰め込んだTWIGYとの一枚があったことで、より聞き手にもこのような歌という部分を意識させてくれます。これがいい方向に転んで、HI-Dの新たな歌本来の魅力をグンっともう一歩引き出すことに成功しています。そして、改めて聞いていると、HI-Dは実に美しく面白いメロディーラインを書く人だなと、びっくりさせられました。なかなか他の人では出せないメロディーとかがたくさん詰まっています。もちろんHIPHOPとの融合をやめたわけではなくその中にも、メロディーラインやフレーズにトラックなどの様々な中にさりげなくHIPHOP要素を埋め込んだり、R&Bでしかだせない、メロディーラインの面白さを聞き手に教えてくれたりしています。
2曲目「Light Up」では、HI-Dの素晴らしい歌を堪能できます。この曲のメロディーラインは凄すぎます。メロディーへの言葉のはまり方がたまらないのです。力を与えてくれるような胸を突き抜ける力強さを感じさせてくれる曲で、Sweetなアルバムの要所要所で盛り上げてくれます。UTAさんによる7曲目「Baby Girl」でも、HI-Dらしいリズムを絶妙にのりこなす癖になるフレーズで聞き手をぐいぐいとひきつけ、10曲目「Can I Getta feat.MIHO BROWN」で、全然1st、2ndの頃と変わらないHIPHOPサウンドを絶妙に織り交ぜて、単純なバラードアルバムにせずにR&Bアルバムの中にHIPHOP的な盛り上げ方も随所に入れてくれます。
一方、女性と二人とのジャケット写真が物語るように、今までの恋愛駆け引きよりも、女性への愛情や恋愛の楽しさなど、より深い愛に重点を置いたリリックが多くて、そういう視点からも楽しめる一枚になっています。その他にもHI-Dらしい元気を呼び起こすような曲もあったりリリックも適度にバランスが取れていて、自然とリリックの中にすんなりと入っていけます。特に1st「Missing You」, 2nd「Without You」と続く三部作「Be With You」でのリリックは3曲続けて聞いてこ恋愛としてのその深みがあったり、6曲目「My Life」ではHI-Dの暖かさを感じることができたり、8曲目では、JOYCEのリードボーカルであるLEOとの日本では本当に珍しい男性同士のデュエットを見せてくれます!これがお互いに味を出していていいんですよね~。12曲目「Vanilla」では、恋愛の一瞬に潜む喜びを見せてくれます。HI-Dから届いた愛を深めることができる一枚です。
そして、この作品では、プロデューサー陣がとても面白く、REOやShing.Sなど以前から交流のあるプロデューサーに加え、今井了介氏のTiny Voiceから、UTA,USK、そして、長年のBack DJを勤めてたDJ HALなど新しいプロデューサー陣も加わっているのが、常に前進するHI-Dらしい人選でした。最近インターネット上では、様々なサウンドメイカーが出てきていて、その力をいち早く使うことで、より新しい風を常に自分に入れていって、常に新しいHI-Dを聞き手に提供することに成功しています。
歌アルバムという評価が高いと思いますが、これはよりHI-Dの根本であるR&Bとしての本質をよりストレートに表現した素晴らしいR&Bアルバムです。
オススメ:(2),(4),(6),(5),(7),(8),(10),(12)

“HI-D / ME II YOU” の続きを読む