Southern Relative / I WANT U 2 KNOW

01. Let Em’ Know
02. Party On
03. I Want U 2 Know
04. Sexulude
05. Do U Want Me (Intro)
06. Do U Want Me
07. Champagne
08. Sex U
09. Uh Oh
10. PLP (Intro)
11. Parking Lott Pimpin
12. Never Be
13. Tell Me UR Name
14. Yesterday
15. Evidence
16. MY KING/ Gospel Reprise

(総評)

テキサスはダラスの高校時代の友人で作ったグループ、Chis, Boobie, Hyde, Tyroneの4人からなるいかにも歌えそうな濃いジャケが目印のSouthern Relative!これもインディーソウルで、去年話題となった作品です!彼らの特徴は、なんと言っても、その濃厚なボーカルと熱く濃密なコーラスワーク!熱唱系というよりも灰汁が強く濃厚なコーラスや滾るボーカルで、聞く人を徐々に徐々に彼らの歌バカな世界へと引き込んでいきます。真っ正直に自分達の色を自分達の表現スタイルで突き詰めていく様は、本当の歌バカでしょう!
最近のUSのR&Bシーンでのボーカルグループといえば、B2Kなど軽めのR&Bが好まれる傾向が強くて、なかなかこういう歌バカたちは注目を受けることがなかったのですが(最近はやっとN2Uが出てきましたね!HEATも素晴らしい!)、うまく自身の出身地であるサウスの要素をうまく取り入れた素晴らしい濃いR&Bボーカルスタイルを出しています。基本的にはあまりメロディーよりもリズムがしっかり出来たHIPHOP BEATとその低音でぐいぐい引っ張るサウンドにのって、重圧な歌やコーラスで聞き手を圧倒していき、時にファルセットで美しく聞かせたり、豪快なシャウトで熱く吼えたり、Rapで軽快にサウンドにのったり、アクセント的な要素も非常に強く聞いていてあきません!この圧倒されるような濃厚具合に最後まで歌い倒されてしまいます、何度も聞いていくと少し曲をじっくり聞く余裕がでてくるぐらいです。
曲的には、なんといっても、3曲目「I Want U 2 Know」の美しさは特筆物!こういう濃いグループがたまにやる美しいメロディーの曲っていうのは、まさに悩殺ともいうべき、説得力ある力強さとどこかはかなさがあって、感情を高ぶらせてしまいます。本当に美しいファルセットで熱く心を揺さぶらせます。あとは、数曲を除いて、もう全曲押しの一手で、どんどん濃厚な歌を聞かせていきます。バラードでさえ、衝撃的なほど圧倒的な迫力があります。メロディーやサウンドよりも俺達の声を聴けといわんばかりです。でも、その中身としてはしっかりと練られていて、面白さをなくさないように様々なメロディーやビートを絡めて聞かせてで攻めてきます。特に11曲目、7曲目での圧倒的な歌いっぷりは見事だし、16曲目で見せる女性との力強い絡みは何度聞いても、すごいなと思わせます。曲的にも圧倒されてしまうため同じようなテンションに感じますが、聞き込んでいくと微妙な歌心溢れる歌いっぷりとかメロディーの面白さなどいろんな面が見えてくる深いアルバムです!
完成度が高いっていうのではなく、ひたすら歌を聴いてしまう・・・あれ?もう終わったの?って思ってしまうようなアルバムです。これぞ、インディーソウルのR&Bグループです(昔はこういうのがメジャーでごろごろしてたんだけどなー・・・)。現時点入るボーカルグループの中でもここまで濃い歌を聞かせるグループは彼らだけでしょう!濃厚な歌バカアルバムを聴いてみませんか?これを聞かずにR&Bグループを語るなかれ、本物のボーカルグループとはこういう人たちをいうんです!
オススメ:(3),(5),(2),(6),(7),(8),(11),(13),(16)

“Southern Relative / I WANT U 2 KNOW” の続きを読む

Shelter / You are mine

(概説)

これ、かなり昔に出ているシングルです。やっと、安く手に入れたので。レビュー。ストレートで爽やかな歌声のKo-Sakuが響き、Kevinの英語のラップが絶妙に絡み合う珍しいタイプのユニットです。でも、ボーカルの歌声と、T2yaという人のプロデュースするメロディーラインがかなりカッコよくて聞き入ってしまいます。これ以外にももう一枚シングルを出していますが、結構このボーカルの声が美しくうっとり聞き入ることができますよ!

曲紹介

1曲目『You are mine』

T2yaのProduceにより爽やかな一曲!本当に心地よく響き渡り、バラードとしての完成度が非常に高い一曲であります。ただ、Rapperがいるのかは、ちょっと謎な曲ではあるのですが、メロディーラインの美しさとかは結構いい線いっていますよ!

2曲目『life』

ミッドテンポな心地よい一曲です。

3曲目『You are mine ~Hayabusa Style~』

もう、これが2STEPです。いやーいい意味で懐かしい~って雰囲気にさせられちゃいます。でも、おもしろいですけどね。

Angie Stone / Stone Love

01.Stoned Love [Intro]
02.I Wanna Thank Ya feat.Snoop Dog
03.My Man feat.Floetry
04.U-Haul
05.Stay for a While feat.Anthony Hamilton
06.Lovers’ Ghetto
07.Little Bit of This, Little Bit of That…
08.You’re Gonna Get It feat.Diamond Stone
09.Come Home (Live With Me)
10.You Don’t Love Me
11.Remy Red
12.That Kind of Love feat.Betty Wright
13.Touch It [Interlude]
14.Cinderella Ballin’
15.Karma feat.T.H.C.
16.Wherever You Are [Outro]
17.I Wanna Thank Ya [No Rap]

(総評)

Angie Stoneの3枚目となるアルバム。New Classic Soulの時代から、徐々に自分の立ち居地を確かめつつ着実に踏みしめていき、彼女のSOULに根ざしたスタイルとシーンの動向が一番マッチングが取れたのが、このアルバム。今までで一番SOULFULで聞きやすくかつ姉御的な懐の深さも見せ付けてくれるすばらしい一枚です。彼女が昔から取り組んでいるソウル回帰と、最新のサウンドが絶妙にブレンドされて、前作では見られなかった艶やかなR&Bサウンドも見せてくれます!ジャケ写からしてよさそうです!この姉さんかっこいいです!サウンド的にはNeo Soulというよりは、クラシカルなSOULをHIPHOPの手法を用いてしっかりと引き立たせて、しっとりとSOULFULに時にFUNKYに歌い上げていきます。この絶妙なボーカルワークが彼女の魅力の一つでしょう!そして、今回はゲスト陣も充実していて、歌い手として、Anthony Hamilton, Floetry、Betty Wrightなど、SOULに根ざしたり、大御所を呼びがっちりと歌を聞かせてくれ、サウンド的にもJazze PhaやMissy Elliottを招いて面白い曲を仕上げてくれます。もちろん彼女によるプロデュースの曲もいい曲がそろっています。そして、なんといっても、このJazze Phaの作り出す2曲目「I Wanna Thank Ya feat.Snoop Dogg」のインパクトがこのアルバムの完成度を物語っています。ステキなメロディーと、Snoop Doggの独特のRapが絶妙に絡む名曲に仕上がっていますよ!そのほかにもBetty Wrightとの12曲目「That Kind of Love」などでは、晴れやかに軽快にFUNKっぽく歌い上げてくれるし、14曲目「Cinderella Ballin’」では、艶やかなバラードを聞かせてくれたり、15曲目「Karma」では切なげな歌声を披露したり、彼女の歌の幅の広さも存分に見せ付けてくれます。Angie姉御がたっぷりた一枚です!だ、ちょっと曲数が多すぎるんで飽きるかも!それだけが難点かな。でも、驚愕するとか、めちゃめちゃいい!ってわけじゃーないのですが、女性モノやSOUL臭い作品の中では安定感抜群で、末永く聞ける一枚です!
オススメ:(15),(14),(12),(2),(4),(5),(6),(8),(9),(11)

“Angie Stone / Stone Love” の続きを読む