James Lee / James Lee

01.Betta
02.Jan’t let it go
03.Whatcha gonna do feat.Bristal
04.Take what’s yours
05.Whatever comes to mind

(総評)

James Leeという新人アーティストのデビュー盤!Joeのような丁寧にSEXYに歌っていくタイプのアーティストで、やさしいテナーボイスで、うっとりとさせられます。かなり吼えたりもするタイプで、さらにピアノの弾き語りもやったりとなかなか楽しませてくれます!なんといってもその歌声と歌のうまさが魅力なのですが、なかなかこういう最近歌がうまいと思わせる歌声の人で、いい歌を歌う人って少なくなってきていて、最近はフィリーソウルや、ほんとにDonnieのようなSOUL臭いアーティストではいい人が多いのですが、ソロでJoeタイプの丁寧に歌いこめる人物ってしばらく出てないので、これはうれしい収穫です!
この盤自体はアルバムではなく、5曲入りのマキシみたいな感じなのですが、その5曲がしっかりと主張しあっていて、下手な10数曲入りアルバムなんかよりも厚みがあるすばらしい盤に仕上がっています。1曲目ですばらしい歌声を聞かせて、2曲目で今風のトラックにも乗れて吼えれることを証明し、さらにこういうタイプが苦手とするHIPHOPトラックでもがんばれるところを3曲目で見せてくれます。そして、4曲目で歌のうまさ、バラードでの相性のよさを見せつけ5曲目で弾き語りで、さらなる彼の奥行きを見せてくれます!
本当にアルバムが聞きたいなーと思わせる出来です!ぜひアルバムが出てほしかったなー。2005年以降に期待しましょう!安いですし、持っていて損はないですよ!

“James Lee / James Lee” の続きを読む

LUVandSOUL / Why I cry ~Antique Memory~

01.PROLOGUE
02.千億の虹をこえて (Fairy tale)
03.Why I cry
04.Antique Memory
05.Friends
06.約束のうた
07.EPILOGUE
08.Why I cry (Continent Mix)

(総評)

LUVandSOULの事務所移籍後の初音源は今までのかれらを振り返りつつもしっかりと新しい方向性を見せてくれる一枚です!しかもライブ会場でしか売られなかった、HI-DのProduceによる一曲「Why I Cry」が別バージョンを含め2曲も入っています!彼らの歌い方もよりDeepに感情を表現できるようになって、SOULシンガーとしての成長を伺えます。
オススメ:(3)

“LUVandSOUL / Why I cry ~Antique Memory~” の続きを読む

TQ / Listen…

01.Intro
02.Right On
03.Listen
04.Sista
05.Fly
06.Call Me
07.Gne But Not Forgotten
08.Angela Jones
09.What U Got
10.Relax
11.Until
12.Adore

(総評)

西海岸といえば、Nate Dogg、LVなど代表的なシンガーはたくさんいますが、その中でも異彩を放っているのが、TQ!独特の歌モノとしての綺麗な歌声もできつつRapっぽくも歌える人で、今ではCash Monneyなどと仲良くよく仕事をしていました。この3作目が出るまでは、かなりのR&Bとしての作品としても西海岸サウンドとしても良質な作品を残していながら、HIPHOP方面以外からは話題にあまり上がらなかった不遇な人なのですが、この3作目にして、R&Bの作品としてかなり聞かせてくれるすばらしい一枚をドロップしてくれました!カマD的に、とてもいつも気になる好きなアーティストで、シャウトやサウンド的な独特のセンスがたまらない一人です。声的には誰にでもオススメできるアーティストではないのですが、個人的に密かな愛聴アーティストですね。
彼の歌声は、パワフルっていうよりは、細いイメージが強く、美しいというよりは、荒削りなところがあるのですが、歌声じゃないサウンドへの声の乗せ方の妙技を常に見せてくれます。なので、ウエッサイサウンドのようなHIPHOPものとしては面白いけど、R&Bものとしては単調になりがちなサウンドの中でも、その存在感と歌モノとしての楽しみをたっぷりと示してくれるような曲を披露してくれます。ストレートにパワフルなバリトンボイスが好きっていうような人には、物足りなく感じるかもしれませんが、こういうR&Bを聞くことで、R&Bに対する広がりをもてる一枚です!
曲的にはやはり2曲目「Right On」「Listen」の上げめな曲でこそ、そのリズム感覚とリズムに上手くフレーズを乗せるTQのセンスの良さが存分に発揮されていて楽しめます!特に3曲目でのピアノの跳ね具合とそれに絡むTQのメロディーがカッコいいんです!オススメですよー!あと12曲目はPrinceのカバーでなんか、今までのTQのイメージを覆す一曲でなんですよね。彼の新たな感想を感じさせる第3作目です。
このまま西海岸の人たちと仲良くして作品をコンスタントに出しつづけてほしいアーティストの一人です。ちなみに彼のオススメ曲は、「Better Days (Full Crew REMIX)」,「Somebody’s Watching Me」,「Bye Bye Baby (Chris Liggio REMIX)」「My Melody」っていう曲たちです。どれもソロアルバムにはない、サントラやLPのカップリングなどなのですが、本当にこの人はリミックスがカッコいいので、このアルバムでもLISTENあたりのREMIXを期待してしまいます。気になる方は探してみてくださいね。
オススメ:(2),(3),(6),(7),(8)

“TQ / Listen…” の続きを読む

PHONES [夜風 / Family / Sister]

(概説)

1stアルバム後の初シングルは、夏を涼しく気持ちよく過ごさせてくれるような「夜風」という曲。タイトル通りの風が流れていくようなそんな艶やかで涼しげなサビが美しい!ボーカルの竹本さんの歌声はよるSOULFULさを増し、バックも安定感を増しています。1曲目ではPHONESの得意とするノリがいいんだけど、切ない曲というのをやってくれて、Feel So Lonelyにどこか通じるような、そんなステキな曲です。そして、2曲目ではPHONESの十八番ともいえる、SOULFULな楽曲を用意してくれていて、そして最後にはさらに暖かい気持ちにしてくれる優しい曲と、彼らの魅力がたっぷりと詰まった一枚になっています!特に1曲目はじっくりと歌詞を見ながら聞いてもらえるとまた違った感想をもたれることだろうと思います。「夜風」も「Family」もCDとライブではまた違った感じになるんだろうなと感じさせてくれる楽曲で、ライブで聞くのが楽しみになってきます。まさにPHONESの第二幕を開くには、ふさわしい彼らの魅力溢れる一枚になっていると思います。ぜひ一度は耳にしてみてくださいね!

曲紹介

1曲目『夜風』

夜風というタイトルとHOOKのメロディーがシンクロする涼しげな曲は、その涼しげな雰囲気とはウラハラに、切なげなメロディーが胸を打ちます。失恋の歌ってこれぐらいの相手との距離感になったときの歌が一番胸をギュッと締め付けられます。しかもその歌詞をこの流れるような美しいメロディーにのせてスマートに歌っていきます。過去を振り向くその切なさに存分に落ちていってください。語り返るように「あなたは覚えていますか?」と聞くケンボーの声にやられてしまいます。そして転調からの苦しげな歌い方が心にスーと入ってくるんですねー。個人的に「きっと誰にでもあるんだろう」その一言がすごい共感できていいなーと思いました。今は傍らにいない貴方というシチュエーションに弱いです・・・貴方のいない助手席とか、貴方のいないソファーとかね~。胸を苦しくしつつもメロディーの美しさに救われる曲ですね~。メロディーがノリがいいので、すんなりそれを聞けるのがまたいいんですね。これで本当に重かったら聞けないですから。
Written:竹本健一, Arranged:PHONES&Maestro-T

2曲目『Family』

1曲目とはうってかわって、かなりSOUL臭い~感じのメロディーが暖かくて、いかにもPHONESらしい一曲です!暖かいピース!って叫ぶのがなんともかわいらしい曲です。こういう泥臭く70年代SOULのエッセンスをもっている感じの曲がもっともPHONESらしいなと感じます。この曲はライブ栄えする一曲で、気持ちがいいぐらいに一緒に叫んだりできますよー!絶対ライブでは歌詞を覚えていきましょう!

3曲目『Sister』

albumにも収録されたSisterの別バージョン。いい曲ですよ、この曲は。特に妹が3歳っていうのを聞いてからますますいい曲だなと思うようになりました。こう曲と実際の竹本さんと妹さんの関係がリンクして、かなりリアルに現実味を帯びて、この曲の優しさを暖かさを感じることができるようになりました。歌詞は少ないのですが、その言葉言葉に込められた思いはすごい大きいなとこのアレンジで改めて感じながら聞き入ってしまいます。

www.palettejapan.co.jp/phones/

Full Of Harmony / Rhythm

(概説)

アルバム発売前のシングルはこのRhythm!I Believe系のストレートなバラードで、心に染み入ります。バラード好きには好まれる定番的な音の展開のつくりをしていて、AKIRAがProduce面でかわいさもある音作りでいい仕事してるなーと思わせてくれます。でも、全体的にわりとあっさりとしたつくりになっていて、バラードとしての完成度は非常に高いのですが、ちょっとF.O.Hらしさがないかなとも思ってしまうのです。特にRhythmは、I Believeとかぶってしまって、もっと感情を込めた歌いっぷり(シャウトとかねー)の曲があってもいいのになーというのが正直なところでした。その分ARATAもYUTAKAも歌上手くなって~歌えてるんですけどね~。3人のバランス的には申し分ない!でも、アクセント的にHIROのシャウトがあると違ったかなー特に2曲目はサウンド面では最新のLil’Jonサウンドに追従するような形で素晴らしい曲であるからこそ、もっと吼える感じが欲しかったな~そしたら名曲になったのに!で、この1枚ではカバー曲の「I’LL BE THERE」が彼ららしさを一番出していますね。このカバーは本当に素晴らしい!Full Of HarmonyのまさにHarmonyの美しさも堪能でき歌自体のよさの再確認もさせてくれる素晴らしいProduceです!このなんとな~く感じる物足りなさは、きっとアルバムで払拭してくれることでしょう!どの曲も完成度は高いので、アルバムのつくりがどういう風に責めてくるのかが楽しみです!

曲紹介

1曲目『Rhythm』

AKIRAがプロデュースを手がける最初のピアノのイントロがかわいらしいバラードです。さりげないStringsも透き通るいい感じで、しっとりと歌う三人の歌声と気持ちをまっすぐに伝えてくれます。バラードが好きな人になら、誰にでもグッと胸にくるメロディーと優しげな歌がいい感じです。優しい気持ちになれるいい曲ですよー!妙にあっさり目な曲なのですが・・・

2曲目『Jack Pot』

ノリのいい彼ららしい一曲!しかもUsherのYeahの影響をもろ受けましたっていう感じLil’ Jonサウンド(クランチサウンド)を意識したHIROの作曲作詞なのですが、こういう好きなことを好きな風にするっていうところが、ストレートな彼ららしくて好きですね。音数少ないバックサウンドの上を言葉数多くかぶせていくのが、今風なR&Bを意識していて、踊れる曲に仕上がっています。一緒にYeah!って叫びたくなります!アルバムでもこういうサウンドが中心なのかなと期待させてくれます。遊び心溢れる面白い曲でもあります。欲を言えば、うまくHIROの激シャウトが聞きたかったかなー。

3曲目『I’LL BE THERE』

もう説明不要の名曲のカバーですが、彼らが歌うとまた艶やかさと優しさが増しますね~。ギターサウンドが素晴らしい!そして、3人のハーモニーの響きが一番きれいな一曲に仕上がっていて、うっとりと聞いてしまいますねー。このシングルではこのカバー曲が一番いい曲ですね!

www.foh.com