Coop DeVille / Truth Lies and Relations

01.Get This Money feat.Top Key
02.Can’t Ge Enough
03.I Don’t Wanna
04.Treaser I
05.Apologize
06.I wish
07.Ex Girlfriend
08.Crush On You
09.One Two [Coming 4you]
10.The Room
11.Teaser 2
12.Here Comes The Rain
13.Wanna Be You Man feat.Daddy Vee
14.Truth, Lies, & Relations
15.Radio

(総評)

D.COOPと、TRELL BLAZEの二人組みによるボーカルデュオ!もうK-Ci&JoJo,Ruff Endzなどの90年代R&Bデュオが大好きな人にはたまらない曲が満載です!サウンドからしてもうあのころを思い起こさせるちょっとした懐かしさをもったサウンドが多く、そこにこういうグループいたよねーと思わせるハーモニーのかけあい、シャウトの応酬、ボコーダーを効果的につかった雰囲気など、なかなかツボを心得たサウンドと歌唱法をしてくれます。
どの曲もいいですが、やっぱり、6曲目「I Wish」での壮大なメロディーとツボを心得たシャウトやフェイクがたまりません!こういう曲もあれば、もろR&Bっていう感じのサウンドも聞かせて、HIPHOPサウンドや、さらには、15曲目のようなJODECIのようなコーラスワークもみせてくれたりと、あーこの人たち本当にR&Bが大好きなんだなーと聞いているほうまでうれしくなってしまいます。
これほどしっかりとこの年代の再現をできる人たちはなかなかいないですよ。90年代の雰囲気から離れようとしてたのが、2000年以降のアーティストでしたが、これからはあえて90年代のR&Bサウンドを目指したアーティストが数多く現れそうな予感がします。
JODECIやDru Hill、さらにはボーカルデュオが大好きな人にはぜひ聞いて欲しい一枚です!これぞR&Bのカッコよさっていうのを良くわかっているアーティストです!
オススメ:(6),(14),(2),(5),(9)

“Coop DeVille / Truth Lies and Relations” の続きを読む

713 Seville / TEST DRIVE

01.Take A Test Drive
02.I Don’t Think You’re Ready
03.Get Money – Ft.Endo
04.I’m A Freak – Ft.Korey B
05.Freakin You
06.Cause I Love You
07.Take It Slow
08.I Like It
09.Work – Ft.Endo
10.What’s Your Name
11.Let’s Get Personal – Ft.Endo
12.First Time Feelin
13.Man For You
14.As Long As I Have You
15.Love Is Gone – Ft.Hit
16.Use To Be

(総評)

2007年インディーズファンの間で話題騒然となったボーカルグループ713 Seville!その流通の悪さから手に入れられる人も少ないのですが、そのボーカルグループとしての完成度の高い作品に、驚きを隠せません。素晴らしいバラードから、カッコいいUP、HIPHOPトラックまで様々な曲調を、90年代のボーカルグループってこうだったよねーっていう思いにふけさせてくれるほどに、忠実にそしてオリジナリティーをもって表現してくれるのです。
特に中盤に見せるセクシーな雰囲気の楽曲の完成度がすこぶる高いのです!5曲目から8曲目まで、どの曲も、完成度が高くて、思わず目を閉じて、聞き入ってしまいます! インディーズということもあって、同じようなサウンドが多いのは事実なのですが、それでも聞き飽きない魅力に溢れた歌をみせてくれています!メインボーカルの歌い上げっぷり!シャウトっぷりだけじゃなくて、バックコーラスの厚みと美しさやここぞというときの盛り上がり方!その辺のいやーボーカルグループ好きのツボを心得ているな-って言うところや、さらには、メロディーワークの素晴らしさ!美メロとはちょっと違うのですが、いいメロディーやフレーズが多く、聞き入ってしまうことがとても多いのです!全体的に派手さはないのですが、ボーカルワークっていいいなーと改めて感じさせてくれる実力派グループの登場です
なんせ流通が悪い・・・日本では、Bout Records以外は入荷が厳しい状況で、USでも流通にのっていないというレビューするには心苦しいのですが、でも見つけたら買ってみてください!このアルバムが2ndアルバムになります!
オススメ:(1),(2),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(14)

“713 Seville / TEST DRIVE” の続きを読む

R.E.A.L / R.E.A.L

01.Intro
02.Star Makers
03.R.E.A.L. Rock
04.Get Radical
05.Know You More
06.Everything (Interlude)
07.Everything
08.Made a Difference
09.The Story
10.The Story Pt.II
11.Shoulda Known Better
12.Wait
13.You Are The ONly One feat.Kristyn Joseph
14.Lost feat.Marcus Cole
15.I Know
16.On The Inside (Live)

(総評)

あまり流通にはのっていないのですが、素晴らしいボーカルグループなので、アップします。Scott Forbes III, Jarmone E. Davis, Clifton Ross IIIというワシントンで活動する3人組ボーカルグループ!ゴスペルグループなのですが、21:03やJ Mossのような流れを汲むきちんとした歌の実力に裏打ちされつつも、アップサウンドを得意とするグループです。もちろん綺麗で美しいバラードからかっこよく渋い曲まで幅広くいろんな曲に挑戦して、アルバム通すし聞いても、楽しめる一枚になっています!
3曲目の「R.E.A.L Rock」からして、もうアゲアゲで盛り上がっちゃうような昂揚感の塊のようなサウンドで、聞き手に一気に迫ってきて、5曲目「Know You More」、7曲目「Everything」でそういう奇抜なアップだけじゃなくて、R&B然としているクールで丹念なメロディーとコーラスワークでボーカルグループとして実力があるところをこれでもかと見せ付けてくれます。そして、13曲目「You Are The ONly One feat.Kristyn Joseph」で美しいデュエットソングを聞かせその後も美メロで、3人のハーモニーの美しさで驚かせてくれます。本当にどの曲も個性があって、なかなか幅が広いグループで今後が楽しみになります。いかようにも、対応できる幅広さがあるので、今後どのようなプロデューサーと組んでいくかで、どんどん新しい魅力が発揮できそうです。でも、1曲目のなんかみんなでおしゃべりみたいなのはいらなかったとは思いますが。そういうところはやっぱりインディーズかなと思いますが、ぜひぜひ、手に入れて欲しい。まずはMYSPACEで動画をお楽しみください!
オススメ:(3),(5),(7),(13),(14),(15),(16)

“R.E.A.L / R.E.A.L” の続きを読む

Angie Stone / the art of love & war

01.Take Everything In
02.Baby feat.Betty Wright
03.Here We Go Again
04.Make It Last
05.Sometimes
06.Go Back To Your Life
07.Half A Chance feat.Chino
08.These Are The Reasons
09.My People feat.James Ingram
10.Sit Down
11.Play Wit It
12.Pop Pop
13.Wait For Me
14.Happy Being Me feat.Pauletta Washington

(総評)

2007年随一の女性アルバムといえば、このAngie Stoneの最新作でしょう!徐々に作風に深みと聞きやすさをブレンドさせながら、聞き手をどんどん魅了していくAngie Stoneが今回は、物凄いアルバムを作り上げました。
なんといってもJames Ingramを招いた9曲目「My People」の完成度の高さのずば抜け具合!もちろん前作あたりから見せつつある一度聞いたら忘れられないメロディーメイカーとしてのすばらしい才能を感じさせる曲は数多くあるのですが、その歌合戦の圧巻具合がもうこの一曲がずば抜けているのです!こういうパワフルで元気がいい曲って最近なかったので、本当に聞けてうれしいですねー!もう聞いて踊りたくなります!もちろんそれ以外の曲も魅力的な曲が数多く収録されているアルバムで、彼女の経歴上1番という評価も納得のできです!確かに初期の作品はあれはあれでNew Classic Soulを体現した名盤でしたが、きっとこのアルバムはいつでも気持ちよく!末永く聞けるアルバムになるでしょう。それほどに、聞く人を選ばずに、あーかっこいい!あーきもちがいい!って主輪あせるのにたる歌力にあふれた作品になっています。今女性ボーカリストの中でも随一とも言える艶っぽさとパワフルさを兼ね備えたソウルフルなボーカリストであることは間違いないことを証明してくれています!アルバム全体と通して、本当に楽曲の水準が高さをまざまざと見せ付けてくれて、どの曲も飽きずに聴き進めることができます。まさにこれぞ現代版のソウルアルバムでしょう!
オススメ:(9),(1),(2),(3),(7),(8),(11)

“Angie Stone / the art of love & war” の続きを読む

DIGITAL BLACK from Playa / The Autobiography of Benjamin Bush

01.Intro – The Audobiography
02.Luv In My Mind
03.Call In
04.I Want U feat.B Simm
05.Beake Me Down
06.Cut 2 Night
07.Window Pane
08.After I
09.Dayz of Our Lives feat.Rashon Vorner
10.Sometimes
11.Anything
12.Benefits

(総評)

はやくもDigital Blackの2枚目が登場!2006年に衝撃の復活を遂げたPlayaのDigital Blackがその衝撃の残るままに、新作を届けてくれました!前作は亡きAaliyahとの作品もあったり、Playa活動停止後の活動の集大成的な一枚でしたが、ここではDigital Blackのまさに新譜!といえる衝撃が詰まった作品に仕上がっています!本当に、2007年にこれほどシャウター好きのための、アルバムがでるとは思いませんでした。どの曲でも彼の新たな魅力を感じさせるに足るすばらしい歌声を聞かせてくれています。
どの曲でも、その粘着質な歌声から一気に爆発するシャウトの魅力を見せてくれるのですが、それと相まって楽曲の完成度がすこぶるいいのです!特に3曲目「Call In」でのイントロからの期待感!そしてその期待に答える見事な歌いっぷり!そして、8曲目「After I」や7曲目「Windwos Pane」で見せる90年代を生き抜いたアーティストにしか出せないであろう見事な濃密なR&Bサウンドとそれを活かしきれる歌いっぷり!圧巻されてしまうほどに、どの曲もこういうアルバムまってたんだよなーと思わされます!そういうR&Bらしさだけじゃなくて、もともとはTimbalandファミリーの一員だったのを感じさせるHIPHOPビートも利かせてくれます。特に9曲目「Anything」の奇抜でデジタルなサウンドは、まさに革新的でさえあります!10曲目「Sometimes」で見せる歎美で儚げな一曲もこのアルバムに色を添えてくれています。この一枚でR&Bのベーシックなところから、革新的な部分までを網羅していて、今2008年だからこそ聞くべき一枚になっています!
そして2008年に入って、同じPlayaのメンバーのStatic Majorの訃報が届きました・・・Aaliyahの名曲を手がけた彼までも・・・Digital Blackには濃いR&Bの伝承者として、これからも精力的に作品をリリースしてほしいです!本当に前作からほとんどインターバルなしにここまでの作品を届けてくれるとは思いませんでしたね~。R&Bの濃くてかっこいい歌が聞ける一枚がほしい!って人は、絶対に買うべき名盤です!そしてなんとHMVとかでもCD-R盤からCD盤が流通することになったみたいです!
オススメ:(2),(3),(5),(7),(8),(9),(10),(11)

“DIGITAL BLACK from Playa / The Autobiography of Benjamin Bush” の続きを読む