Anthony David / Acey Duecy

01.Stop Playin’
02.Something About You
03.Smoke One
04.Words Feat.India Arie
05.Lady
06.Spittin’ Game
07.Kinfolk
08.GA Peach
09.Cheatin’ Man
10.Cold Turkey
11.Krooked Kop

(総評)

ネオソウルやアコースティックソウルと呼ばれはやったサウンドを、周到しながらもしっかりと独自色やよりFUNKやかっこよさを感じさせる孤高のアーティストAnthony Davidのメジャー作品です。3作目にしてついにメジャー作品としてリリースされることになりました。しかも今作では、India Arieも参加して話題性も高く、彼女が参加している曲では、デュエットとしての完成度もとても高くなっています。3作目にして、音楽性を広げてきていて、さらに進化しているということを感じさせるアーティストも珍しいと思います。今後に期待させてくれるアーティストの一人です。
前半のファンキーさや歌のかっこよさは、アコースティック中心のアルバムとしては特筆すべきものがあります。さらにアルバム通して聞けるサウンド面の多彩さは、アコースティックサウンドを中心としたアルバムとしては力作といえるでしょう。ただ、2枚目とかなりだぶりがあるので、それをもっている人は、微妙ですが・・・アルバムとしての完成度やまとまり具合はこちらの方が聞きやすいし、いい感じですよ。1st,2ndをもっている人はちょっと買うのを躊躇するかもしれませんが。オススメ:(6),(1),(2),(3),(4),(8)

“Anthony David / Acey Duecy” の続きを読む

The Tony Rich Project / Exist

01.Part The Waves
02.It Would Be A Sin
03.Jordan
04.According To You
05.Sugar Hill
06.Sweet Addiction
07.I Wanna Be
08.Anymore
09.Oh Baby
10.I Already Know
11.Walk With You Throught It

(総評)

Tony Richの通算5枚目となるアルバム!ニュークラシックソウル時期に出身のアーティストとしてはインディーズでのリリースとなりながらも、着実なスパンでリリースを続ける脅威のシンガーソングライターです。しかもどの時期にも駆れらしさというのは失われず、時代に流されることなく、普遍的なメロディーのよさを聞かせてくれています。特に、メジャーシーンで聞かれるようなキャッチーさが売りのメロディーではなくて、地味にいいなーと心にじわじわと響いてくるようなそんな楽曲をTony Richらしい淡い憂いのあるような歌声で聞き手をゆるりとひきつけてしまうのです。
なんといっても、1曲目「Part The Waves」の穏やかな空気感が支配するギターサウンドが見事です。何よりもゆったりとした中にもメロディーの美しさを感じることができます。美しいだけではなくて、ニュークラシックソウルの一員に数えられるほどの、静けさをもったファンキーさという独特な楽曲も収録されていて、5曲目「Sugar Hill」などめちゃくちゃクールですばらしいです!さらに、6曲目「Sweet Addiction」での流れるような軽快なメロディーラインもこのアルバム随一の見せ所で、思わず一緒に歌いたくなるような心地よさがあります。癖になるようなメロディーがたまらない浮遊感漂う7曲目「I Wanna Be」!この曲のなんとも切なげで、ゆれるようなTony Richの歌い方は彼の真骨頂ですね!このメロディーに彼のセンスのよさが現れています。10曲目「I Already Know」で見せるクールな力強さも、ベテランらしい間違いがない確信を感じさせてくれます。そのほかの楽曲もやさしいTony Richの歌声がいかされて、種類豊富な素敵なサウンドに満たされた一枚になっていて、心地よくその派手ではないんだけど、美しさを感じさせるメロディーにうっとりとさせられます。
センスのある一枚を探している方、決して派手ではないけど、美しいメロディーを聞けます。さらにギターサウンドのR&Bが好きな人にはたまらない一枚でしょう。オススメ:(1),(5),(6),(7),(10)

(Producer)

Tony Rich:All Produce

(LINK)

Official Website
☆☆☆☆