久保田利伸 / ooh wee Rida

(概説)

久保田利伸ひさびさのアップテンポなお得意のバウンスビートにのった最高にファンキーな一曲!Chryslerとのコラボ企画から生まれた楽曲で、爽快感やスピード感を感じさせる軽快なビートと、絶妙なボコーダーの使い方が、もう最高すぎます!これぞ久保田!っていうほど彼にしかできないファンキーさを見せてくれています。特にこのボコーダーの使いっぷりは90年代を思い起こさせるほどにシュールでたまりません。思わず聞くと、一緒に体をバウンスさせたくなるような一曲です。
PVも白と黒を基調になった感じで、PVもネットで無料でみれるので、ぜひ見てください!本当に完成度が高いものになっています!ネット配信だけなんてもったいな~い!

OFFICIAL

Anthony David / Acey Duecy

01.Stop Playin’
02.Something About You
03.Smoke One
04.Words Feat.India Arie
05.Lady
06.Spittin’ Game
07.Kinfolk
08.GA Peach
09.Cheatin’ Man
10.Cold Turkey
11.Krooked Kop

(総評)

ネオソウルやアコースティックソウルと呼ばれはやったサウンドを、周到しながらもしっかりと独自色やよりFUNKやかっこよさを感じさせる孤高のアーティストAnthony Davidのメジャー作品です。3作目にしてついにメジャー作品としてリリースされることになりました。しかも今作では、India Arieも参加して話題性も高く、彼女が参加している曲では、デュエットとしての完成度もとても高くなっています。3作目にして、音楽性を広げてきていて、さらに進化しているということを感じさせるアーティストも珍しいと思います。今後に期待させてくれるアーティストの一人です。
前半のファンキーさや歌のかっこよさは、アコースティック中心のアルバムとしては特筆すべきものがあります。さらにアルバム通して聞けるサウンド面の多彩さは、アコースティックサウンドを中心としたアルバムとしては力作といえるでしょう。ただ、2枚目とかなりだぶりがあるので、それをもっている人は、微妙ですが・・・アルバムとしての完成度やまとまり具合はこちらの方が聞きやすいし、いい感じですよ。1st,2ndをもっている人はちょっと買うのを躊躇するかもしれませんが。オススメ:(6),(1),(2),(3),(4),(8)

“Anthony David / Acey Duecy” の続きを読む

koyumi / SUNSHINE / かならず

(概説)

TrackMaker兼Singerのkoyumiが歌い上げる英語詞バージョンの「Sunshine」と、日本語詞バージョンの「かならず」が、iTunesで、リリースになりました!その細い体からは想像も付かないかっこいいパワフルな歌声で、聞き手をぐいぐいひきつけていきます。さらに、TrackMakerとしても非凡な才能をもっていて、一回聞いただけで忘れない、美しいピアノのメロディーと、本当に耳に残る独特なシンセの音色は、ものすごいインパクトがあります!そして、シンプルでいて、心に残るメロディーラインがたまりません。転調の仕方とかも、本当に無駄がなくて、特にその力強い詞の世界観も心に残る「かならず」は本当にいい曲だと思います。同じ曲でありながらも、英語詞と日本語詞で、まったく違う二つの詞の世界を作りだせるという点も、作曲家としての多彩さを感じさせます。

OFFICIAL
OFFICIAL MYSPACE