Jay Sean / My Own Way

01.Ride It
02.Maybe (Jremy &Bobby Bass Album Version)
03.I Won’t Tell
04.Stay
05.Stuck In The Middle
06.Good Enough
07.Cry
08.All or Nothing
09.Runaway
10.Waiting
11.Used To Love Her
12.Just a Friend
13.Murder
14.Easy As 1,2,3

(総評)

Jay Seanの2ndアルバムが早くもリリース!前作の人気っぷりが伺えるってものです!前作ではインドなどを連想させる独特の楽曲のセンスと、その中に隠れたすばらしいメロディーセンスで、R&Bフリークを虜にしてくれましたが、今作ではその本物のメロディーセンスを、これでもかと聞かせる全うなR&Bアルバムに仕上がっています!これほどまでに、魅力的なメロディーがかけるのかっていう驚きは、一時期のNE-YOを抜くほどです。どの曲も魅力的でいて決してめちゃくちゃ歌い上げれるとかの声の特徴は無いながらも、丁寧で美しい歌声でしっかりと聞かせてくれます。
すべての曲が魅力的なメロディーに溢れていて、どれも一度聞くといいなーと思わせるに足る魅力を持っています!そして、時にクールだったり、妖艶だったり、やさしかったりと、基本艶のあるスマートだけど力のある歌声なのですが、いろんな要素の魅力をその歌声にうまく楽曲やメロディーと絡み合わせることで魅せてくれています!!特に7曲目Cryでの疾走感とかは、本当に魅力的です!一回聞いてうわ!かっこいい!と思わせてくれます!さらに2曲目でもアップで見せてくれて、そして4曲目、5曲目とNE-YO好きも納得のいいメロディーのミドルテンポの曲を聞かせてくれたりします!ちょっと同じような雰囲気の曲が多いかなと思わせるところもありますが、適所にいいメロディーの曲が入っていて、アルバム通して飽きさせないすばらしい一枚に仕上がっています!ぜひいい歌を聞きたい人は手にしてくださいねー!ここ最近のこういうメロディーで聞かせるアルバムの中では抜きんでています!
オススメ:(1),(2),(4),(5),(7),(10),(11)

“Jay Sean / My Own Way” の続きを読む