Jay Sean / My Own Way

01.Ride It
02.Maybe (Jremy &Bobby Bass Album Version)
03.I Won’t Tell
04.Stay
05.Stuck In The Middle
06.Good Enough
07.Cry
08.All or Nothing
09.Runaway
10.Waiting
11.Used To Love Her
12.Just a Friend
13.Murder
14.Easy As 1,2,3

(総評)

Jay Seanの2ndアルバムが早くもリリース!前作の人気っぷりが伺えるってものです!前作ではインドなどを連想させる独特の楽曲のセンスと、その中に隠れたすばらしいメロディーセンスで、R&Bフリークを虜にしてくれましたが、今作ではその本物のメロディーセンスを、これでもかと聞かせる全うなR&Bアルバムに仕上がっています!これほどまでに、魅力的なメロディーがかけるのかっていう驚きは、一時期のNE-YOを抜くほどです。どの曲も魅力的でいて決してめちゃくちゃ歌い上げれるとかの声の特徴は無いながらも、丁寧で美しい歌声でしっかりと聞かせてくれます。
すべての曲が魅力的なメロディーに溢れていて、どれも一度聞くといいなーと思わせるに足る魅力を持っています!そして、時にクールだったり、妖艶だったり、やさしかったりと、基本艶のあるスマートだけど力のある歌声なのですが、いろんな要素の魅力をその歌声にうまく楽曲やメロディーと絡み合わせることで魅せてくれています!!特に7曲目Cryでの疾走感とかは、本当に魅力的です!一回聞いてうわ!かっこいい!と思わせてくれます!さらに2曲目でもアップで見せてくれて、そして4曲目、5曲目とNE-YO好きも納得のいいメロディーのミドルテンポの曲を聞かせてくれたりします!ちょっと同じような雰囲気の曲が多いかなと思わせるところもありますが、適所にいいメロディーの曲が入っていて、アルバム通して飽きさせないすばらしい一枚に仕上がっています!ぜひいい歌を聞きたい人は手にしてくださいねー!ここ最近のこういうメロディーで聞かせるアルバムの中では抜きんでています!
オススメ:(1),(2),(4),(5),(7),(10),(11)

(曲解説)

01.Ride It

前作の妖艶な感じを持ちつつも、よりシーンにそった爽やかな心地よいメロディーセンスを見せてくれます。このうねり流れるようなメロディー一発で聞くものの気持ちを鷲づかみにしてくれます。バックトラックはどこか爽やかさの中に切なさを持っていて、夏でもしっとりと聞くことが出来ます。最後にかけてのフェイクやコーラスワークの見事さで、彼の本物の実力を推し量れます。

02.Maybe (Jremy &Bobby Bass Album Version)

もうこういう跳ねるようなトラックに軽快なメロディーが乗るところは、NE-YOよりもすばらしいですね。前作は不思議な雰囲気を前面だしつつも、実はすばらしいメロディーなんだよって感じだったのですが、この作品ではそのメロディーセンスのすばらしさを前面に出してくれています。思わず体が揺れてしまいます。

03.I Won’t Tell feat. Daytona

ここでは、よりBobby Valentineのような時に力を入れて歌う抑揚をつけたメロディーをなぞる様な歌い方で、聞かせます。本当にどの曲も水準が高くて、前作を本当に軽く凌駕しています。リピートしながらの終わり方がJay Seanらしいなって感じます。

04.Stay

イントロの繊細な音から来たって気分にさせてくれる、クールかっこいい一曲!切ないメロディーにどんどん緊張感を増していく歌!繊細な歌声で、切なさを余計に倍増してくれます。サビのメロディーは思わず目を閉じて聞き入ってしまいます。流れるような美しい一曲です!

05.Stuck In The Middle feat.Jared Cotter

どうしてもNE-YOと比較したくなりますが、これが本当にNE-YO好きには、絶対にたまらないすばらしい一曲なのです。こちらも、切なげな歌い方から、徐々に疾走感をまして行くメロディー展開が実に見事です!ここまでメロディーで聞かせられるとは、驚きです!

06.Good Enough

やわらかい曲調に、そっと添えるように歌をつむいでいきます。ちょっとキャッチーなメロディーを作らせたら本当に凄いですね。サビできちんと聞き手の気持ちを持っていってくれます!

07.Cry

クールなサウンドに情熱的なメロディーと歌が見事に絡み合って、クールなだけじゃなくて、サビで強烈に盛り上がっていきます。シリアスなメロディー展開がより緊迫感を増していき、一気にサビで切なさとかっこよさが同居した見事なメロディーで心をひきつけてくれます。サウンドも、奇抜さはなくて、シンプルなサウンドでじっくり聞かせてくれていて、誰が聞いても楽しめる一曲です!このアルバム最大の見せ場ともいえる壮大さも併せ持っています!

08.All or Nothing

このアルバムの中ではかなり楽曲もメロディーもシンプルで、歌声で聞かせる感じの一曲です。本当に奇抜なことをやらないと、気持ちがいい爽やかな歌声なんだな~と改めて思わされます。顔の濃さとは正反対です!

09.Runaway

1stの奇抜さと、最近のUSのサウンドも取り入れたような、アップサウンド!この独特な複雑に男性の低音ボイスや、さまざまなビートが絡み合う感覚をうまく乗りこなす絶妙のリズム感とセンスは、Jay Seanの最高の武器ですね。今回は奇抜さの中にかっこよさがるっていうよりも、より洗練されて、かっこよさの中にある奇抜さが、よりかっこよく見せてくれています!

10.Waiting

もろこれはUS Singerがやりそうな雰囲気の一曲ですね~。しかもちょっと前のUsherとかが得意としていた、感じをモロに取り入れています!8701のころのUsherがよくやっていて、メロディー展開を見せてくれますよ。シャウトも切れがあってかっこいいです!本当に、楽曲にも歌にも隙がないですね。

11.Used To Love Her

テンポがいい弾むような歌い方で、かわいらしい曲調から、スリリングなサビを効果的に聞かせてくれます!「Used To Love Her」というそのままのフレーズをどんどん繰り返していくその疾走感といったら、ここ最近ではなかなか感じられないかっこよさですよ。本当にここまでどの曲のメロディーも一度聴くと忘れないし、サビだけじゃなくて、Bメロとかすべてのメロディーが印象的で耳に残るのは本当に凄いです。

12.Just a Friend

ここでも、ひねることなく歌のよさをじっくりと聞かせてくれます。1stの独特の感じが好きだった人にはきっと物足りないかなって思うほどに、正統派なPOPS具合をもっていて、UKらしいといえばUKらしいです。日本人受けするメロディー展開のいい歌ですね!

13.Murder

ここでは女性シンガーを招いて、また違う魅力を見せてくれています。Rapperや、女性シンガーとかで、独特の合いの手を入れてくるのが、この人らしいんですよね。サウンド的にはモロにR&Bしてますが、前作の雰囲気を少しもっている曲でもあります。

14.Easy As 1,2,3

メロディー展開がどこかで聞いたことあるなーって思わせるのですが、彼にしてはひねりが少ない感じの一曲ですが。美しいメロディーが印象的で、1,2,3,A,B,Cというありがちな詞が、覚えやすくて、ついつい口ずさみたくなります。

(Producer)

Alan Smapson:(1),(4),(12),(14)
J remy:(2),(3),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(13)
Bobby Bass:(2),(3),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(13)

(LINK)

OFFICIAL
OFFICIAL MYSPACE
YOUTUBE

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です