Shaun Escoffery / Move Into Soul

01.I Heard It Through The Grapevine
02.Aht Uh Mi Hed
03.A Change Is Gonna Come
04.She’s Gone
05.Why Can’t We Live Together
06.Solid Air
07.Blame It On The Sun
08.Who Is He And What Is He To You
09.Hercules
10.Feeling Good

(総評)

エレクトロニックなハウスっぽいソウルサウンドを前作で聞かせて、R&Bよりもハウス界の方でうれたシンガーShaun Escofferyの第二作!これがもう素晴らしいソウルカバーアルバムなのです、適度なエレクトロニックなエッセンスを加えつつ、もともと歌のソウルフルさには定評があっただけに、こういうソウルカバーがとてもあうんですねー!本当に渋いかっこよさをもっています!
この独特の雰囲気をもったアーティストがソウルのカバーをやるっていうだけでも面白みがありますし、さらに実はハウス界に注目されるまでは、その歌声の黒さでソウル界から相当注目を受けたいたシンガーであるので、今回のソウル回帰はうれしい限り!
特にやっぱり1曲目「I Heard It Through The Grapevine」での熱い歌い上げっぷり、さらに3曲目「A Change Gonna Come」の極上カバー!いやーもうハマりすぎでしょう~この声でこのカバーはやりすぎです!素晴らしすぎですね~。4曲目「She’s Gone」の素晴らしいこと!こういうカバーでみせる彼の実力の高さは物凄いですね。 どの曲もソウルフルであるだけでなく、ブルージーで渋いんです!その渋さに完全にノックアウトさせられます。後半のドス黒いファンキーさと渋さをもった味のある曲たちは、ここ最近ではみられないほどのソウルっぷりをみせてくれます。前作のハウスっぽさがどうにも受け入れられなかった人には、Shaun Escofferyをもう一度評価しなおすのにも聞いてほしいですね。誰にでもオススメできる盤ではありませんが、現代に残る数少ない本物のソウルを愛する人には聞いてほしい一品です!これぞソウルです!
オススメ:(1),(3),(4),(6),(8),(9)

“Shaun Escoffery / Move Into Soul” の続きを読む

Full Of Harmony / Brand New Day

(概説)

なんとあのNE-YOと日本を代表するR&BグループであるF.O.Hが一緒に仕事をした曲Brand New Day!もうその話題だけでも騒然としてしまいますが、NE-YOらしいSweetかつやわらかい音使いが特徴のバラードになっています。F.O.Hがアメリカに出向いて一緒に仕事をして、お互いにほぼ対等に仕事をしてきたということ自体が、これから新しい幕開けを感じさせます。これからは、アメリカのアーティストと仕事を話題づくりのために依頼するってよりもきちんと現地にいってこのように共に作り上げていくスタイルが定着していけば、J-R&Bも内からだけでなく外から本場からの影響も受け、より進化していくのではないかなと感じさせてくれます。
どちらの曲もまったくタイプが違うので、お互いに面白い相乗効果を生んでいるのですが、やっぱりNE-YOの曲の心地よさっていうは、Full Of Harmonyの今までの作品にはない、よりメロディーの心地よさを追求したような作品で、F.O.Hの新境地を見せてくれています。
カップリングでも、ARATAのRapや、緩急の織り交ぜ方など、彼らが常に成長していることを、示してくれます。日本のR&B界を引っ張りつつ、常に止まることなく自分達の表現方法を追及しています。
ただNE-YOがソロ用の曲が多いことからわかるように、グループとしての味という点では、ちょっとF.O.Hらしさが抜けてしまっているなと感じるところもあります。でも、さすがNE-YOと思うところもあったりします。洋楽のよさを邦楽の世界でも表現できている貴重な一曲です。

曲紹介

01.Brand New Day

Ne-Yoらしいサウンド使いがなんともうれしいBrand New Day!ついに日本人のアーティストが対等にノリにのっている洋楽のR&BのProducerと仕事をした作品として貴重な一枚となることは間違いないです。ちょっと軽めで淡い感じのうわ物の使い方が、なんともNE-YOらしいのですが、VocalのアレンジもNe-Yoらしい雰囲気がたっぷり入っていて、心地よく耳に入ってきます。今までのF.O.Hにはない、何度も聞くことで、徐々に体に馴染んでいきます。

02.KABUKI道

もう、いかにもF.O.H!って言う感じのUPサウンドがこのKabuki道!ちょっと和な雰囲気を混ぜ合わせたサウンドだけではなく、UP一辺倒だけでなくて、緩急を織り交ぜたところが、Full Of Harmonyの新境地!今回は、ARATAもRapを披露し、さらに、表現方法の幅を広げてきて、スリリングにどんどん手札が出されるかのように入れ替わり立ち代り3人がそれぞれに勢いを見せてくれます!正直こちらの方がおもしろいな~と思います!

OFFICIAL

Roi Anthony / The Prelude | THE TRUE SOUL EXPERIENCE

01.the prelude
02.cutiest
03.groove swing
04.brand new
05.shorty
06.caddy (where my baby at)
07.freaky
08.miss you
09.?
10.long way from home remix feat.pallo

(総評)

その盤の値段は数万円とも言われる90年代を代表するレアなグループLe’JetのリードシンガーRoi Anthonyが、2007年ソロで復活を果たしました!はやりそのソウル香るグループの雰囲気をそのままに、力強い歌と果敢にもシーンに挑戦するパワーを見せてくれる一枚です。
最初から、歌力で聞かせるシンプルな構成の歌が目白押しで、ぐいぐいそのパワフルなストロングボイスで聞き手をずぶずぶとその世界に引き釣り込みます!ソウルフルな渋さと、時に甘い大人な歌声を聞かせ、王道ソウルを次々と披露していきます。
圧巻はなんといってもイントロの「the prelude」での劇唱っぷり!そこから一気に甘いスウィートソウルの世界へと引き込む2曲目「cutiest」のメローっぷりたら・・・もう70年代のアーティストを見ているかのごとく、渋さとエロさです。さらに4曲目「Brand New」では、あの「You Make Me Feel Brand New」の見事なサンプリングというか、ラッパーまで招いた今風のカバーを見せてくれるその斬新さも素晴らしい!ここでの声が裏返るかどうかの微妙なラインを歌い上げるRoiの歌いっぷりがR&B好きにはたまらないものがあります!8曲目、9曲目とそのねっちょり具合は深みを増し、ソウルフルで甘い溶け出すほどの歌を聞かせてくれます。
今風のサウンドに挑戦したりと現行シーンへのアピールもして、古い曲調への敬意も忘れずにさすがとしかいいようがない歌をじっくりと聞かせます。たとえLe’Jetをしらなくても、その歌力にほれ込むこと間違いないでしょう。2007年によみがえったリアルソウルシンガーの迫力を体感しましょう。
オススメ:(1),(2),(4),(8),(9)

“Roi Anthony / The Prelude | THE TRUE SOUL EXPERIENCE” の続きを読む

Maurice / Baby

(概説)

ロス在住のセクシーな歌声を聞かせる若手シンガーMauriceのシングル”Baby”!しっとりとした雰囲気に美しいメロディーを乗せて歌い上げていきます。これからを期待させる見事な完成度の一曲になっています!徐々に怪しくも魅惑的にファルセットとシャウトを繰り返して盛り上がっていく様は見事です!ちょっとウェットな感覚で、しっとりと聞かせてくれます!
iTunesでひっそりとリリースされていますが、ぜひ聞いてみてください!

OFFICIAL MYSPACE

Tank / Sex Love & Pain

01.Coldest
02.I’m Coming Home
03.My Body
04.Please Don’t Go
05.I Hate You
06.Heartbreaker
07.Who Dat
08.When
09.Wedding Song
10.My Heart
11.I Love You
12.I Love Them Girls Remix

(総評)

2007年前半を代表する一枚がリリースされました!「Sex Love & Pain」というR&Bの全てを代弁するかのようなタイトルをつけたのは、素晴らしいシンガーでもありかのAaliyahに見出されたプロデューサーでもあるTANK!そうあの実力派シンガーのTANKの3rdアルバム!1stアルバム「Force of Nature」ではR&Bチャート1位と奇抜なUPサウンドとその素晴らしい肉体美のジャケットでR&Bファンの度肝を抜き、2nd「One Man」では、素晴らしいサウンドプロデュース能力とその歌の幅広さで、見事に一流のシンガーであることを証明したTANKが、満を持して送り出したのが、この素晴らしいR&Bバラッドが詰まった、まさに歌が主役のアルバムがリリースされました!これを聞かずに2007年を語ってはいけません!このアルバムこそ現時点での最高峰のR&Bなのです!今作では、Underdogs中心に様々なプロデューサーと絡みつつ、自身の魅力をこれでもかと見せ付けてくれます!内容は美メロにつく美メロ!もうたまりません!ジャケットも1stアルバムに匹敵するほどに、肉体美までみせてカッコよく仕上げています!本当に今年No.1を与えられるべき素晴らしいアルバムができました!
TANK自身の歌声はとてもストレートであまり癖が無いのですが、その分熱く歌い上げたときのストレートに響くその力強さ、そしてその強さの中に持っているセクシーさ!このR&Bシンガーとしての十分すぎるほどの才能を聞き手に、これでもかと今回のアルバムでは見せ付けてくれています!本当にどの曲もメロディーを大事にしていて、思わず聞き入ってしまうような曲ばかりで、奇抜なサウンドに逃げるようなことは一切無く、歌一本で勝負する男気溢れる歌いっぷりを見せてくれるのです!もうシンガーとしても一流であることはこのアルバムを一度聞けば疑いようの無い事実でしょう!
なんといっても、このアルバムは1曲目「Coldest」の3部構成と、5曲目~7曲目での熱い歌立ちが主役です!1曲目では、3部構成ながら、もう今回のアルバムのイントロに相応しい熱い熱いシャウトとフェイクを存分に味あわせながら美メロで聞かせ、緩急入り混じったサウンドで、TANKの歌をこれでもかと聞かせてくれて、もう一気にアルバムの世界へと誘ってくれます!そして、アルバムハイライトともなる5曲目からの「I Hate You」「Heartbreaker」「Who Dat」で、圧倒的な情熱の詰まった熱さで、聞く人を昇天させて濡らしてくれます!もう「I Hate You」どんどん心地よい歌い込みの世界へと引きずり込んでいき、さらに「Heartbreaker」で、徐々に上り詰めていくような情熱的な熱いボーカルの魅力を存分に感じさせ、「Who Dat」では完璧すぎるほどのメロディー展開とそれをさらに圧倒する歌い上げる力強いボーカルで、聞くものを昇天させてしまいます!ここで、こない人はいないでしょう~!熱すぎます!カッコよすぎますよ。さらに、ビルボード二位を記録した4曲目「Plase Don’t Go」での刹那過ぎるほどの歌いっぷりに涙無しにはいられません!そのほかにも9曲目「Wedding Song」では1st、2ndでみせた一流のプロデューサーとしての遊び心もモロにWeddingの定番のフレーズを使うことでみせてくれたり、Tankらしさを失うことなく、シンガーとしての自分をたっぷりとUnderdogsとともにみせてくれるのです!3曲目でも熱く歌い上げたりと!もうその他の曲でも、しっかりと聞かせてくれて印象深い曲が数多くあります!もう全曲捨て曲なし!って言い切れるほどに、完成度が高過ぎる一枚になっています。こういうアルバムが、メジャーで出てくれることが本当にうれしくあり、これにどんどん続いていってくれることを願って止みません!ホント全ての曲が高水準の曲ばかりで、驚かされます!しっかりと歌いこむことで、Joeのような甘さのある声じゃなくてもセクシーでカッコいい男らしいアルバムを作れることを証明してくれています!
本当にこのアルバムは誰もが聞いてもカッコいいと言い切れる、これぞR&Bアルバムだよ!と自身をもって紹介できる超一流の出来になっています。今年は絶対にこれを聞きまくりましょう!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9)

“Tank / Sex Love & Pain” の続きを読む