瘋癲 / Flip Hop

01.Rebirth
02.Radio flip flop
03.XXX
04.come get out
05.why!?
06.YEAH OH EI !! (UH-SA!)
07.good friends feat. no-boo for tick
08.Radio flip flop
09.M.V.R. feat. MISTA O.K.I , TYPE Lo
10.Radio flip flop
11.Sugar Kut(z) feat. DJ SHARK
12.Radio flip flop
13.In The Bubbles
14.Caliente feat. ERI KAMIYA
15.Splash (interlude)
16.20000miles
17.我等は彼等へ

(総評)

瘋癲ひさびさの2ndアルバムがドロップ!瘋癲に生音ドラムを注ぎ込むサウンドマスターFUJITANIの死という悲しい事実からどういう風に乗り越えていくのかな?というリスナーや周りの心配をよそに、彼らは着実に新たなステージへの扉を軽々と開けてのけました。前作ではJazzy Hiphopなカテゴリーの中で、時に硬質で勢いがあるライムやビートを聞かせてくれてたのですが、今作では、そのROCKよりな素晴らしい勢いのある雰囲気を前面に押し上げて、瘋癲の様々な魅力を一枚にパッケージした贅沢な作りに仕上がっています。心配なんかよりも期待!わくわく感!そんな気持ちにさせてくれる力強い一枚です!心配すんな、ついてこい!っていわれてるようです。
今回はリリックも工夫されていて、前作では外国語がそのままのリリックしか書いてなかったのが、ライナーノーツには、なんとInternational盤として、外国語を日本語に、日本語を英語に訳したものがついているのが、面白い!ある意味、そのまま海外に持っていっても売れるそんなアルバムのつくりをしています。
やはりサウンド的には、PVが製作された「M.V.R」のようなカッコイイROCKなサウンドで盛り上がり、「Come Get Out」に代表されるようなJazzyで心地よいサウンドに酔わされる、さらには、インストだけの「Sugar Kut(z) feat. DJ SHARK 」のような浮遊感と心地よいを同時に持ったようなサウンドまで、瘋癲の音楽の幅広さとレベルの高さを見せ付けてくれます。今作では、B-BANDJやDJ SUWAなどのほかにもGOROという外部のプロデューサーも招いて素晴らしいサウンドを繰り広げています。
さらに、MILIとB-BANDJのRapも鋭さと爆発力をますます増して、聞くものの耳を完全にロックしてしまいます。英語だとか関係なく楽しめる!そんな韻を踏む本来の楽しさを味あわせてくれます。そして、本作でも見せてくれる神谷えりさんとの共演では、よりSOULFULな面も二人は見せ付けてくれて、Rapと歌の最高のデュエットを聞かせてくれています!神谷さんの歌も最高!そして、17曲目のようにメッセージ性の強い曲もあって、リリックの中身でも今までの彼らよりも一歩進んだところを魅せてくれます。そしてやっぱりtickのno-booが参加した7曲目でのFUJITANIに向けてまっすぐなメッセージが、聞くものの胸に突き刺さります。これは絶対聞いたほうがいいです!
これほどまでに面白く幅が広く素晴らしい音楽を届けてくれるとは、瘋癲大復活のい年でしょう!まさに、今年のJapaneseのHIPHOPのLegend!名盤です!ぜひこれは聞きましょう!
オススメ:(3),(4),(5),(7),(9),(13),(14),(17)

“瘋癲 / Flip Hop” の続きを読む

Metropolis / The Voyage

01.Intro-Welcome To The City
02.Just Move
03.Hit Tha Door
04.Soul Train
05.Dance All Night
06.Play Ya Game
07.Lovin’ You
08.Good Man
09.Kick It
10.Drunk Love
11.Interlude-City Of Metropolis
12.Crazy Love
13.Found You
14.Interlude-Closer To Light
15.Voyage
16.Summertime
17.Time Of Your Life
18.Outro-Story To Tell
19.Watching You (Bonus)
20.Be My Girl (Bonus)

(総評)

人気ウェブ・サイト、ブラックミュージックファン★ネット発のレーベルBMFNレコーズの第一弾アーティストMetropolis!彼らは、アトランタを拠点に活躍するヴォーカル・グループで、サウンド的にもはや回しネタをやったり、今風なトラック作りも得意なところもインディーズ離れしています。そうして、歌声はテナー中心の爽やかなボーカルスタイルで、ネットリっという感じではないし、4人のコーラスも濃厚な感じよりも、それぞれを引き立てるように控えめなバックがしっかりとメインを支えています。それにしても爽やかな楽曲が多いなーと思ってプロデューサーを見てみると、Carl BreedingというCo-Edというアーティストをプロデュースした人が担当していて、なるほどと納得してしまいます。サウンド的には末永く聞けるような工夫が随所にしてあって、そのサウンドの上で爽やかな4人の歌声を堪能させてくれる、末永く聞けるような一枚です。  でも、ちょっと曲数が多すぎるので、飽きがきます。特に後半は同じ雰囲気の曲や歌い方が多すぎます・・・ネタに頼ったり、もっと吼えまくりなものとか雰囲気がガラっと変わる曲があると大作になったかなと思いますが、そこまでインディーズで注文するのは酷でしょう。プロデュースもCo-EdをProduceしたCarl Breedingのみということを考えると素晴らしすぎる出来だと思います。これを機にいろいろなプロデューサーと組むととても面白いグループに成長していくのではないかなと思いました。あともう一人声質の違う人がいると面白いなーと思います。まずは、このレーベルがこういう形で発進したことに、まずリスペクトを送ります!
オススメ:(3),(4),(5),(7),(17)

“Metropolis / The Voyage” の続きを読む

Syleena Johnson / Chapter 3: The Fresh

01.The Flesh (Interlude)
02.Hypnotic (feat. R. Kelly & Fabolous)
03.He Makes Me Say
04.Special Occasion
05.More (feat. Anthony Hamilton)
06.Bulls-Eye (Suddenly) (feat. Common)
07.Classic Love Song (feat. Jermaine Dupri)
08.Phone Sex (feat. Twista)
09.Slowly
10.Time
11.Still Open
12.Another Relationship
13.Leave Me Alone
14.Apartment For Rent
15.Only A Woman
16.The Flesh – Outro

(総評)

Syleena Johnson通算3枚目となるアルバムは、2005年を代表する女性ボーカル物最高峰の一枚!1stアルバムで見せたブルージーでフェンキーでかっこいいR&B歌物の世界と、2ndアルバムで見せた現行HIPHOP, R&Bシーンでもやれるぞという力強いアピールの、ちょうど両方のバランスのとれた、今までの最高傑作と呼ぶに相応しいアルバムがドロップされました。1stアルバムのあの濃い濃すぎるほどのブルージーで味のあるボーカルスタイルというのが、僕は大好きなのですが、それにプラスアルファで、わかりやすいさというのも加わっていて、このアルバムはとても聞きやすいのに、物凄い熱くソウルフルなボーカルという絶妙のバランスで聞くほうを楽しませてくれます。彼女のフェイクは男性のシンガーにも全然引けをとらず、ある意味男性よりもセンスあるし、かっこいいのです!まさに、姉御と呼ばしていただきたいほどに、かっこいい女性です。
そんな彼女を支えるゲストと、プロデューサー陣がこれまた素晴らしい!最近のシカゴ人材の盛り上がりをそのまま持ってきたようなゲスト欄もすごいのですが、プロデューサー陣!これがすごい!R.KELLY筆頭にKay Gee、Jermaine Dupri、Keith Pelzer&Darrren Hensonなど有名どころが揃っているのに加え、ほとんどの曲を別々のプロデューサーが手がけているのです!これ凄いことです!曲はプロデューサーが違えは違うようになるはずなのに、このSyleena Johnsonという素晴らしいアーティストは、それに一本の芯を通してくれるのです。これだけバラバラなプロデューサーが関与していながら、統一感のある一枚へと仕上げているのは圧巻です。R.KELLYも歌でもProduceでもいい仕事していますが、Kay Geeがいい仕事してますね~。Kanye Westもいいしね~。あとゲスト陣では、Anthony Hamiltonとのデュエットなんていう、ソウルの・・・熱い魂のぶつかり合い見たいなデュエットもあって素晴らしいし、COMMONが温かみのある絶妙なRapをカニエのトラックの上でかましたり、TWISTAがこれでもかと、Syleenaの情念をかきたてたりと、物凄い一枚になっています。それぞれのゲストが、Syleena Johnsonという女性アーティストに尊敬の念を持って、サポートしているし、彼女も彼女が歌えば、全てが彼女中心に変わるほどに、パワフルで存在感があります!
そして、このアルバムで、目を引くのは、このジャケットのエロっぽいこと!いえいえ、SEXYなことといったら。もう、興奮させられますね。中ジャケも全て、セクシー!胸を手で押さえているところなんてたまりませんね~。いやーここまで潔くR&Bのエロスな一面を表現されたら、逆にエッチに感じるよりもカッコよく感じます、体、綺麗だしね。そして、そのジャケットを代表するような一曲の8曲目「Phone Sex」がこのアルバムのハイライトといえるでしょう~。
とにかく、曲もよければ、歌もいい!今年絶対にこの一枚を外して2005年のR&Bを語るなんてできないです!もっていなければ、ならない一枚です!
オススメ:(2),(3),(5),(6),(8),(9),(11),(12),(15)

“Syleena Johnson / Chapter 3: The Fresh” の続きを読む