Frankie J / what’s a man to do?

01.What’s A Man To Do?
02.Won’t Change feat.Gemini
03.Interlude
04.We Still
05.Wanna Know
06.Diggin Your Style feat.Baby Bash
07.Don’t Wanna Try
08.Just The Way feat.Gemini
09.Be Home Soon
10.Drinks On Me feat.Baby Bash
11.From The Outside Lookin In feat.Bussell Lee and Max Minelli
12.Ya No Esigual

(総評)

2003年度の作品ですが、レビューします。カマDの密かな愛聴盤として、聞いていた一枚です。実は、2003年BESTの10位以内に入っていたりします。聞けば聞くほどはまっていってしまう、そのスムースな歌声とメロディーライン!どの曲もかっこよく特に前半でのかっこよさ、そして、中盤での「Don’t Wanna Try」のバラードとしての美しさ!もうこの一曲があるだけで、すばらしい!もう何もいうことはない!ただただウットリと聞きほれるしかありません。それなのに、それ以外の曲たちの水準のなんと高いことか!特にこのFrankie J自らがProduceをしている曲がもうR&B好きのリスナーの心を捕らえてやまない美メロ、切なげなシャウト満載な名作!もう、これを聞かずに2003年なんてかたれんぜ!ってぐらいに素晴らしい名盤の一つです。皆さんもぜひ!特に彼自身がProduceしている曲はどれも、歌心があってメロディーラインが切なげで心地よく気持ちよくなってしまいます。決してメチャメチャバリトンボイスで吼えれるってタイプじゃなく、滑らかな高音テナーで美しいメロディーを歌い上げるタイプなのですが、それだけに終わらない絶妙な切ないシャウトをしたり、何よりまずメロディーラインを作ることにかけての上手さは物凄いものがあります。そして、基本に忠実でさえあるR&B的な前のめり的な歌い上げ方!彼は自分の特性がよくわかっていてやってるんだなーっていうのが、物凄いです。この絶妙なメロウネスを体験してみてください。
7曲目「Don’t Wanna Try」が取りざたされることが多いですが、それ以外の曲も、かなりいい曲が多く、1曲目、2曲目なども、その絶妙なミッドテンポなメロディーに心踊らされてしまいますし、Boyz2Men直系の正統派なラブソング4曲目、5曲目で純粋な歌としての勝負をかましてくれています。こういう歌でうまいってことは、マジで歌がうまいんです!でも、歌がうまいだけで終わってないのが、彼の怖いところで、1,2曲目のような曲を自分でかけるんだから、トラックメイカーとしての才能にも恵まれていることになります・・・末恐ろしい人がでてきたもんです。ぜひぜひ速いペースで新作をリリースしてくれることを祈っています。
オススメ:(7),(1),(2),(5),(6),(8),(12)

“Frankie J / what’s a man to do?” の続きを読む

Dubbel M-Paq / Traded 51:15

01.Get Down
02.Keep It Bouncin’
03.Bedroom
04.Baby Purple
05.Traded
06.My World
07.I’m Done
08.Y U
09.Delete
10.My Girl
11.Naked Truth
12.Pretty Thug
13.Black Rose

(総評)

なんと、インディーソウル販売サイトに限らず、日本のTOWERやら、HMVまでもその才能を認めて、店頭にでかでかとこの筋肉ジャケがのっちゃっている、メンフィスの筋肉変態兄弟デュオDubbel M-PAQ!弟Valentine(Ja’Mon Jones)と兄Sebastian Majic(Jeremy Jones)のJones兄弟による猛烈シャウトを得意とするデュオグループ!この二人組み、ジャケ写の見た目通りのやんちゃな二人組みで、アルバムでは、縦横無尽に突き進んでいて、まるでJODECIと思わせるような、熱いバラードを聞かせたかと思うと、面食らうようなヘンテコなアップまでこなすハッチャケぶり!めちゃくちゃ楽しいアルバムに仕上がっていて、本人達も歌を本当に楽しんでいるのがわかります!
 あまりのジャケ写の変さ加減に引く人も多いと思いますが、それを覆すような素晴らしい内容!彼らのサウンドは、変わった曲も多いですが、そのプロデュースを弟のJa’Mon Jonesことお子ちゃま顔のValentineがほとんどこなしていることからもわかるとおり、彼らのバックグラウンドの多彩さ、サウンドプロデュース能力の高さには感嘆します・・・。そして、そのサウンドの上でリードボーカルのJeremy JonesことMajic(Sebastian Majic)の猛る歌声が盛り上げます。なんせ若いですから、遊びが随所に入ってはいるのですが、音をよく聴くと90年代によく使われているようなシンセの音とかを使っていたり、メロディーがもろ90年代のボーカルグループを彷彿とさせたりと、それを補って余りあるサウンドの面白さと、歌のよさがこのアルバムにはあります!そして、二人の掛け合いなんかが入るともうたまりません・・・Rapも入ったりで、もう壮絶な一枚!この何でも積み込みましたっていう1アーティストが自分の存在感をこれでもかとぶつけてくる、これこそインディーズの魅力でしょう。若さ溢れるこの一枚にすっかり虜にされてしまいます。
 なんといっても、1,2曲目での上げっぷりには、降参です。ここまでやられてしまったら、圧倒されるしかありません。ここでR&Bなのかな?と不安に思わせておいて、一気に3曲目でかっこよすぎるK-Ciばりのフェイクかましまくっているんですから・・・そして、また4曲目でヘンテコ具合で笑わせてくれていながら、5曲目で感動的に盛り上げてくれる。まるでジェットコースターのような錐揉み状態の曲順でアルバムが進んでいきます。でもスローバラッドの時のシャウトがハンパじゃないのです!今年一番かもというぐらいにシャウトっぷりが尋常じゃありません。これほど曲ごとに違う魅力を出すなんて、この兄弟奥が深い・・・このアルバム一言ではとても言い尽くせない摩訶不思議な魅力に溢れているのです。さぁ、これを手にとって、貴方も不思議な魅力にやられてしまってください。このジャケ写に引き込まれてしまった貴方はインディーソウルの奥深さをしってしまうことでしょう。
オススメ:(1),(2),(3),(5),(7),(8),(9)

(曲解説)

01.Get Down

いきなり熱さ大爆発な一曲から始まります!勢いで押し倒しましたっていう感じがたまらない、熱さを持っていて、Rapも絶妙に入りながら、サウンド的にバウンスビートをうまく生かしたカッコイイ曲です。このあまりの上げっぷりが、ジャケ写とすごいマッチしてて、面白いです。ひたすらに吼え上げていく灼熱のような熱さをもった一曲です!

02.Keep It Bouncin’

2曲目は1曲目よりもさらに、上げてきます!サウンド的にも、チープなシンセの音が高らかに鳴り響く様が、まさに嵐が巻き起こるかのようにストレートに上げてくれ、ギターやファルセットシャウトも相まって、えらいことになっちゃってる一曲です。でも、聞いていくうちに癖になっていくこのサビのメロディーが、彼らの曲作りのうまさを表しているのですが、このパワフルさ!たまりません!。R&Bとはいえないほどにひたすら上げまくるやり過ぎな一曲です。

03.Bedroom

2曲目まで聞いた時点でちょっとやめようかなと思った貴方はちゃんとこの3曲目まで聞いてください。さっきまでのやんちゃっぷりがうそのように、情熱的に力強くシャウトしまくるバラードが展開されます。JodeciというかK-Ci直系のひたすら熱を帯びて吼えまくるボーカルに胸打たれることでしょう。このシャウトはたまりません・・・特にバックなしで吼えているときの凄さといったら・・・悶絶ものです。さっきとのギャップもたまらない、名曲といえるほどの、すばらしいR&Bバラードです。これを自分達で手がけているんだからこの兄弟の実力はものすごいものがあります。1,2曲目とギャップありすぎ(笑)

04.Baby Purple

いやーいい曲だったなーと思ったら、今度は、え?何このギターと思うようなへんてこな曲が流れます(笑)あまりうまいとはいえないRapが主体の曲なのです。サビに入る前の変な裏声のようなものが、ヘンテコ加減に磨きをかけています。長く聞いていくと彼らのこの変なセンスも愛せてしまえるようになってしまいます。最後のやる気のないLalalala~っていう掛け声が脱力してしまいます。R&Bではないですが、なぜか癖になってしまう曲です。

05.Traded

この辺に来るとなんなんだ?この兄弟って思うことでしょう。初っ端からかましまくる美しいファルセット!思わずうっとりと聞き入ってしまいます。ギャップありすぎですよ、お二人さん。この曲本当に美しい雰囲気が素晴らしくって、感動を誘うようなメロディーラインとそれを見事に力強く歌い上げていく二人の歌力に感服してしまいます。こういう曲も歌えるのかと思わず感心してしまいます。ファルセットとシャウトを絶妙に使い分け、どんどん曲を盛り上げていき、最後は美しくファルセットで締めます。最高の一曲!

06.My World

美しい後にただで終わらせないのが、彼らしい、なに?アルプスって言うぐらいに、なんかオーボエっぽい変な音がバックでなるなか、なんか語っているんですが・・・しまいにラッパまで鳴り出して・・・なに?本当にわけがわかりません、この曲は(笑)
と思っていると、普通にカッコイイサウンドにのって、ストリングスを響かせながら、しっとりと歌いつないでいきます!最初のなんだったの?って感じなのですが・・・最初のがなければかなりカッコイイ一曲だったんですよ!おしい、このおしい感じもインディーズならではなんですけど。最初は不思議すぎてかなり笑えます。

07.I’m Done

しっとりと、歌いつないでいく素晴らしい歌声に感嘆してしまうバラードです。女性の声が絶妙に絡み合い、そこへファルセットを絶妙なタイミングで絡み合わせながら、徐々に熱っぽくシャウトして吼えていきます。とても切なげな雰囲気が胸を締め付けます・・・こんな心に残る曲も歌えるなんて、本当に奥深いアーティスト性をもった人たちです。ここでは、Rapも披露しながら、心地よくも切ない一曲を歌い上げてくれます。いい曲だー。

08.Y U

ファルセットと、ゆったりとやさしい歌い方で歌う二人が絡み合う心地よい木洩れ日に溢れたような曲です。ギターがゆっくりと鳴り響き・・・心地よく胸に音が広がっていきます・・・。でも、この兄弟ただでは終われなくて、最後は熱く吠え出します!この辺に若さを感じてうれしくなります。やっぱりこの筋肉ジャケを見せられたら吼えてるのを期待してしまいますからね!

09.Delete

7曲目からは本当に曲の水準が高い!tokuこれをセルフプロデュースしてるとは末恐ろしい!ギターのリズミカルなサウンドに乗りながらも、力強く歌力を感じさせてくれるプロダクションで、メインボーカルの歌声にすっかり心奪われてしまいます。最後のフェイクもなんか斬新で面白いのです。様々な色を見せてくれる歌声が心地よく響きます。

10.My Girl

ホントこういうちょっと古めで派手めな音がすきなんだなーと感じさせる一曲!でも、メロディーもかっこよくて、Keith SweatとかNew Jack Swingを感じさせる素晴らしい出来!サビでしっかりと盛り上げてくれます。彼らの好きな曲のバックグラウンドを感じさせる!ここではRapもかまして曲を盛り上げていきます。

11.Naked Truth

ゆったりとした語りから、Keosha Mooreという女性ボーカルの力強い歌声が響き渡ります。ピアノメロディーがゆったりと徐々に侵食するかのように。。。空気を包んでいきます・・・インスト曲ですね。

12.Pretty Thug

やっぱり、こういうUPものでこそ彼らの味が出ますね。まさにジャケ写並みに激しいバックの上をRapをかましていきます。Rapがうまいのがジャケ写通りって感じですが。女性ボーカルも力強く絡み合い、絶妙なUP作品を提供してくれています。

13.Black Rose

最後はピアノが美しいバラードへと・・・最後の最後でやっと落ち着いたなって感じの印象を受けてしまうぐらいにUPでの力強さが目立つアルバムです!でも、こういうバラードでのかげながらの美しさがこのアルバムを引き立ているのです!最後を飾るにふさわしい曲です。と思っていたら、やっぱりこの兄弟ただでは終わらないらしく・・・しっかりボーナストラックで弾き語りをして、しっとりと終わらせます。

(Producer)

All Produce DMP (Dubbel M-PAQ)

(Musician)

(LINK)

販売サイト1, 販売サイト2CD BABY Order

☆☆☆☆☆

SHAWN KANE / GIRL, I WONDER

(概説)

洋楽のシングルを買うっていうのは珍しいのですが、かなりSOULFULに歌いこめる新人でアルバムが延期になってしまったので、ついつい買ってしまいました!この一音一音をかみ締めるように、粘着性のある歌声でSOULFULに歌いこまれてると、カッコいいのです!ストレートなラブソングで、じっくりと聞き入ってしまいます。それ以外にも、アルバムのサンプルの曲が数曲入っていて、「CHANGE IS GONNACOME」のカバーなど、なかなかSOULFULな歌い方で、どっぷりSOULに浸っています!ちょっとこれは、5月のアルバムまで待てない!って人にはオススメな一枚ですよー。あ、HPの方でも聞けますけどね(笑)

曲紹介

1曲目『GIRL, I WONDER』

粘着性のあるトラックにのって、SOULFULにフェイクして歌いこんでいくSHAWN KANE!ミッドテンポの名曲でしょう!CEDRIC SOLOMONという人のプロデュースで、聞くほどにくせになっていくようなサウンドプロダクションも素晴らしいです!そうして、最後にかけてのシャウトっぷりが、もう思わずにんまりしちゃいます。

2曲目『TELL YOUR MAMA』

Sweetなミッドテンポ調の一曲です。UNDERDOGによるProduceです。

3曲目『CHANGE IS GONNA COME』

往年のSam Cookの代表的な一曲ですね。これを負けないぐらいにSOULFULに歌い上げていきます。かっこいい!

4曲目『MISTREATED』

スローバラードで最後はゆったりと聞かせてくれます。うーん、フルバージョンできかせて!

http://www.shawnkaneweb.com/