Full Of Harmony / LIFE SIZE SPEAKER

01.Intro
02.Woo-La
03.Rhythm
04.I Believe
05.be that kind of man
06.Just wanna…
07.JOY
08.アリガトウ
09.Jack Pot
10.MONKEY MAGIC~三蔵FOH師の巻~
11.Exclusive
12.Summer Gorgeous
13.SNOW BALLAD
14.アテナ~Road to Gold~

(総評)

F.O.HがFull Of Harmonyと改名後初のアルバムは、「life size Speaker」というタイトルが示すとおり、彼らの現状を等身大で描いている一枚です!今までの3作をわりとR&B的なかっこよさにこだわって作った彼らですが、この作品ではサウンド的にもそういう現行のR&Bのサウンドじゃなくても十分に彼らの味を出せるんだっていうところを見せ付けてくれています。そうして、自分達のスタイルを魅せる歌い手へと変わってきていて、特にイントロのラフな感じなんかが、まさに彼らの今をあらわしているなーと感じます。
3人のバランスも今作は、それぞれがソロパートをしっかり歌う曲が多めで、その中にアクセント的に掛け合い的な面白みのある曲をいれています、それぞれをきちっと聞かせ、それぞれの歌い方やシンプルなストレートなメロディーの作りをしています。もう少し複雑な掛け合いの曲が多いと面白かったんですが、あとシングル曲やカップリング曲が多いので、ちょっとシングルをこまめに買っている人には、物足りなく感じるかもしれませんが、彼らの自由な視点からの音楽的な解釈をしていて、面白みのある曲が多く、トータルバランス的によく出来ており、聞き飽きないアルバムです。ただ、バラードが圧倒的に多いアルバムなので、バラードにも種類があると面白かったかなと思いました。
このアルバムではAKIRAがProducerとして中心的役割をしていますが、Full Of Harmony自身もProduceに積極に参加していて、アレンジにはBLがと、その他にも様々なプロデューサー、アレンジャーが参加しているし、その中でも、Dr.Kの作り出す曲はとても特徴的だし、h-wonderなど新人のProducerもいい味だしてくれていて、かなり楽しんで聞けます。
次はぜひ、Rapperとかと掛け合いをしてHIPHOPサイドに移行していってくれると面白いかな-と思います。ライムスとZEEBRA以外はほとんどRapperとの掛け合いがないのもちょっと寂しいし。今回は音的にPOPSなサウンドに挑戦しているのですが、次回は、R&Bの今風のトラックにももっと積極的に別な意味で挑戦してみてほしいかなと思います。あと、最近14曲目のような美しいコーラスワークが聞けることがあまりないので、聞いてみたいなーと思いました。「Junk Spot」など日本のR&Bの中ではかっこいいと思わせる曲もあったのですが、去年はL.LとHI-Dのインパクトがかなり強くさらに先鋭的な作品を出していたこともあり、驚きっていうのが少なかったかもしれません。
でも、4作目のアルバムとして、グループの面白さを前面に出していて、彼らのライブで聞かせる楽しさが詰まっているアルバムで、充実作として素晴らしい内容です!今までのアルバムはライブだとこんなにいいのに~っていう楽しさ的な部分が見えてこないところもあったのですが、このアルバムは聞いたあとこういう風ないいライブがあるんだろうなーと感じさせてくれる内容でしたね。これを経てどう彼らが変わっていくのかが非常に楽しみです。
オススメ:(3),(5),(9),(11)

“Full Of Harmony / LIFE SIZE SPEAKER” の続きを読む

Lemar / Dedicated

01.Dedicated(Intro)
02.Dance(With U)
03.Fresh
04.50/50
05.Another Day
06.Sweet Love
07.No Pressure
08.Body Talk
09.What About Love?
10.Good Woman
11.Let’s Stay Together
12.Hot Summer
13.Alright With Our Love
14.Lullaby
15.All I Ever Do (My Boo)

(総評)

2004年、UKデビューの新人Lemarのアルバムは、いまどきのUSにはない勢いに溢れた一枚です!UPの出来がとにかく素晴らしいことと、そういう楽曲の良さだけに終わらない、独特のオヤジ声ともいえるSOULFULな歌声がカッコいい!でも、オヤジ声と言ってしまえるほど決してやぼったくはなく、COOLにSOULな楽曲を乗りこなす姿は、USのアイドルにも負けない素晴らしいアーティストです!彼のこのアルバムではオーソドックスなバラードもあり、UPテンポな曲ではR&Bの上げ目のかっこよさを大事にしていて、HIPHOPとかに過度に頼らずに歌でガンガン聞かせていく姿勢に好感が持てます。それに、Lemarのその歌声幅広さと歌唱力の高さを抜きにこのアルバムは語れません。まず彼の声は時にSOULFULに、CLASSIC SOULのような歌声で聞かせたり、バラードではしっとりと切なげに歌ったり、UPなサウンドではノリの良い軽快な歌声を聞かせたりなど、声がかなり変わるので、面白い上に、サウンド面でもマイケルジャクソンみたいな曲だったり様々な曲調を挑戦していて、それを自在に乗りこなし歌う歌唱力も目を見張るものがあります。かといって技術だけに頼っている魂のない声ではなく、しっかりと歌を楽しんでいます!という若さも感じられたりして、一枚を通して長く楽しめると思います。オススメですよ!ジェケ写ではいかにもバスケットボール選手って感じなのですが、バスケットボール選手もやってたみたいです。そしてプチ情報ですが、中ジャケの子供時代の写真がかわいいです(笑)
オススメ:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(10),(11),(14),(15)

“Lemar / Dedicated” の続きを読む

Naturally 7 / What Is It?

01.So The Question Is
02.What Is It?(Excuse Me)
03.Gone With The Wind
04.Broken Wings
05.Another You
06.I Wanna Be Where U.R.(Resceue Me)
07.More Than Words
08.Get Ready
09.Say You Love Me
10.No Fool For You
11.Closer
12.Back To The Essence
13.Music Is The Key
14.Grace
15.Spend My Life With You
16.Closer(The Natural Mix)
17.What Is It? (Solaradio Remix)

(総評)

すごいアカペラのアーティストがアルバムを出します・・・そういう触れ込みをHPで見たのは今年の4月ぐらいでした、個人的にアカペラは買うほどは好きではない・・・、TAKE6みたいないかにもアカペラな音楽をするグループかなと思っていたのですが、その思惑は見事に外れることになるのでした・・・アカペラグループか~どんなものかなとCD聞いたときに、は?!と思わず声を上げてしまったのです。
ものすごいアカペラボーカルグループ(あえてボーカルグループとさせていただきます)が現れました!まさに神業というにふさわしい口技の競演!7人がそれぞれものすごい歌唱力を持ちつつ、Human Beat Boxという言葉が陳腐に聞こえてしまうほどに、ものすごい技量を見せつける!ドラムやベースはもちろんのことアコースティックギター、エレキギター、ピアノ、ホーン、ストリングすべての楽器の音を彼らの7人の口が奏でるのである・・・この前おきを見ずに、いきなりこのCDを聞いたとき、彼らがアカペラグループだなんて、誰も信じることはできないでしょう。確かにアカペラっぽい部分はあったりしますが、ピアノの音やギターの音なんて、普通に人間が出せるなんて絶対に思えないすごさがあります。まずは貴方の耳でこのものすごい音の世界を堪能してください。
 Naturally 7は、リーダーでありリードボーカル, Rap, Wah Wah Guitar, BrassをこなすRoger Thomas, ドラムとパーカッションなどのリズム隊の要でありそれに加えRhythm Guitars, Vocorder, Celloなどのストリングスなどもこなす技量派Warren Thomas, ほとんどのリードボーカルに加えScratching & TurntableなGuitar Keyboardさらにフェンダーローズ!などもこなすRod Eldridge, バリトンボーカルでLeadをとり、TromboneなどもこなすDwight Stewart, ハーモニカにCello(チェロ)などかなり多様な音をこなせるGarfield Buckley, リードボーカルにBrassそして、カッコいいRapをこなせるJamal REED, Brassやベースの音を担当しリズム隊の第二の要のMarcus Davis,の7人より変成される、彼らほとんど全員がリードボーカルを取れ、しかもコーラスに加え様々なエフェクト音を出せるという物凄い7人組なのです。楽器までもこなすとなるとやはり7人ほどはいるんでしょうね。でも、それで楽器なんて一切必要なんですから、素晴らしいです!
 ただ、そういう技量がすごいというだけでは、ここでは紹介しません。その技量に加え楽曲がすばらしく、歌もすばらしく歌えるアーティストなのです!技量だけに頼りそれを売りにしているのではなく、あくまで歌のよさ、曲のよさを全面に出しているのがとてもうれしい!その凄さは2曲目「What Is It?(Excuse Me)」で、すでに感じ取ることは出来るはずです。本当にバラードもUPもいい曲がたくさんあるんです!R&Bをよく聴く人にも、あまり聴かない人にも普遍的にいいな~と思わせるような楽曲が多いので、R&B入門変としても最適かもしれませんね。オススメ!特に、「I Wanna Be Where U.R.(Resceue Me)」「Closer」での歌いっぷりは見事です!絶対生でそのパフォーマンスを見てみたいアーティストの一つでしょう!
オススメ:(6),(2),(1),(3),(4),(5),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13),(14)

“Naturally 7 / What Is It?” の続きを読む

Carl Thomas / Let’s Talk About It

01.Let’s Talk About It (Interlude)
02.anything
03.My First Love
04.She Is feat. LL Cool J
05.Know It’s Alright (Interlude)
06.Make It Alright
07.The Baby Maken
08.Dreamer
09.A Promise
10.But Me
11.All You’ve Miven
12.All My Love (Interlude)
13.Let Me Know
14.Rebound
15.That’s What You Are (Interlude)
16.Work It Out

(総評)

Carl Thomasの待望の2ndアルバムが5年ぶりに発売になりました!ホント1stがあれだけ売れていながら、なぜ2ndがこんなに遅いのか疑問に思うことも多かったのですが、ついに同じくBadBoyからリリースとなりました、よかったよかった!前作ではその哀愁漂う歌声で、聴くものを苦しくさえ思えるほど切なくしてくれたあの歌声が返ってきました。実際シーンの中では、様々なアーティストにfeaturingされていることもあり、存在感がなくなるということはなかったのですが、やはり彼はfeaturingよりも個人としての作品の方が、彼の色がよくでるので、このアルバムはうれしかったです。そして、この2ndアルバムでは、前作よりもバラエティーに富んでいて、前半に代表されるWetな味わい帯びた歌声で歌うSweetyな暖かいバラッドもあれば、中盤のSOULFULな70年代ソウルを意識した作品もあります。もちろん、彼の特徴でもある切ないバラードでもぐいぐいと聞かせてくれますよ!
 アルバム全体を通してSweet BalladからSOUL。SOULから切なげなBalladへという大きな流れがあり、曲構成的にも練られてるなと感じるし、P.Diddyも最低限の絡みで終わらせていて、ドラムトラックが中心のBadBoyらしい感じはあまり出さずにSweetなR&Bアルバムとして作ることに成功しています。この辺は前作も同じですが。本当にこの人の最高の広がりに感服するばかりです。やっぱり、そして、やはりもうこの人の本領を発揮するのは後半の切ない曲たちです!もうこのちょっと艶っぽくありながらかすれ気味な切ないボーカルが、胸をかきむしるほどの切なさを携えて、聞き手に迫ってくるのです・・・これには、もうぐーっと引き付けられること間違いないです。
 あえて言えば、ちょっと前半にミッドテンポの曲調が多く単調な感じなので、飽きちゃうところが残念なのですが・・・。もう少し曲数を絞るか、もう少し前作のようなかなり切ない曲を、前半にアクセントとして置いてくれると面白かったかも!って思えちゃいますね。もしくは彼の引き付けられる切ない曲を前半に多く持っていってそこからSweetな感じにするともっとMoodyになったかも。でも前作とは違うベテランっぽい大人なスムーズな感じが表現できていて、いい感じでもあります。個人的に彼の切ない歌声が好きなので。13曲目~16曲目での切ない曲で畳み掛ける感じはやばすぎます。今年抑えておきたい一枚ではありますね!
オススメ:(16),(13),(14),(2),(6),(8),(9),(3)

“Carl Thomas / Let’s Talk About It” の続きを読む