Voice Of Love POSSE [Voice Of Luve ~上を向いて歩こう]

(概説)

今井了介氏が主催となって、恵まれない子供達に夢を与え支援しようという趣旨のこのProjectに感化されて、Chilli and T-Boz of TLC、LENA PARK、ZEEBRA、LISA、Tina、F.O.H、AI、HI-D、MICHICO、DJ KAORI、TYLER、L.L BROTHERS、BENNIE K、山本領平、Boo、kazami、EMYLI、MIHO BROWN、JINE、JOYCEという蒼々たる面々が集まり、さらに一般の人の声もMIXさせて作り上げた一枚です。本当に今回はR&Bアーティストや今井了介氏に近い人たちが集まった企画ですが、その趣旨が素晴らしいですし、歌としても坂本九の「上を向いて歩こう」を元にかなり面白いアレンジな曲だなという感じです。それに、同じメロディーのところでもR&Bアーティストが絡むと、それぞれの色が出ていて、この人はこうやって歌うんだーとかいろいろ聞き応えがある一枚になっています。やっぱ、L.L Brothersのシャウトは凄まじいですね。かなりインパクトあります、歌はないですが・・・そして、32枚に及ぶジャケットでは、みんなの名前がのっていますよー自分の名前をチェックしよう。
みなさんもCDを買うことでこのProjectに参加しましょう!クリスマスにもあう感じで暖かい一曲ですよ!是非!
”あなたが自分を信じたとき、そこに奇跡が起こせるんだ。君が僕を頼って手を握り締めることを恐れてはいけないよ。あなたは私達みんなの夢をかなえることができる人なんだから。Voice Of Loveがいい方向にもっていってくれるよ”

曲紹介

1曲目『VOICE OF LOVE ~上を向いて歩こう(ORIGINAL MIX)』

すごい爽やかなな感じのメロディーからAIの歌が始まり、HI-Dが味のある歌い方をしてくれます。そして、みんなの声がホントうまくまとまっています。この辺は今井了介さんのProduce力と機械のお力。さらに、EMYLIがかなりうまいですねー。Tinaや、F.O.Hなどもいい味だしていますねー。そして、圧巻がL.L BrothersとHIROのシャウト!ここが一番の聞き所っていってもいいかもしれませんね。そして、ZEEBRAがうまいことRapをはめて、T-Boz、Chilliがそれぞれの声質を生かして歌を聞かせてくれます。そして、最後に子供の声がなんともかわいらしい!ホント曲としても楽しめるし、目くるめくようにVocalが変わっていく様も楽しめてしまいます。

2曲目『VOICE OF LOVE ~上を向いて歩こう(REMIX)』

明るめなサウンドからはじめるREMIXで、テンポを少し上げての一曲で、曲としてはこちらのほうが、面白いかも。

www.voiceoflove.jp

Leon Ware / Love Droppin

01.All Around The World
02.Underneath Your Sweetness
03.Saveur
04.Breath On Me
05.Is It Drippin’ On Yourself
06.I’m Ooin’ You Tonight
07.Seriously Nasty
08.Finger Party
09.Hands On My Heart
10.Let Go
11.Don’t Think About It
12.’Round Midnight
13.Open Hearted
 

(概説)

もうすでに、63歳という年齢のおじいちゃん、Leon Wareの新譜!これが、とてもお年を召した方が作ったアルバムとは思えないほど、メローでエロスな作品です!メロー&スムースって言葉はこの人のためにあるんじゃないのか?っていうほど凄まじいSEX MUSICです。下で、Silkを紹介しましたが、あちらはどちらかというとギラギラしたエロさをもった一枚ですが、こちらはもう少し大人なMoodyさを持った一枚!無論内容は言わずもがなって感じですが・・・もう一曲目『All Around The World』でのシンプルなサウンドにのったメロディーの美しさと艶やかさにやられてしまいます。そこからの一気にSEXYな歌を怒涛のように歌い上げる様に完敗です。最近のR&Bしか聞かない人にはあまり馴染みにないアーティストかもしれませんが、Marvin Gayeの『I Want You』の作者であることはあまりにも有名な話です。Marvinの歌の中でもその完成度はずば抜けています。彼をSoulの大御所へと押し上げた一曲でもあるといえるのが、この曲です。そんな一曲を作り出すほど、彼のメロディーセンスとメローな雰囲気を作り出す能力は年老いた今でも凄まじいものがあります。
そんな彼の一枚ですが、曲間での水滴がなんとも美しいのですが、それが裏にあるエロスを感じさせていいんですよねー。まあ、歌詞の方は、Make Loveそのもので、英語じゃなければ、日本人は赤面しそうな内容なのですが、こんなおじいちゃんが切々と歌い上げるのが、また粋じゃーないですか!SEXYって言葉が似合いますよ。本当に、この人は。ですが、そのSEXYさに傾倒しすぎてて、曲毎の変化に乏しいのも確かで、ちょっとその辺はベテランの作品にいうのは厳しいところですが。こういうサウンド的なカッコよさももっていてSEXYなサウンドが好きな人にはオススメな一枚です!日本盤では(といってもUS盤はインディーズ扱いですが・・・)ボーナストラックが3曲入ってますが、どれも素晴らしい作品で特に11曲目のカッコよさは、前半のSexyさとは相対するカッコよさをもっていて、彼の若さと今のMellowな彼とを比較できる面白い作品になっています。ベテランの底力と彼の中の変わらぬ良さを見せ付けてくれた一枚ですねー。
オススメ:(1),(3),(6),(8),(11)

“Leon Ware / Love Droppin” の続きを読む

Joe / And Than…

01.Sweeter Than Suger
02.And Than…
03.More & More
04.RIDE WIT U Featuring G-UNIT
05.Priceless
06.JEEP
07.You Dropped Your Dime
08.Make You My Baby
09.Street Dreams
10.It Ain’t Like That
11.Another Used To Be
12.Bedroom
13.Testify

(総評)

Joeの通算5枚目となるアルバム!前作では、ギターサウンドを意識した作りであり、ほぼ全曲セルフプロデュース作業をしたため、Joeの趣向が反映されて、若干好き嫌いが分かれるアルバムになった感があったのですが、(もちろんバラッダーとしての実力は発揮していましたが・・・)そんなうーん、どうしたのかなーという感じを一瞬で拭い去ってくれるSEXYなBallader JoeのPowerを存分に見せ付けてくれるアルバムを2003年末に届けてくれました。しかも今作で注目すべきはプロデューサー陣で、R.KELLY!が特に素晴らしい楽曲を用意して、R.KELLYとJoeで、完璧なSEXYサウンドを作り上げています。そのほかにも、ALLSTARや、実力派が、JoeのSEXYさを見事なまでに投影させた曲たちを揃えてくれているんですねー。ネットリマッタリした歌モノ主体のR&Bですが、G-UNITを招いた曲や9曲目など適度にミッドテンポなUPサウンドも交えつつ水準の高いR&Bアルバムを仕上げています。

JoeってすごいSEXYなR&Bスターですが、前作ではちょっと本人の思うところと回りが思うところのギャップというかその辺が出てしまったアルバムだったのですが、このアルバムでは、先行シングルだった3曲目R.KELLY作の『More & More』でこれは来た!間違いないアルバムだと安心感があり、その通りの彼のSEXYさを前面に出したアルバムに仕上がっていました。彼のSEXYさってミッドテンポな打ち込みなサウンドでこそ栄えるのですが、それにそったサウンドをプロデューサー陣が作っていて、最高にSEXYでいながらJoeの歌声が切なげに女性を求める雰囲気を演出しています。かといってミッドテンポな曲が多いと後半飽きが来そうですが、そこはうまくJoeが聞かせる歌い方をすることで中だるみすることなく曲が進行します。後半に名曲が多い安定感が出てきたアルバムです。今後も楽しみになりますよね!さすがJoe!と思わせてくれる、2003年持っておくべき一枚でしょう。
オススメ(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(10),(12)・・・というか全部ですね!

“Joe / And Than…” の続きを読む

Monte / Dreams Come True

01.VSP(INTRO)
02.VSP
03.TONIGHT
04.FOR THE SAKE OF LOVE (INTRO)
05.THE SAKE OF LOVE
06.BECAUSE OF YOU
07.WHEN I PUT IT DOWN (INTRO)
08.WHEN I PUT IT DOWN feat.KARINA VILLALTA
09.I CAN BE THE ONE
10.EVERYTHING IS EVERYTHING (INTRO)
11.EVERYTHING IS EVERYTHING feat. Young Taydo
12.LET ME KNOW
13.BRIGHTEN YOUR DAY feat.FANI
14.WANT FOR NOGHING
15.DREAMS COME TRUE
16.THE BLUES
17.SENSUAL

(総評)

こっちは、Devanteと打って変わって、ジャケ写通りのかっこよくSmooth コンテンポラリーR&Bです。声質的にはDevanteと似ていますが、こっちのほうが、ちょっと大人しめ。寝るときに聞くにはBestです!6曲目「Because Of You」 を聞いて、速攻買いに走っていました!もう、この曲を作った彼のセンスはやばすぎです。バックでなる琴の音と打ち手の音みたいのに、たおやかに絡まるMonteの歌声とサビでのメロディーがすばらしい!この曲のために買ってよかったーと思える出来です。その他の曲も、彼のSmoothで優しい歌声がじっくりと心に染み渡るようなバラードが満載です。サウンドも彼のどちらかというと、細めな歌声を邪魔しない程度で押さえつつ、しっかりと聞かせてくれます。優しくかつあまりやらしくないR&Bで、じっくり聞きたい方にはオススメです!切なさに身をよじることでしょう。優しい歌声なんだけど、どこか切なさがついて回る声で、聞いていて胸がグッと締め付けられることもあります。  でも、ちょっと楽曲に特徴がないのもあって、Devanteよりは、中だるみしてしまうかも。特にサウンド面でもう少し一工夫あるとよかったかなと思います。特に最後方はあまりに気持ちよくて寝てしまうかも(笑)とにかく気持ちがいいアルバムですよ!
オススメ:(6),(2),(5),(8),(9),(12),(14),(15),(17)

“Monte / Dreams Come True” の続きを読む