Skoop On Somebody / 琥珀の月

(概説)

Skoopのレビューなんていつぶりでしょう!レビューするほどのCDが出てこなかったというのもあるのですが・・・で、ひさびさのレビューはこの『琥珀の月』!ひさびさにメロディーラインがカッコいい!ホントひさびさにいいなと思えました。こういうメロディーラインがインパクトのある曲は大好きなので。それに、カップリングの『Crazy Love feat.JiN』は久々にSKOOPらしいSEXYなMOODをうまく作り上げています。歌い上げるのではなく、語りかけるように歌うTAKEの声がいい具合なんですねーそして、JiNがしっかりSEXYな空間を作り出してくれています!それ以外の2曲も、かなりいい感じのアレンジがされていて、聞き応えがあるシングルになっています。
 最近は自分達のしたいことが見えなくて迷走してるなーという印象があったのですが、やっと少し本来の三人の色を出せるようになってきたのかなと思います。
で、気がついたのですが、TAKEとかKO-HEYとか作詞作曲に書くようになったんですねー。3人で曲を書くことはなくなったんでしょうかねー?

曲紹介

1曲目『琥珀の月』

ホント熱い曲だなーと思います。歌詞はベタって感じもしますが、サビでのコーラスワークはなかなか心地よく気持ちがいいですね。このTAKEへのコーラスの絡み方がこの曲の一番の聞き所。そして、この曲の一番いいのはサビが短いということ!こういうサビのインパクトのあるメロディーラインがループする曲は、短いとインパクトがそれほど強いんです。シングル曲としてのキャッチーさをもった曲だと思います。それはそうと、この曲の歌詞に共感できる人はよっぽどすごい恋愛してる人でしょうね・・・非常に男的な視点の歌詞ですねー。

2曲目『Crazy Love feat.JiN』

この曲は久々にSKOOPらしいゆったりとしたMOODをもった曲ですね。サビをあえてコーラスに任せてしまうことで、TAKEの声が引き立っています。ひさびさに語りかけるように聞き手に歌いかけるTAKEの声と、それをSEXYに盛り上げるJiNのRapが全体の雰囲気をSEXYなMoodを作り上げています。

3曲目『抱きしめて(Club SOS Version)』

いやー、ホントひさびさに彼らの素な状態っていいなと思います。KO-ICHIROさんのピアノは生きているように聞こえてきますし、TAKEさんはちょっとくぐもったボーカルが無理をしていない感じで、聞いていて心地よいです。KO-HEYさんのCajonが、そっとVocalに寄り添い深い空間を作り上げています。どの曲でもこういう良さが出せるアコースティックバージョンは好きですね。

4曲目『琥珀の月 (Spanish passion)』

洋楽R&Bだと、Spanishが流行ったのは1~2年半前だった気もするのですが・・・まあ、JAVIERが最近やってるか・・・とまあ、時代を掴んでいるのはどうかは置いておいて、いろいろ最新の音楽事情に合わせていろいろ取り組むのはいいことです!最近はサウンド的な冒険が見られず、同様なサウンドやメロディーが多かったので。それにしても、SKOOPにしては珍しいREMIXです。こういうボーカル以外総入れ替え的なREMIXってあんまりやってないと記憶しています。YASUSHI SUEHARAによるArrangementですが、このSpanishは、この曲の雰囲気にあっていて、ギターと、Percussionがいい具合にハマってます。熱く!ってなんども歌うTAKEとバックがあうのが、狙いすぎな気もしつつハマりますね。かなり確信犯的な一曲です。

Devante / Ready or Not

01.Enter-lude
02.Beautiful
03.Can’t Afford
04.Things You Like
05.Like I Do
06.Still
07.7 Days
08.Soul Sista
09.Summer Love
10.Assumptions(remix)
11.Unconditional (thankful part II)
12.Gonna Be Alright
13.After Tonight
14.Get Over You
15.Whenever You Call

(総評)

はい!洋楽の定番、ジャケ写で選んではいけません!シリーズです。こんなやる気のない顔写真のジャケして、めちゃめちゃMoodyでスムースで最高にいいアルバムなんですよー!めちゃめちゃ切なげなメロディーが心打たれます。いやーベッドで聞きたい!二人で聞いたら心も体も温まること間違いなしな、SweetでMoodyでエロエロなんですよー!もうやられちゃいますよ。全編通して、美しいシルキーボイスで切なげでありながら、トロトロな世界を展開していきます。こういうの大好き!もちろんすごい切ないバラードもあったり、バックも打ち込みのドラムの音が主体で歌声が引き立てられていて、もう心打つ楽曲ばっかりです。2003年インディーソウルのラブアルバムの名作です。全ての曲が、甘くも切なさを内包したどこか心の琴線に触れる曲たちでありながら、それぞれの曲がきちんと個性を持っていて、決して聞き飽きることがありません。
アルバム一枚を通して、すごい優しげでMoodyな世界観があって、聞いてると優しい気持ちになれる一枚です。本当にいい甘い声です!甘い声でいい声の人ってあまり少ないので貴重ですよ! さらに、その声でしっかりとシャウトかましてくれちゃったりして・・・たまらん。甘い声で切なげにシャウトされちゃうとねー、胸にぐっと来るんですよね。しかも彼は、ドラムも全てのProduceもこなすマルチプレイヤーでもあります。もちろんソングライティングもしていて、本当にマルチに活躍できる人物であり、特にこのソングライティングの能力は抜きん出ており、今後メジャーの方でも、裏方としても活躍していくのではないのかなと思わざる得ないほど、素晴らしいのです。ぜひぜひ手にしてほしい一枚です。長いこと隠れたカマDの愛聴盤として、週に一回はかならず聞いております。お勧め!ホントねー、ちょっと音楽やってて、ソングライティングする人に聞いてほしいかも。 ちなみに、JODECIのDEVANTEとは関係ない人物ですので、あしからず!インディーソウルでして、入手はちょっと難しいですが、つい先日まではAmazonにあったんですけどねー。下のBarringtonと同じところで買えます。どの曲もオススメ!じゃ!
iTune Music Storeで購入可能になりました!2006年!新譜予定!
オススメ:(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13),(14),(15)

“Devante / Ready or Not” の続きを読む

Kelly Price / Priceless

01.Pricey Bunch (Introlude)
02.Someday
03.You Make Me Feel
04.Take It To The Head feat.Keith Murray
05.Sister feat. Faith Evans
06.Again
07.Priceless (Interlude)
08.Storong Man
09.How Does It Feel (Married Your Girl)
10.He Proposed
11.So Sweet
12.Whatcha Gon Do
13.I Live Here Now
14.Girlfriend
15.If
16.Back In The Day
17.I Still Do
18.You Brought The Sunshine feat.Clark Sisters

(概説)

Kelly Price待望の3作目。彼女というと、歌がうまく天才的ともいえるその歌いっぷりと、かっぷくのいい姉さんっぷりがなんとも魅力的なのだが、彼女自身の歌というのは、ゴスペルを基本として、その歌声に焦点を当てたものとなっていたが、今作では、若干Trackで聞かせる気遣いも見せている。前2作はどちらも名盤と呼ぶに相応しい重圧感と歌心に溢れた作品でした。それに比べるとちょっとトラック重視スタイルにかわったのかなと思いますが、この声でガンガン歌うので、カッコいいんです。
でも、ちょっと長かったなーというのが、正直な感想。あまりにいろいろと曲を詰め込みすぎてるわりに、曲のふり幅が少ないので、印象に残る曲が少ないです。あと、激情たっぷりに歌う曲が減ったのが、ちょっと残念です。やっぱKelly Priceには、これでもかってぐらい吼えてもらうぐらいで丁度いい感じがします。
でも、メロディーが面白い歌や、印象に歌もあるので、次回作が楽しみになってくる作品ですね。この3rdと、1,2の中間みたいなアルバムが作れたら物凄い物になるでしょうね。
オススメ(2),(3),(5),(6),(10),(13),(18)

“Kelly Price / Priceless” の続きを読む