Kelly Price / Priceless

01.Pricey Bunch (Introlude)
02.Someday
03.You Make Me Feel
04.Take It To The Head feat.Keith Murray
05.Sister feat. Faith Evans
06.Again
07.Priceless (Interlude)
08.Storong Man
09.How Does It Feel (Married Your Girl)
10.He Proposed
11.So Sweet
12.Whatcha Gon Do
13.I Live Here Now
14.Girlfriend
15.If
16.Back In The Day
17.I Still Do
18.You Brought The Sunshine feat.Clark Sisters

(概説)

Kelly Price待望の3作目。彼女というと、歌がうまく天才的ともいえるその歌いっぷりと、かっぷくのいい姉さんっぷりがなんとも魅力的なのだが、彼女自身の歌というのは、ゴスペルを基本として、その歌声に焦点を当てたものとなっていたが、今作では、若干Trackで聞かせる気遣いも見せている。前2作はどちらも名盤と呼ぶに相応しい重圧感と歌心に溢れた作品でした。それに比べるとちょっとトラック重視スタイルにかわったのかなと思いますが、この声でガンガン歌うので、カッコいいんです。
でも、ちょっと長かったなーというのが、正直な感想。あまりにいろいろと曲を詰め込みすぎてるわりに、曲のふり幅が少ないので、印象に残る曲が少ないです。あと、激情たっぷりに歌う曲が減ったのが、ちょっと残念です。やっぱKelly Priceには、これでもかってぐらい吼えてもらうぐらいで丁度いい感じがします。
でも、メロディーが面白い歌や、印象に歌もあるので、次回作が楽しみになってくる作品ですね。この3rdと、1,2の中間みたいなアルバムが作れたら物凄い物になるでしょうね。
オススメ(2),(3),(5),(6),(10),(13),(18)

(曲解説)

01.Pricey Bunch (Introlude)

Pianoのイントロから、ゴスペルっぽい始まりです。歌のうまさを痛感させられるIntroですねー。そして、今作らしいMCが入ってHIPHOPシーンも捉えた始まりです。

02.Someday

そして、かなりUPPERなビートで豪快な歌声を披露する良曲!今までにないトラック重視な作りで、シャウトは最低限って感じですが、それでも十分にシャウトしてひきつけられます。ゴスペルっぽさをR&Bのトラックがうまく融合しています。

03.You Make Me Feel

Introの軽快なメロディーから、じっくりとゆったりと歌いこむAメロに入ります。じっくりとどっしり構えたスタンスで歌いこなしていく姿はカッコいいです!

04.Take It To The Head feat.Keith Murray

ここら辺から、RapperのKeith Murrayも迎えて、HIPHOPトラックで聞かせてくれています。リズムトラックでも十分にシャウトやフェイクで楽しませてくれるところはさすがですね。かっこいい曲に仕上がっています。

05.Sister feat. Faith Evans

一番美しく綺麗で印象に残るメロディーを展開しているのが、このFaith EvansとKelly Priceという濃い~二人による一曲。これが悪いわけない!

06.Again

この曲最高ー!かっこええ!幻想的なギターのサウンドと、淡いKelly Priceの歌い口も見事にマッチしています!なんとエリック・クラプトンがギターで参加しています。このエリック・クラプトンのギターが最高です。これは、すごいわ。この切なさ・・・たまりませんです。Againっていう儚い歌い方にノックアウトです。そして、それに変幻自在に絡むKelly Priceの歌!マジでうまいですよー。これはいいっす。

07.Priceless (Interlude)

会話のInterludeから、リズムトラックが始まります。その後に続く歌のフレーズも印象深く面白いInterludeです。

08.Storong Man

ギターでじっくりとしっとりと聞かせてくれる一曲。しっとりとした感じの中にも、力強さがあってKelly Priceらしい感じがする一曲です。

09.How Does It Feel (Married Your Girl)

Kelly Priceらしい激情をそのまま歌いこんだような一曲です。この人の激しい歌いっぷりにはいつも度肝を抜かされます。威圧的であり、胸を鷲掴みにする何かがあります。彼女の定番の曲ですが、定番だからこそ安心して聞ける曲でもあります。

10.He Proposed

優しげな歌い方で、そっと寄り添うように歌ってくれます。メロディーラインも美しくKelly Priceもゆったりと歌っている感じがカッコよく、さらに、男性の声のフレーズが入るところがいい!ちょっとしたアクセントになっていて。いい曲です。最後は、HOOKを繰り返す優しいコーラスの声を打ち消すように、激しいKelly Priceのシャウトが聞けます!

11.So Sweet

ゆったりと歌っていく曲です・・・さりげなく目立たない曲ですが、だからこそKelly Priceの歌のうまさが引き立ちますねー。コーラスとかの入り方が、ゴスペルっぽい感じですね。

12.Whatcha Gon Do

ミッドテンポな一曲です。あんまりパッとしない曲なんですが、HOOKはすごい工夫されていています。畳み掛けるようなHOOKが面白いです。もう一工夫あってもよかったかな。曲としては悪くはないですが、飽きちゃうかも。

13.I Live Here Now

またまた、Kelly Priceらしい力強い一曲です。吼えてます!ガンガン吼えてます!これでもかってくらい、吼えまくってます。その力に圧倒されてしまうのですが、ここまで力強いと頼もしいです!聞いていてスカッとしますよ。

14.Girlfriend

暗めにゆったりと進むPianoがメインな曲です。サビでの跳ねるような歌い方がいいですね。ホント目立たない曲です。

15.If

じっくりと歌う曲ですが、ここらへん、ちょっとあまり特徴がない曲が多いので、飽きちゃいます・・・でも、悪い曲ではないんですよね。じっくりとじっくりと聞かせてくれています。

16.Back In The Day

子供の歌声がいきなり入ってきますが、それはあまり関係なく、曲は進んでいきます。メロディーが切なげでありながら、勢いがある面白い一曲に仕上がっています。踊れるんだけど、どこか悲しさがあるメロディーがいいんです!そして、最後にまた子供の声が入ってきます。これが不思議とマッチしていく様が、Producerの力だなと思わせてくれます。うまいなー。

17.I Still Do

正統派なバラードでぐんぐん引付けてくれます。若干この作品はこういう曲が少なかったのが残念だったかな。もっと濃い~世界を聞かせてくれてもよかったかもと思います。この作品はホント歌がうまくないと歌えませんねー。普通の女性アーティストが歌ったら、チャチに聞こえてしまうでしょう。それぐらい声のよさ歌唱力の高さをまざまざと見せ付けています。

18.You Brought The Sunshine feat. Clark Sisters

Rapperを迎えつつ、濃い~一曲を聞かせてくれています!Clark Sistersを従えながら、激しくシャウトをかましていく姿は、凄まじいです。これが本来の私なのよといわんばかりに激しい歌声を聞かせてくれます。しかもこれでもかってぐらい長くて、なんどもなんども盛り上がっていくのが、いかにもゴスペルだなーと感じさせてくれます。最後に濃い~のありがとうございますという感じです。締めを飾るに相応しい一曲!

☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。