HI-D / Girlfriends feat.ZEEBRA

(概説)

ついについに!HI-Dのデビューシングル「Girlfriends feat.ZEEBRA」がリリースされました。CLUBで育って、フロアライクな本物のR&Bを聞かせてくれるアーティストの登場です。現在のR&Bの要素を肌で感じ取り、海外でのダンサーとしての活動を通して生のR&Bを自然と吸収し、自分の中で昇華して、”HI-D”というR&Bアーティストを作り出しています。HI-Dの歌声はすごいSoftでSexyな歌声でいながら、シャウトではPowerがあり耳に残ります。そしてスムーズに心にしみこんできます。体で感じれる歌声です。何よりUPな曲でもSlowな曲でもいける声をしています。声だけじゃなく、歌唱法も素晴らしく、まるで洋楽を聴いているような感覚に陥ります。
 大注目の新人です!これを聞かずに2003年のR&Bシーンは語れない!
 「Girlfriends」はZEEBRAをfeatし、FIRSTKLASがプロデュースという、旬なProducerを用いていますが、これは今井了介さんのイベント「JUICE」でその素晴らしいパフォーマンスを行なっていたので、今井さんとZEEBRAのFIRSTKLASがProduceするのは、必然の結果でしょう!そして、このPowerfulなProducer陣にProduceされるというよりは、HI-DがこのProducerを活用しているというスタンスに感じる。それはHI-Dの実力を表しています。CLUBでのリアルな模様を描き出した一枚になっていて、HI-Dの表現したい世界が聞けばわかるようになっているのが素晴らしい!ホント名曲。REALな世界観を持ったR&Bって日本ではなかなかなかったのですが、彼は、狙うというよりもごく自然にそのCLUBでのREALな世界をさらっと唄うのけています!
 HI-Dの今後が楽しみになる一枚!これでダンスもめちゃくちゃうまいんだから、是非ライブを体感してみたい!

曲紹介

1曲目『Girlfriends feat. ZEEBRA』

 FIRSTKLASをProducerに向かえそのFIRSTKLASのZEEBRAがSmoothyなRapを披露しています。今までのFIRSTKLASの曲よりも数段レベルが高く感じます。それは、ZEEBRAとHI-Dがお互いに高めあうように競い合い唄いRapしているからでしょう。メロディーは、流れるような清涼感溢れる音を使い、そのトラックに流れるようなメロディーが乗っかっています。自然と体が揺れてしまう、聞けば聞くほど癖になる中毒性のある一曲。HI-Dの歌は日本語としてちゃんと聞こえながらも、洋楽のような流れるようなメロディー展開が印象的です。リリックもRealなClubの模様をガッチリ表現していて、これから始まる楽しいことへのドキドキ感と、ざわつき感と言うか高揚感が味わえます。後半からの転調でのHI-Dのシャウトっぷりが心地よい。ZEEBRAのリリックも面白く、二人がお互いに全力でぶつかっているって感じで、スキルの高い二人がぶつかり合ってさらにいいものが出来上がっています。
(Produce FIRSTKLAS, Written by HI-D&FIRSTKLAS)

2曲目『Take it off』

まさにMake Loveな一曲。もう情景が浮かぶようなリリックと、艶やかなMoodyなサウンドが、物凄いSEXYです!でも、こういうエロスって今の日本人には絶対あるし、別にいやらしいとかじゃなく、逆に心地よく心預けていとおしく聞けます。まさに恋人達に贈る曲でしょう。この曲では、HI-DはあくまでSmoothに、ファルセットを混ぜながらじっくりとじっくりと愛を表現していきます。「この指で探り当てよう 今日の秘密の場所を」なんて、すごいMoodyな雰囲気がたっぷりだし、汗ばむ体まで思い描けそうな、まさにBed Time Musicです。愛について謳うのがR&Bであるなら、こういう曲が出来てこそR&Bアーティストだと僕は思います。すばらしい!
(Produce Masaya.WADA, Lyrics by HI-D, Music by HI-D&MASAYA WADA)

3曲目『Raise the roof feat.BUTCHER』

力強い圧迫感のあるRapをするBUTCHERをfeatしたParty Tune!ライブで一緒に叫びたい~!リリックも疾走感があって、気持ちが盛り上がってきます。featのBUTCHERの、Rapもおもしろいし、声によくあったリリックをうまく使って盛り上げていきます。マジライブで聴きたい一曲ですね。
(Produce Hironobu “BAYA” Hayakawa, Lyrics by HI-D&BUTCHER, Music by HI-D)

さらに詳しくはこちら!

Anthony Hamilton / Comin’ From Where I’m From

01.MAMA Knew Love
02.Cornbread, Fish & Collard Greens
03.Since I Seen’t You
04.Charlene
05.I’m A Mess
06.Comin’ From Where I’m From
07.Better Days
08.Lucille
09.Float
10.My First Love featuring LaToiya Williams
11.Chyna Black
12.I Tried

(概説)

Anthony Hamiltonは、かなり不遇な境遇を音楽シーンで歩んできたシンガーなのですが、これまでにD’Angeloのワールド・ツアーにバック・ヴォーカルとしての参加や、EVE「Ride Away」、2Pac「Thugz Mansion」、Nappy Roots「Po’ Folks」にもゲスト・ヴォーカルとして参加したり、かなりのキャリアの持ち主。発売直前までいったのにレーベルがつぶれたりとかなりついていない方なのですが、このアルバムでは長年のキャリアをいかした新人らしからぬ、DeepなSOULサウンドを聞かせています。全曲で、Anthony Hamiltonは、Produceに参加しており、非常にSOULFULな雰囲気はこの人のもともと持っている素質なんだなということがよくわかります。
このアルバム自体非常にオーソドックスなSOUL作品であり、すごいかわった曲や、テンポのいい曲があるわけじゃないのですが、聞き込む毎に心地よさが広がっていく感じです。日曜日の昼下がりぐらいに、部屋でまったりしながら聞き入るのが丁度いいぐらいのSOULです。夜向きじゃーありませんが。でも、2曲目でのベタなSOULな雰囲気と11曲目でのROCKとSOULが絶妙の融合を見せたUPPERな一曲では、彼の真骨頂を見せたな!と感じます。ホントかっこいいですもん!こいつは!
そのほかにも、地味にいい曲はそろっています。こういう土臭い感じのSOULが好きな人にはオススメできますね。70年代のカーティスとか好きな人は好きかも。さほどギターサウンドはでてきませんが。
オススメ:(2),(6),(11)

“Anthony Hamilton / Comin’ From Where I’m From” の続きを読む

Marques Houston / MH

01.Intro
02.Clubbin featuring Joe Budden/Pied Piper
03.Pop That Booty featuring Jermaine JD Dupri
04.That Girl
05.Because Of You
06.Walk Away
07.I Can Be The One
08.Grass Is Greener
09.Cancel
10.Good Luck’
11.Can I Call You
12.Love’s A Game
13.Tempted
14.Actin’ Up featuring Lil Fizz
15.Alone
16.That Girl featuring Pied Piper (REMIX)
17.Clubbin’ featuring Joe Budden (REMIX)
 

(総評)

今のR&Bシーンにおいて、メインストリームというのが、ない・・・どこを見渡してもオーガニックソウルに代表される生音だったり、よき古きSOULを再現していたり・・・一方USのシーンはHIPHOPやレゲエなど様々な要素が入り混じり、それを乗りこなす歌い手、つまり時代の潮流に乗った王道的なR&Bのシンガーがいないのである。もちろん中堅どころやベテランがSOULFULな歌声を聞かせてくれてR&Bは維持されているが、昔のUSHERや、GINUWINEなどがやった、軽めな王道R&Bシンガーみたいな人っていうがいなくなり、異色なことが普通というか、変わったサウンドぐらいで丁度いいというのに偏り過ぎていて、楽曲にあわせてマルチに歌いこなせるR&Bシンガーが出にくくなっています。そんな中、まあジャスティン君なんか、そういう王道的なサウンドでやってくれたんだけど、個人的にはあまり・・・声的にR&Bか?っていうのがあって(今じゃすっかりR&Bの中心扱いされてますが)、王道的なR&Bを堂々と歌える人がいないかなーと思っていたところに出てきたのが、本作品の彼である!

彼は、元IMX(イマチュア)に所属しているバットマンことMarques Houston(マーケス・ヒューストンもしくは、マーキス・ヒューストン、日本人には難しい発音やね)!そのMarques Houstonのソロデビューアルバム!もう、イマチュアといえば、一昔前のR&Bファンならば、知らない人がいないってほど有名な、今で言うB2Kのような感じの歌えるお子チャまボーカルグループでした。そんな彼が、ホントひさびさに放つアルバムです!USのシーンの荒波を乗り越えてきたこの人のアルバムが悪いわけありません。実は彼は、Plutinum Statusという名前で、IMXのメンバーで弟が在籍するB2K(まあ弟抜けちゃいましたが・・・)のProducerも勤めていて、Produce能力も魅せることもうまいアーティストなのです。それに、R.KELLYが参加で、特色のある楽曲が多く一枚通して楽しめる作りになっています。特にUPで魅せる軽快さ!軽さがたまらなく、心躍ります。特にJoe BuddenをFeatした「Clubbin」はたまりませんね。時代の潮流にのった軽る感じが逆にいいんですよね。まさに03~04年の間に聞いておくべきマストな一枚ですよ。さらに、バラードで11曲目「Can I Call You」での透き通るような雰囲気がいいんですよねー。決してSOULFULな歌い手というわけじゃーありませんが、R&Bの初心者や女性モノが好きな人にも十分通用する、まさにR&Bの王道的な一枚です。オススメです!
オススメ:(2),(3),(4),(5),(8),(9),(10),(11),(17)

“Marques Houston / MH” の続きを読む

Retro G-Style / LIFELIGHTS

01.Welcome to the R.G.S world
02.What’s the answer?
03.アイノコトバ
04.WHY
05.終わりのメロディー
06.So many tears
07.Dedication
08.Your Body’s Callin’
09.LIFELIGHTS10.Stay with me
11.For The Next Episode…
12.All EYES ON ME
13.Wake Up
14.Heaven
15.September
16.Skit
17.Life
18.Deep Cover

Retro G-Style / LIFELIGHTS

(概説)

2003年最初の大傑作とも言うべき作品がこれ!VocalのMASAYA、MCのIGOR、そして、メジャーデビューして加わったトラックメイカーDJ SEGAの3人によるUNIT!Retro G-Styleの「LIFELIGHTS」です!
もう、マジでいいんですよーこの一枚!まさに彼らのUNIT名が示すとおり、どこかRetroで懐かしい感じがあるメロディーと、トラックに、艶やかかで、流れるような北海道出身のMASAYAの歌声、そして、ハーフで、独特な英語と日本語の流れるようなFlowを持つRapで、MASAYAの歌に絶妙に絡んでいく、IGOR!そして、DJ SEGAのScratchも冴え渡っています。ホントに、懐かしいけど、新鮮な不思議な雰囲気をもった一枚!特にメロディーラインのセンスの良さがほんとにすごいです。作曲は、MASAYAがそのほとんどを担当しているのですが、彼は、日本語が美しく栄えるメロディーというのが、わかっていて、それでいて、彼の歌声は、艶やかで懐かしい感じを持っている歌声なので、日本語を美しく聞かせるメロディーに、美しい歌声が加わり、絶妙で流れるような美しいRetroな世界観を作り上げているのです。そして、この流れるような美しいメロディーに乗った、優しく美しいMASAYAの歌声と、絶妙なところで入ってきて盛り上げるIGORのRapと、DJ SEGAのScratchが、何度も何度も聞きたくなるような中毒性を持って、聞き手に迫ってきます。聞けば聞くほどに、ハマっていく・・・そんな感覚を久々に味あわせてもらいました。IGORのRapも、
彼らは、1Singer,1Rapper、1DJという、稀有なスタイルで、しかも歌を前面に出したアーティストとしての方向性が面白いHIPHOPユニットですが、彼らの音楽性はR&Bでもあるし、HIPHOPでもあり面白いところを突いてきています。こういうオリジナルなアーティストというのは、すごい貴重だと思います。最近は、明らかに日本でするR&Bは、こういう型というのが、決まってきているのですが(そんなものは実際存在せず、いろんな方向性が本当はあるのですが・・・)、その型を久々にぶち破って、さらにオリジナルな雰囲気を醸し出せるアーティストの登場だと思います。特に、HIPHOPなトラックが多く、HIPHOPの面からも、FG系や、NITROに対して、既存のさまざまなフォロアーが出てきて、オリジナル!という言葉が見直されている中で、久々に、オリジナルとはどんなものかを音でCDで示してくれた素晴らしいアーティストです。Retro G-Styleの音は、Retro G-Styleじゃなければ、出せない!それは一度CDを聞けばイヤというほど思い知らされます。個人的にも、Rapと、歌というのの混ざり方、つまりもっと大きく括るとR&Bと、HIPHOPの混ざり方っていうのが、日本のシーンではまだまだ薄っぺらいなと感じることが多かったのですが、彼らは、歌を主体として打ち出すことで、R&Bの歌の中で、HIPHOPのトラックを使い、聞かせるところは歌で、盛り上げるところはRapでっていう気持ちがいいぐらいわかり安いストレートに伝わってくる音楽を作り出しています。
これは、すべこべ文句言わず聞いてみるべき一枚です。特に、

03.アイノコトバ』、『So Many Tears』、『Dedication』、『Your Body’s Callin’』、『Stay With Me

名曲です。まー、正直SUITE CHICよりも、こっちですなー。うんうん。絶対面白いです。絶対聞いてみてください。どの曲もインパクト大です!一度聞いたら、忘れられませんよー。R&B好きにも、HIPHOP好きにもオススメです!
(札幌では、3月22日に、キングムーで、Exileとライブにきます!是非、Exileよりも、絶対にこっちに注目して欲しい!カマD的には、注目度No.1です!あ、ちなみに、IGORは、サッカーで、MASAYAは、小太刀護身道というので、世界レベルの実力も持ってる不思議なユニットでもあります。)

“Retro G-Style / LIFELIGHTS” の続きを読む

ROME / Do it

01.I Was Wrong
02.Can We Get Down
03.Drew From The Deck
04.Do It
05.Doing Them Thangs
06.Take A Tour
07.Trust In Somebody
08.Coming Home
09.Can’t Be Hating
10.Are You Ready
11.Keeping It Hood
12.Baby Let’s Ride
13.Picture This
14.The Rest Of Our Life
15.Loving You

(概説)

Romeの割と早いリリースペーとなった、4作目。あいも変わらず甘いSOULを届けてくれています。この現在のR&Bシンガーの中でも際立つマッタリとした雰囲気をもつボーカルに今回も酔わされます。(ジャケ写は、相変わらず・・・って感じですが(笑))
やはり、バラードの出来が素晴らしい!ホント素晴らしいバラードアルバムです!特に最初の3曲のバラードの完成度がすこぶる高く、引き込まれます。Romeも、その切ない声で、熱唱するからやられてしまいます。シャウトでのしゃがれ声が心に沁み入ります。現代の本物のSOUL SINGERである彼独自の歌の世界を、十分に堪能することができます。心地よさに、ふっと時間を忘れてしまいそうです。ホント今作は、雰囲気が広大な歌が多く、ゆったりとした気分で聞けます。ジャケ写にあるような雨の後の晴れ渡った青空に虹がでているような雰囲気があう曲たちがたくさん入っています。心地よいアルバムって言うのはこういうのを言うんでしょう。そして、やはり彼は声がいい!熱くシャウトもできるし、ファルセットで歌いこむこともできるし、その二つを絶妙に使い分けるのが物凄い!さらに、フェイクが多彩なのも、そのシャウトの素晴らしさに磨きを与えています!このフェイクには聞けば聞くほどやれていきます。
ただ、前作のようなROMEの名曲中の名曲!「People of This World」のようなゴスペルっぽい盛り上がりを見せる大きく切ない一曲が見られないのが残念ですが、彼らの歌のよさは十分に堪能できます。あと、曲調が一定というか、スローが圧倒的なので、ミドルテンポの曲がもう少しあったらアルバム全体としてよかったかなとおもいますが、そこまで注文するのはインディーレーベルを選んだ彼にいうのは、酷というものでしょうね。彼のやりたいSOULがよくわかる一枚です。ソウル好きなら絶対聞くべき名作バラードが詰まった一枚です!
オススメ(1),(2),(3),(6),(8),(13),(14),(15)

“ROME / Do it” の続きを読む