yama – 春を告げる / THE FIRST TAKE

注目のシンガーyamaさんが、THE FIRST TAKEに登場です。顔は隠し、アコースティックなバックに純粋な歌の魅力と迫力をこれでもかと感じさせてくれる。艶っぽさもありながらも、ストレートに耳に響く力強さを持つyamaさんらしい歌声の魅力にただただ聞きほれてしまいます。シンプルな構成で、より声の魅力が引き立っています。

一発撮りのTHE FIRST TAKEで最初のスローな歌いだしができる度胸の良さは、本当にスケールが大きいアーティストです。歌一本でここで聞かせられるシンガーの登場はうれしく感じます。とにかく聞けば魅力が伝わります。

eill – LOVE/LIKE/HATE

eillちゃんの新しいアルバムがでました!「躍らせないで」から「片っぽ」で、新しい彼女の魅力を感じらせる楽曲から始まる一枚です。

前作までは、どこかレトロなR&B的な歌い方がたまらなく良くて魅力的でしたが、歌い方もより進化して、ストレートに歌の良さを感じさせてくれる2曲からアルバムが始まります。そこから一気にシックでかっこいい「into your dream」へとクールに歌い上げていきます。そして、このアルバム一番キャッチ―で彼女のかわいらしさが感じられる「FAKE LOVE/」へと流れていきます。どこか大人びて歌っていたように感じていたのですがこの曲では彼女の等身大でかわいらしさを感じさせる歌い方が素敵です。後半のシャウトが気持ちがいい!

ここから80年代のような楽曲「Night D」でまた違った魅力を見せてくれます。レトロ感がカッコよく映ります。ここからはどこか和なサウンドも混ざりつつもスムーズなサウンドと歌声が心地よい「夢の続き」へ。シンプルなバラード「2025」では、しっとりと大人っぽく聞かせてくれます。

WONKのREMIXによる「SPOTLIGHT」は原曲とはかなり違い軽快で面白いサウンドが展開します、最後はGANMIとの楽曲「With U」で、アルバムを締めます。ダンスサンドに合わせた歌い方を聞くとやっぱりeillらしい歌声でしっくりきます。

R&Bマナーを感じさせる歌声が魅力なアーティストから、歌で聞かせるアーティストへと着実なステップアップを感じさせてくれるアルバムになっています。

yama / 真っ白

重みがあるかっこいい歌声のyamaさんのメジャーデビューの一曲です。配信が中心だとメジャーでもインディーズでも楽曲なレベルであまり差を感じないぐらいインディーズのころも完成度が高かったのですが、この楽曲ではまた新しく語り掛けるような優しさも感じさせてくれる歌になっています。時に流されていく心の虚ろいと不安を包み込んでくれるようです。

彼女の個性的でクールでかっこいい歌声には、本当に引き込まれますね。言葉選びも新鮮で、どこか一人でもがいているようなそんな切なさを感じさせてくれます。

yama / 春を告げる

こういう疾走感がある歌を、カッコよく歌える女性シンガーはなかなかいないと思うのですが、刹那にすぎる瞬間を表現した言葉選びが素敵です。大好きですね。歌声のための使い方とか、本当に魅力的です!

「明かりのともらない蛍光灯」ってフレーズと、最後の「から」っていう歌い方のためがいいんですよね。

聞けば聞くほどに引き込まれていきます。この楽曲もくじらさんが作っていて、本当にいろんなかっこいいサウンドを生み出せて多彩だなと感じますね。

竹内アンナ / +imagination

心地よいギターのサウンドが素敵なアーティストです。小気味良い歌声とギターサウンドが特徴で、ベースにある洋楽の要素を随所に感じさせてくれる才能豊かなアーティストです。ギター一本というと最近はいろんなアーティストがいますが、彼女の場合は英語や日本語の境目がないハイブリッドな言葉選びや自然と感じさせてくれる楽曲の心地よいリズム感が魅力になっています。

一度ライブを見たことがありますが、ギターのうまさを日本語と英語を自在に混ぜ合わせる疾走感がある歌い方が特徴的で、独特な世界観を感じさせてくれる個性的でかわいらしい女性シンガーです。

特にこの曲は今までの弾き語り風な明るい曲調とは違い、疾走感があるHouseやR&BやHIPHOPの要素を感じさせてくれるカッコよさがあります。今までよりもグッと大人っぽく感じる新たな一面を感じさせてくれます。