Nao’ymt + 伊沢麻未 – 夏に溺れたい (リリックビデオ)

Nao’ymtさんの新しい楽曲は、ベテランのソングライターでもある伊沢麻未を招いて、蒸せる暑い夏のような心の騒めく心の動悸と期待に鼓動の盛り上がりを感じせるアップテンポなメロディーが印象的な一曲です!夏へのわくわくする期待感と、おいて行かれそうな焦燥感が混在したようなまさに夏に溺れてしまい翻弄されていくようです。Naoさんも後半に歌うのですが、言葉選びがさらに絶妙で、入道雲の白さと夏空の青さと深緑の対比を「草いきれ」という言葉一つで情景をさらに鮮やかにする瞬間が素敵です。サビのメロディーとエッジが効いた細かいビートがカッコよくて、伊沢さんのストレートで情熱的な歌声がよりこの楽曲と相まって気持ちを盛り上げていきます。情感あふれる楽曲で聞く人の心を夏の情景を落とし込んでくれる素敵な楽曲です。
このコラボシリーズのMVはNao’ymtさんが作るのが定番なのですが、より色鮮やかになって遊び心が溢れていてより夏らしくて、新しい試みを感じさせます。コラボシリーズも第6弾になっており、ますますアルバム化が待たれるシリーズになっています。

Follow Nao’ymt @Nao’ymt Instagram – https://www.instagram.com/naoymt/ Twitter – https://twitter.com/naoymt/ Linktree – https://linktr.ee/naoymt Spotify – https://open.spotify.com/artist/5sqUW… Web – http://naoymt.com YouTube – https://www.youtube.com/channel/UCa68…

Follow 伊沢麻未 @AsamiizawA Instagram – https://www.instagram.com/izawa.asami/ Twitter – https://twitter.com/AsamiizawA YouTube – https://www.youtube.com/user/AsamiizawA Web – https://www.asamiizawa.net
Credits: Vocals by Asami Izawa, Nao’myt
Written and Produced by Nao’ymt
Mastered by Joe LaPorta
Video Created by Nao’ymt
Fireworks Motion Created by Chung Dha
Nao’ymt コラボレーションシリーズ
第1弾 大越佑華『さよならを言う日まで』: https://youtu.be/EqfvDvyEZLI
第2弾 菜々香『灯台』: https://youtu.be/8ZEKfYjbAMM
第3弾 OHTORA『白飛び』: https://youtu.be/fBi1KmcUpLw
第4弾 Marika『朝までまだ時間はある』: https://youtu.be/ViC1zP-vWv8
第5弾 Yusuke Yamada『フェルマータ』: https://youtu.be/zxRDpJLMdpM
第6弾 伊沢麻未『夏に溺れたい』:https://youtu.be/lS6KTIAQYHY
菜々香『灯台(クリスマスギフト)』: https://youtu.be/XRVLGla5gaI

J. Brown – Don’t Rush (Official Video) ft. Tank

こちらは、TankをfeaturingしたJ.Brownの一曲。こちらも2010年以降に出てきたセクシーな歌声が素晴らしいR&Bシンガーです。艶っぽい雰囲気は、熱く男っぽい歌声のTankとの相性もよくて、スローな楽曲でありながら、印象に残る一曲になっています。歌声だけでなくサウンドもセクシーでいて魅力的な一曲です。

Jacquees – Say Yea

大御所と一緒に楽曲を作ることが多いJcqueesの一曲。ちょっとRapっぽい入りからのR&Bサウンドの中でちょっと癖のあるフローで歌声を響かせていきます。この楽曲でもKeith Sweatが出たりと、おっというアーティストを一緒に楽興を作り上げていきます。心地よいフローにのって体を揺らして安心して聞けるアーティストです。なぜか、よく大御所にフックアップされることが多いアーティストですよね。2010年代以降にできていた若手のR&Bアーティストは少ないので頑張ってほしいです。

向井太一 / Candy

向井太一君のアルバム「Antidote」から、アップサウンドの勢いに圧倒される「Candy」!どこかかすれたけど艶さも持っている太一君の歌声から、アップテンポなダンサブルなサビのカッコよいビートの応酬を浴びることができます。こういうアップでの勢いの良い軽快な歌い方をできるのは、向井太一くんの歌声が成せるStrong Pointです。スローではどこか儚げな歌声を見せるのに、アップテンポでのPOPな雰囲気を一気に出せるのは、彼だから魅せれるマジックです。

The Burning Deadwoods / No Other Way feat. DedachiKenta & Sincere(Official Music Video) – YouTube

緩やかな雰囲気のイントロから、Sincereの柔らかな艶やかな歌声が響きます。DedachiKentaと共に歌う流れるようなHOOKの心地よさもインパクトがあり、その後のさわやかなDedachi Kentaの対比が心地よい一曲になっています。すれ違いながらも徐々に重なり合う二人の想いを写しだすMVもこの曲のさわやかで心地よくあふれ出すまっすぐな思いを映し出しています。男女のデュエット曲としてもとてもお互いを引き立てる男女ボーカルの完成度が高くて何度も聞きたくなります。