Samm Henshaw – Church (Official Video) ft. EARTHGANG

車のCMで使われていたのでよく耳にされていたとは思うのですが、MVが素敵だったので、上げてみました。こういうなんとなく遊び心にあふれているのは大好きです。ベースはレゲエとかなんだろうなと思ってたんですが、ベースはゴスペルなんですかね。楽しい曲調なんですが、歌声の迫力があってかっこいいですもんね。ひたすら雲に乗ってるだけですが、最後のゴスペル隊が一緒に踊り歌うところなんて、なんか小気味良く聞くことができます。

Charlie Wilson – All Of My Love ft. Smokey Robinson

ここ最近邦楽ばっかり紹介していましたが。ひさびさにおいおいっていうぐらいの洋楽のデュエットを見てしまったので、Chalie Wilsonはコンスタントにずっと新譜を出し続けるまさにR&BのLegendですが、SOULのLegendである、Smokey Robinsonを連れてきてしまいました。

もう自分の歌声の酸いも甘いもすべてわかっている二人なので、見せ方も完璧すぎます。枯れの魅力と濃さの魅力の応酬に圧倒されて笑うしかない感じです。この組み合わせはすさまじすぎるので、濃過ぎる魅力に、突っ込みたくなります。

もちろん、何か新しいとかじゃなくて、やっぱりこういう曲調ですよね、ってわかってるんだけどついつい聞いてしまう圧倒的な安定感と、魅力にただただひれ伏すしかないです。

川口レイジ / STOP

ちょっと前になりますが、深夜のドラマの主題歌にもなっていた川口レイジさんの一曲。この前のアルバムでも、さらっと裏声をうまく使って歌ってくれるのですが、この一曲がより彼の声を生かした感じで、カッコよく仕上がっています!エッジが効いたサウンドが好きですね。

Stokley – Vibrant Ft. Snoop Dogg (Official Video)

Mint ConditionのStokleyの新曲です!Snoopとの曲っていうのが、90年代を思い起こさせるようなニュージャックスウィング感がたまらないですね。割と正統派なボーカルで聞かせるのがStokleyのソロ曲では多いのですが、この一曲はレトロな魅力が満載です!

Nao’ymt / Ghosts in the Light

Nao’ymtさんは、今年多数の新曲を出してくれているのですが、特にこの曲が大好きです。もっともR&B色が強いと思われますが、どの楽曲も、Naoさんじゃないと歌えない儚い夢のような荘厳な世界観の楽曲が多い中、この曲はNaoさんの根源にあるR&Bの血と肉が濃縮されたような鼓動を感じさせるリズムを出していきます。

本当にかっこいい楽曲で、和の雰囲気が多いNaoさんの個人の楽曲ですが、これは完全にR&Bサウンドを感じさせて、ひさびさにキターという気分にさせてくれます。でも、楽曲の作り方の丁寧さはさすがで、言葉選びも、サウンドの盛り上がり方も、最高で、思わず体が動きました。