Nao’ymt / Ghosts in the Light

Nao’ymtさんは、今年多数の新曲を出してくれているのですが、特にこの曲が大好きです。もっともR&B色が強いと思われますが、どの楽曲も、Naoさんじゃないと歌えない儚い夢のような荘厳な世界観の楽曲が多い中、この曲はNaoさんの根源にあるR&Bの血と肉が濃縮されたような鼓動を感じさせるリズムを出していきます。

本当にかっこいい楽曲で、和の雰囲気が多いNaoさんの個人の楽曲ですが、これは完全にR&Bサウンドを感じさせて、ひさびさにキターという気分にさせてくれます。でも、楽曲の作り方の丁寧さはさすがで、言葉選びも、サウンドの盛り上がり方も、最高で、思わず体が動きました。

藤井風 / 青春病

へでもねーよとは、まったく違う柔らかくさわやかな曲調でいながら、声の力強さとしなやかを感じさせます。この2曲を聞くとふり幅が広くて面白い。言葉選びが最高に独特で、ドドメ色なんて歌詞で聞いたのは初めてですし、人が成長する青春にかけるところがまた考えさせられます。詞の言葉選びが、ストレートにわかりやすくは表現しないで、一瞬違う意味かなと思わせるのですが、深く考えさせられます。

広がりがある歌い方も、心が解放されるような気持ちよさがあって、素敵です。

本当に唯一の個性を持ったアーティストです。

藤井風 / へでもねーよ

こんな世の中を吹き飛ばすようなシュールでかっこいい力強さと渋さが光る歌い方で、聞かせてくれます。こういうリズムがぐっとシャープでかっこいい曲では、思わず聞き入ってしまいます。一転して、柔らかく歌い上げたり強弱のつけ方がたまりません。

藤井風さんは、言葉の選び方が独特でいてすっぽりとそのメロディーに言葉がはまる感じが、本当にあり得ないぐらいすごいと思っています。何よりどの曲でも、歌詞が耳に残るし、その意味を考えたくなるようなアーティストです。

詩から言葉を考えさせるアーティストっていうのは本当に稀な存在で、歌とその言葉が強烈なインパクトを持って聞き手を呆然とさせてしまうような強さがあります。

彼は、もうすでに特別な表現力を持ったアーティストの一人になっていますね。生のライブで見るべきアーティストの一人です。

竹内アンナ / +imagination

心地よいギターのサウンドが素敵なアーティストです。小気味良い歌声とギターサウンドが特徴で、ベースにある洋楽の要素を随所に感じさせてくれる才能豊かなアーティストです。ギター一本というと最近はいろんなアーティストがいますが、彼女の場合は英語や日本語の境目がないハイブリッドな言葉選びや自然と感じさせてくれる楽曲の心地よいリズム感が魅力になっています。

一度ライブを見たことがありますが、ギターのうまさを日本語と英語を自在に混ぜ合わせる疾走感がある歌い方が特徴的で、独特な世界観を感じさせてくれる個性的でかわいらしい女性シンガーです。

特にこの曲は今までの弾き語り風な明るい曲調とは違い、疾走感があるHouseやR&BやHIPHOPの要素を感じさせてくれるカッコよさがあります。今までよりもグッと大人っぽく感じる新たな一面を感じさせてくれます。

LiSA×Uru – 再会 (produced by Ayase) / THE FIRST TAKE

二人のボーカリストの個性が絡み合い美しいハーモニーが心を打ちます。美しい歌声のURUさんと情熱的な歌声のLiSAさんとそれをはかなくも美しく彩るAyaseのサウンドが、透き通るような曲へと昇華していきます。それぞれが良さを引き出していて美しさに聞き入ってしまいます。

美しい冬の一曲になっていて、まだこのFirst Takeでしか聞けませんが、ぜひストリーミングとか配信でもきけるようになるといいなと思える一曲です。