米津玄師 / 感電

レビューするまでもないですが、大好きな一曲です。本当になんで、こんなに魅力的な曲をたくさん作れるのでしょうか、ジャンルレスで本当に素晴らしさを感じさせてくれます。無条件にどこか幻想的でかっこいい歌に、現実離れしたようなMVのコミカルでいて不思議な世界に引き込まれる感覚がたまりません。アルバムが楽しみですね。

eill / FAKE LOVE/

軽快なサウンドがたまらない一曲!eillの新しいかっこよさを感じさせられるキャッチ―な一曲になっています。中毒性が高く何度も聞きたくなるような曲調と、振った相手にいどむような歌詞の女性の強さとその裏にある強がりを感じさせ癖になります。MVも色鮮やかで彼女のかわいらしさも相まって何度も見返したくなります。

もともと、R&Bの要素を自分の中で表現することに長けていた彼女ですが、R&Bだけではない新しい表現を見せてくれていて、次の展開が楽しみになってきます。

泉亮 / EVERLASTING LOVE

北海道から、MOLの一員としても精力的に活動している(また今度紹介します)泉亮くんの4曲入りEPです。昔からその歌声には定評がありましたが、自分の色を本当にうまく表現できるようになって、伸びやなテナーボイスにファンクな香りを感じさせながら、R&Bテイストな色合いを出してセクシーに聞かせてくれています。

本当に大人なR&Bを聞かせてくくれています。個人的にはSweet painの切なく柔らい歌声と、ファンクなDeep insideが大好きです。EVERLASTING LOVEは昔からの彼を知る人なら、包み込んでくれるようなストレートな歌声を聞かせてくれています。

佐藤広大くんやMOLで一緒にやっている笠原瑠斗くん、EIMAYくんとか昔から地道に北海道の中で歌い続けてくれている人たちの歌声が全国に届いていっているのは感動しますね。

YOASOBI / 夜に駆ける – The Home Take –

このバージョンがとてもよかったので。シングル曲はもう少し早いテンポなのですが、このTAKEは本当によかったので。ぜひ、聞いてみてください。彼女の歌声の表現力は本当に素敵です。本来のバージョンはもっとポップなのですが、このTAKEの雰囲気と声質がとても素敵でした。何回も聞きたくなります。歌詞の意味合いがわかるともっと身近に感じるかもしれません。