Michael Keith / Michael Keith

01.Intro
02.Off Up In This Bedrrom
03.Ain’t Feeling You
04.Shawdy Red
05.No More Tears
06.All On You
07.Love
08.Running Out Of Time
09.Father
10.Picture Me Ridin’
11.The Road

(総評)

112の地味ながらも、一番実力のあるシンガーであるMichael Keithがソロアルバムを2009年にひっそりとリリースしていました。これが、R&Bファンにはたまらないバラッディアアルバムになっているのです。4人の中では一番実力者でもある彼が歌う歌には、Slimなどと一緒に歌っているだけあって、独特の味があります!112がたまに歌うネットリとしたり、哀愁たっぷりな切ない楽曲は彼のセンスなんだなと改めて感じることができます!
特に8曲目「Running Out Of Time」のような独特の浮遊感溢れる切なげな一曲には彼の歌声が実に染み入ります。切なさに追い討ちをかけるような、枯れた雰囲気がたまりません!この楽曲が歌える人はなかなかいないでしょうね!そして、2曲目「Off Up In This Bedrrom」での切なく哀愁漂うバラッド!特に後半でのシャウトっぷりには、思わず引き込まれます!そのパワフルさのまま3曲目「Ain’t Feeling You」でも、Michael Keith独特の暗さが美しい魅惑の世界を展開していきます。力強いバックサウンドで盛り上げる5曲目「No More Tears」もコーラスがしっかり支えてて、素晴らしい!「All On You」では90年代マナー溢れる安定感溢れるコーラスワークとシャウトをたっぷりと見せてくれたりもしてくれます。後半に見せる振り絞り系のシャウトはたまらないものがあります。 オールドソウルな味わせながら力強くシャウトを見せる「Father」などいろいろな面白い楽曲に溢れています!
アルバム全体通して味わえる切な感みたいなものが、この人独特のセンスをより濃く感じさせてくれていて、Michael Keithじゃなければ出せないアルバムを出してくれていて、112との活動とはまた一線を画しつつ、しっかりとR&Bシンガーとしてのかっこよいアルバムを作り上げてくれています!インディーズ作品としても完成度が高く、普遍的なよさがある作品に仕上がっていて、112が好きな人はもちろん、R&Bの基本を見せてくれているようなアルバムなので、いろんな人に聞いてほしい一枚ですね!オススメ:(8),(2),(3),(5),(6),(9)

(Producer)

Michael Keith

(LINK)

☆☆☆☆☆

Christian Keyes / Personal

01.Personal
02.Heard It B4
03.Bartender
04.I’m Single
05.I Know
06.Whatever U Like
07.So Sweet
08.Boots On
09.Home
10.Precious
11.Please Forgive Me
12.Gonna Love U
13.U Said feat.Mario Duane
14.I’m Single (remix) feat.Fast Eddie
15.Bartender (remix) feat.Marlon Milanno
16.What u Here (Marlon Milannoft.Christian Keyes

(総評)

2009年を代表するインディーズアルバムがでました!まさに2009年サウンドといってもいいほどに、革新的な面も持ちつつ、しっかりとR&Bとしてのすばらしさも伝えてくれる名盤というにふさわしい一枚に仕上がっています!どの曲も奇抜ともいえる新鮮さにあふれた楽曲と、前作で示したインディーズシンガーの中でも上位に入るであろうシャウターとしての歌唱力と、艶やかさを持った魅惑的な歌声で、最高峰の一枚を聞かせてくれます。
もうすばらしい楽曲は山のようにあるのですが、やっぱりそのすばらしさが伝わってくるのが、「I’m Single」でしょう。軽快なビートにのって、これほどに乗せてくれる楽曲は、なかなか出会えるものではありません。これ普通にクラブでかかっても最高に盛り上がりますよ。そして、こういうアップビートだけの人だけではなく、見事な歌も披露してくれるのがたまらない、「I’m Single」に匹敵するすばらしい楽曲が、「I Know」です。この美しい耽美なメロディーでありながらも最新のエレクトロサウンドを取り入れ、さらには力強い歌いっぷりまで魅せる文句なしの名曲なのです。ひさびさにこれほど手放しでほめれるアーティストに出会えました。
さらには1曲目「Personal」から聞き手をひきつけるセクシーさとサウンドの面白さを魅せ、そのまま2曲目「Heard It B4」では、なんとも不思議なサウンドとメロディー展開に耳を離せなくなります。どの曲も本当に耳に残る、心に残る曲たちなのです。3曲目「Bartender」でさらに遊び心が入った曲を見せてくれて、体が自然と揺れてきてしまいます。6曲目「Whatever U Like」では、妖艶な雰囲気に仕立て上げながらも、見事にノレル楽曲に仕上げたり、8曲目シングルカットされた「Boot On」では、面白いサウンドで耳を虜にしてしまいます。でも、この曲も奇抜なサウンドでありながらも妖艶なバラードというこちらの予想を見事に裏切りような展開を見せるのです。まさに一筋縄ではいかないアルバムになっています。
そのほかの楽曲たちでも、意外とスローでもゆったりと歌えるところを魅せたり、惜しげもなくREMIXを入れたりと、すべての曲が捨て曲なしというにふさわしい水準を持って迫ってきます。アルバム一枚聞いたときに、新しい驚きを味わえる一枚になっています。2009年もっとも最先端と言える一枚でしょう。しかもサウンドの新しさだけじゃない歌のすばらしさも持っているとなると、そうそういえるものではありません。シャウトも、フェイクも自由自在にどんどんこちらが引き込まれていくように決めてくれるのです!普通のメロディーですら、魅力的に感じてきてしまうのです!
メジャー、インディーズ通して、これほどに、完成度だけじゃなくて、新しいと思わせられる見事な一枚にはひさびさにお目にかかりましたよー!
古いソウルを大事にしたり、定番もいいのですが、たまにはこういう最新サウンドを、最高の歌声で聞かせてくれるシンガーもたまりませんよ。2009年はこれを買わずには語らないでください!
オススメ:(4),(5),(6),(1),(2),(3),(8),(12),(13),(14),(16)

“Christian Keyes / Personal” の続きを読む

Jaheim / Another Round

01.Ain’t Leavin Without You
02.Finding My Way Back
03.Whoa
04.Till It Happens to You
05.Bed Is Listening
06.Impossible
07.Another Round
08.Her
09.II Pink Lines
10.Otha Half
11.Closer
12.In My Hands
13.Ain’t Leavin Without You feat Jadakiss (REMIX)

(総評)

Jahiem通産5枚目となる本作!やっぱり本物は違いますねー。回を重ねるごとによさをましていくのですから、どの曲もJaheim色であり、オールドソウルな香りを感じさせるソウルフルな作品でありながらも、やっぱり新しい!っていう実力者たる力をこれでもかと見せ付けてくれます。KayGeeとJaheimという最強の組み合わせが送り出す多数の楽曲が本当に魅力的でありながらも、ここではJaheim自身もProduceに参加し、多数のProducerがすばらしい楽曲を届けてくれています!2010年早くも傑作の予感さへ感じます。本当にどんなProducerと仕事をしてもしっかりとJaheim色に染めていくあたりが、もうさすがとしかいいようがありません!
なんといってもKayGeeとJaheimの最強コンビが送る1曲目「Ain’t Leavin Without You」の見事なかっこよさにはやられますねー!本当にPVを見たときにやってくれたなーと思わせられました。KayGee Jaheimというコンビはどちらかというともっとオールドソウルな香りがする楽曲が得意なのですが、こういうダンサブルな楽曲でもしっかりとソウルフルに聞かせられるところがすばらしすぎます!さらには、2曲目「Finding My Way Back」でオールドソウルな楽曲で、昔からのファンも安心させるアルバムとしての考えられた構成も見事ですね。そのまま3曲目「Whoa」でも、すばらしいメロディーと聞かせて、また5曲目「Bed Is Listening」でも、今までとちょっと違う楽曲で、Jaheimの良さを引き出す歌を見せてくれます!8曲目「Her」ではアップテンポなメロディーとJaheimという面白い組み合わせを絶妙のバランス感覚で見せてくれていたり、11曲目「Closer」12曲目「In My Hands」とJaheimらしい安心できるつくりで、本当にまさに充実作という楽曲の充実度を感じさせます!どこを切ってもJaheimらしさがあふれている傑作アルバムです!ソウルとはこういうことをいうんだよと、現在のシーンに訴えかけているかのようですね!

オススメ:(1),(5),(2),(3),(8),(11)

“Jaheim / Another Round” の続きを読む

宏実 / HOT CHOCOLATE

01.Our Christmas Song
02.Have Yourself A Merry Little Christmas -Meet Me- feat.Koei Tanaka
03.I Like it feat.Sway(Dwontown) From Sapporo
04.Hot Chocolate
05.Don’t Wanna Fall In Love ~A Capella~
06.Kiss
07.Why feat.Full Of Harmony

(概説)

正直ここまでリリース続きで、ここまで聞ける楽曲を作り出せるところに、彼女の2009年の勢いを感じずにはいられません。普通駄作があってもいいものなのですが、どの曲も魅力的で、それぞれが各々の面白さを持っていて、 特に、3曲目「I Like it」と、4曲目「Hot Chocolate」では、軽快なリズムの曲を聞かせてくれて、特に3曲目では、札幌からSwayが参加して、若手をピックアップするところも、シーンに根付いて活動している彼女らしいところでもあります。
さらに、1曲目と2曲目ではクリスマスソングを聞かせてくれて、さらに、6曲目「Kiss」では、面白い詞の世界観を感じさせ、7曲目「Why」ではFull Of Harmonyと見事な歌のそのもののよさを見せてくれていて、7曲目という中でまた新たな魅力を見せてくれていて、アーティストとしての懐の深さも感じさせる一枚になっています。基本的にTsutayaのレンタルアルバムという形をとっているため購入する場合はiTunesということになるのですが、それがちょっともったいないかなとは思うのですが、Tsutayaのような大きい会社がR&BをPickUpしているのは、とてもいい傾向だと思います。
宏実さんの来年の活動がより楽しみになりますね。
オススメ:(1),(3),(4),(6),(7)

“宏実 / HOT CHOCOLATE” の続きを読む